for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ペプシコ・インク

PEP.O

現在値

175.04USD

変化

-0.90(-0.51%)

出来高

2,743,920

本日のレンジ

174.67

 - 

177.12

52週レンジ

149.48

 - 

177.69

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
175.94
始値
176.36
出来高
2,743,920
3か月平均出来高
101.78
高値
177.12
安値
174.67
52週高値
177.69
52週安値
149.48
発行済株式数
1,380.08
時価総額
242,812.10
予想PER
26.42
配当利回り
2.61

次のエベント

Dividend For PEP.OQ - 1.1500 USD

適時開示

その他

PepsiCo And AQUA Carpatica Announce Strategic Relationship

Pepsico & Celsius Announce Long-Term Distribution Agreement And Investment

Pepsico Says Qtrly Earnings Per Share $1.03

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ペプシコ・インクとは

ペプシコ(PepsiCo Inc)は世界的な食品・飲料会社である。【事業内容】米国とカナダでのブランド食品とスナック事業を含むフリトレー北米(FLNA)、米国とカナダでのシリアル、米、パスタの事業を含むクエーカーフーズノースアメリカ(QFNA)、米国とカナダでの飲料事業を含むペプシコビバレッジノースアメリカ(PBNA)、ラテンアメリカでの飲料、食品、スナック事業を含むラテンアメリカ(LatAm)、ヨーロッパでの飲料、食品、スナック事業を含むヨーロッパ、アフリカ、中東、南アジアでの飲料、食品、スナック事業を含むアフリカ、中東、南アジア(AMESA)、アジア太平洋、オーストラリア、ニュージーランド、および中国地域での飲料、食品、スナック事業を含むアジア太平洋、オーストラリア、ニュージーランド、中国地域(APAC)などのセグメントを通じて事業を行う。

業種

Beverages (Nonalcoholic)

連絡先

700 ANDERSON HILL RD

PURCHASE, NY

10577

United States

+1.914.2532000

https://www.pepsico.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Ramon L. Laguarta

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Hugh F. Johnston

Vice Chairman, Executive Vice President, Chief Financial Officer

Ram Krishnan

Chief Executive Officer, International Beverages, Chief Commercial Officer

Derek Lewis

President - Multicultural Business and Equity Development

Silviu Popovici

Chief Executive Officer, Europe

統計

2.55 mean rating - 22 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

67.2K

2020

70.4K

2021

79.5K

2022(E)

83.5K
EPS (USD)

2019

5.530

2020

5.520

2021

6.260

2022(E)

6.679
株価売上高倍率(過去12カ月)
25.95
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.97
株価純資産倍率(四半期)
13.10
株価キャッシュフロー倍率
19.93
総負債/総資本(四半期)
211.71
長期負債/資本(四半期)
179.20
投資利益率(過去12カ月)
14.12
自己資本利益率(過去12カ月)
10.24

最新ニュース

最新ニュース

米コカ・コーラ、通期売上高見通し上方修正 旺盛な飲料需要で

[26日 ロイター] - 米飲料大手コカ・コーラは26日、通期売上高見通しを上方修正した。コスト上昇を受けて値上げするものの、炭酸飲料への旺盛な需要が追い風になるという。

ペプシコ、通期の売上高予測を上方修正 数カ月以内に再値上げも

米清涼飲料大手ペプシコは12日、通期の売上高予測を引き上げた。また、物価は上昇しているものの、飲料や菓子類の需要が持続しているとして、数カ月以内にさらに値上げを実施する可能性があると明らかにした。

ペプシコ、通期の売上高予測を上方修正

米清涼飲料大手ペプシコは12日、通期の売上高予測を引き上げた。物価は上昇しているものの、ソーダやスナックの需要が持続していることが背景。

インド、ストローなど使い捨てプラ禁止、最大の公害要因に対策

インドは1日、ストローからタバコ容器まで広範囲な製品について使い捨てプラスチックの使用を禁止した。公害悪化への対策を講じた形で、規制繰り延べを求めた食品・飲料・消費在業者の訴えを退けた。

アングル:インドでコメ油の需要急増、食用油不足で乗り換えも

世界最大の植物油輸入国であるインドでは、世界的な供給網の混乱により生じた食用油不足を乗り切るため、原材料の「米ぬか」に注目が集まっている。

ロシア産コーラ「チェルノゴロフカ」に商機、米同業撤退で

米清涼飲料大手コカ・コーラと同業ペプシコがロシアでの炭酸飲料の販売を停止したことを受け、ロシア生まれの飲料「コーラ・チェルノゴロフカ」のメーカーが商機に期待を膨らませている。

米マクドナルド、ロシア事業売却へ 費用最大14億ドル

ファストフードチェーン大手の米マクドナルドは16日、ロシアのウクライナ侵攻を受けて、ロシア事業の売却手続きを開始したと明らかにした。

米ペプシコ、通期売上高見通し引き上げ 値上げ寄与

米清涼飲料大手ペプシコが26日に発表した第1・四半期(3月19日まで)決算は純売上高が9.3%増の162億ドルと市場予想(155億4000万ドル)を上回った。新型コロナウイルスを巡る制限措置の解除や値上げが寄与したためで、通期売上高見通しも引き上げた。

米コカ・コーラ、再利用可能なガラス瓶導入中 インフレ対応で

米飲料大手コカ・コーラは25日、インフレに減速の兆しが見られない中、消費者の需要が今後鈍化する可能性があるとし、インフレ対策としてより安価で再利用可能なガラス瓶容器の利用を拡大していると明らかにした。

メガキャップ決算目白押し、利益見通しに注目=今週の米株式市場

25日からの週の米株式市場は、メガキャップ(超大型株)の四半期決算が注目されている。投資家は米国企業のしっかりした利益見通しを確認したい考えだ。

ウクライナ危機、米企業利益に打撃 物価高進や事業停止で

ウクライナ危機を巡る原油などコモディティー(商品)価格の高騰、ロシア事業停止の動きを受け、投資家は米企業の業績が打撃を受けるとみている。

ロシア事業の縮小・停止相次ぐ、ネスレやフィリップ・モリスなど

ウクライナ侵攻を受けて多国籍企業がロシア事業を修正する動きは9日も続き、食品大手ネスレやたばこ大手フィリップ・モリスが事業の縮小や停止を発表した。ロシアによる侵攻に反対する立場を明確にするよう求める消費者からの圧力が強まっている。

ロシアは世界の資本市場から切断された=ブラックロックCEO

米資産運用大手ブラックロックのラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)は9日、ウクライナ軍事侵攻を受けて欧米企業や投資家はロシアでのビジネスを避けるようになったとし、ロシアは世界の資本市場から実質的に切り離されたと指摘した。

米マクドナルド、月間5000万ドルの費用 ロシア店舗一時閉鎖で

米ファストフードチェーン大手マクドナルドは9日、ロシア国内で展開する847店舗の一時閉鎖によって、月間約5000万ドルの費用が発生するという見通しを示した。

米マクドナルドやスタバ、ロシアでの営業一時停止

ロシアによるウクライナ侵攻を受け、ニューヨーク州年金基金などがマクドナルドやペプシコを含む世界的なブランド企業にロシア事業の停止を呼び掛けている。

ウクライナ、今後7─10日間ロシアの攻撃阻止する必要=政府高官

ウクライナのデニセンコ内相顧問は、ロシアに一部地域を制圧したと宣言させないため、今後7─10日間、ロシアの攻撃を阻止する必要があるとの認識を示した。

米コカ・コーラとペプシコ、ロシアで飲料販売停止

ロシアのウクライナ侵攻を受け、同国での事業を停止する動きが相次いでいる。米ファストフードチェーン大手マクドナルドなどもこの日、ロシア国内の店舗を一時的に閉鎖すると発表した。

米マクドナルド、ロシア店舗を一時閉鎖 給料支払いは継続

ロシアによるウクライナ侵攻を受け、ニューヨーク州年金基金などがマクドナルドやペプシコを含む世界的なブランド企業にロシア事業の停止を呼び掛けている。

米ヤム、ロシアでの投資とレストラン展開を一時中止

米外食大手ヤム・ブランズは8日、「ロシアでの全ての投資とレストラン展開を一時中止する」と発表した。ただ、ロシアでのレストラン事業を制限または一時停止するかどうかは言及しなかった。

ユニクロ、ロシアの店舗営業継続へ 侵攻後も供給網に影響なし

衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは、ロシアでの店舗営業を継続すると表明した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up