for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ペプシコ・インク

PEP.O

前日終値

134.61USD

変化

0.55(+0.41%)

出来高

1,499,919

本日のレンジ

134.07

 - 

135.06

52週レンジ

105.03

 - 

140.45

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
134.06
始値
134.65
出来高
1,499,919
3か月平均出来高
78.37
高値
135.06
安値
134.07
52週高値
140.45
52週安値
105.03
発行済株式数
1,394.44
時価総額
186,938.00
予想PER
24.32
配当利回り
2.85

次のエベント

Dividend For PEP.OQ - 0.9550 USD

適時開示

その他

Pepsico Files For Potential Mixed Shelf Offering- SEC Filing

Pepsico Declares Quarterly Dividend

Pepsi Sets Quarterly Dividend Of $0.955/Share

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ペプシコ・インクとは

ペプシコ(PepsiCo, Inc)は食品・飲料会社である。【事業内容】同社のブランドポートフォリオは「Frito-Lay」、「Gatorade」、「Pepsi-Cola」、「Quaker」及び「Tropicana」を含む。同社は6つの事業を運営する。フリトレイ北米(FLNA)事業は米国及びカナダにおけるブランド食品とスナック事業を含む。クエーカーフーズ北米(QFNA)事業は米国とカナダの穀物、米、パスタ及びその他のブランド食品事業を含む。北米飲料(NAB)事業は米国およびカナダにおける飲料事業を含む。ラテンアメリカ事業はラテンアメリカの飲料、食品及びスナック事業を行う。欧州のサハラ以南アフリカ(ESSA)事業は欧州及びサハラ以南アフリカで飲料、食品及びスナック事業を行う。アジア・中東・北米(AMENA)事業はアジア、中東及び北米で飲料、食品及びスナック事業を行う。

業種

Beverages (Nonalcoholic)

連絡先

700 ANDERSON HILL RD

+1.914.2532000

http://www.pepsico.com

エグゼクティブリーダーシップ

Ramon Laguarta

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Kirk C. Tanner

Chief Executive Officer, North America Beverages

Steven C. Williams

Chief Executive Officer, PepsiCo Foods North America

Hugh F. Johnston

Vice Chairman of the Board, Chief Financial Officer

Ram Krishnan

Global Chief Commercial Officer, Chief Executive Officer - Greater China Region

統計

2.52 mean rating - 21 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

62.8K

2017

63.5K

2018

64.7K

2019(E)

66.8K
EPS (USD)

2016

4.850

2017

5.230

2018

5.660

2019(E)

5.512
株価売上高倍率(過去12カ月)
16.50
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.83
株価純資産倍率(四半期)
13.25
株価キャッシュフロー倍率
13.42
総負債/総資本(四半期)
230.41
長期負債/資本(四半期)
209.71
投資利益率(過去12カ月)
20.77
自己資本利益率(過去12カ月)
15.27

最新ニュース

最新ニュース

米ペプシコ、第3四半期業績が予想上回る 販促が奏功

米清涼飲料・スナック菓子大手ペプシコが3日発表した第3・四半期決算は、利益と売上高がともに市場予想を上回った。販促活動が奏功したほか、低カロリーの飲料やスナック菓子が好調だった。

米株は上昇して終了、軟調指標受け利下げ期待高まる

米国株式市場は上昇して取引を終えた。約3年ぶりの低水準となった非製造業関連指標を受け、米連邦準備理事会(FRB)が景気悪化に歯止めをかけるために利下げを実施するとの期待が高まった。

NY市場サマリー(3日)

<為替> ドルが下落。対円では4週間ぶり、対ユーロでは1週間ぶりの安値に沈んだ。今週発表された米製造業及び非製造業指標がともに低調な内容となり、米景気減速を示唆するシグナルと受け取られた。

アングル:対中関税でコスト増、米輸入業者が「新手の値上げ」

トランプ米大統領が対中関税を引き上げるつもりだとツイートした5月、カリフォルニア州にあるニューエア・アプライアンシズ社は、何か手を打たなければ窮地に追い込まれると悟った。

米コカ・コーラ、通年見通し引き上げ 株価は最高値更新

米飲料大手コカ・コーラ<KO.N>が23日公表した第2・四半期決算は、利益が予想を上回った。事業の買収・売却や為替の影響を除いた本源的売上高(オーガニックセールス)の通年見通しを引き上げた。新しいコーヒー事業やゼロシュガーソーダ需要に注力する。

米ペプシコ、南アのパイオニア・フーズ買収へ 17億ドルで

米清涼飲料大手ペプシコは、南アフリカのパイオニア・フーズグループを17億ドルで買収することで合意したと、両社が19日、明らかにした。

焦点:生活必需品株、通商紛争で「ディフェンシブ」特性喪失か

生活必需品株は一般的に、景気変動の影響を受けにくいディフェンシブ銘柄に位置付けられている。しかしトランプ政権が次々と通商紛争を仕掛け、米株式市場全体が下げる中で、生活必需品株は公益や不動産など他のディフェンシブ銘柄に比べて下げ幅が大きくなっている。

米国株式市場は小幅安、ヘルスケア株が軟調

米国株式市場は小幅に下落して取引を終えた。好決算が相次ぎ、米中の経済指標も上向きだったが、ヘルスケア株が軟調に推移した。

米ペプシコ第1四半期は予想上回る、広告戦略が奏功 株価最高値

米清涼飲料大手ペプシコ<PEP.O>が発表した第1・四半期決算は、スナック菓子のほか低糖質飲料などの需要が好調だったことで売上高と利益がアナリスト予想を上回った。ラグアータ新最高経営責任者(CEO)の下で進めた広告・マーケティング拡大戦略が奏功した。

米ペプシコ、第1四半期予想上回る スナック・低糖質飲料など好調

米清涼飲料大手ペプシコが発表した第1・四半期決算は、スナック菓子のほか低糖質飲料などの需要が好調だったことで売上高と利益がアナリスト予想を上回った。

米アマゾン、ペプシコ前CEOを取締役に 取締役会11人中5人女性

米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は25日、米食品・飲料大手ペプシコ<PEP.O>の最高経営責任者(CEO)だったインドラ・ノーイ氏が取締役に就任したと発表した。ダイバーシティー(多様性)を高める取り組みの一環。

米コカ・コーラ、ドル高で見通し予想割れ 第4四半期は値上げ響く

米飲料大手コカ・コーラ<KO.N>の第4・四半期は、北米での値上げが販売減につながった。ドル高を踏まえて発表した通年利益見通しは市場予想に届かず、株価は中盤の取引までに7%超下落した。

米コカ・コーラ第4四半期、値上げで販売減 利益見通しは予想割れ

米飲料大手コカ・コーラの第4・四半期は、北米での値上げが販売減につながった。通年利益見通しは市場予想に届かず、株価は序盤の取引で7%超下落した。

米大統領、次期世銀総裁候補にマルパス財務次官を推薦

トランプ米大統領は6日、世界銀行の次期総裁にデービッド・マルパス財務次官を推薦すると発表した。

米大統領、次期世銀総裁候補にマルパス財務次官を推薦

トランプ米大統領は6日、世界銀行の次期総裁にデービッド・マルパス財務次官を推薦すると発表した。

マルパス米財務次官、世銀次期総裁の最終候補に=報道

デービッド・マルパス米財務次官がトランプ米大統領の支持する世界銀行次期総裁の最終候補になっていると、ブルームバーグが29日、関係筋の情報として報じた。

次期世銀総裁、米政権がペプシコ前CEOや財務次官ら検討=関係筋

ホワイトハウスは世界銀行の次期総裁候補として、米飲料大手ペプシコ<PEP.O>のインドラ・ヌーイ前最高経営責任者(CEO)、デービッド・マルパス米財務次官(国際問題担当)、米政府系金融機関である海外民間投資公社(OPIC)のレイ・ウォッシュバーンCEOらを検討している。政権当局者が15日語った。

NY市場サマリー(2日)

<為替> イタリア連立政権の一角を担う「同盟」の有力議員がイタリアがユーロ圏を離脱すれば経済情勢は改善するとの認識を示したことを受け、ユーロが6週間ぶり安値を付けた。ユーロ/ドル<EUR=>は1.1505ドルまで下落し、8月21日以来の安値を更新。終盤の取引では0.30%安の1.1541ドル。

ダウが終値で最高値更新、フェイスブック軟調でナスダック下落

米国株式市場はダウ平均株価<.DJI>が122ドル値上がりし、終値で最高値を更新した。一方、ナスダック総合指数<.IXIC>とS&P総合500種指数<.SPX>は、交流サイト大手フェイスブック<FB.O>の下げが響き軟調だった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up