for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ペプシコ・インク

PEP.O

現在値

131.47USD

変化

-1.73(-1.30%)

出来高

8,472,958

本日のレンジ

130.01

 - 

134.79

52週レンジ

101.42

 - 

147.20

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
133.20
始値
133.71
出来高
8,472,958
3か月平均出来高
86.50
高値
134.79
安値
130.01
52週高値
147.20
52週安値
101.42
発行済株式数
1,384.63
時価総額
184,433.10
予想PER
24.83
配当利回り
3.07

次のエベント

Q3 2020 PepsiCo Inc Earnings Pre-recorded Management Discussion

適時開示

その他

PepsiCo Says Athina Kanioura Named Executive Vice President & Chief Strategy And Transformation Officer

PepsiCo Announces Multi-Year Premier Partnership With UEFA Women's Football

Pepsico Announces Senior Leadership Appointments

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ペプシコ・インクとは

ペプシコ(PepsiCo, Inc)は食品・飲料会社である。【事業内容】同社のブランドポートフォリオは「Frito-Lay」、「Gatorade」、「Pepsi-Cola」、「Quaker」及び「Tropicana」を含む。同社は6つの事業を運営する。フリトレイ北米(FLNA)事業は米国及びカナダにおけるブランド食品とスナック事業を含む。クエーカーフーズ北米(QFNA)事業は米国とカナダの穀物、米、パスタ及びその他のブランド食品事業を含む。北米飲料(NAB)事業は米国およびカナダにおける飲料事業を含む。ラテンアメリカ事業はラテンアメリカの飲料、食品及びスナック事業を行う。欧州のサハラ以南アフリカ(ESSA)事業は欧州及びサハラ以南アフリカで飲料、食品及びスナック事業を行う。アジア・中東・北米(AMENA)事業はアジア、中東及び北米で飲料、食品及びスナック事業を行う。

業種

Beverages (Nonalcoholic)

連絡先

700 ANDERSON HILL RD

PURCHASE, NY

10577

United States

+1.914.2532000

https://www.pepsico.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Ramon L Laguarta

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Hugh F. Johnston

Vice Chairman, Executive Vice President, Chief Financial Officer

Silviu Popovici

Chief Executive Officer, Europe

Paula Santilli

Chief Executive Officer, Latin America

Wern-Yuen Tan

Chief Executive Officer of Asia Pacific, Australia, New Zealand and China

統計

2.20 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

63.5K

2018

64.7K

2019

67.2K

2020(E)

68.0K
EPS (USD)

2017

5.230

2018

5.660

2019

5.530

2020(E)

5.361
株価売上高倍率(過去12カ月)
27.13
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.73
株価純資産倍率(四半期)
14.77
株価キャッシュフロー倍率
19.59
総負債/総資本(四半期)
360.08
長期負債/資本(四半期)
307.19
投資利益率(過去12カ月)
11.47
自己資本利益率(過去12カ月)
8.41

最新ニュース

最新ニュース

WTO事務局長、米ペプシコ幹部に就任へ 月末に早期退任

米清涼飲料大手ペプシコ<PEP.O>は19日、任期を1年前倒しし今月末で退任する世界貿易機関(WTO)のアゼベド事務局長が同社の幹部に就任すると発表した。

NY市場サマリー(13日)ドルほぼ横ばい、S&Pとナスダック下落

<為替> ニューヨーク外為市場ではドルがほぼ横ばい。市場は間もなく始まる米企 業の決算発表、週内の小売指標などに注目している。 主要6通貨に対するドル指数は序盤の下げを取り戻し、終盤は0.07%安の 96.538。 ドルは先週まで3週連続下落。新型コロナウイルスの最悪期は過ぎたとの見方から、 投資家はリスク通貨に向かっている。 ただこの日は、カリフォルニア州のニューソム知事が州内の感染拡大に歯止めがかか らないこと受け、全州のバーやレストランの屋内営業停止のほか、感染拡大が深刻な地域 での教会、ジム、美容院などの閉鎖を再び指示した。 この...

ドルほぼ横ばい、今週は企業決算や小売指標が注目=NY市場

ニューヨーク外為市場ではドルがほぼ横ばい。市場は間もなく始まる米企業の決算発表、週内の小売指標などに注目している。

S&Pとナスダック下落、ハイテク大手の下げ重し

米国株式市場はS&P総合500種とナスダック総合が下落して取引を終えた。アマゾンやマイクロソフトなど直近の米国株の上昇をけん引してきた大型株が値下がりした。ただ、日中にはS&P500が2月25日以来の高値を付ける場面があった。

米ペプシコ、第2四半期予想上回る 外出制限でスナック菓子好調

米清涼飲料大手ペプシコ<PEP.O>が13日発表した第2・四半期決算(6月13日まで)は減収減益となったものの、予想は上回った。新型コロナウイルス感染拡大を受けた外出制限措置などを受け、「ドリトス」や「チートス」などのスナック菓子の販売が伸びたことが貢献した。

NFLレッドスキンズ、チーム名変更検討へ 人種差別的と圧力

米プロフットボールリーグ(NFL)ワシントン・レッドスキンズのオーナー、ダン・スナイダー氏は3日、チーム名の変更を検討すると明らかにした。

米FRB、たばこ大手やバークシャー子会社の社債を購入

米連邦準備理事会(FRB)が6月中旬までに4億2800万ドル相当の個別企業の社債を購入したことが、28日公表のデータで明らかになった。対象企業には小売大手・ウォルマートやたばこ大手のフィリップ・モリス・インターナショナル、著名投資家ウォーレン・バフェット氏の投資会社、バークシャー・ハザウェイの公益事業子会社が含まれた。

ペプシコ、老舗ブランドの名称など変更へ 「人種的な固定観念」

米清涼飲料大手ペプシコ<PEP.O>は17日、パンケーキミックスやメープルシロップ「アント・ジェミマ」ブランドの名称とロゴの画像が「人種的な固定観念(ステレオタイプ)」に基づくと認め、変更すると発表した。

UPDATE 1-〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(29日現在)

英銀バークレイズが発表した第1・四半期決算は、税引き前利益が前年比38%減少した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、融資の焦げ付きが増える見通しで、貸倒引当金を21億ポンド(26億ドル)積み増した。 > エアバス、コア利益が49%減 新型コロナが打撃

NY市場サマリー(28日)ドル下落、原油先物も続落

<為替> ドルが主要通貨に対して下落。この日から2日間の日程で始まった米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果や月末のポートフォリオ調整を控え、警戒感が広がった。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(29日現在)

格付け会社フィッチ・レーティングスは28日、イタリアの信用格付けを「BBBマイナス」に引き下げた。格付け見通しは「ネガティブ」から「安定的」に変更した。

米株反落、ハイテク株に売り 小型株は5日続伸

米国株式市場は反落。ハイテク株などに売りが出て、ナスダック総合指数<.IXIC>は100ポイント強値下がりした。ただ、株価指数は軒並み2月に付けた最高値から20%圏内にとどまった。

米ペプシコ、第1四半期利益が予想上回る コロナ規制で菓子好調

米清涼飲料大手ペプシコ<PEP.O>が28日発表した第1・四半期決算(3月21日まで)は、調整後の利益が予想を上回った。新型コロナウイルスの感染拡大で外出制限が敷かれる中、スナックやオートミール、パンケーキミックス粉などの売り上げが伸びた。

米ペプシコ、第3四半期業績が予想上回る 販促が奏功

米清涼飲料・スナック菓子大手ペプシコが3日発表した第3・四半期決算は、利益と売上高がともに市場予想を上回った。販促活動が奏功したほか、低カロリーの飲料やスナック菓子が好調だった。

米株は上昇して終了、軟調指標受け利下げ期待高まる

米国株式市場は上昇して取引を終えた。約3年ぶりの低水準となった非製造業関連指標を受け、米連邦準備理事会(FRB)が景気悪化に歯止めをかけるために利下げを実施するとの期待が高まった。

NY市場サマリー(3日)

<為替> ドルが下落。対円では4週間ぶり、対ユーロでは1週間ぶりの安値に沈んだ。今週発表された米製造業及び非製造業指標がともに低調な内容となり、米景気減速を示唆するシグナルと受け取られた。

アングル:対中関税でコスト増、米輸入業者が「新手の値上げ」

トランプ米大統領が対中関税を引き上げるつもりだとツイートした5月、カリフォルニア州にあるニューエア・アプライアンシズ社は、何か手を打たなければ窮地に追い込まれると悟った。

米コカ・コーラ、通年見通し引き上げ 株価は最高値更新

米飲料大手コカ・コーラ<KO.N>が23日公表した第2・四半期決算は、利益が予想を上回った。事業の買収・売却や為替の影響を除いた本源的売上高(オーガニックセールス)の通年見通しを引き上げた。新しいコーヒー事業やゼロシュガーソーダ需要に注力する。

米ペプシコ、南アのパイオニア・フーズ買収へ 17億ドルで

米清涼飲料大手ペプシコは、南アフリカのパイオニア・フーズグループを17億ドルで買収することで合意したと、両社が19日、明らかにした。

焦点:生活必需品株、通商紛争で「ディフェンシブ」特性喪失か

生活必需品株は一般的に、景気変動の影響を受けにくいディフェンシブ銘柄に位置付けられている。しかしトランプ政権が次々と通商紛争を仕掛け、米株式市場全体が下げる中で、生活必需品株は公益や不動産など他のディフェンシブ銘柄に比べて下げ幅が大きくなっている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up