for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Pernod Ricard SA

PERP.PA

現在値

197.80EUR

変化

-1.00(-0.50%)

出来高

322,372

本日のレンジ

196.15

 - 

198.40

52週レンジ

136.15

 - 

199.90

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
198.80
始値
198.40
出来高
322,372
3か月平均出来高
7.59
高値
198.40
安値
196.15
52週高値
199.90
52週安値
136.15
発行済株式数
260.91
時価総額
51,196.87
予想PER
28.06
配当利回り
1.60

次のエベント

Q1 2022 Pernod Ricard SA Corporate Sales Release

適時開示

その他

Drinks company Pernod Ricard successfully completes 500 mln euro bond issuance

Drinks group Pernod Ricard resumes share buyback programme

Pernod Ricard Partners With IUCN

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Pernod Ricard SAとは

ペルノ・リカール(Pernod Ricard SA)は、ワイン及びスピリッツの提供を行うフランスを拠点とする会社である。【事業内容】アメリカ、ヨーロッパ、アジア・その他の3つの地域別セグメントで構成される。ブランドポートフォリオには、「Absolut Vodka」、「Ricard pastis」、「Ballantine’s」、「Chivas Regal」、「Royal Salute」、「Glenlivet Scotch」のウイスキー、「Jameson Irish」のウイスキー、「Martell」のコニャック、「Havana Club」のラム酒、「Beefeater」のジン、「Malibu」のリキュール、「Mumm」及び「Perrier-Jouet」のシャンパン、並びに「Jacob’s Creek」、「Brancott Estate」、「Campo Viejo」及び「Kenwood」のワイン等が含まれる。

業種

Beverages (Alcoholic)

連絡先

5 Cours Paul Ricard, Paris Cedex 08

75380

France

+33.1.70931600

https://www.pernod-ricard.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Alexandre Ricard

Chairman of the Board, Chief Executive Officer, Member of the Executive Board, Member of the Executive Committee

Helene Denise Marie de Tissot

Executive Vice President - Finance, IT & Operations, Member of the Executive Board, Member of the Executive Committee

Gilles Bogaert

Chief Executive Officer of Pernod Ricard Europe, Middle East, Africa and Latin America, Member of the Executive Committee

Philippe Coutin

Chairman of Pernod Ricard - France, Member of Executive Committee

Stephanie Durroux

Chief Executive Officer of The Absolut Company, Member of Executive Committee

統計

2.42 mean rating - 26 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2019

9.2K

2020

8.4K

2021

8.8K

2022(E)

9.8K
EPS (EUR)

2019

6.230

2020

5.450

2021

6.160

2022(E)

7.020
株価売上高倍率(過去12カ月)
39.17
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.80
株価純資産倍率(四半期)
3.44
株価キャッシュフロー倍率
30.29
総負債/総資本(四半期)
64.70
長期負債/資本(四半期)
62.71
投資利益率(過去12カ月)
4.86
自己資本利益率(過去12カ月)
4.16

最新ニュース

最新ニュース

アングル:酒造大手、コロナ後にらみ高級スピリッツ市場に照準

酒造大手各社は1本200ドル(約2万2000円)以上する高級スピリッツ(蒸留酒)の売り上げを伸ばそうと、買収や合弁などの戦略を進めている。市場規模500億ドルのこの分野は全体が1兆ドルのアルコール飲料市場の中で最も成長スピードが速い上に、コロナ禍収束後にさらなる拡大が見込まれるためだ。

欧州株式市場=続伸、M&A期待でクレディ・スイス買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 457.63 +0.59 +0.13 457.04 種 FTSEユーロファー 1767.43 +2.42 +0.14 1765.01 スト300種 ユーロSTOXX50 4120.66 -1.77 -0.04 4122.43 <.STOXX50E 種 > 欧州株式市場は続伸して取引を終えた。金融や素材関連株が買われ た。合併・買収(M&A)期待からスイスの金融大手クレディ・スイス が値上がりした。 クレディ・スイスは1.9%上昇。経営陣が事業再編の検 討を迫られており...

欧州株式市場=反発、経済回復へ期待感

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 457.04 +3.94 +0.87 453.10 FTSEユーロファース 1765.01 +16.56 +0.95 1748.45 ト300種 ユーロSTOXX50種 4122.43 +46.49 +1.14 4075.94 <.STOXX50E >    欧州株式市場は反発して取引を終えた。各中央銀行が緩和的な金融 政策を縮小するとの不安がある中でも、安定的な経済回復への期待感が 強かった。米国株式市場でテクノロジー株が前日に過去最高値で取引を 終えたことで...

欧州株式市場=反落、物価上昇圧力への不安で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 453.10 -3.32 -0.73 456.42 種 FTSEユーロファー 1748.45 -12.71 -0.72 1761.16 スト300種 ユーロSTOXX50 4075.94 -47.19 -1.14 4123.13 <.STOXX50E 種 > 欧州株式市場は反落して取引を終えた。ユーロ圏総合購買担当者景 気指数(PMI)が上昇したものの、物価上昇圧力への不安が相場を押 し下げた。 フランスの高級ブランドのケリングとエルメス は3.0%と1.5%...

欧州市場サマリー(22日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。英国の 店舗への客足が先週増えたことで小売株が買われた。ポンド安も相場を押し上げた。 FTSE350種小売株指数は1.93%上昇した。新型コロナウイ ルスの感染拡大を抑えるための封鎖措置が終わり小売店が営業を再開し、衣料品と家具の 売り上げが先週急増した。 英産業連盟(CBI)が22日発表した製造業統計は、ここ1カ月の製造業者景況感 指数が48年ぶりの高水準を付け、市場心理を押し上げる要因となった。 銀行のメトロバンクは0.6%高だった。消費者金融事業を10倍の20億 ポンド(27億8000万...

欧州株式市場=続伸、好決算とECB金利据え置きで

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 STOXX欧州600種 439.63 +2.99 +0.68 436.64 FTSEユーロファースト30 1693.13 +11.20 +0.67 1681.93 0種 ユーロSTOXX50種 4014.80 +38.39 +0.97 3976.41 欧州株式市場は続伸して取引を終えた。好決算や、欧州中央銀行(EC B)が政策金利を据え置いたことが相場を押し上げた。 スイス食品大手ネスレは2.9%上昇した。第1・四半期 の売り上げが10年ぶりの大幅な伸びだった。 ドイツのソフトウエア...

仏ペルノ・リカール、四半期減収率が改善、年度後半の増加見込む

蒸留酒世界2位の仏ペルノ・リカール<PERP.PA>は売上高が2020/21年度下半期に増加に転じるとの見通しを示した。

欧州市場サマリー(7日)

<ロンドン株式市場> 小幅に下落して取引を終えた。ト ランプ米大統領が協議を停止した新型コロナウイルスの追加支援対策について投資家が新 たな手掛かりを模索する中、原油が値を下げエネルギー株が売られた。 トランプ氏は支援策を巡る野党民主党との協議を停止。米原油在庫が市場予想を上回 ったこともあり、原油は2.5%近く値を下げた。 FTSE350種原油・天然ガス株指数は1.73%下落した。 小売り大手テスコは、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)の影響で 売り上げが伸びたほか、21年度の営業利益が前年と同じ水準になるとの見通しを示し、 一時...

欧州株式市場=まちまち、優良銘柄が重しに

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 365.45 -0.43 -0.12 365.88 種 FTSEユーロファー 1414.34 -1.49 -0.11 1415.83 スト300種 ユーロSTOXX50 3233.43 +0.13 0.00 3233.30 <.STOXX50 種 E> 欧州株式市場はまちまちで取引を終えた。米国の追加支援策の実現のめどを巡る疑念 から世界的に株価が下落した後、他市場は持ち直したものの、欧州は優良銘柄が重しとな り軟調な相場展開となった。 STOXX欧州600種...

アングル:FB広告ボイコット企業、再開判断にばらつき

米フェイスブック<FB.O>などがヘイトスピーチ(憎悪表現)を容認しているとして同社への広告掲載をボイコットしている大手企業の一部は、ソーシャルメディア各社が最近になって打ち出した対策をある程度評価しつつも、広告掲載の再開については即断を控えている。

欧州市場サマリー(14日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。決算が 嫌気された製薬のアストラゼネカと銀行大手ロイヤル・バンク・オブ・スコット ランド(RBS)が重しとなった。新型コロナウイルスによる世界経済への打撃 も依然として不安材料。 新型ウイルスの感染拡大が頭打ちになる兆しがない中、市場は各中央銀行による緩和 策を見込んでいる。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は今週、コロナウイルス の感染拡大による打撃が世界経済に波及するリスクを警告した。 コモディティー(商品)は、中国の需要の伸びが鈍化するとの見方から値下がりして いる。コモディティー...

欧州株式市場=続落、英仏株売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 430.52 -0.56 -0.13 431.08 FTSEユーロファース 1678.49 -2.58 -0.15 1681.07 ト300種 ユーロSTOXX50種 3840.97 -5.77 -0.15 3846.74 <.STOXX50E > 欧州株式市場は続落して取引を終えた。英国とフランス株の値下がりが目立った。 英製薬のアストラゼネカは4.3%安だった。新型コロナウイルスの感染拡 大による打撃を考慮すると、今年は売り上げの伸びが鈍化する可能性があると...

大手酒類メーカー、2024年までに商品の飲酒年齢表示を徹底へ

世界の大手酒類メーカー12社が加盟する団体、責任ある飲酒国際連盟(IARD)は、未成年者飲酒対策として、商品における飲酒可能年齢の表示を全市場で2024年までに徹底する方針を明らかにした。

トランプ米大統領、NATO閉幕後の会見中止 「何度もやった」

トランプ米大統領は4日、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議の閉幕に当たり予定していた記者会見を中止した。2日間で何度も会見を行ったためだと理由を説明した。

英首相、デジタル課税の推進確認 対米関係の火種の恐れも

ジョンソン英首相は4日、世界的な大手IT(情報技術)企業を対象としたデジタルサービス税について推進する意向を改めて表明した。同税を巡ってはトランプ米大統領が米国企業に対する不当差別だと批判しており、両国関係の火種になる恐れもある。

仏、米の制裁関税に報復の用意 マクロン氏「国益断固守る」

フランスのルメール経済・財務相は3日、米国がフランス製品に対する追加関税を検討していることについて「受け入れられない」と発言、仏をはじめ欧州連合(EU)は報復する用意があると述べた。

米ロ、核兵器巡る新条約締結に意欲=トランプ大統領

トランプ氏は北大西洋条約機構(NATO)首脳会議を前に「核を巡る全体的な状況は良くない」と指摘。「ロシアが順守していなかったため、米国は条約を離脱したが、ロシアは条約締結を望んでおり、われわれも条約締結は素晴らしいことだと考えている。率直に言って、われわれができる最も重要なことの1つだ」と述べた。

トランプ氏、対トルコ制裁を検討 ロシア製ミサイル購入で

トランプ米大統領は3日、トルコによるロシア製の地対空ミサイル「S400」の購入を巡って、トルコへの制裁措置を検討していると明らかにした。

EU、米国の対仏関税に報復の用意=仏経財相

フランスのルメール経済・財務相は3日、米国がフランス製品に対する追加関税を検討していることについて「受け入れられない」と発言、欧州連合(EU)には報復する用意があると述べた。

欧州市場サマリー(3日)

また、米ISM非製造業総合指数は2016年8月以来の低水準となり、中でも雇用 指数は14年2月以来の水準に低下した。 ユーロ圏各国の10年債利回りは4─7ベーシスポイント(bp)低下。<FR10YT=RR > フランスやスペインでの国債入札も利回り低下の一因となった。 ドイツ10年債利回りはマイナス0.59bpと、1週間超ぶりに低下 。低下幅は5bpで、1週間半ぶりの大きさとなった。 INGのシニア金利ストラテジスト、ベンジャミン・シュレーダー氏は「この1週間 の利回り上昇には驚いたが、欧州中央銀行(ECB)の緩和策を踏まえると、トレンド...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up