for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ペトロレオ・ブラジレイロ・ペトロブラス

PETR4.SA

現在値

28.47BRL

変化

-1.15(-3.88%)

出来高

108,871,800

本日のレンジ

28.07

 - 

29.16

52週レンジ

20.48

 - 

31.76

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
29.62
始値
28.39
出来高
108,871,800
3か月平均出来高
1,647.08
高値
29.16
安値
28.07
52週高値
31.76
52週安値
20.48
発行済株式数
13,044.20
時価総額
377,815.70
予想PER
3.98
配当利回り
17.44

次のエベント

Petroleo Brasileiro SA Petrobras Day - New York

適時開示

その他

Saipem Wins $940 Mln Offshore Contract In Brazil

Brazil petrochemical producer Braskem says 2022 results will be "historically good," but below this year's due to spread trends

Brazil's Petrobras drills on Aram and Tres Marias pre-salt blocks, production head says

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ペトロレオ・ブラジレイロ・ペトロブラスとは

ペトロレオ・ブラジレイロ・ペトロブラス(Petroleo Brasileiro S.A.-Petrobras)は石油、天然ガスとエネルギー産業に従事する会社である。【事業内容】同社はオンショア・沖合油田及び頁岩と他の岩石からの原油の調査・抽出・精製・加工・取引・輸送に従事する。同社の事業は原油・天然ガス液・天然ガスの探査・開発・生産に従事する探鉱・生産事業、原油・石油製品の精製・物流・輸送・取引、エタノールの輸出及び頁岩の抽出・加工を行う精製・輸送・マーケティング事業、ブラジルにおいて生産される天然ガスと輸入される天然ガスの輸送・取引を行うガス・パワー事業、バイオディーゼルと連結製品、エタノール関連製品の生産を行うバイオ燃料事業、Petrobras Distribuidora S.A.子会社と企業の活動を行う流通事業を含む。

業種

Oil & Gas Operations

連絡先

Av. Republica do Chile

n 65 24 andar, Centro

20.031-912

Brazil

+55.21.32242040

http://www.petrobras.com.br/

エグゼクティブリーダーシップ

Eduardo Bacellar Leal Ferreira

Chairman of the Board

Roberto da Cunha Castello Branco

Chief Executive Officer, Director

Andrea Marques de Almeida

Chief Financial and Investor Relations Officer

Roberto Furian Ardenghy

Chief Institutional Relations and Sustainability Executive Officer

Andre Barreto Chiarini

Chief Trading & Logistics Officer

統計

2.00 mean rating - 12 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, BRL)

2018

349.8K

2019

302.2K

2020

272.1K

2021(E)

427.4K
EPS (BRL)

2018

2.760

2019

3.080

2020

1.020

2021(E)

6.960
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.75
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.96
株価純資産倍率(四半期)
1.01
株価キャッシュフロー倍率
1.89
総負債/総資本(四半期)
87.82
長期負債/資本(四半期)
74.40
投資利益率(過去12カ月)
16.47
自己資本利益率(過去12カ月)
14.02

最新ニュース

最新ニュース

焦点:ガソリン価格は来年下がるか、鍵はOPECプラスと米シェール業界

来年になればガソリンは値下がりするだろうか。その大前提になるのは、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国でつくる「OPECプラス」、および米シェール業界が積極的な増産に乗り出すことだ。

ブラジル大統領、ペトロブラスへの影響力を否定

ブラジルのボルソナロ大統領は10日、国営石油会社ペトロブラスへの自身の影響力を否定した。一方で同社の一部民営化に重ねて期待を示した。

ブラジル大統領、国営石油会社ペトロブラス民営化を支持

ブラジルのボルソナロ大統領は14日、国営石油会社ペトロブラスの民営化が望ましいと発言し、経済顧問と協議を進める方針を示した。

ペトロブラスの第2四半期、利益が予想超え 原油高やコスト削減で

ブラジルの国営石油大手ペトロブラスが4日発表した第2・四半期決算は、利益が予想を大幅に上回った。原油価格の上昇や天然ガスの販売好調、経費削減が利益を押し上げた。

ブラジル、ペトロブラスCEOを更迭 燃料価格巡り大統領と対立

ブラジル政府は19日遅く、国営石油大手ペトロブラスの最高経営責任者(CEO)にシルバエルナ元国防相を任命すると発表した。ロベルト・カステロ・ブランコ現CEOは燃料価格引き上げを巡りボルソナロ大統領との対立が表面化しており、事実上の更迭となる。

焦点:アマゾンで気候変動データ収集、科学者が流す執念の汗

マチェーテと呼ばれるなたを振るいながら、科学者たちはアマゾンの鬱蒼(うっそう)たるジャングルへと分け入っていく。まだ、正午までにはかなりの時間があるのに、気温はすでに摂氏38度を超えていた。

ブラジル国営石油、ロンドン事業所閉鎖へ ロッテルダムに移管

ブラジル国営石油会社ペトロブラスは23日、英ロンドン事務所を閉鎖し、オランダのロッテルダムに業務を移管すると発表した。世界各地で進めるコスト削減の一環。

ブラジル・ペトロブラス、バイア州の油・ガス田を売却へ

ブラジル国営石油会社ペトロブラスは4日公表の有価証券報告書で、バイア州にある石油・ガス田の操業権28件を売却する方針を明らかにした。

ペトロブラス、第3四半期は予想外の赤字 特別費用の計上響く

ブラジルの国営石油会社ペトロブラス<PETR4.SA>の第3・四半期決算は、燃料・石油収入の回復を背景に営業利益が増加したものの、多額の特別費用を計上したことから予想外の赤字となった。

世界の石油・ガス大手12社、温室効果ガス削減で共同目標を初設定

世界の石油・ガス大手12社が設立した温暖化対策に取り組む国際組織「石油・ガス気候イニシアチブ(OGCI)」は、業界による気候変動の取り組み姿勢に対する圧力が高まる中、温室効果ガスの削減目標を初めて設定した。

石油大手の国際組織、温室効果ガス削減で共同目標

世界の大手石油会社が加盟する環境対策の共同組織「石油・天然ガス気候イニシアチブ(OGCI)」は、温室効果ガスの共同削減目標を初めて設定した。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(15日現在)

欧州連合(EU)統計局が発表した第1・四半期のユーロ圏域内総生産(GDP)改定値は前期比3.8%減となり、現行方式で統計を取り始めた1995年以来、最大の減少となった。新型コロナウイルス感染防止のための封鎖措置が打撃となった。

中南米産油国、原油価格低迷で海外勢の資金引き揚げ顕著

中南米産油国の金融市場からの資金流出が、ここ数週間で記録的な水準に達している。新型コロナウイルス感染拡大に原油価格の急落が加わり、投資家が一段とリスクを回避する姿勢を見せているためだ。

原油暴落の打撃、中南米産油国ではメキシコやベネズエラなど際立つ

中南米の主要な原油グレードの価格が今週、指標となる原油先物価格が暴落したことを受けて急落し、既に低迷している地域の市場に追い打ちをかけている。複数のトレーダーが21日、ロイターに明らかにした。

ブラジル株12%急落、1998年以来の大幅安 レアルは最安値更新

9日のブラジル市場では、主要株価指数が12%超値下がりし、1998年以来の下落率を記録した。外為市場ではレアルが対ドルで過去最安値を更新し、中銀が2回にわたりスポット市場に介入した。

三井海洋、ブラジルでの大型石油生産設備受注に期待=幹部

浮体式プラント大手の三井海洋開発<6269.T>は、ブラジルの海洋油田開発ブームに乗り、同国で年間1─2基の大型石油生産プラントを受注できると期待している。同社の最高デジタル責任者(CDO)兼中南米・ガーナ担当副社長の井出壮一氏が明らかにした。

ブラジル、原油高の悪影響緩和策を検討=エネルギー相

ブラジルのアルブケルケ鉱業・エネルギー相は6日、国際原油価格の高騰がもたらす国内への悪影響を和らげる措置を、政府が検討していると語った。

ブラジルの沖合油田入札、2日連続で期待外れ 入札制度見直し不可避か

ブラジル政府は7日、前日に続き沖合油田の開発権入札を実施したが、対象となる6鉱区のうち落札されたのは2鉱区にとどまり、6日同様に期待外れの結果となった。外国企業の応札意欲の鈍さが浮き彫りになり、政府は国営石油会社ペトロブラス<PETR4.SA>を優遇する現在の入札制度の見直しを迫られている。

ブラジル最大規模の油田入札は期待外れ、高い契約金に欧米勢敬遠

ブラジル政府が6日実施した過去最大規模の沖合油田開発入札は、対象4鉱区のうち2鉱区が応札ゼロに終わるなど、期待外れの結果に終わった。政府に支払う契約金の高さや、油田開発において国営石油会社ペトロブラス<PETR4.SA>が主導権を握る仕組みが、欧米勢に敬遠されたもようだ。

ブラジル大統領、OPEC加盟に意欲

ブラジルのボルソナロ大統領は30日、石油輸出国機構(OPEC)加盟への意欲を表明した。サウジアラビアのリヤドで開かれた投資会議で、個人的な見解と断りながらも「ブラジルを加盟国にしたい」と述べた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up