for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Petroleo Brasileiro SA Petrobras

PETR4.SA

現在値

30.55BRL

変化

0.80(+2.69%)

出来高

44,181,800

本日のレンジ

29.76

 - 

30.55

52週レンジ

23.68

 - 

31.24

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
29.75
始値
29.87
出来高
44,181,800
3か月平均出来高
911.99
高値
30.55
安値
29.76
52週高値
31.24
52週安値
23.68
発行済株式数
13,044.20
時価総額
404,372.80
予想PER
--
配当利回り
2.64

次のエベント

Q4 2019 Petroleo Brasileiro SA Petrobras Earnings Release

適時開示

その他

Misc Says Unit Awarded Long-Term Charter Contract For 3 Shuttle Tankers By Petróleo Brasileiro S.A.

Petrobras Begins Binding Phase In Sale Of Fuel Distribution Subsidiary In Uruguay- Filing

Petrobras Files For Global Offering Of Up To 611.84 Mln Common Shares

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Petroleo Brasileiro SA Petrobrasとは

ペトロレオ・ブラジレイロ・ペトロブラス(Petroleo Brasileiro S.A.-Petrobras)は石油、天然ガスとエネルギー産業に従事する会社である。【事業内容】同社はオンショア・沖合油田及び頁岩と他の岩石からの原油の調査・抽出・精製・加工・取引・輸送に従事する。同社の事業は原油・天然ガス液・天然ガスの探査・開発・生産に従事する探鉱・生産事業、原油・石油製品の精製・物流・輸送・取引、エタノールの輸出及び頁岩の抽出・加工を行う精製・輸送・マーケティング事業、ブラジルにおいて生産される天然ガスと輸入される天然ガスの輸送・取引を行うガス・パワー事業、バイオディーゼルと連結製品、エタノール関連製品の生産を行うバイオ燃料事業、Petrobras Distribuidora S.A.子会社と企業の活動を行う流通事業を含む。

連絡先

Av. Republica do Chile, n 65 - Centr

+55.21.32242040

http://www.petrobras.com.br/

エグゼクティブリーダーシップ

Eduardo Bacellar Leal Ferreira

Chairman of the Board

Roberto da Cunha Castello Branco

Chief Executive Officer, Director

Andrea Marques de Almeida

Chief Financial and Investor Relations Officer

Rudimar Andreis Lorenzatto

Chief Technology and Production Development Executive Officer

Roberto Furian Ardenghy

Chief Institutional Relations Executive Officer

統計

1.82 mean rating - 11 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, BRL)

2016

282.6K

2017

283.7K

2018

349.8K

2019(E)

315.9K
EPS (BRL)

2016

0.420

2017

1.490

2018

2.758

2019(E)

3.137
株価売上高倍率(過去12カ月)
16.20
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.29
株価純資産倍率(四半期)
1.27
株価キャッシュフロー倍率
4.64
総負債/総資本(四半期)
122.25
長期負債/資本(四半期)
104.33
投資利益率(過去12カ月)
3.25
自己資本利益率(過去12カ月)
2.82

最新ニュース

最新ニュース

三井海洋、ブラジルでの大型石油生産設備受注に期待=幹部

浮体式プラント大手の三井海洋開発<6269.T>は、ブラジルの海洋油田開発ブームに乗り、同国で年間1─2基の大型石油生産プラントを受注できると期待している。同社の最高デジタル責任者(CDO)兼中南米・ガーナ担当副社長の井出壮一氏が明らかにした。

ブラジル、原油高の悪影響緩和策を検討=エネルギー相

ブラジルのアルブケルケ鉱業・エネルギー相は6日、国際原油価格の高騰がもたらす国内への悪影響を和らげる措置を、政府が検討していると語った。

ブラジルの沖合油田入札、2日連続で期待外れ 入札制度見直し不可避か

ブラジル政府は7日、前日に続き沖合油田の開発権入札を実施したが、対象となる6鉱区のうち落札されたのは2鉱区にとどまり、6日同様に期待外れの結果となった。外国企業の応札意欲の鈍さが浮き彫りになり、政府は国営石油会社ペトロブラス<PETR4.SA>を優遇する現在の入札制度の見直しを迫られている。

ブラジル最大規模の油田入札は期待外れ、高い契約金に欧米勢敬遠

ブラジル政府が6日実施した過去最大規模の沖合油田開発入札は、対象4鉱区のうち2鉱区が応札ゼロに終わるなど、期待外れの結果に終わった。政府に支払う契約金の高さや、油田開発において国営石油会社ペトロブラス<PETR4.SA>が主導権を握る仕組みが、欧米勢に敬遠されたもようだ。

ブラジル大統領、OPEC加盟に意欲

ブラジルのボルソナロ大統領は30日、石油輸出国機構(OPEC)加盟への意欲を表明した。サウジアラビアのリヤドで開かれた投資会議で、個人的な見解と断りながらも「ブラジルを加盟国にしたい」と述べた。

ブラジル・ペトロブラス、19年生産目標を下方修正 前年と同水準

ブラジル国営石油会社ペトロブラス<PETR4.SA>は26日付の有価証券報告書で、2019年の同社の生産目標を前年と同水準の日量平均270万石油換算バレル(BOE)とし、従来予想の280万BOEから下方修正した。

焦点:メキシコの「格付け危機」、石油ナショナリズム暗礁に

メキシコのロペスオブラドール大統領は12月に就任した際、国営のメキシコ石油公社(ペメックス)を再生し、海外投資に歯止めをかけることで、石油資源の富をより多く国民に分配すると公約した。

ブラジル前大統領、収賄容疑で逮捕 経済改革に影響も

ブラジルの検察当局は21日、テメル前大統領を汚職の疑いで逮捕した。今後、政府が進める抜本的な経済改革に影響が及ぶ恐れがある。

ブラジル前大統領、収賄容疑で逮捕 経済改革に影響の恐れ

ブラジルのテメル前大統領が21日、汚職の疑いで逮捕された。同国政府が進める抜本的な経済改革の道筋に影響が及ぶ恐れがある。

中国、ブラジルの食品加工分野で長期的な取引目指す=政府高官

中国政府は、ブラジルの食品加工業界でプレゼンスを高め、食品の安全管理でブラジルと合意することで、両国間の長期的な供給案件を可能にすることを目指している。中国政府高官が27日に明らかにした。

ブラジル次期大統領、初の公式会見 政策課題を説明

ブラジルのボルソナロ次期大統領は1日、初の公式記者会見を行い、政策課題について説明した。

アングル:「ブラジルのトランプ氏」大統領当選で何が変わるか

ブラジルで28日投開票が行われた大統領選の決選投票では、極右で元軍人のジャイル・ボルソナロ下院議員(63)が左派・労働党のアダジ元サンパウロ市長(55)を破り、初当選を決めた。

ペトロブラス最大製油所、24日に一部再稼働=爆発事故で停止

ブラジル国営石油会社ペトロブラス<PETR4.SA>は24日、最大規模のレプラン製油所を部分的に再稼働する計画だ。国家石油庁(ANP)が23日明らかにした。

ブラジル石油のペトロブラス、第2四半期は大幅増益 価格上昇などで

ブラジル国営石油会社ペトロブラスが発表した第2・四半期決算は、純利益が100億7200万レアル(26億9000万ドル)となり、アナリスト予想の15億0500万レアルを大幅に上回った。価格の上昇や市場シェア拡大が押し上げ要因となった。

ブラジル、労働者スト収束 経済正常化に向かう兆し

ブラジルで31日、労働者の大規模なストライキがほぼ収束し、経済活動が正常化に向かう兆しが出てきた。

ブラジルの石油業界もスト開始、テメル政権にさらなる痛手

ブラジルの石油部門の労働者が、30日から72時間の時限ストを開始した。トラック運転手によるストに続くもので、テメル政権とブラジル経済にとってさらなる痛手となる。

コラム:トラック運転手スト、ブラジル財政に「大穴」も

ブラジルでトラック運転手がディーゼル油高騰に抗議して実施してきたストライキは、同国の財政に「大穴」を開けてしまうかもしれない。

ブラジルのトラックスト、大統領は「軍介入」の可能性を一蹴

ブラジルのテメル大統領は29日、ブラジル国内で大混乱を引き起こしているトラック運転手のストについて、クーデターにつながる可能性は皆無だと一蹴し、軍の介入を否定した。サンパウロで開かれた投資フォーラムで報道陣に語った。

ブラジルのトラックスト、政府対策でも正常化遠く 影響深刻化

ブラジルのトラック運転手協会(ABCAM)は、ディーゼル油高騰への抗議デモを続けている運転手らに対し、政府が要求を受け入れたことから、ストライキをやめて職場に戻るよう呼び掛けた。しかしストの解除は遅々として進んでおらず、食料品や燃料、輸出品などの物流が滞る深刻な事態となっている。

ブラジル弁護士団体、最高裁判事にルラ氏収監差し止め要請

ブラジルの刑事弁護士の団体は9日、収賄罪で12年の禁錮刑を受け収監されたルラ元大統領について、釈放を可能にする命令を出すよう最高裁のメロ判事に要請した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up