for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Premier Foods Plc

PFD.L

現在値

115.80GBp

変化

0.20(+0.17%)

出来高

492,205

本日のレンジ

113.60

 - 

115.80

52週レンジ

95.42

 - 

128.20

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
115.60
始値
113.60
出来高
492,205
3か月平均出来高
56.37
高値
115.80
安値
113.60
52週高値
128.20
52週安値
95.42
発行済株式数
863.18
時価総額
1,004.84
予想PER
9.70
配当利回り
1.03

次のエベント

Half Year 2023 Premier Foods PLC Earnings Release

適時開示

その他

Premier Foods Says Q1 Group Sales Up 6%

Premier Foods Plc Says Daniel Wosner, Non-Executive Director, Will Not Seek Re-Election

Premier Foods FY Adjusted Pretax Profit Rises

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Premier Foods Plcとは

プレミア・フーズ(Premier Foods plc)は食品製造・加工・販売に従事するイギリス会社である。【事業内容】同社は、食料品事業、パン事業及び缶詰加工事業という3つのセグメントにより構成される。食料品事業は、周囲温度食品を販売する。パン事業は、パン、朝食製品、小麦粉製品と冷凍ピザなどを販売する。缶詰加工事業は、缶詰食品を販売する。同社の子会社は、Premier Foods Group Limited、Premier Foods Group Services Limited及びPremier Foods Investments Limitedを含む。

業種

Food Processing

連絡先

Premier House

Centrium Business Park, Griffiths Way

AL1 2RD

United Kingdom

+44.1727.815850

http://www.premierfoods.co.uk

エグゼクティブリーダーシップ

Colin R. Day

Non-Executive Chairman of the Board

Alex Whitehouse

Chief Executive Officer, Executive Director

Duncan Neil Leggett

Chief Financial Officer, Executive Director

Simon Alan Rose

General Counsel, Company Secretary

Yuichiro Kogo

Non-Executive Director

統計

1.50 mean rating - 4 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, GBP)

2020

0.8K

2021

0.9K

2022

0.9K

2023(E)

1.0K
EPS (GBp)

2020

8.800

2021

11.000

2022

12.100

2023(E)

11.725
株価売上高倍率(過去12カ月)
13.16
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.12
株価純資産倍率(四半期)
0.67
株価キャッシュフロー倍率
8.12
総負債/総資本(四半期)
22.52
長期負債/資本(四半期)
22.38
投資利益率(過去12カ月)
3.62
自己資本利益率(過去12カ月)
3.22

最新ニュース

最新ニュース

ロンドン株式市場=大幅続落、世界経済減速を懸念

ロンドン株式市場は大幅続落して取引を 終えた。インフレが世界経済や企業業績に及ぼす悪影響が懸念され、投 資家心理が悪化した。 ポンドの上昇が生活必需品株を圧迫し、ブリティッシュ・アメリカ ン・タバコ(BAT)、日用品のレキット・ベンキーザー<RKT .L>、ユニリーバ、酒造大手のディアジオが1.3─5 .1%下落。英スーパーマーケット大手のテスコは4.1%下 げた。 18日発表した2―4月の2022年第1・四半期純利益が半減し た米小売業大手ターゲットは同日24.9%と急落し、19日 も下落が続いた。 オンライン取引プラットフォーム、IG...

欧州市場サマリー(18日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。4月の英消費者物価指数(CPI)が前年同月比9.0%上昇と1982年以来の大きさになり、物価高騰による景気悪化への懸念が強まって売りを誘った。

ロンドン株式市場=反落、インフレ懸念で売り

ロンドン株式市場は反落して取引を終え た。4月の英消費者物価指数(CPI)が前年同月比9.0%上昇と1 982年以来の大きさになり、物価高騰による景気悪化への懸念が強ま って売りを誘った。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.58%下げ た。 4月の英CPIは、エネルギー料金の大幅上昇が最大の押し上げ要 因となった。 17日に発表された英国の2022年1─3月の失業率は1974 年以来の低水準となり、イングランド銀行(英中央銀行)はインフレ抑 制のために利上げを続ける必要があるとの見方を強めた。 JPモルガン・アセット・マネジメント...

欧州市場サマリー(20日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。石油株 や製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)が売られたのが相場を圧迫した。 原油価格が軟調に推移していたことを受け、石油大手のBP、英蘭系のロイヤル・ ダッチ・シェルはそれぞれ1.3%、1.7%下落した。 下げが目立ったのはグラクソ・スミスクライン(GSK)で、1.8%下落 。英日用品のユニリーバが19日、GSKの一般医薬品(大衆薬)部門に対する 買収計画を事実上断念したことが売り材料となった。 一方、英料理宅配のデリバルーは1.4%上昇。注文金額が第4・四半期に 堅調に増加し、その結果...

ロンドン株式市場=反落、石油株売られる

中型株で構成するFTSE250種指数は0.26%高。 好調だったのは英食品大手プレミアフーズで、7.8%と大幅 上昇。傘下のブランド「ミスターキプリング」のクリスマス時期の売り 上げが過去最高となり、通期利益が市場予想を上回るとの見通しを示し たことが好感された。 <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100種 7585.01 -4.65 -0.06 7589.66 (ーからご覧ください)

欧州市場サマリー(24日)

賭け業者のフラッター・エンターテイメントとオンラインカジノなどを運営するエンテイン、ケータリングサービス大手コンパスは2.1%から2.8%上昇した。

ロンドン株式市場=上昇、一般消費財や石油株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7051.59 +33.54 +0.48 7018.05 週明けロンドン株式市場は上昇して取引を終えた。一般消費財や石 油株が好調だった。 賭け業者のフラッター・エンターテイメントとオンライ ンカジノなどを運営するエンテイン、ケータリングサービス大 手コンパスは2.1%から2.8%上昇した。 石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBPは0. 7%と1.3%それぞれ上昇した。 食品大手プレミアフーズは5.9%高だった。証券会社が 目標株価を引き上げたことが好感された。...

欧州市場サマリー(10日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。新型コ ロナウイルスワクチンの有効性に関する前日の朗報や英国と欧州連合(EU)の通商交渉 に対する期待が相場を押し上げた。 FTSE100種は前日と合わせた2日間で6.46%上昇し、3月以来の大幅高と なった。FTSE350種旅行・娯楽関連株指数と原油・天然ガス株指数<. FTNMX0530>、航空宇宙・防衛指数の値上がりが目立った。 英政府やイングランド銀行(英中央銀行)の景気刺激策も追い風となり、FTSE1 00種は11月に好調なスタートを切った。 ただこの日発表された英国の第3・四半期の...

ロンドン株式市場=続伸、コロナワクチンと英EU交渉への期待で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6296.85 +110.56 +1.79 6186.29 ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。新型コロナウイルスワ クチンの有効性に関する前日の朗報や英国と欧州連合(EU)の通商交 渉に対する期待が相場を押し上げた。 FTSE100種は前日と合わせた2日間で6.46%上昇し、3 月以来の大幅高となった。FTSE350種旅行・娯楽関連株指数<.FT NMX5750>と原油・天然ガス株指数、航空宇宙・防衛指数<. FTNMX2710>の値上がりが目立った。 英政府...

再送-欧州市場サマリー(24日)

(表の不具合を修正して再送しました) [24日 ロイター] - <ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。約2週 間ぶりの大幅なマイナスだった。新型コロナウイルスの感染件数が世界中で増えたことを 受け、パンデミック(世界的大流行)の第2波を巡る不安が高まった。 住宅建設のクレスト・ニコルソンは18.2%下落し、約3カ月ぶりの大幅 安となった。新型コロナの影響で通期の税引き前利益が60-70%減るとの見通しが嫌 気された。 石油プラントのペトロファクは14.9%安。新型コロナの影響で上半期は 事業が低迷した。 国際通貨基金(IMF)はこの...

ロンドン株式市場=反落、新型コロナ第2波不安視

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6123.69 -196.43 -3.11 6320.12 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。約2週間ぶりの大幅なマイナスだった。 新型コロナウイルスの感染件数が世界中で増えたことを受け、パンデミック(世界的大流 行)の第2波を巡る不安が高まった。 住宅建設のクレスト・ニコルソンは18.2%下落し、約3カ月ぶりの大幅 安となった。新型コロナの影響で通期の税引き前利益が60-70%減るとの見通しが嫌 気された。 石油プラントのペトロファクは14.9%安。新型コロナ...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up