for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ファイザー・インク

PFE.N

現在値

38.33USD

変化

0.54(+1.43%)

出来高

5,270,490

本日のレンジ

37.83

 - 

38.55

52週レンジ

27.89

 - 

40.93

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
37.79
始値
37.83
出来高
5,270,490
3か月平均出来高
662.55
高値
38.55
安値
37.83
52週高値
40.93
52週安値
27.89
発行済株式数
5,556.88
時価総額
213,583.40
予想PER
13.30
配当利回り
3.95

次のエベント

Pfizer Inc Virtual Investor Day: Part 1

適時開示

その他

Pfizer Announces Agreement With Gilead To Manufacture Remdesivir

Basilea Says Pfizer’S Antifungal Isavuconazole Accepted For Regulatory Review In China

Pfizer says Lorbrena Improves Progression-Free Survival In First-Line Alk-Positive Lung Cancer

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ファイザー・インクとは

ファイザー(Pfizer Inc.)(Pfizer)は研究ベースのグローバルなバイオ医薬品会社である。【事業内容】医療製品の発見・開発・製造を行う。グローバル・ポートフォリオには、医薬品とワクチンが含まれる。ファイザー・イノベーティブ・ヘルス(IH)とファイザー・エッセンシャル・ヘルス(EH)の2つの事業セグメントを通じて商業活動を展開する。IH事業は医薬品とワクチンの開発と商業化に重点を置く。IHの治療分野は内科、ワクチン、腫瘍学、炎症、免疫学、希少疾患と消費者医療を含む。EH事業はレガシー・ブランド、ブランド・ジェネリック、一般的無菌注射用製品、バイオシミラーと輸液システムを含む。EHは、また研究・開発(R&D)組織と契約製造事業を含む。ブランドは「Prevnar 13」、「Xeljanz」、「Eliquis」、「Lipitor」、「Celebrex」、「Pristiq」、「Viagra」を含む。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

235 E 42ND ST

NEW YORK, NY

10017-5703

United States

+1.212.5732323

https://www.pfizer.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Albert Bourla

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

John D. Young

Chief Business Officer, Group President

Frank A. D'Amelio

Chief Financial Officer, Executive Vice President - Business Operations and Global Supply

Angela Hwang

Group President, Pfizer Biopharmaceuticals Group

Dawn Rogers

Chief Human Resource Officer, Executive Vice President

統計

2.53 mean rating - 17 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

52.5K

2018

53.6K

2019

51.8K

2020(E)

49.5K
EPS (USD)

2017

2.650

2018

3.000

2019

2.950

2020(E)

2.933
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.05
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.22
株価純資産倍率(四半期)
3.29
株価キャッシュフロー倍率
10.08
総負債/総資本(四半期)
80.41
長期負債/資本(四半期)
55.79
投資利益率(過去12カ月)
12.02
自己資本利益率(過去12カ月)
9.63

最新ニュース

最新ニュース

焦点:富裕国の仁義なき「ワクチン争奪戦」、対コロナで逆効果

新型コロナウイルス感染症のワクチンに関して、この世界は仁義なき戦いの様相を呈している。

英ヒクマ、新型コロナ治療薬「レムデシビル」製造へ

英ジェネリック医薬品メーカー、ヒクマ・ファーマシューティカルズ<HIK.L>は7日、米バイオ医薬品企業ギリアド・サイエンシズ<GILD.O>とポルトガルで結んだ契約に基づき、ギリアドの抗ウイルス薬「レムデシビル」の製造を開始すると発表した。ギリアドは新型コロナウイルスの治療薬として使われているレムデシビルの供給を増やすために製造を外注している。

米ファイザーもレムデシビル製造、コロナ治療薬の供給拡大へ

米製薬大手ファイザー<PFE.N>は7日、米バイオ医薬品企業ギリアド・サイエンシズ<GILD.O>の抗ウイルス薬「レムデシビル」を製造する複数年契約を結んだと発表した。新型コロナウイルスの治療薬として使われているレムデシビルの供給を拡大する動きの一環だ。

コロナワクチン、11月初旬までの実用化「あり得る」=トランプ氏

トランプ米大統領は6日、大統領選が行われる11月初旬までに新型コロナウイルスワクチンが実用化される可能性はあるという考えを示した。

米マイラン、通期売上高見通し上限を引き下げ 新型コロナが影響

米後発医薬品(ジェネリック)大手マイランは6日、通期の売上高見通しのレンジ上限を従来の125億ドルから120億ドルに引き下げた。下限は115億ドルを維持。新型コロナウイルスに関連しない医薬品の需要が回復するには少なくとも年末までかかるとした。

コロナワクチン、11月初旬までの実用化「あり得る」=トランプ氏

トランプ米大統領は6日、大統領選が行われる11月初旬までに新型コロナウイルスワクチンが実用化される可能性はあるという考えを示した。

カナダ、コロナワクチン供給契約 ファイザーやモデルナと

カナダのアナンド公共サービス・調達相は5日、米ファイザー<PFE.N>およびモデルナ<MRNA.O>と、数百万回分の新型コロナウイルスワクチン候補の供給契約を結んだと発表した。契約額は不明。

英、仏バルネバに1300万ドル投資 コロナワクチン供給増

仏バイオ企業バルネバ<VLS.PA>は5日、英政府が新型コロナウイルスワクチンの製造能力拡大に向け、同社に対し1000万ポンド(1300万ドル)を超える投資を確約したと明らかにした。

モデルナのワクチン、ファイザーより高価に 小規模契約向け

米バイオ医薬大手のモデルナ<MRNA.O>は5日、開発中の新型コロナウイルスワクチン候補について、小規模契約向け価格を1回当たり32─37ドルに設定したと明かした。これは競合の米ファイザー<PFE.N>が米国向けに設定した価格を上回る水準。

米、J&Jからコロナワクチン1億回分確保 10億ドル

米医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)<JNJ.N>は5日、米政府から10億ドル以上の支払いを受け、新型コロナウイルスワクチン1億回分を供給すると発表した。

加、コロナワクチン供給契約締結 ファイザー・モデルナと

カナダのアナンド公共サービス・調達相は5日、米ファイザーおよびモデルナと、数百万回分の新型コロナウイルスワクチン候補の供給契約を結んだと発表した。2021年を通じ供給される見通し。

米、サノフィ・GSKからコロナワクチン5000万人分確保 21億ドル

仏製薬大手サノフィ<SASY.PA>と英グラクソ・スミスクライン(GSK)<GSK.L>は31日、両社が共同開発している新型コロナウイルスワクチンについて、米政府が21億ドルを支払い5000万人分を確保したと明らかにした。

米ファイザーが日本へワクチン供与、来年6月末までに6000万人分

厚生労働省は31日、米ファイザー社<PFE.N>が新型コロナウイルスのワクチン開発に成功した場合、来年6月末までに6000万人分のワクチン供給を受けることで同社と基本合意したと発表した。

焦点:コロナワクチン1人40ドル、米政府の契約が世界の指標に

米政府は22日、製薬大手のファイザー<PFE.N>とドイツのバイオテクノロジー企業ビオンテック<22UAy.F>から、1億回分のワクチンを約20億ドル(約2100億円)で取得する契約を結んだ。1人当たり約40ドル(約4200円)。製薬業界のアナリストの間では、他のメーカーもこれに近い価格設定を求められる可能性が高いとの見方が広がっている。

米、コロナワクチン接種促進へ11月までに大規模キャンペーン実施

トランプ米政権は、新型コロナウイルスのワクチン接種を国民に呼びかける大規模なキャンペーンを11月までに実施することを想定している。年末前後までのワクチン実用化のめどが立つことが前提となる。政権高官が記者会見で明らかにした。

中国シノファーム、ブラジルでコロナワクチンの治験実施へ

中国医薬集団(シノファーム)<1099.HK>は、新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)をブラジル南部パラナ州で実施することで合意した。今後2週間内にブラジル当局の認可を申請する見通し。同州の研究所が29日、明らかにした。

米モデルナ、コロナワクチンが広く行き渡るよう価格設定

米バイオ医薬大手のモデルナ<MRNA.O>は、新型コロナウイルスワクチンの価格について、ワクチンが広く行き渡るよう設定するとの見解を示した。

米モデルナ、コロナのワクチン価格を他社より高く設定へ=FT

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が28日に関係筋の話として報じたところによると、米バイオ医薬ベンチャーのモデルナ<MRNA.O>は、開発中の新型コロナウイルスワクチンの値段を1コース(2本)当たり50─60ドルに設定する計画だ。これは、ファイザー<PFE.N>など、他の製薬会社の新型コロナワクチンの価格よりも高くなる。

NY市場サマリー(28日)ドル上昇、米株反落

<為替> ドル指数が上昇し、前日に付けた2年ぶりの安値から持ち直した。連邦公開市場委員会(FOMC)の結果待ちとなった。

米株反落、コロナ禍受けた消費者心理や企業業績の悪化で

米国株式市場は反落。新型コロナウイルス禍を背景とした消費者信頼感の低下や失望を誘う企業決算、与党共和党が発表したコロナ追加対策法案が予想を下回る内容だったことを受け、市場心理が悪化した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up