for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ファイザー・インク

PFE.N

現在値

53.41USD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

38.48

 - 

61.70

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
53.41
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
597.96
高値
--
安値
--
52週高値
61.70
52週安値
38.48
発行済株式数
5,610.90
時価総額
296,704.20
予想PER
7.79
配当利回り
3.03

次のエベント

Pfizer Inc Analyst and Investor Call to Discuss Etrasimod Data Presentation at Digestive Disease Week Call

適時開示

その他

Pfizer-BioNtech Covid-19 Vaccine Shows Strong Immune Response, High Efficacy, Favorable Safety In Children Following Third Dose

EMA Starts Evaluating Application For Use Of Booster Dose Of Comirnaty In Children Aged 5-11 Years

Clinton Health Access Initiative Announces Agreements With Manufacturers To Make Generic Paxlovid Available In Low-& Middle-Income Countries

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ファイザー・インクとは

ファイザー(Pfizer Inc)は、研究ベースのグローバルなバイオ医薬品企業である。【事業内容】バイオ医薬品の発見、開発、製造、マーケティング、販売、流通を行う。グローバルポートフォリオには、医薬品とワクチンが含まれる。潰瘍性大腸炎、クローン病、アトピー性皮膚炎、好酸球性食道炎、および脱毛症などのさまざまな免疫炎症性疾患の開発中の経口選択的スフィンゴシン1-リン酸(S1P)受容体モジュレーターであるエトラシモドを含む胃腸病学、皮膚科、および心臓病学の治療候補を提供する。ウェルネス、予防、治療、治療法を開発するために市場を越えて取り組む。医療提供者、政府、地域コミュニティと協力して、医療へのアクセスをサポートおよび提供する。医薬品とワクチンは、病気の治療、健康、ウェルネスの改善を通じて、医療提供者と患者に価値を提供する。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

235 E 42ND ST

NEW YORK, NY

10017-5703

United States

+1.212.5732323

https://www.pfizer.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Albert Bourla

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

David M. Denton

Executive Vice President, Chief Financial Officer

Angela Hwang

Group President - Pfizer Biopharmaceuticals Group

Lidia Fonseca

Executive Vice President, Chief Digital and Technology Officer

Rady A. Johnson

Executive Vice President, Chief Compliance, Quality and Risk Officer

統計

2.37 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

51.8K

2020

41.9K

2021

81.3K

2022(E)

104.2K
EPS (USD)

2019

2.950

2020

2.220

2021

4.420

2022(E)

6.794
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.92
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.21
株価純資産倍率(四半期)
3.59
株価キャッシュフロー倍率
9.69
総負債/総資本(四半期)
44.04
長期負債/資本(四半期)
43.26
投資利益率(過去12カ月)
18.43
自己資本利益率(過去12カ月)
14.86

最新ニュース

最新ニュース

コロナワクチン、5─11歳への接種は1回で十分=独当局

ドイツの予防接種常設委員会(STIKO)は24日、健康な5─11歳の子供に対する新型コロナウイルスのワクチン接種は1回で十分だとの見解を示した。対象児童のほとんどは既に感染しているためとし、ワクチン接種に対する慎重姿勢を崩さなかった。

アストラゼネカ製ワクチン、EUが成人対象に3回目接種承認

英製薬大手アストラゼネカは23日、自社の新型コロナウイルスワクチン「バキスゼブリア」について、欧州連合(EU)の医薬品規制当局から成人の追加接種(3回目接種)に対する承認を得られたと発表した。

アングル:アフリカで余るコロナワクチン、「接種にそっぽ」の訳

ガーナの首都、アクラのマムプロビ・クリニックの屋内は、はしかの予防接種を待つ子どもとその母親で大変な混雑となっている。一方、屋外に設けられた新型コロナウイルスのワクチン接種エリアでは閑古鳥が鳴き、担当者が椅子にもたれてタブレット端末をスクロールしている。

NY市場サマリー(20日)ダウ反発も8週連続安、ドルは対ユーロで上昇

<為替> ドルが対ユーロで上昇。米連邦準備理事会(FRB)による積極的な引き締めの動きが経済成長の足かせになるという懸念が台頭し、リスク選好度が低下した。

米国株式市場=ダウ反発も8週連続下落、S&P弱気相場入り辛うじて回避

米国株式市場は不安定な値動きとなった後、まちまちで終了。ダウ工業株が反発する一方、ナスダック総合は続落。S&P総合500はほぼ変わらずで引け、弱気相場入りを辛うじて回避した。

コロナワクチン2回接種後の男子心筋炎、5─11歳かなりまれ=米当局

米疾病対策センター(CDC)は19日、米ファイザーと独ビオンテック連合の新型コロナウイルスワクチンが男性に心筋炎の副反応を起こす確率について、2回目接種後で5─11歳が100万人当たり2.7人とのデータを示し、12─15歳の同48.1人、16─17歳の同74.2人よりずっと少ないとした。

米CDC、5─11歳のワクチン追加接種を推奨

米疾病対策センター(CDC)の外部専門家による諮問委員会は19日、5─11歳の子どもに対する新型コロナウイルスワクチン追加接種(ブースター接種)を推奨した。

米CDC、ワクチン追加接種を推奨 少なくとも5カ月後

米疾病対策センター(CDC)の外部専門家による諮問委員会は19日、5─11歳の子どもに対する新型コロナウイルスワクチン追加接種(ブースター接種)を推奨した。

米でコロナ感染増、CDCは50歳未満への4回目接種も検討中

米疾病対策センター(CDC)のワレンスキー所長は18日、米国内で新型コロナウイルスの新規感染者が再び大きく増加傾向にあるため、50歳未満もワクチンの4回目接種の対象にすることを検討していると表明した。ホワイトハウスの記者会見で語った。

米NIH、コロナ薬の服用延長の必要性をファイザーと研究へ

米政権の医療顧問トップのファウチ国立アレルギー感染症研究所長は18日の記者会見で、米ファイザーの新型コロナウイルス感染症の経口治療薬「パクスロビド」を投与終了後の症状再発を防ぐ目的で現在の規定より長く服用する必要性を見極める研究について、国立衛生研究所(NIH)とファイザーが協議していると明らかにした。数日内に研究についての方向性が出てくるとの見通しを示した。

米コロナ新規感染者が拡大傾向、NY市は警戒レベル引き上げ

ロイターの集計によると、米国では新型コロナウイルスの新規感染者が1日平均9万7000人近くに上り、1週間前の約7万3000人から増加している。3月下旬に3万人まで減少して以降、拡大傾向にある。

FDA、5─11歳のファイザー製ワクチン追加接種を承認

米食品医薬品局(FDA)は17日、5─11歳の子どもへのファイザー・ビオンテック製の新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)を承認した。

米、5─11歳のファイザー製ワクチン追加接種承認へ=NYT

米食品医薬品局(FDA)は、ファイザーとビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンについて、17日にも5─11歳の子どもへの追加接種(ブースター接種)を承認するとみられている。ニューヨーク・タイムズ(NYT)が関係筋の発言として伝えた。

米ファイザー、EU向けワクチンの納入を3カ月先延ばしで合意

米製薬大手ファイザーと提携先の独バイオテクノロジー企業ビオンテックは13日、欧州連合(EU)向け新型コロナウイルスワクチンの納入を3カ月先延ばしすることで合意したと発表した。EUが秋に準備している新たな追加接種キャンペーンに納入時期を合わせる。

ファイザーがバイオヘイブンを116億ドルで買収、新クラス偏頭痛薬の将来性に期待

米製薬大手ファイザーは10日、バイオヘイブン・ファーマシューティカルズ・ホールディングを116億ドルで買収すると発表した。バイオヘイブンが持つ新しいクラスの偏頭痛治療の将来性への期待が背景にある。

米国株式市場=S&P・ナスダック上昇、CPI控え警戒感も

米国株式市場では、S&P総合500種とナスダック総合が上昇して取引を終えた。米国債利回りが低下する中、前日に売られた大型成長株が買われた。

再送-コロナワクチン各社、縮小する追加接種市場でさらに競争激化へ

これまでできるだけ多くの新型コロナウイルスワクチンをできるだけ早く供給しようとしてきたメーカー各社がペースを落とし、市場規模がより小さく競争のより厳しい追加接種市場向けの戦略を練るようになっている。

ファイザー抗ウイルス薬、コロナ後遺症緩和の可能性=米研究者

米ファイザーの経口抗ウイルス薬「パクスロビド」服用で新型コロナウイルス感染の後遺症が和らいだとする新たな症例が米国で報告された。研究者らは、コロナ後遺症に対する有効性を調べる臨床試験が必要だとしている。

欧州医薬品庁、9月までの変異株対応ワクチン承認に期待=幹部

欧州連合(EU)の欧州医薬品庁(EMA)で生物学的な健康への脅威とワクチン戦略問題を統括するマルコ・カバレリ氏は5日、新型コロナウイルスのオミクロン株などの変異株に適合させたワクチンを9月までに承認することを目指す考えを示した。

ファイザー、コロナ経口薬・ワクチンの22年売上高見通し据え置き

米製薬大手ファイザーは、新型コロナウイルス関連製品の2022年通期の売上高見通しを据え置いた。新型コロナワクチン投入以降初の据え置きで、過去数四半期の急速な成長が鈍化している可能性を示唆した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up