for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ファイザー・インク

PFE.N

現在値

51.40USD

変化

-0.32(-0.62%)

出来高

7,140,723

本日のレンジ

51.03

 - 

52.92

52週レンジ

33.36

 - 

55.69

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
51.72
始値
52.90
出来高
7,140,723
3か月平均出来高
719.85
高値
52.92
安値
51.03
52週高値
55.69
52週安値
33.36
発行済株式数
5,612.87
時価総額
290,297.50
予想PER
12.25
配当利回り
3.02

次のエベント

Pfizer Inc to Discuss Updated Phase 1 Dose Escalation Data for ARV-471 Call

適時開示

その他

BioNtech CEO Says Data On COVID-19 Vaccine Efficacy Against The Omicron Variant Could Be Out This Wednesday Or Thursday - NBC

Pfizer Shot Provides Partial Omicron Shield In South Africa Test - Bloomberg News

U.S. CDC Says Delivered 580,074,805 Doses Of Covid-19 Vaccine As Of Dec 6

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ファイザー・インクとは

ファイザー(Pfizer Inc)は、研究ベースのグローバルなバイオ医薬品企業である。【事業内容】バイオ医薬品の発見、開発、製造、マーケティング、販売、流通を行う。グローバルポートフォリオには、医薬品とワクチンが含まれる。市場を超えて、健康、予防、治療、治療法の開発に取り組む。医療提供者、政府、地域コミュニティと協力して、医療へのアクセスをサポートおよび提供する。医薬品とワクチンは、病気の治療、健康、ウェルネスの改善を通じて、医療提供者と患者に価値を提供する。処方薬を卸売業者、小売業者、病院、診療所、政府機関、薬局に販売する。米国では、ワクチン製品を連邦政府、米国疾病予防管理センター(CDC)、卸売業者、個々のプロバイダーオフィス、小売薬局、統合配送ネットワークに販売する。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

235 E 42ND ST

NEW YORK, NY

10017-5703

United States

+1.212.5732323

https://www.pfizer.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Albert Bourla

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

John D. Young

Chief Business Officer, Group President

Frank A. D'amelio

Chief Financial Officer, Executive Vice President - Global Supply

Angela Hwang

Group President, Pfizer Biopharmaceuticals Group

Payal Sahni

Chief Human Resource Officer, Executive Vice President

統計

2.46 mean rating - 24 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

53.6K

2019

51.8K

2020

41.9K

2021(E)

81.8K
EPS (USD)

2018

3.000

2019

2.950

2020

2.220

2021(E)

4.223
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.58
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.19
株価純資産倍率(四半期)
3.83
株価キャッシュフロー倍率
12.14
総負債/総資本(四半期)
52.69
長期負債/資本(四半期)
47.89
投資利益率(過去12カ月)
13.46
自己資本利益率(過去12カ月)
10.59

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、200日線が引き続き抵抗線に

<15:55> 日経平均・日足は「小陰線」、200日線が引き続き抵抗線に 日経平均・日足は「小陰線」となった。「陰の大引け坊主」の形状となったほか、2 00日移動平均線(2万8894円92銭=9日)が引き続き抵抗線となっており、上値 の重さがうかがえる。25日線(2万9037円27銭=同)は75日線(2万9033 円26銭=同)とのデッドクロス間近だ。一方、75日線は上向きを維持しているほか、 パラボリックは陽転。強弱が入り混じってもいる。 <15:30> 新興市場は反落、直近下落からのリバウンドは小休止  新興株市場は、東証マザーズ指数...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場は反落、直近下落からのリバウンドは小休止

<15:30> 新興市場は反落、直近下落からのリバウンドは小休止  新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反落した。市場で はボラティリティの低下が意識されているが、直近の下落からのリバウンドは小休止とな った。 マザーズ総合は前営業日比0.76%安。メルカリ やウェルスナビ の下げが指数の重しとなった一方、セルソース やビジョナル の上昇が支 えた。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.01%安でほぼ横ばいだった。シンバイオ製 薬 がさえなかった一方、シーズメン が一時ストップ高となったほか、フ ェローテックホールディングス...

アジア通貨動向(9日)=バーツとリンギ主導で上昇、オミクロン懸念後退

アジア新興国通貨はタイバーツとマレーシアリンギ主導でおおむね上昇。新型コロナウイルスのオミクロン変異株による経済への影響を巡る懸念が後退したことや、中国生産者物価指数(PPI)の伸びが鈍化したことがリスク地合いを支援している。

アングル:オミクロン株、次世代ワクチンの必要性浮き彫りに

新型コロナウイルスの新変異株・オミクロン株の出現は、ウイルスの急激な変異に影響を受けにくいワクチン開発が、是非とも必要だという警鐘だ――。ロイターが取材した有力なウイルス学者や免疫学者は、こう話した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、節目を前に上値抑制 主要な移動平均線が集中

<13:28> 日経平均は小動き、節目を前に上値抑制 主要な移動平均線が集中 し 日経平均は、後場に入って小幅安の水準での小動きが続いている。引き続き、2万8 900円付近を通る200日移動平均線に上値を抑えられているほか、心理的節目2万9 000円付近には「25日や75日といった主要な移動平均線が集まっており、戻り売り が意識されやすい」(国内証券)との声が聞かれる。 もっとも、足元で特段の売り材料は出ておらず、これまでのところ下げも深まってい ない。米国株の主要3指数先物は、時間外で小安く推移している。 <11:40> 前場の日経平均...

訂正:前場の日経平均は小反落、前日までの大幅上昇に警戒感

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比42円09銭安の2万8818円53銭(訂正)と小反落した。オミクロン株への不安は後退しつつあるが、前日までの大幅な上昇に対する警戒感や2万9000円に近づくと戻り売りが厚くなると懸念され、小幅安の水準で小動きに終始した。商いも細っている。

ファイザー、3回接種でオミクロン株に効果 対応ワクチンも開発

米ファイザーと独ビオンテックは8日、共同開発した新型コロナウイルスワクチンについて、3回目の接種でオミクロン変異株に対しても高い効果があることが確認されたと発表した。また、同変異株を標的としたワクチンが必要になれば、来年3月に提供が可能になるとした。

原油先物は続伸、オミクロン株巡る懸念後退

アジア時間の原油先物は引き続き上昇している。新型コロナウイルスのオミクロン変異株による世界経済への影響を巡る懸念が後退したことが背景。

南ア、ファイザー製ワクチンの追加接種を承認

南アフリカの保健当局は8日、12歳以上の国民を対象に、米ファイザー製新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)を承認した。同国はコロナ感染「第4波」に身構えている。

今日の株式見通し=強もちあい、米株高を好感 2万9000円前後では戻り売り警戒

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、強もちあいが想定されている。前日の米国株式市場の上昇を好感して買い優勢で始まりそうだが、2万9000円前後からは戻り売りが厚いと警戒され、徐々に上値が重くなりそうだ。地合いの好転が顕著となっているため、押す場面があれば買いが入るとみられる。

米国株式市場=小幅続伸、コロナワクチン巡る好材料受け

米国株式市場は小幅に続伸して取引を終えた。米ファイザー/独ビオンテックの新型コロナウイルスワクチンに関する前向きな材料を好感した。

NY市場サマリー(8日)ドル下落、株式小幅続伸

<為替> ドルが主要通貨に対して下落した。新型コロナウイルスのオミクロン変異株による経済的打撃を巡る懸念が後退したことでリスク通貨が上昇。豪ドルは3日連続高となった。

UPDATE 1-米金融・債券市場=利回り上昇、ワクチンが変異株にも有効との報受け

(表のレートを更新しました) [8日 ロイター] - 米金融・債券市場では、指標10年債利回 りが上昇した。新型コロナウイルスのワクチンが新たな変異株にも有効 との報道を受けた。 米ファイザーと独ビオンテックは8日 、共同開発したワクチンについて、3回目の接種でオミクロン変異株に 対しても高い効果があることが確認されたと発表した。 10年債利回りは2.8ベーシスポイント(bp)上 昇の1.508%。利回りが3日連続で上昇したのは10月半ば以来。 アナリストによると、財務省が実施した360億ドルの10年債入 札は、平均的なものだった。応札倍率...

NY市場サマリー(8日)ドル下落、株式小幅続伸

<為替> ドルが主要通貨に対して下落した。新型コロナウイルスのオミクロン変異 株による経済的打撃を巡る懸念が後退したことでリスク通貨が上昇。豪ドルは3日連続高 となった。 ドル指数は0.4%安の95.854。ただ、先月末に付けた1年4カ月ぶり の高値水準を維持した。 カナダドルはほぼ横ばい。カナダ銀行(中央銀行)は8日、政策金利である翌日物金 利の誘導目標を予想通り0.25%に据え置いた。来年4月にも利上げに着手する可能性 があるとのフォワード・ガイダンスも維持した。 ノルウェークローネは対ドルで約1.8%高。リスク心理の改善と原油高が...

米金融・債券市場=利回り上昇、ワクチンが変異株にも有効との報受け

米金融・債券市場では、指標10年債利回 りが上昇した。新型コロナウイルスのワクチンが新たな変異株にも有効 との報道を受けた。 米ファイザーと独ビオンテックは8日 、共同開発したワクチンについて、3回目の接種でオミクロン変異株に 対しても高い効果があることが確認されたと発表した。 10年債利回りは2.8ベーシスポイント(bp)上 昇の1.508%。利回りが3日連続で上昇したのは10月半ば以来。 アナリストによると、財務省が実施した360億ドルの10年債入 札は、平均的なものだった。応札倍率は最近のレンジの下限である2. 43倍だった。 30...

米国株式市場=小幅続伸、コロナワクチン巡る好材料受け

米国株式市場は小幅に続伸 して取引を終えた。米ファイザー/独ビオンテックの新型コロナウイル スワクチンに関する前向きな材料を好感した。 ファイザーとビオンテックは共同開発した新型コ ロナワクチンについて、3回の接種を行うことで新たな変異株「オミク ロン株」に対しても高い効果があることが確認されたと発表した。また 、オミクロン株に対応するワクチンが必要な場合、来年3月に提供が可 能になるとの見通しを示した。 主要株価3指数がいずれもプラス圏で終了。S&P1500航空指 数は、オミクロン株の出現が報じられる直前の11月24 日以来の高値を付...

再送-欧州市場サマリー(8日)

(本文中の表現を一部修正して再送します) [8日 ロイター] - <ロンドン株式市場> ほぼ横ばいで取引を終えた。新型 コロナウイルスワクチンに関する前向きな報道が下支えし、早ければ9日にも英政府が規 制を強化することへの懸念を相殺した。 FTSE350種旅行・娯楽関連株指数、製薬・バイオテクノロジー 株指数がそれぞれ0.83%、0.81%上昇し、商品関連株の下落分を 打ち消した。 複数のメディアによると、ジョンソン英首相は新型コロナ感染拡大を防ぐための新た な規制措置「プランB」を発表する可能性がある。新規制には、在宅勤務や大規模イベン...

再送-欧州株式市場=反落、ハイテク・高級ブランド株下落が響く

(本文中の表現を一部修正して再送します) [8日 ロイター] - 欧州株式市場は反落して取引を終えた。ハ イテクや高級ブランド銘柄が下落したのが足を引っ張った。 午前中の取引ではディフェンシブ買いが続いたが、新型コロナウイ ルスの新変異株「オミクロン株」の既存ワクチンへの有効性や、今週英 国で行われる可能性のある規制強化に対する懸念が重しとなった。 一方、ドイツのビオンテック、米製薬大手ファイザー<PFE .N>が、新型コロナワクチンの3回目の接種により、実験でオミクロン 株に対して中和効果があると発表したことで幾分落ち着きを取り戻した...

南アのコロナ新規感染者、2万人に迫る オミクロン検出以来の高水準

南アフリカ国立感染症研究所(NICD)は8日、新型コロナウイルスの新たな感染者数が約2万人確認されたと発表した。オミクロン型変異株が検出されて以来の高水準となる。

WHO事務局長、オミクロン株封じ込めでワクチン接種加速求める

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は8日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン」への対応として、各国政府は対策を見直し、ワクチン接種プログラムを加速する必要があると述べた。ただ、現在のワクチンがオミクロン株に対する予防効果をどの程度有するか判断するのは時期尚早だとした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up