for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ファイザー・インク

PFE.N

現在値

37.92USD

変化

-0.26(-0.68%)

出来高

6,468,488

本日のレンジ

37.48

 - 

38.01

52週レンジ

27.89

 - 

40.93

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
38.18
始値
37.90
出来高
6,468,488
3か月平均出来高
493.38
高値
38.01
安値
37.48
52週高値
40.93
52週安値
27.89
発行済株式数
5,556.88
時価総額
212,161.70
予想PER
--
配当利回り
3.98

次のエベント

Q3 2020 Pfizer Inc Earnings Release

適時開示

その他

Arixa Pharmaceuticals Announces Acquisition By Pfizer’S Hospital Business

Data From Pfizer’S Adult And Pediatric Clinical Trial Programs For 20-Valent Pneumococcal Conjugate Vaccine Presented At Idweek 2020

Pfizer Says Phase 2/3 Trial Of COVID-19 Vaccine Has Enrolled 39,862 Participants

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ファイザー・インクとは

ファイザー(Pfizer Inc.)(Pfizer)は研究ベースのグローバルなバイオ医薬品会社である。【事業内容】医療製品の発見・開発・製造を行う。グローバル・ポートフォリオには、医薬品とワクチンが含まれる。ファイザー・イノベーティブ・ヘルス(IH)とファイザー・エッセンシャル・ヘルス(EH)の2つの事業セグメントを通じて商業活動を展開する。IH事業は医薬品とワクチンの開発と商業化に重点を置く。IHの治療分野は内科、ワクチン、腫瘍学、炎症、免疫学、希少疾患と消費者医療を含む。EH事業はレガシー・ブランド、ブランド・ジェネリック、一般的無菌注射用製品、バイオシミラーと輸液システムを含む。EHは、また研究・開発(R&D)組織と契約製造事業を含む。ブランドは「Prevnar 13」、「Xeljanz」、「Eliquis」、「Lipitor」、「Celebrex」、「Pristiq」、「Viagra」を含む。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

235 E 42ND ST

NEW YORK, NY

10017-5703

United States

+1.212.5732323

https://www.pfizer.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Albert Bourla

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

John D. Young

Chief Business Officer, Group President

Frank A. D'Amelio

Chief Financial Officer, Executive Vice President - Business Operations and Global Supply

Angela Hwang

Group President, Pfizer Biopharmaceuticals Group

Dawn Rogers

Chief Human Resource Officer, Executive Vice President

統計

2.58 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

52.5K

2018

53.6K

2019

51.8K

2020(E)

49.3K
EPS (USD)

2017

2.650

2018

3.000

2019

2.950

2020(E)

2.904
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.54
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.31
株価純資産倍率(四半期)
3.30
株価キャッシュフロー倍率
11.00
総負債/総資本(四半期)
98.88
長期負債/資本(四半期)
78.54
投資利益率(過去12カ月)
10.32
自己資本利益率(過去12カ月)
8.31

最新ニュース

最新ニュース

独バイエル、米アスクバイオを最大40億ドルで買収 遺伝子治療拡充

ドイツのバイエルは、米バイオテクノロジー企業のアスクレピオス・バイオファーマシューティカル(アスクバイオ)を最大40億ドルで買収することで合意したと発表した。

ファイザーとJ&J、ワクチン試験参加者維持でFDAと協議

米製薬大手ファイザー<PFE.N>とジョンソン・エンドジョンソン(J&J)<JNJ.N>は、米食品医薬品局(FDA)から新型コロナウイルスワクチンがいったん何らかの使用を承認された後も、臨床試験に向けて集めていたボランティアをそのまま維持したり、新たに集めたりすることについて、FDA諮問委員会から見解を求める構えだ。

ドイツ、年内の新型コロナワクチン提供へ準備=現地紙

ドイツは、新型コロナウイルスのワクチン接種を年末までに開始する準備を進めている。独紙ビルトが23日報じた。

米、年末までに高リスク者向けコロナワクチン確保へ=厚生長官

アザー米厚生長官は21日、新型コロナウイルス感染症の高リスクとされる人の大半に行き渡る安全かつ効果のあるワクチンを年末までに確保できる公算が大きいと述べた。

コロナワクチン接種、政府など推奨なら大半が受け入れ=国際調査

ワクチンの信頼確保に向けた世界的な取り組み「ワクチン・コンフィデンス・プロジェクト(VCP)」の統括により行われた世界規模の調査で、大半の人が自国の政府または雇用者が推奨すればCOVID─19(新型コロナウイルス感染症)ワクチンの接種を受ける意思があることが分かった。

米FDA、22日にコロナワクチンで会合 緊急使用許可基準など協議

米食品医薬品局(FDA)は22日、新型コロナウイルスのワクチンに関する会合を開く。FDAが新型コロナワクチンの緊急使用を許可する基準や、許可を出した後のワクチンの安全性の監視などが議題となる。

米ファイザー、新型コロナワクチンの臨床試験を日本で開始

米製薬大手ファイザー<PFE.N>は20日、ドイツのバイオ医薬品ビオンテック<22UAy.F>と共同で開発している新型コロナウイルス感染症ワクチンについて、日本での第1/2相臨床試験を開始したと発表した。

NY市場サマリー(19日)ドル小幅安、米株は下落

市場では、民主党が上院で過半数を奪還すれば、大規模な財政支援策が可決される可 能性が高まるとの見方から、選挙後は長期債利回りが上昇するとの観測も出ている。ただ 、感染拡大で経済活動が阻害される中、連邦準備理事会(FRB)は当面は低金利政策を 維持すると見られており、国債利回りに対する下向き圧力は解消しないとの見方も強い。 シーポート・グローバル・ホールディングス(ニューヨーク)のマネジング・ディレ クター、トム・ディガロマ氏は「コロナ禍で経済が痛手を受ける中、金利はかなりの低水 準で推移する」との見方を示した。 財務省は21日に220億...

ドル小幅安、追加刺激策協議を慎重ながらも楽観=NY市場

終盤のニューヨーク外為市場ではドルが小幅下落。追加の新型コロナウイルス経済対策を巡る協議を巡り、市場では米大統領選前の合意を慎重ながらも楽観視しているほか、年内のワクチン実用化にも期待が高まっている。

NY外為市場=ドル小幅安、追加刺激策協議を慎重ながらも楽観

(表はリフィニティブデータに基づいています)

欧州株式市場=反落、コロナ感染急増で制限措置懸念高まる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 366.81 -0.67 -0.18 367.48 FTSEユーロファース 1418.02 -4.17 -0.29 1422.19 ト300種 ユーロSTOXX50種 3242.51 -2.96 -0.09 3245.47 <.STOXX50E > 週明け欧州株式市場は反落して取引を終えた。新型コロナウイルス 感染の急増により制限措置が強化されることへの懸念が高まった。 イタリアでは週末、新型コロナの1日の新規感染件数が過去最高に 達した。各市町は夜9時以降...

ロンドン株式市場=反落、製薬や嗜好品株売られる 中型株は上昇

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 5884.65 -34.93 -0.59 5919.58 週明けロンドン株式市場は反落して取引を終えた。FTSE350 製薬・バイオテクノロジー株指数や嗜好品株指数<.FTNMX3 760>が値を下げたほか、ポンド高により輸出銘柄が売られた。 一方、中型株で構成するFTSE250種指数は0.24 %上昇した。英国と欧州連合(EU)はこの日、通商交渉を強化し協定 の法的文書を進めることで合意。交渉は前週末、何週間も行き詰まって いた末にジョンソン英首相が交渉を打ち切...

米ラボコープ、臨床試験向けの新型コロナ抗体検査を開始

米医療検査大手ラボラトリー・コーポレーション・オブ・アメリカ・ホールディングス(ラボコープ)<LH.N>は19日、新型コロナウイルス感染症の治療薬やワクチンの有効性を判断する抗体検査を開始したと発表した。臨床試験(治験)や研究でのみ使用可能という。

午後3時のドルは105円半ば、米対策など楽観視

午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点から横ばいの105円半ば。日中は小動きながら底堅い展開が続いた。

インド株式市場・序盤=続伸、HDFC銀が好決算

インド 日本時間13時51 前日比 % 始値 分 SENSEX指数< 40,424.06 + 441.08 + 1.10 40,318.57 .BSESN> 前営業日終値 39,982.98 日本時間13時51 前日比 % 始値 分 NSE指数 11,872.95 + 110.50 + 0.94 11,879.20 前営業日終値 11,762.45 序盤のインド株式市場は続伸。新型コロナウイルスに対応した米国の追加経済対策や 、新型コロナワクチンの早期実現などへの期待感で、地合いが強まった。 NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50...

〔マーケットアイ〕外為:正午のドルは105円前半、人民元高や弱材料意識され伸び悩み

正午のドル/円は、16日ニューヨーク市場午後5時時点(105.40/44円)に比べ、わずかにドル安/円高の105.38/40円。

〔マーケットアイ〕外為:ドル105円前半で軟化、中国指標はGDP以外予想上回る

人民元はGDPを受けて上げ幅を縮小したものの、対ドルでの人民元高基調に変化はなく、ドルは目下、主要通貨に対して小幅安となっている。

〔マーケットアイ〕外為:ドル105円前半、105円半ばでは利益確定売りなどに押される

午前9時40分ごろに105.50円と、前週末のニューヨーク市場高値105.44円を上抜けたものの、まもなく反落に転じ、仲値付近では105.37円まで下落した。短期筋の利益確定売りや実需のドル売りフローに押されたとみられる。

〔マーケットアイ〕外為:ドル105円前半、「乱高下体質」の英ポンドは136円前半

ドルは105.45円付近で底堅さを見せている。105円半ばをすっきりと上抜けできれば、106円台を目指す機運が高まるとみられる。

〔マーケットアイ〕外為:ドル105円前半、IMMでは円とユーロの買い持ち縮小

米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したIMM通貨先物の非商業(投機)部門の取組(10月13日までの週)に基づくロイターの算出によると、ドルの主要6通貨(円、ユーロ、ポンド、スイスフラン、カナダドル、豪ドル)に対する売り越し額は272億4000万ドルで、前週の283億5000万ドルから減少した。 売り越し額は7月下旬以降で最低。8月下旬には約9年ぶり高水準の336億8000万ドルに達していた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up