for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ファイザー・インク

PFE.N

現在値

44.47USD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

33.36

 - 

51.86

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
44.47
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
664.81
高値
--
安値
--
52週高値
51.86
52週安値
33.36
発行済株式数
5,606.69
時価総額
251,011.40
予想PER
10.94
配当利回り
3.48

次のエベント

Q3 2021 Pfizer Inc Earnings Release

適時開示

その他

U.S. CDC Says 180,086,143 Individuals Have Been Fully Vaccinated Against Covid-19 As Of Sept 16 Versus 179,695,287 Individuals As Of Sept 15

Pfizer-Biontech Covid-19 Vaccine Comirnaty Receives Full Health Canada Approval For Individuals 12 Years And Older

Pfizer Expands Voluntary Nationwide Recall To Include All Lots Of Chantix Tablets Due To N-Nitroso Varenicline Content

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ファイザー・インクとは

ファイザー(Pfizer Inc)は、研究ベースのグローバルなバイオ医薬品企業である。【事業内容】バイオ医薬品の発見、開発、製造、マーケティング、販売、流通を行う。グローバルポートフォリオには、医薬品とワクチンが含まれる。市場を超えて、健康、予防、治療、治療法の開発に取り組む。医療提供者、政府、地域コミュニティと協力して、医療へのアクセスをサポートおよび提供する。医薬品とワクチンは、病気の治療、健康、ウェルネスの改善を通じて、医療提供者と患者に価値を提供する。処方薬を卸売業者、小売業者、病院、診療所、政府機関、薬局に販売する。米国では、ワクチン製品を連邦政府、米国疾病予防管理センター(CDC)、卸売業者、個々のプロバイダーオフィス、小売薬局、統合配送ネットワークに販売する。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

235 E 42ND ST

NEW YORK, NY

10017-5703

United States

+1.212.5732323

https://www.pfizer.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Albert Bourla

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

John D. Young

Chief Business Officer, Group President

Frank A. D'amelio

Chief Financial Officer, Executive Vice President - Global Supply

Angela Hwang

Group President, Pfizer Biopharmaceuticals Group

Lidia Fonseca

Executive Vice President, Chief Technology Officer and Digital Officer

統計

2.61 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

53.6K

2019

51.8K

2020

41.9K

2021(E)

80.2K
EPS (USD)

2018

3.000

2019

2.950

2020

2.220

2021(E)

4.094
株価売上高倍率(過去12カ月)
20.45
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.52
株価純資産倍率(四半期)
3.58
株価キャッシュフロー倍率
14.50
総負債/総資本(四半期)
56.03
長期負債/資本(四半期)
50.48
投資利益率(過去12カ月)
8.93
自己資本利益率(過去12カ月)
7.16

最新ニュース

最新ニュース

ワクチン混合接種で子どもの免疫反応調査へ、英で研究

英国で、子どもに対し1回目と2回目で異なる新型コロナウイルスワクチンを投与して免疫反応を調べる研究が行われる。

ブラジル、未成年者へのワクチン接種を停止の可能性

ブラジル連邦政府は、未成年者を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種の停止を検討している。約350万人の未成年者がすでに接種済みだが、死亡したケースや副反応に懸念が持たれている。サンパウロ州など一部の州は接種を進める方針。

コロナ感染症、重症化する未接種の子どもが増加=WHO米州事務局

世界保健機関(WHO)の米州事務局である汎米保健機構(PAHO)は15日、新型コロナウイルスワクチンを接種する成人が増える一方、大半の国ではまだ接種が認められない子どもと若者の入院患者の割合が増え、死亡例も報告されていると警告した。

米モデルナ、ワクチン追加接種の必要性示す研究結果 「免疫低下」

米モデルナは15日、新型コロナウイルスワクチンの大規模試験から得られた新たなデータを基に、ワクチンの効果は時間が経つにつれて低下するとして、追加接種(ブースター接種)が必要とする研究結果を公表した。

米モデルナ、コロナワクチンの追加接種が必要とする研究結果公表

米モデルナは15日、新型コロナウイルスワクチンの大規模試験から得られた新たなデータを基に、ワクチンの効果は時間が経つにつれて低下するとして、追加接種(ブースター接種)が必要とする研究結果を公表した。

米規制当局、コロナワクチンの追加接種承認すべき=ファイザー

米ファイザーが米食品医薬品局(FDA)への提出資料で、独ビオンテックと共同開発した新型コロナウイルスワクチンについて、時間の経過とともに効果が薄れるため、米規制当局は2回目の接種から6カ月後に3回目の追加接種(ブースター接種)を承認すべきと主張した。FDAが15日、同資料を公表した。

米規制当局、コロナワクチンの追加接種承認すべき=ファイザー

米ファイザーが米食品医薬品局(FDA)への提出資料で、独ビオンテックと共同開発した新型コロナウイルスワクチンについて、時間の経過とともに効果が薄れるため、米規制当局は2回目の接種から6カ月後に3回目の追加接種(ブースター接種)を承認すべきと主張した。FDAが15日、同資料を公表した。

米陸軍、新型コロナワクチン接種拒否する兵士は除隊も

米陸軍は14日、新型コロナウイルスワクチンの接種を拒んだ兵士は停職や除隊処分になる可能性があることを明らかにした。

コロナワクチン、1回目接種から4カ月以内に抗体量大幅減=印研究

インドの公的研究機関は、新型コロナウイルスワクチン接種を完了した国内の医療従事者614人を対象とする研究で、1回目の接種から4カ月以内に抗体量が「大幅に」減少する結果が示されたと発表した。

英、50歳以上や高リスク者にワクチン追加接種へ 冬に向け対策

英政府は14日、年齢50歳以上と医療従事者ら高リスクグループを対象に、新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)を近く開始すると発表した。ブースター接種の展開によってロックダウン(都市封鎖)再導入や医療態勢の逼迫を回避し、感染が拡大しやすい冬を乗り切りたい考え。

英、50歳以上や高リスク者にワクチン追加接種へ 冬に向け対策

英政府は14日、年齢50歳以上と医療従事者ら高リスクグループを対象に、新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)を近く開始すると発表した。ブースター接種の展開によってロックダウン(都市封鎖)再導入や医療態勢の逼迫を回避し、感染が拡大しやすい冬を乗り切りたい考え。

NY市場サマリー(13日)ドル上昇、S&P6日ぶり反発

<為替> 新型コロナウイルス感染再拡大にもかかわらず米連邦準備理事会(FRB)が年内にテーパリング(量的緩和の縮小)に着手するとの観測を背景に、ドル指数が2週間ぶりの高値を付けた。

米国株式市場=S&P6日ぶり反発、法人税率引き上げやインフレ指標に注目

米国株式市場はS&P総合500種が6営業日ぶりに反発。市場では、下院民主党による連邦法人税率引き上げ案や週内に発表される米インフレ指標に注目が集まっている。

コロナワクチン追加接種は不要、WHOと米FDAの科学者が論文発表

世界保健機関(WHO)と米食品医薬品局(FDA)の科学者らは英医学誌ランセットに13日に掲載された論文で、一般の人に対する新型コロナウイルスワクチンの3回目の追加接種(ブースター接種)は必要なく、1回目の接種もまだ受けていない人たちにワクチンを融通することで多くの命が救われるとの考えを示した。

英主任医務官、12─15歳へのワクチン1回目接種を推奨 ファイザー製

英国の主任医務官(CMO)らは13日、全ての12─15歳に対する新型コロナウイルスワクチンの1回目の接種を推奨した。2回目の接種については国際的なデータが得られるまで待つ必要があるとし、少なくとも来年の春まで行わないよう推奨した。

バイデン氏、ワクチン追加接種は一般に普及後=ホワイトハウス

米ホワイトハウスのサキ報道官は10日、バイデン大統領が新型コロナウイルスのワクチンの追加接種(ブースター接種)を受ける予定としつつも、ブースターが一般に広く普及するまで待つ計画と明らかにした。

ファイザー製ワクチン、10月中に5─11歳向け認可も=関係筋

バイデン米政権の首席医療顧問を務める米国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長は、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンが10月末までに5─11歳の子どもたちに対して認可される可能性があると想定している。事情に詳しい関係者2人が10日述べた。

コロナワクチン、デルタ株にも有効 75歳以上では効果低下も=米研究

新型コロナウイルスワクチンが感染力の強いデルタ変異株に対し、入院や死亡の予防に有効であるものの、75歳以上の高齢者では効果が弱まる可能性があることが、米国で実施された3例の研究データから示された。

UPDATE 1-コロナワクチン、デルタ株にも有効 75歳以上では効果低下も=米研究

新型コロナウイルスワクチンが感染力の強いデルタ変異株に対し、入院や死亡の予防に有効であるものの、75歳以上の高齢者では効果が弱まる可能性があることが、米国で実施された3例の研究データから示された。

米、子どもへのコロナワクチン近く認可も 2カ月間のデータ見極め

米食品医薬品局(FDA)は10日、子どもに対する新型コロナウイルスワクチン接種の臨床試験で、副反応を見極めるために少なくとも2カ月間の観察期間を設けるべきという見解を示した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up