for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ファイザー・インク

PFE.N

現在値

43.76USD

変化

-0.40(-0.91%)

出来高

9,071,121

本日のレンジ

43.73

 - 

44.60

52週レンジ

40.94

 - 

61.70

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
44.16
始値
44.20
出来高
9,071,121
3か月平均出来高
370.86
高値
44.60
安値
43.73
52週高値
61.70
52週安値
40.94
発行済株式数
5,612.35
時価総額
245,596.50
予想PER
6.42
配当利回り
3.66

次のエベント

Q3 2022 Pfizer Inc Earnings Release

適時開示

その他

Pfizer And BioNTech Submit Application To U.S. FDA For Emergency Use Authorization Of Omicron Ba.4/Ba.5-Adapted Bivalent Vaccine Booster In Children 5 Through 11 Years Of Age

Pfizer Declares $0.40 Fourth-Quarter 2022 Dividend

Pfizer To Supply Global Fund Up To 6 Million Paxlovid Treatment Courses For Low-And-Middle-Income Countries

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ファイザー・インクとは

ファイザー(Pfizer Inc)は、研究ベースのグローバルなバイオ医薬品企業である。【事業内容】バイオ医薬品の発見、開発、製造、マーケティング、販売、流通を行う。グローバルポートフォリオには、医薬品とワクチンが含まれる。潰瘍性大腸炎、クローン病、アトピー性皮膚炎、好酸球性食道炎、および脱毛症などのさまざまな免疫炎症性疾患の開発中の経口選択的スフィンゴシン1-リン酸(S1P)受容体モジュレーターであるエトラシモドを含む胃腸病学、皮膚科、および心臓病学の治療候補を提供する。ウェルネス、予防、治療、治療法を開発するために市場を越えて取り組む。医療提供者、政府、地域コミュニティと協力して、医療へのアクセスをサポートおよび提供する。医薬品とワクチンは、病気の治療、健康、ウェルネスの改善を通じて、医療提供者と患者に価値を提供する。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

235 E 42ND ST

NEW YORK, NY

10017-5703

United States

+1.212.5732323

https://www.pfizer.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Albert Bourla

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

David M. Denton

Executive Vice President, Chief Financial Officer

Angela Hwang

Group President - Pfizer Biopharmaceuticals Group

Lidia Fonseca

Executive Vice President, Chief Digital and Technology Officer

Rady A. Johnson

Executive Vice President, Chief Compliance, Quality and Risk Officer

統計

2.30 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

51.8K

2020

41.9K

2021

81.3K

2022(E)

100.4K
EPS (USD)

2019

2.950

2020

2.220

2021

4.420

2022(E)

6.480
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.44
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.43
株価純資産倍率(四半期)
2.81
株価キャッシュフロー倍率
7.06
総負債/総資本(四半期)
46.19
長期負債/資本(四半期)
39.32
投資利益率(過去12カ月)
21.14
自己資本利益率(過去12カ月)
16.30

最新ニュース

最新ニュース

英GSK、初の女性CFOを採用 バーバリーから来年移籍

英製薬大手GSKは26日、来年5月から同社初の女性最高財務責任者(CFO)に英高級ファッションブランドのバーバリー幹部のジュリー・ブラウン氏が就任すると発表した。GSKは最高経営責任者(CEO)も女性のエマ・ウォルムズリー氏が務めている。この2つの役職とも女性になるのはロンドンFT100種株価指数構成企業でも、世界大手製薬企業としても珍しい。

ファイザー、FDAにオミクロン用ワクチンの5‐11歳接種申請

米製薬大手ファイザーとドイツのバイオ企業ビオンテックは26日、新型コロナウイルスのオミクロン株対応ワクチンの5─11歳への追加接種を米食品医薬品局(FDA)に承認申請した。

米オミクロン株対応ワクチン接種、 開始3週間の出足は昨年より鈍化

米疾病対策センター(CDC)が22日発表した最新データによると、米国の新型コロナウイルス追加接種でオミクロン株対応ワクチンが解禁されてからの3週間で、同ワクチンの接種を受けたのは440万人だった。昨年に従来型のワクチン追加接種(3回目)が対象を高齢者や免疫不全者らに絞って始まった最初の3週間の約1000万人よりペースが遅くなっている。

米ファイザーCEO、2回目のコロナ陽性 8月に続き

米製薬大手ファイザーのアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)が24日、新型コロナウイルス検査で陽性となったと明らかにした。

先進国のコロナ対策終了は時期尚早、低所得国支援を=WHO幹部

[ロンドン 23日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)のシニアアドバイザー、ブルース・アイルワード氏は23日、将来起こりうるパンデミック(世界的な大流行)を視野に、先進国は新型コロナウイルスを世界的問題として対処する姿勢を後退させるべきでないと警告した。

米、追加接種用コロナワクチン2500万回分配布 モデルナ製は不足

[20日 ロイター] - 米保健当局は20日、新型コロナウイルスのオミクロン株派生型「BA.4」と「BA.5」に対応するブースター(追加)接種向けの改良版ワクチン約2500万回分を配布したと明らかにした。モデルナ製ワクチンの供給は不足しており、米ファイザー・独ビオンテック製ワクチンが大半を占めるという。

モデルナ、日本で生産施設検討 中国へのワクチン供給にオープン

米バイオ企業モデルナのステファン・バンセル最高経営責任者(CEO)は14日、mRNA(メッセンジャーRNA)由来製品を生産する施設を日本に建設することを検討していると述べた。

米ファイザー、メッセンジャーRNAインフルワクチンの後期試験開始

米製薬大手ファイザーは14日、インフルエンザに向けたメッセンジャーRNAワクチンの後期臨床試験を米国で開始したと発表した。ドイツのビオンテックと共同開発した新型コロナウイルスワクチンと同じ技術を使うワクチンで、対象は2万5000人。

EU当局、オミクロン派生型対応ワクチンの追加接種を推奨

[12日 ロイター] - 欧州連合(EU)の医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA)は 12日、新型コロナウイルスのオミクロン変異株の派生型「BA.4」と「BA.5」に対応するよう改良された2種類のワクチンのブースター(追加)接種を推奨した。

米ファイザー、コロナ飲み薬を低・中所得国支援団体に寄付

米製薬大手ファイザーは、新型コロナウイルス感染症の経口抗ウイルス薬「パクスロビド」10万コースを、低・中所得国での医薬品の利用促進を目的に新たに設立された団体に寄付した。

新型コロナワクチン、米では年1回の接種推奨の流れに=保健当局者

複数の米保健当局者は6日、米国では今後、新型コロナウイルスワクチンは年1回の定期接種が推奨されることになるとの見解を示した。

新型コロナワクチン、米では年1回の接種推奨の流れに=保健当局者

米国では今後、新型コロナウイルスワクチンは年1回の定期接種が推奨されることになりそうだ――。複数の保健当局者が6日、こうした見解を示した。

ウクライナ大統領、4000億ドルの民間投資呼びかけ NYSEの鐘鳴らす

[キーウ(キエフ)/ニューヨーク 6日 ロイター] - ウクライナのゼレンスキー大統領は6日、米ニューヨーク証券取引所(NYSE)の取引開始の鐘(オープニングベル)をリモート形式で鳴らし、ロシア軍が破壊した工場や産業を再建するための民間投資を呼びかけた。

オミクロン対応ワクチン、高リスク者に優先接種を=EU当局者

[ロンドン 6日 ロイター] - 欧州連合(EU)当局は6日、欧州医薬品庁(EMA)が12歳以上を対象に承認したオミクロン変異株対応の新型コロナウイルスワクチンについて、まず高リスクの人々に接種するよう勧告した。

仏サノフィと英GSK共同開発コロナワクチン、EU当局が数週で承認も

フランスの製薬大手サノフィ幹部は5日、欧州連合(EU)欧州議会の公聴会で、英同業グラクソ・スミスクライン(GSK)と共同開発した新型コロナウイルスワクチンの承認の是非を欧州医薬品庁(EMA)が数週間で決断する可能性があると表明した。

中国、麗珠医薬のコロナワクチンを緊急承認

中国の麗珠医薬集団(リブゾン・ファーマスーティカル・グループ)は2日の届出書で、同社のたんぱく質ベースの新型コロナウイルスワクチンが、中国の医薬品規制当局からブースターとして緊急使用許可を取得したと発表した。

米ノババックスのコロナワクチン、欧州医薬品庁が追加接種支持

[ロンドン 1日 ロイター] - 欧州医薬品庁(EMA)は1日、米バイオ医薬品会社ノババックスが開発した新型コロナウイルスワクチンについて、既に2回接種を済ませている成人への追加接種を支持した。冬に感染が再び拡大する可能性に備える。

米CDC、オミクロン派生型対応ワクチンの追加接種推奨

米疾病対策センター(CDC)は1日、新型コロナウイルスのオミクロン株派生型「BA.4」と「BA.5」に対応した米ファイザー・独ビオンテックと米モデルナの改良版ワクチンについて、12歳以上を対象に追加(ブースター)接種に使うよう推奨した。

米CDC諮問委、オミクロン派生型対応ワクチンの追加接種推奨

米疾病対策センター(CDC)の外部の専門家からなる予防接種諮問委員会(ACIP)は1日、新型コロナウイルスのオミクロン株派生型「BA.4」と「BA.5」に対応した米ファイザー・独ビオンテックと米モデルナの改良版ワクチンについて、12歳以上を対象に追加(ブースター)接種に使うよう推奨した。

オミクロン対応ワクチン、カナダ当局も承認 モデルナ製

[1日 ロイター] - カナダ保健省は1日、新型コロナウイルスの従来株とオミクロン変異株の派生型「BA.1」に対応する米モデルナ製の「2価」ワクチンを承認した。成人向け接種に使用される。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up