for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー

PG.N

現在値

143.55USD

変化

-0.64(-0.44%)

出来高

1,949,203

本日のレンジ

143.10

 - 

144.44

52週レンジ

121.54

 - 

147.23

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
144.19
始値
143.80
出来高
1,949,203
3か月平均出来高
145.81
高値
144.44
安値
143.10
52週高値
147.23
52週安値
121.54
発行済株式数
2,428.32
時価総額
348,706.10
予想PER
24.19
配当利回り
2.43

次のエベント

Procter & Gamble Co Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Amazon.Com Inc Says More Than 80 New Companies Have Signed Its Climate Pledge

Trian Fund Management Cuts Share Stake In Procter And Gamble, Raises In Janus Henderson

Trian’s Nelson Peltz To Conclude His Service On P&G’s Board At End Of Term

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニーとは

プロクター・アンド・ギャンブル(Procter & Gamble Co)は、ブランド化された消費者向けパッケージ商品を世界中の消費者に提供することに重点を置く。【事業内容】ビューティー、グルーミング、健康管理、ファブリックとホームケアおよびベビー、フェミニンとファミリーケアの5つのセグメントで事業を展開する。主に量販店、食料品店、会員制クラブ店、ドラッグストア、デパート、流通業者、卸売業者、ベビーストア、美容専門店、eコマース、高周波店、薬局、電子店舗や専門チャンネルを通じて、国や地域で製品を販売する。Head & Shoulders、Herbal Essences、Pantene、Rejoice、Olay、Old Spice、Safeguard、Secret、SK-II、Braun、Gillette、Venus、Crest、Oral-B、Metamucil、Neurobion、Pepto-Bismol、Vicks、Ariel、Downy、Gain、Tide、Cascade、Dawn、Fairy、Febreze、Mr.Clean、Swiffer、Luvs、Pampers、Always、Always Discreet、Tampax、Bounty、Charmin、Puffsなどのブランドの製品を提供する。

業種

Personal & Household Prods.

連絡先

1 Procter and Gamble Plz

CINCINNATI, OH

45202-3315

United States

+1.513.9831100

https://us.pg.com/

エグゼクティブリーダーシップ

David S. Taylor

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Jon R. Moeller

Vice Chairman of the Board, Chief Operating Officer

Andre Schulten

Chief Financial Officer

Steven D. Bishop

Chief Executive Officer - Health Care

Gary A. Coombe

Chief Executive Officer - Grooming

統計

2.50 mean rating - 22 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

67.7K

2020

71.0K

2021

76.1K

2022(E)

78.8K
EPS (USD)

2019

4.520

2020

5.120

2021

5.660

2022(E)

5.937
株価売上高倍率(過去12カ月)
26.14
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.58
株価純資産倍率(四半期)
7.67
株価キャッシュフロー倍率
20.74
総負債/総資本(四半期)
68.97
長期負債/資本(四半期)
49.81
投資利益率(過去12カ月)
16.57
自己資本利益率(過去12カ月)
11.96

最新ニュース

最新ニュース

米ワクチン義務化計画、監督当局は前途多難

バイデン米大統領は先週、多くの民間企業の従業員も対象とした新型コロナウイルスワクチン接種義務化計画を打ち出したが、接種計画の監督を行う労働省の労働安全衛生局(OSHA)は難しい舵取りを迫られるとみられている。

中国「米超党派委はうそでっち上げ」、北京五輪スポンサー非難で

米議会の超党派委員会が27日にコカ・コーラなど2022年北京冬季五輪の米スポンサー企業が中国の人権問題よりも自社の利益を優先させていると非難したことを受け、在米中国大使館の報道官は同委員会が「中国を中傷するためにあらゆるうそをでっち上げることに夢中になっている」と述べた。

米議会超党派委、北京冬季五輪の米スポンサーを非難 人権問題巡り

米議会の超党派委員会は27日、コカ・コーラなど2022年北京冬季五輪の米スポンサー企業が中国の人権問題よりも自社の利益を優先させているとして強く非難した。

焦点:五輪直前、決断迫られるスポンサー 無観客が現実味

東京五輪・パラリンピックの一部スポンサーが、大会運営側の判断を待たず、ブースなどの出展や接待プログラムの中止に動き出した。複数の関係者によると、開幕が直前に迫り、新型コロナウイルスの感染状況や世論の動向から独自に決めざるをえなくなりつつある。

米P&G、コスト上昇で一部製品値上げへ 1─3月期は予想上回る

米日用品大手のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は20日、コスト上昇に対処するため、米国で一部製品の価格を値上げする方針を示した。同日発表した2021年度第3・四半期(1─3月)決算は、売上高と利益がともに市場予想を上回ったが、コスト高で第4・四半期の業績は圧迫されつつあるという。

BTS所属の芸能事務所、スクーター・ブラウン氏の企業買収

韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)が所属する韓国の大手芸能事務所HYBE(旧ビッグ・ヒット・エンターテインメント)は、米音楽プロデューサーのスクーター・ブラウン氏が最高経営責任者(CEO)を務めるイサカ・ホールディングスを10億5000万ドルで買収する。

米国は最高値、バイデン大統領就任やネットフリックス好決算で

米国株式市場は続伸し、終値で最高値を更新した。バイデン氏の大統領就任や、ネットフリックスの好決算を受けた巣ごもり関連銘柄への買いが支援材料となった。

米P&G、通年売上高見通しを再び上方修正 コロナで日用品堅調

米日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は20日、新型コロナウイルス感染拡大で清掃関連商品の需要が引き続き堅調なことを受け、2021年度(21年6月まで)の売上高見通しを再び引き上げた。

NY市場サマリー(20日)リスク選好改善でドル売り、米株最高値

<為替> ニューヨーク外為市場ではドルが主要通貨に対し下落した。この日に発足したバイデン新政権の下で大規模な景気刺激策が策定されるとの期待からリスク選好度が上昇し、ドル売りにつながった。

コラム:消費財メーカーのプレミアム化戦略、コロナ禍で限界に

巨大消費財メーカーが進めてきた「プレミアミゼーション(プレミアム化)」路線が限界に達したようだ。ビールから化粧品、液体洗剤に至るまで、日常の消費財を扱う大手メーカーはここ数年、日用品の高級版を導入して高い価格を課すことで、なんとか収益の成長を続けてきた。

焦点:「社会運動」にどう対応、悩む米企業 慎重派なお多数

今年5月、黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人警官に首を押さえつけられて死亡した事件をきっかけとして全米に抗議行動が広がると、米主要企業の間で、人種差別に正面から取り組み、社会正義の実現を後押しすると表明する動きが相次いだ。

米アメックス、多様性促進で10億ドル投資を表明

米クレジットカード大手アメリカン・エキスプレス(アメックス)<AXP.N>は29日、人種とジェンダーの平等促進に向け10億ドルを投資すると表明した。

ロボット掃除機・人形・キャンピングカーの需要好調、コロナ禍で

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が続く中、除菌シートやロボット掃除機、バービー人形、キャンピングカーの販売がここ数カ月好調となっている。

米P&G、通年の収益予想引き上げ 掃除用品の需要堅調

米日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は20日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い家庭用掃除用品などの販売が好調なことを受け、通年の収益予想を引き上げた。

NY市場サマリー(20日)ドル1カ月ぶり安値、米株上昇

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場ではドルが下落し、主要通貨に対して1カ月 ぶりの安値を付けた。市場は米大統領選を前に追加の景気刺激策の行方を注目しているほ か、欧州の新型コロナウイルス再拡大も懸念された。 ドル指数は2日続落し、9月21日以来の92.991まで下落。民主党のペ ロシ下院議長は、政権側との経済対策取りまとめについて楽観的だと述べた。 ユーロは0.49%高の1.184ドルと、1カ月ぶり高値を付けた。 ストーンエックスのグローバル市場ストラテジスト、ユセフ・アバシ氏は、「ドル安 が長期化する可能性があると考えるべき」とし、...

米株上昇、ダウ113ドル高 コロナ追加対策巡る楽観で

米国株式市場は上昇して取引を終えた。米国の新型コロナウイルス追加経済対策を巡る楽観的な見方が強まった。民主党のペロシ下院議長は来月初旬までの支援実現に向けホワイトハウスと合意できると発言。20日中にも合意の兆しが見られるはずだと述べた。

特別リポート:コロナ禍で「プラ危機」、廃棄増がリサイクル圧迫

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)でプラスチック業界が激震に見舞われている。武漢からニューヨークまであらゆる地域で、フェイスシールドや手袋、食品のテイクアウト用容器、オンラインショッピングで注文された商品の配送用緩衝材などの需要が増えているが、こうした製品はリサイクルできず、廃棄物が急増している。

FB・ツイッターなど、ヘイトスピーチ対策で広告主と合意

フェイスブック<FB.O>、ユーチューブ<GOOGL.>、ツイッター<TWTR.N>の米IT大手は、オンライン上の有害コンテンツ抑制に取り組むことで大手広告主と合意した。

アングル:コロナ自粛で米国消費が急変、浮いたお金で高額支出も

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)で米国の消費財市場は様相が一変した。大きな理由は在宅勤務の普及だ。ロイターがさまざまな消費財の需要や価格の動向を分析した結果、衣料や食品まであらゆる消費財で、長年有効だった消費モデルが新型コロナ危機で激変したことが分かった。

コラム:今年の米広告市場、「巨人」アマゾンが幅を利かす

売上高が減った企業は経費を削ることが多く、広告費も削減対象となる。広告会社は新型コロナウイルスの感染流行で得意客の一部が売上高の急減に見舞われており、米市場最大の広告主であるアマゾン<AMZN.O>への依存体質が一層鮮明になりそうだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up