for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー

PG.N

現在値

135.10USD

変化

-0.68(-0.50%)

出来高

2,396,417

本日のレンジ

134.57

 - 

135.62

52週レンジ

94.34

 - 

135.97

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
135.78
始値
135.61
出来高
2,396,417
3か月平均出来高
150.55
高値
135.62
安値
134.57
52週高値
135.97
52週安値
94.34
発行済株式数
2,486.09
時価総額
337,560.80
予想PER
27.37
配当利回り
2.33

次のエベント

Procter & Gamble Co Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

P&G Announces Q4 Earnings Per Share $1.07

P&G Will Make Operations Carbon Neutral For Decade

P&G Declares Quarterly Dividend Of $0.7907 Per Share

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニーとは

プロクター・アンド・ギャンブル(The Procter & Gamble Company)は世界中の消費者にブランド付きの消費者包装商品を提供する。【事業内容】同社は美容、グルーミング、医療、ファブリックとホームケア、及びベビー・女性・ファミリーケア5つの事業を運営する。同社の製品は量販店、食料品店、会員クラブ、ドラッグストア、デパート、ディストリビューター、ベビーショップ、専門美容院、電子商取引、高頻度店舗及び薬局を通じておよそ180の国と地域で販売される。同社は「Olay」、「Old Spice」、「Safeguard」、「Head&Shoulders」、「Pantene」、「Rejoice」、「Mach3」、「Prestobarba」、「Venus」、「Cascade」、「Dawn」、「Febreze」、「Mr. Clean」、「Bounty」及び「Charmin」などのブランドで製品を提供する。

業種

Personal & Household Prods.

連絡先

1 Procter and Gamble Plz

CINCINNATI, OH

45202-3315

United States

+1.513.9831100

https://us.pg.com/

エグゼクティブリーダーシップ

David S. Taylor

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Jon R. Moeller

Vice Chairman of the Board, Chief Financial Officer

Laura Becker

President - Global Business Services

Steven D. Bishop

Chief Executive Officer - Health Care

Gary A. Coombe

Chief Executive Officer - Grooming

統計

2.23 mean rating - 22 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

66.8K

2019

67.7K

2020

71.0K

2021(E)

72.8K
EPS (USD)

2018

4.220

2019

4.520

2020

5.120

2021(E)

5.386
株価売上高倍率(過去12カ月)
27.38
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.76
株価純資産倍率(四半期)
7.38
株価キャッシュフロー倍率
21.29
総負債/総資本(四半期)
74.63
長期負債/資本(四半期)
50.59
投資利益率(過去12カ月)
15.23
自己資本利益率(過去12カ月)
11.11

最新ニュース

最新ニュース

米主要企業、政府に懸念表明 ウィーチャット取引禁止巡り=報道

トランプ米大統領が対話アプリ「微信(ウィーチャット)」を運営する中国の騰訊控股(テンセント)<0700.HK>との取引を45日以内に禁止する大統領令に署名したことに対し、一部の米企業が反発していると、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが13日報じた。

米P&G、4─6月期収益が予想上回る 新型コロナで需要増

米日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)<PG.N>が30日発表した第4・四半期決算(6月30日まで)は、利益と売上高が予想を上回った。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、洗剤などの販売が好調だった。

米P&G、1─3月期利益が予想上回る 新型コロナで日用品販売増

米日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)<PG.N>が17日発表した第3・四半期決算(3月31日まで)は、利益が市場予想を上回った。新型コロナウイルス流行を受けたロックダウン(都市封鎖)で、おむつやトイレットペーパーなどの買いだめが起きたことが背景。

米主要スポンサー、東京五輪の1年延期を支持

2020年東京五輪の米主要スポンサーは、国際オリンピック委員会(IOC)と安倍晋三首相が合意した1年程度の延期に支持を表明した。スポンサー契約に詳しい専門家によると、多額の協賛金の返金は求めないとみられる。

米P&G、新型ウイルス流行が1─3月業績に影響の見通し

米日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は20日、新型コロナウイルス流行に伴う中国での供給網混乱や需要減退で1─3月期の利益と売上高に影響が及ぶとの見通しを示した。

米コティのブランド売却、ユニリーバやヘンケルなどが食指=関係者

米香水・化粧品のコティ<COTY.N>が入札を通じて売却を目指しているヘアケアブランドなど一部事業について、英蘭系日用品大手ユニリーバ<ULVR.L>と独化学・消費財メーカーのヘンケル<HNKG_p.DE>、複数の投資会社などがそれぞれ応札に向けてコティを協議している。事情に詳しい3人の関係者がロイターに語った。

コラム:地味だった消費増税前の駆け込み、年金世帯が主因か

駆け込みと反動が小さかったと言われた今回の消費増税。だが、その裏には年金受給世帯が全体の過半数を占め、個人消費からバイタリティーが失われた構造が隠されていたのではないか。実際、住宅や自動車の駆け込みがほとんどなかったのに対し、家電や日用品などに駆け込みが集中した。

米株下落、英EU離脱巡る先行き不透明感が圧迫

米国株式市場は下落して取引を終えた。一部企業の好決算を追い風に中盤にかけて上昇していたが、英下院が欧州連合(EU)離脱協定関連法案を3日間で迅速審議するための議事進行動議を否決し、ジョンソン首相が目指す月末の離脱がほぼ不可能となったことを受け、下げに転じた。

NY市場サマリー(22日)

<為替> ポンドが対ドルやユーロで下落。英下院が欧州連合(EU)離脱協定関連法案を3日間で迅速審議するための議事進行動議(プログラム動議)を否決し、ジョンソン首相が目指す月末の離脱がほぼ不可能となったことを受けた動き。

米P&G、通年見通し上方修正 7─9月期好調

米日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)<PG.N>は22日、第1・四半期(9月30日まで)決算が好調だったことを受け、通年の売上高と利益の見通しを上方修正した。

S&P過去最高値に迫る、米中合意期待でハイテク株などに買い

米国株式市場は、米中通商合意への期待が高まったことで貿易動向や世界的な景気動向に敏感な銘柄に買いが入り、S&P総合500種は過去最高値に迫った。

NY市場サマリー(21日)

終盤の取引で、10年債利回りは1.794%に上昇。前週末の終値は 1.75%だった。 30年債利回りは2.286%。一時は5週間ぶり水準の2.3%まで 上げた。 2年債利回りは前週末の1.576%から1.616%に上昇した。 エバーコアISIの債券ストラテジスト、スタン・シプリー氏は、経済減速のリスク は残るが、景気後退(リセッション)懸念は和らいだと指摘。2カ月前のリセッション確 率は35─45%だったが、現在は20─25%と指摘した。 今週は1130億ドル規模の2年債、5年債、7年債入札などが予定されている。 米金融・債券市場: <...

NY市場サマリー(30日)

<為替> 米連邦公開市場委員会(FOMC)に注目が集まる中、ドルは狭いレンジ内ので動きに終始した。

米国株は下落、ハイテク株に売り 貿易巡る大統領発言が圧迫

米国株式市場は下落して取引を終えた。トランプ大統領が通商協議を巡り中国に発した警告がハイテク株を圧迫。また、この日から2日間の日程で開かれている米連邦公開市場委員会(FOMC)での決定が注目されている。

米P&G、4─6月期収益が予想上回る ジレット事業で評価損計上

米日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)が30日発表した第4・四半期(4─6月)決算は、売上高と利益が市場予想を上回った。かみそりの「ジレット」事業で80億ドルの評価損を計上したが、午前の取引で株価は上昇した。

ダウ117ドル高、米中交渉再開でハイテク株買い 上値重く

への制裁を一部緩和したことを好感し、ハイテク株中心に買いが入った。ただ相場は引けにかけて伸び悩んだ。

世界の広告主、ネット上のリスク対策で広告大手やSNS企業と協力

世界の大手広告主16社が、広告代理店やフェイスブック、ツイッター、グーグル傘下ユーチューブなどプラットフォーム企業とともに、ネット上の危険なコンテンツや偽情報への対策を強化するアライアンスを立ち上げた。

NY市場サマリー(23日)

<為替> 終盤で、ドルが対主要通貨バスケットでやや下落。貿易問題や世界経済を巡る不透明感が広がって短期のドル相場見通しを圧迫、狭いレンジ取引となった。米政府機関の一部閉鎖も投資家の不安を強めた。

米国株式市場は小反発、企業決算が支援 貿易摩擦・政府閉鎖は重し

米国株式市場は小反発して取引を終えた。好調な企業決算が支援材料となったが、貿易摩擦や政府機関閉鎖を巡る懸念がくすぶり上値は限定的となった。主要株価3指数はいずれもプラス圏で引け、IBM<IBM.N>、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)<PG.N>、ユナイテッド・テクノロジーズ<UTX.N>などの好決算を手掛かりにダウ工業株30種の上昇率が3指数の中で最大となった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up