for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー

PG.N

現在値

141.88USD

変化

-0.32(-0.23%)

出来高

316,546

本日のレンジ

141.23

 - 

142.33

52週レンジ

129.50

 - 

165.31

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
142.20
始値
142.15
出来高
316,546
3か月平均出来高
163.33
高値
142.33
安値
141.23
52週高値
165.31
52週安値
129.50
発行済株式数
2,399.30
時価総額
341,180.00
予想PER
24.14
配当利回り
2.57

次のエベント

Q4 2022 Procter & Gamble Co Earnings Release

適時開示

その他

P&G Announces Fiscal Year 2022 Third Quarter Results

P&G Declares Dividend Increase

P&G Files For Offering Of Floating Rate Notes Of Up To $412.5 Million

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニーとは

プロクター・アンド・ギャンブル(Procter & Gamble Co)は、ブランド化された消費者向けパッケージ商品を世界中の消費者に提供することに重点を置く。【事業内容】ビューティー、グルーミング、健康管理、ファブリックとホームケアおよびベビー、フェミニンとファミリーケアの5つのセグメントで事業を展開する。主に量販店、食料品店、会員制クラブ店、ドラッグストア、デパート、流通業者、卸売業者、ベビーストア、美容専門店、eコマース、高周波店、薬局、電子店舗や専門チャンネルを通じて、国や地域で製品を販売する。Head & Shoulders、Herbal Essences、Pantene、Rejoice、Olay、Old Spice、Safeguard、Secret、SK-II、Braun、Gillette、Venus、Crest、Oral-B、Metamucil、Neurobion、Pepto-Bismol、Vicks、Ariel、Downy、Gain、Tide、Cascade、Dawn、Fairy、Febreze、Mr.Clean、Swiffer、Luvs、Pampers、Always、Always Discreet、Tampax、Bounty、Charmin、Puffsなどのブランドの製品を提供する。

業種

Personal & Household Prods.

連絡先

ONE PROCTER & GAMBLE PLAZA

ONE PROCTER & GAMBLE PLAZA

CINCINNATI, OH

45202

United States

+1.513.9831100

https://us.pg.com/

エグゼクティブリーダーシップ

David S. Taylor

Executive Chairman of the Board

Jon R. Moeller

Vice Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Andre Schulten

Chief Financial Officer

Gary A. Coombe

Chief Executive Officer - Grooming

Ma. Fatima D. Francisco

Chief Executive Officer - Baby and Feminine Care

統計

2.42 mean rating - 26 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

67.7K

2020

71.0K

2021

76.1K

2022(E)

80.1K
EPS (USD)

2019

4.520

2020

5.120

2021

5.660

2022(E)

5.841
株価売上高倍率(過去12カ月)
24.85
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.29
株価純資産倍率(四半期)
7.64
株価キャッシュフロー倍率
19.89
総負債/総資本(四半期)
74.03
長期負債/資本(四半期)
52.26
投資利益率(過去12カ月)
17.23
自己資本利益率(過去12カ月)
12.36

最新ニュース

最新ニュース

UPDATE 1-NY市場サマリー(16日)ダウ3万ドル割れ、スイスフラン急騰

(株式の内容を追加しました) [16日 ロイター] - <為替> スイスフランがドルやユーロに対して急騰した。スイス国立銀行(中央銀 行)が16日、想定外の利上げに踏み切ったことが背景。 スイス中銀は15年ぶりとなる利上げを決定し、政策金利を0.5%ポイント引き上 げマイナス0.25%とした。ロイター調査では、ほぼ全てのエコノミストが金利据え置 きを予想していた。 これを受け、スイスフランは対ユーロで急騰。ユーロ/スイスフランは 1.9%安の1ユーロ=1.019フランと2カ月ぶりの安値に急落した。1日の上昇幅 としてはスイス中銀が2015...

UPDATE 2-米国株式市場=ダウ3万ドル割れ、景気後退懸念で全面売り

(内容を追加しました) [ニューヨーク 16日 ロイター] - 米国株式市場は急落し、 ダウ工業株30種が終値で3万ドルを割り込んだ。米連邦準備理 事会(FRB)の27年ぶり大幅利上げに続き世界の主要中央銀行がイ ンフレ対応に利上げを進める中、リセッション(景気後退)懸念が台頭 し、全面的に売りが出た。 FRBの利上げ幅が予想通りだったことを受けて前日の株価は反発 し、1月初め以来最長の下げとなっていたS&P総合500種は 5営業日続落に終止符を打っていた。 しかし、この日はスイス国立銀行(中央銀行)とイングランド銀行 (英中央銀行)も...

NY市場サマリー(16日)ダウ3万ドル割れ、スイスフラン急騰

<為替> スイスフランがドルやユーロに対して急騰した。スイス国立銀行(中央銀 行)が16日、想定外の利上げに踏み切ったことが背景。 スイス中銀は15年ぶりとなる利上げを決定し、政策金利を0.5%ポイント引き上 げマイナス0.25%とした。ロイター調査では、ほぼ全てのエコノミストが金利据え置 きを予想していた。 これを受け、スイスフランは対ユーロで急騰。ユーロ/スイスフランは 1.9%安の1ユーロ=1.019フランと2カ月ぶりの安値に急落した。1日の上昇幅 としてはスイス中銀が2015年に通貨ペッグ制を廃止して以来最大だった。 米ドル/スイスフラン...

上海の米企業、ロックダウンで9割が売上高見通し引き下げ

在上海米商工会議所は15日、調査した上海の米多国籍企業の9割以上が、2カ月にわたり新型コロナウイルス対応の厳しいロックダウン(都市封鎖)が行われた影響で年間売上高見通しを引き下げたことが分かったと発表した。

アングル:封鎖明け上海市、外国企業に積極対応 信頼回復なるか

中国・上海市は、新型コロナウイルス対策のために実施したロックダウン(都市封鎖)によって失った外国企業の信頼を回復しようと、さまざまな努力を続けている。

米ファイザー、GSKとの大衆薬合弁事業株売却へ 分離上場後に

英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は1日、一般医薬品(大衆薬)事業を分離・上場する計画について、合弁相手の米ファイザーが保有する32%の株式を7月の上場後に売却する計画だと明らかにした。

ユニリーバ、「物言う投資家」ペルツ氏を取締役に指名

欧州の日用品大手ユニリーバは31日、「物言う投資家」のネルソン・ペルツ氏を取締役に迎えると発表した。

米コカ・コーラ、再利用可能なガラス瓶導入中 インフレ対応で

米飲料大手コカ・コーラは25日、インフレに減速の兆しが見られない中、消費者の需要が今後鈍化する可能性があるとし、インフレ対策としてより安価で再利用可能なガラス瓶容器の利用を拡大していると明らかにした。

インドネシア、パーム油の輸出を禁止 国内供給確保で

インドネシア政府は22日、パーム油とその原材料の輸出を28日から禁止すると発表した。同国は世界最大のパーム油生産国で、世界全体の供給の半分超を占めている。輸出禁止により、世界的な食料インフレが一段と悪化する可能性がある。

今日の株式見通し=続伸、米株先物がしっかり 買い一巡後は伸び悩み

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続伸が想定されている。時間外取引の米株先物の底堅い動きを受け、日経平均採用の値がさ株を中心に買いが先行するとみられている。一方、市場で為替市場の動向が意識される中、国内では企業決算の本格化を控えており、様子見ムードが強まりやすい。買い戻し一巡後は伸び悩みの展開となりそうだ。

米国株式市場=ナスダック下落、ネットフリックスの急落が重し

米国株式市場はナスダック総合が下落して取引を終えた。契約者数の予想外の減少を発表した動画配信サービス大手ネットフリックスが急落し、他の高グロース株にも影響が広がった。

NY市場サマリー(20日)ナスダック下落、円は20年ぶり安値から切り返す、利回り低下

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、円が20年ぶり安値から切り返した。一時1ドル=129.43円と2002年4月以来の円安水準を付けていたが、終盤は0.8%円高/ドル安の1ドル=127.79円で推移している。

決算発表本格化、注目のディフェンシブ銘柄=今週の米株式市場

18日からの週の米株式市場は、決算発表シーズンが本格化するなか、ディフェンシブ銘柄の行方が注目されている。地政学的な不透明さや米連邦準備理事会(FRB)のインフレ対策が経済成長を阻害するとの懸念が出ている中で、激動期を乗り切るのにより適しており、配当が高い傾向にあると見なしているためだ。

訂正ロシア事業停止の動き加速、ファーストリテや米大手金融も

ファーストリテイリングは10日、ロシア事業を停止すると発表、これまでの営業継続方針を一転させた。ウクライナ侵攻に関連し、主要国の企業にロシア事業の停止や撤退・縮小の動きが一段と広がっている。

ロシア事業の縮小・停止相次ぐ、ネスレやフィリップ・モリスなど

ウクライナ侵攻を受けて多国籍企業がロシア事業を修正する動きは9日も続き、食品大手ネスレやたばこ大手フィリップ・モリスが事業の縮小や停止を発表した。ロシアによる侵攻に反対する立場を明確にするよう求める消費者からの圧力が強まっている。

米P&G、ロシアへの新たな資本投資を取りやめ 事業も絞る方針

米日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は、ロシアへの新たな資本投資を全て取りやめ、ロシア事業を基本的な衛生、健康、パーソナルケア用品に絞る方針だ。ジョン・メラー最高経営責任者(CEO)が7日、同社ウェブサイトに社員宛ての書簡を掲載した。

FRB、慎重なアプローチで利上げを=モルガン・スタンレー会長

米モルガン・スタンレーのジェームズ・ゴーマン会長兼最高経営責任者(CEO)は8日、ロシアのウクライナ侵攻で世界的に物価が高騰する中、米連邦準備理事会(FRB)は、より慎重なアプローチで利上げを行うべきだと述べた。

主要消費財メーカー、米国での追加値上げ計画

米主要消費財メーカーが今年、米国での価格を従来計画よりもさらに、または広範囲に引き上げる計画を発表した。ハーシーやクロロックスのほか、紙製品「クリネックス」を製造するキンバリー・クラークなどが含まれる。

ユニリーバ、管理職1500人削減へ 事業再編

事業を「美容・健康」「パーソナルケア」「ホームケア」「栄養」「アイスクリーム」の5部門に再編する。株主の不安を和らげることが狙い。

ユニリーバ、管理職1500人削減へ 事業再編

事業を「美容・健康」「パーソナルケア」「ホームケア」「栄養」「アイスクリーム」の5部門に再編する。株主の不安を和らげることが狙い。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up