for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ペルサハーン・ガス・ネガラ

PGAS.JK

現在値

1,680.00IDR

変化

-85.00(-4.82%)

出来高

313,780,100

本日のレンジ

1,675.00

 - 

1,770.00

52週レンジ

605.00

 - 

2,000.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,765.00
始値
1,765.00
出来高
313,780,100
3か月平均出来高
5,565.84
高値
1,770.00
安値
1,675.00
52週高値
2,000.00
52週安値
605.00
発行済株式数
24,241.51
時価総額
40,725,730.00
予想PER
40.06
配当利回り
2.47

次のエベント

Full Year 2020 Perusahaan Gas Negara Tbk PT Earnings Release

適時開示

その他

Indonesia's PGN seeks around $761 mln financing for Pertagas acquisition -director

PT Perusahaan Gas Negara (Persero) Tbk announces FY 2015 cash dividend; appoints new president commissioner

PT Perusahaan Gas Negara (Persero) Tbk announces FY 2014 cash dividend; appoints new president commissioner

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ペルサハーン・ガス・ネガラとは

ペルサハーン・ガス・ネガラ(PT Perusahaan Gas Negara (Persero) Tbk)は天然ガスの輸送・取引を行うインドネシアを拠点とする会社である。【事業内容】同社は4つの事業区分により構成される。輸送・運送事業は荷送り人が所有する天然ガスを高圧輸送パイプラインを通じて配送地点に輸送する。流通・商業事業は天然ガスを商業、工業と家庭ユーザーに配給する。石油・ガス事業は石油とガス・アップストリーム分野への投資等の事業を含む。他の事業は電気通信、パイプライン・ネットワークのサービス提供・建設・保守、建物管理、金融リースを含む。子会社は光ファイバー・ネットワーク・キャパシティのリースを行うPT PGAS Telekomunikasi Nusantara、エンジニアリング・建設・保守サービスを提供するPT PGAS Solutionを含む。

業種

Oil & Gas Operations

連絡先

Jl. K.H. Zainul Arifin No. 20

11140

Indonesia

+62.21.6334838

http://www.pgn.co.id

エグゼクティブリーダーシップ

Arcandra Tahar

President Commissioner

Gigih Prakoso Soewarto

President Director

Arie Kaban

Director of Finance

Desima Equalita Siahaan

Human Resource and General Affairs Director

Redy Ferryanto

Director of Infrastructure and Technology

統計

2.75 mean rating - 16 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

3.0K

2018

3.9K

2019

3.8K

2020(E)

2.9K
EPS (USD)

2017

0.006

2018

0.013

2019

0.003

2020(E)

0.003
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.91
株価純資産倍率(四半期)
1.15
株価キャッシュフロー倍率
6.13
総負債/総資本(四半期)
120.80
長期負債/資本(四半期)
117.91
投資利益率(過去12カ月)
0.36
自己資本利益率(過去12カ月)
0.28

最新ニュース

最新ニュース

東南アジア株式・引け=全面安、米中対立で神経質な展開に

東南アジア株式市場は全面安。新型コロナウイルスの発生源を巡る米中対立の再燃が、世界的に投資家の不安をあおった。インドネシア市場は、インフレ統計が市場を失望させる内容だったため、域内で最も下落した。

東南アジア株式・中盤=おおむね上昇、米利下げ背景に

中盤の東南アジア株式市場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)が市場予想通り政策金利を0.25%引き下げたことを受け、シンガポール市場が主導する形でおおむね上昇している。

東南アジア株式・中盤=大半が上昇、金融株がけん引

23日中盤の東南アジア株式市場は、金融株がけん引し、大半が上昇している。シンガポール市場は10営業日ぶりに反発しているほか、マニラ市場は約1週間ぶりの高値を付けた。

東南アジア株式・中盤=おおむね下落、ジャカルタは1年ぶり安値

3日中盤の東南アジア株式市場の株価は、おおむね下落した。米国の追加関税の発動を6日に控えて中国株が下げ、域内各地でリスクセンチメントが悪化した。

東南アジア株式・中盤=ジャカルタ、バンコクが最高値

東南アジア株式市場は米株高につれて上伸。バンコク市場とジャカルタ市場が過去最高値を記録、シンガポール市場は10年ぶりの高値をつけた。

東南アジア株式・引け=ホーチミン大幅下落、ジャカルタは最高値

東南アジア株式市場はホーチミン市場が1年超ぶりの大幅下落を記録した。一方ジャカルタ市場は2日連続で終値ベースの史上最高値を付けた。他市場はおおむね、比較的小幅な値動きだった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up