for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フィリップ・モリス・インターナショナル・インク

PM.N

現在値

74.53USD

変化

0.71(+0.96%)

出来高

552,372

本日のレンジ

73.93

 - 

75.08

52週レンジ

56.03

 - 

90.15

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
73.82
始値
74.21
出来高
552,372
3か月平均出来高
88.81
高値
75.08
安値
73.93
52週高値
90.15
52週安値
56.03
発行済株式数
1,557.29
時価総額
114,959.00
予想PER
--
配当利回り
6.50

次のエベント

Q4 2020 Philip Morris International Inc Earnings Release

適時開示

その他

Philip Morris International Inc Reports 2020 Third-Quarter Reported Diluted EPS Of $1.48 Versus $1.22 In 2019

Philip Morris International Appoints Jennifer Motles As Chief Sustainability Officer

Philip Morris International Inc Revises And Narrows 2020 Full-Year Reported Diluted EPS Forecast To Range Of $4.92 To $4.99

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フィリップ・モリス・インターナショナル・インクとは

フィリップ・モリス・インターナショナル(Philip Morris International Inc.)は持株会社である。【事業内容】同社は米国以外の市場において、タバコ、他のタバコ製品及び他のニコチン含有製品の製造・販売に従事する。同社のセグメントには欧州連合(EU)、 東欧・中東・アフリカ(EEMA)、アジア、ラテンアメリカとカナダを含む。同社のブランドのポートフォリオは「Marlboro」、「L&M」、「Lark」、「Merit」、「Muratti」、「Philip Morris」を含む。他の国際的ブランドは「Bond Street」、「Chesterfield」、「Next」と「Red & White」を含む。同社はまたインドネシアの「Dji Sam Soe」、「Sampoerna」、「U Mild」、フィリピンの「Champion」、「Fortune」、「Jackpot」、ロシアの「Apollo-Soyuz」、「Optima」、パキスタンの「Morven Gold」、コロンビアの「Boston」、カナダの「Belmont」、「Canadian Classics」、「Number 7」、ドイツの「f6」、メキシコの「Delicados」、ギリシャの「Assos」、チェコとスロバキアの「Petra」等の地方タバコ・ブランドを有する。

業種

Tobacco

連絡先

120 Park Ave

NEW YORK, NY

10017-5577

United States

+1.917.6632000

https://www.pmi.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Louis C. Camilleri

Non-Executive Chairman of the Board

Andre Calantzopoulos

Chief Executive Officer, Director

Emmanuel Babeau

Chief Financial Officer

Drago Azinovic

President - Middle East and Africa Region and PMI Duty Free

Frederic De Wilde

President - European Union Region

統計

1.89 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

28.7K

2018

29.6K

2019

29.8K

2020(E)

28.6K
EPS (USD)

2017

4.720

2018

5.100

2019

5.190

2020(E)

5.091
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.98
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.97
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
12.44
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
37.88
自己資本利益率(過去12カ月)
20.35

最新ニュース

最新ニュース

田辺三菱系のメディカゴ、コロナワクチン初期治験開始 植物由来

カナダのバイオ医薬品開発会社のメディカゴは14日、新型コロナウイルスワクチンの初期治験を開始したと発表した。

英GSK、コロナワクチン開発でメディカゴと提携 田辺三菱傘下

英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)<GSK.L>は7日、新型コロナウイルスワクチンの開発でカナダのバイオ医薬品開発会社のメディカゴと提携したと発表した。

英GSK、コロナワクチン開発でメディカゴと提携 田辺三菱傘下

英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は7日、新型コロナウイルスワクチンの開発でカナダのバイオ医薬品開発会社のメディカゴと提携したと発表した。

米FRB、たばこ大手やバークシャー子会社の社債を購入

米連邦準備理事会(FRB)が6月中旬までに4億2800万ドル相当の個別企業の社債を購入したことが、28日公表のデータで明らかになった。対象企業には小売大手・ウォルマートやたばこ大手のフィリップ・モリス・インターナショナル、著名投資家ウォーレン・バフェット氏の投資会社、バークシャー・ハザウェイの公益事業子会社が含まれた。

米国株市場は4日続伸、ウイルス巡る懸念緩和で最高値更新

米国株式市場は4営業日続伸し、最高値で取引を終えた。新型コロナウイルスの感染拡大による経済への影響懸念が緩和した。

米予算案、壁費用は要求額の一部盛り込み たばこ年齢引き上げへ

米議会指導部とトランプ政権が暫定合意した2020会計年度(20年9月30日まで)の連邦予算案が16日、明らかになった。たばこの購入年齢引き上げやオバマケア(医療保険制度改革法)関連税の一部廃止のほか、トランプ大統領が求めたメキシコ国境の壁建設費に関しては要求額の一部を盛り込んだ。

バングラデシュ、電子たばこ禁止に向け政策立案

バングラデシュは、電子たばこと器具(ベポライザー)の販売と使用の禁止を計画している。保健当局者が1日に明らかにした。

米政府、電子たばこ購入年齢を21歳に引き上げへ=トランプ大統領

トランプ米大統領は8日、ホワイトハウスで記者団に対し、米政府は電子たばこの購入可能年齢を21歳に引き上げる計画だと語った。米政権が来週、電子たばこ製品に関する最終報告を発表するとした。

米アルトリア、電子たば投資で45億ドル損失 四半期赤字

米たばこ大手アルトリア<MO.N>は31日、電子たばこメーカーのジュール・ラブズへの投資に絡み45億ドルの損失を計上したと発表した。合わせて発表した第3・四半期決算は赤字に転落した。

世界のM&A総額、第3四半期は3年ぶり低水準 米中貿易戦争で不透明感

リフィニティブのデータによると、第3・四半期の世界の合併・買収(M&A)総額は、前年比16%減の7290億ドルと、四半期ベースでは2016年以降で最低となった。

コラム:米国の電子たばこに逆風、英老舗インペリアルにも打撃

英たばこ大手インペリアル・ブランズ<IMB.L>は事業を再び成長させると投資家に約束していたが、成長は火がつく前にしぼんでしまった。米国での電子たばこの取り締まり強化が、英国の老舗企業も窒息させようとしている。

ダウ162ドル高、米大統領の弾劾リスク響かず ナイキ上昇

米国株式市場は上昇し、ダウ平均株価<.DJI>が162ドル値上がりしたほか、S&P総合500種指数<.SPX>の上げ幅は過去2週間で最大となった。民主党によるトランプ大統領弾劾に向けた動きはあまり材料視されなかった。スポーツ用品大手ナイキ<NKE.N>が好決算を手掛かりに買いを集めた。

NY市場サマリー(25日)

<為替> ドルが全般的に上昇。前日はトランプ米大統領に対する弾劾機運の高まりからドルが売られたものの、この日は買い戻しが入った。英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る不透明感からポンド売りが目立った。

欧州市場サマリー(25日)

<ロンドン株式市場> ほぼ横ばいで取引を終えた。序 盤は値下がりしたものの、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る先行き不透明感からポンド が下落し、輸出銘柄を押し上げた。 英最高裁判所が、ジョンソン英首相による議会休会を「違法」とする判決を出したこ とで英議会が再開した。CMCマーケッツのアナリスト、マイケル・ヒューソン氏は「議 会が何を達成できるかはすぐには分からない。離脱期日までの期間は行き詰まりを打開す るのではなく、政治家による口先だけの主張で時間を無駄にする可能性が高い」と指摘す る。 国内経済に左右される銘柄が多い中型株で構成する...

ロンドン株式市場=横ばい、ポンド安が相場下支え

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7289.99 -1.44 -0.02 7291.43 ロンドン株式市場はほぼ横ばいで取引を終えた。序盤は値下がりしたものの、英国の 欧州連合(EU)離脱を巡る先行き不透明感からポンドが下落し、輸出銘柄を押し上げた 。 英最高裁判所が、ジョンソン英首相による議会休会を「違法」とする判決を出したこ とで英議会が再開した。CMCマーケッツのアナリスト、マイケル・ヒューソン氏は「議 会が何を達成できるかはすぐには分からない。離脱期日までの期間は行き詰まりを打開す るのではなく...

米フィリップ・モリスとアルトリア合併断念、ジュールCEO退任

米たばこ大手フィリップ・モリス・インターナショナル<PM.N>と同業アルトリア・グループ<MO.N>は25日、約10年前に分離した両社の統合を目指し進めていた合併協議を打ち切ると発表した。

インドが電子たばこを禁止、巨大市場に期待するメーカーに打撃

インド政府は18日、電子たばこの生産、販売、輸入を全面的に禁止すると発表した。政府は若年層の間で電子たばこが急速に広がっており、健康への影響が懸念されるとし、違反者に罰金や禁錮刑を科すことを決定した。

電子たばことの関連疑われる肺疾患で新たに2人死亡=米保険当局

米疾病対策センター(CDC)は6日、電子たばことの関連が疑われる肺疾患の患者2人が今年7月にオレゴン州とインディアナ州で死亡していたと発表した。当局は電子たばこの使用に関連する肺疾患について調査しており、同様の肺疾患による死亡例は3件目となる。

米ダウ120ドル安、景気後退懸念で金融株に売り

米国株式市場は下落。ダウ平均株価は120ドル値下がりして取引を終えた。長短金利の逆転が進行する中、景気後退(リセッション)懸念が深まり、金融株などに売りが出た。米中通商協議を巡る不透明感も根強かった。

NY市場サマリー(27日)

<為替> ドルが下落。米中貿易戦争を巡る警戒感が再び高まる中、安全資産とされる円などが買われた。米債市場では長短金利の逆転が一段と進行した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up