for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Premier Oil PLC

PMO.L

現在値

20.48GBp

変化

0.17(+0.83%)

出来高

15,039,053

本日のレンジ

19.70

 - 

21.40

52週レンジ

10.02

 - 

120.70

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
20.31
始値
19.75
出来高
15,039,053
3か月平均出来高
366.26
高値
21.40
安値
19.70
52週高値
120.70
52週安値
10.02
発行済株式数
925.53
時価総額
200.84
予想PER
-0.85
配当利回り
--

次のエベント

Full Year 2020 Premier Oil PLC Earnings Release

適時開示

その他

Premier Oil Says Creditor Support For Proposed Merger With Chrysaor

Premier Oil Announces Proposed Merger Of Co And Chrysaor Holdings

Premier Oil Says Creditors Have Approved Extension To Stable Platform Agreement

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Premier Oil PLCとは

プレミア・オイル(Premier Oil plc)は北海、東南アジア、フォークランド諸島とラテンアメリカで石油・ガス持分を保有する独立探査・生産会社である。【事業内容】同社は上流石油・ガス探査および生産事業に従事する。同社の事業は、フォークランド諸島、インドネシア(モーリタニアを含む)、イギリス、ベトナム、その他の6つの事業部門に所在し管理される。同社は約7億6千万の石油換算バレル(mmboe)を管理する。同社は1日当たり9万バレルを超える石油換算生産量(kboepd)を有する。同社は68〜73 kboepdの生産に注力する。同社の4つのウェルを持つノースフォークランド盆地キャンペーンは、Eirik Raudeリグを使用してPL004とPL032の複数の積み重ねファンをターゲットにする。同社は、Natuna Sea Block AとKakapなど、2つ以上のライセンスに所有権を有する。

業種

Oil & Gas Operations

連絡先

23 Lower Belgrave Street

SW1W 0NR

United Kingdom

+44.20.77301111

http://www.premier-oil.com

エグゼクティブリーダーシップ

Roy Alexander Franklin

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Anthony R. C. Durrant

Chief Executive Officer, Executive Director

Richard A. Rose

Finance Director, Executive Director

Andrew Gibb

Group General Counsel

Rachel Rickard

Company Secretary

統計

2.14 mean rating - 7 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

1.1K

2018

1.4K

2019

1.6K

2020(E)

1.1K
EPS (USD)

2017

-0.210

2018

0.070

2019

0.182

2020(E)

-0.341
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.22
株価純資産倍率(四半期)
0.55
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
571.58
長期負債/資本(四半期)
123.89
投資利益率(過去12カ月)
-15.45
自己資本利益率(過去12カ月)
-10.87

最新ニュース

最新ニュース

欧州市場サマリー(6日)

<ロンドン株式市場> 横ばいで取引を終えた。ポンド高 によって輸出銘柄が抑制要因となった。ただ英国の欧州連合(EU)離脱協議が進展して いる兆しから中型株で構成するFTSE250種指数は3週間ぶりの高値を付け た。 英国とEUは、英EU離脱後に双方の市民に認め合う社会保障の権利について合意に 近づいていると2人の関係筋が明らかにした。ある関係者は、停滞している通商交渉につ いて、先週の協議は「とても前向きだった」と話した。 英国の接客サービス業団体は、新型コロナウイルスに関する制限措置が打撃となり続 ける中、一時帰休の労働者の給与を一部補助...

ロンドン株式市場=横ばい、ポンド高が抑制 英EU交渉期待で中型株に買い

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 5949.94 +7.00 +0.12 5942.94 ロンドン株式市場は横ばいで取引を終えた。ポンド高によって輸出銘柄が抑制要因と なった。ただ英国の欧州連合(EU)離脱協議が進展している兆しから中型株で構成する FTSE250種指数は3週間ぶりの高値を付けた。 英国とEUは、英EU離脱後に双方の市民に認め合う社会保障の権利について合意に 近づいていると2人の関係筋が明らかにした。ある関係者は、停滞している通商交渉につ いて、先週の協議は「とても前向きだった」と...

英プレミア・オイル、債務返済期限の4ー5年延長を協議 株価下落

英油田開発大手プレミア・オイル<PMO.L>のトニー・デュラント最高経営責任者(CEO)は15日、来年期限を迎える債務について、4-5年の返済延長を求めていることを明らかにした。

欧州市場サマリー(13日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。新型コ ロナウイルスの経済への打撃を和らげるための各当局の対策への期待が出た。 前日の下落率は1987年のブラックマンデー(暗黒の月曜日)以来の大きさだった 。 13日は鉱業とスーパーマーケット銘柄が買われた。資源大手のアングロ・アメリカ ンとリオ・ティント、BHPは8.2%から12.2%上昇した 。オンラインスーパー大手オカドは9.8%高だった。 イングランド銀行(英中銀)の50ベーシスポイント(bp)の緊急利下げや英政府 の300億ポンド(390億ドル)の景気刺激策は、市場の不安を和らげる...

ロンドン株式市場=反発、新型ウイルス対策に期待

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 5366.11 +128.63 +2.46 5237.48 ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。新型コロナウイルスの 経済への打撃を和らげるための各当局の対策への期待が出た。 前日の下落率は1987年のブラックマンデー(暗黒の月曜日)以 来の大きさだった。 13日は鉱業とスーパーマーケット銘柄が買われた。資源大手のア ングロ・アメリカンとリオ・ティント、BHP は8.2%から12.2%上昇した。オンラインスーパー大手オカド<O CDO.L>は9.8%高だった。...

ロンドン株式市場=上昇、米イラン衝突への不安後退で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7598.12 +23.19 +0.31 7574.93 ロンドン株式市場は上昇して取引を終えた。中東で本格的な衝突が 起きる可能性が薄れたことで買い安心感が広がった。 トランプ米大統領はイランに対するさらなる武力行使を見送る方針 を示した。イランは報復措置が完結したことを示唆した。 マーケッツ・ドットコムのアナリスト、ニール・ウィルソン氏は「 撃ち合いは今のところ終わったようだ。ただいつでも緊張が高まる可能 性はある」と述べた。「比較的落ち着いたことから、注目は...

ロンドン株式市場=横ばい、米イランの緊迫化巡る不安後退

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7574.93 +1.08 +0.01 7573.85 ロンドン株式市場はほぼ横ばいで取引を終えた。序盤はマイナス圏で取引されたもの の、米イランの緊張が一段と高まることはないとの見方から終盤にかけて持ち直した。 イランは先週起きた精鋭部隊の司令官殺害への報復としてイラクに駐留する米軍の拠 点をミサイルで攻撃した。相場は当初、不安定になったものの、徐々に楽観的な見方が広 がった。OANDAのアナリスト、クレイグ・アーラム氏は、イランの動きについて市場 は「危害を与...

欧州市場サマリー(7日)

北海ブレント原油先物は昨年10月初旬に付けた安値から20%強値上がり している。中東情勢の緊張を背景に原油価格が底堅い中、市場はインフレ期待などの物価 動向を注視している。ユーロ圏の期待インフレ率の目安となる5年先5年物インフレスワ ップはこの日1.32%近辺で推移した。 スペイン10年債利回りは約2ベーシスポイント(bp)上昇し0.4 1%。スペイン下院は7日、中道左派の社会労働党を率いるサンチェス首相の信任投票を 実施し、賛成多数で可決した。ある市場関係者は、首相の信任は織り込み済みで、もっぱ らイタリアの政治リスクに関心が移行していると...

ロンドン株式市場=横ばい、石油株さえず EU離脱巡る報道で買いも

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7573.85 -1.49 -0.02 7575.34 ロンドン株式市場は、ほぼ横ばいで取引を終えた。中東の緊張が直近で高まる様子が ないことから買い安心感が広がる一方、原油安に伴い石油株が売られた。英国の欧州連合 (EU)離脱で合意がない場合の準備をやめたと伝わり、国内経済に左右される銘柄は値 を上げた。 石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBPは0.8%と1.1%そ れぞれ下落した。 ジョンソン英首相の離脱協定案が今週、議会で可決される見込みである中、英政府は...

欧州市場サマリー(16日)

こうした中、ジョンソン英首相は16日、ルクセンブルクを訪問し、欧州委員会のユ ンケル委員長と昼食を取りながら会談した。欧州委は、英国のEU離脱協定案で争点とな っているアイルランド国境問題の解決策「バックストップ(安全策)」を巡り、英国側が なお代替策を提示していないと強調。ジョンソン首相は離脱協定案を巡る協議を加速させ る必要があると前向きな姿勢を示しつつも、離脱期限の延長を要請しない意向を改めて鮮 明にした。 ラボバンクの金利戦略部長、リチャード・マグワイアー氏は「原油が世界的に主要な 材料となったほか、英EU離脱を巡る緊張も影響を...

ロンドン株式市場=反落、サウジ石油施設攻撃で地政学リスク高まる

証券会社シティインデックスのアナリスト、ケン・オデルガ氏は「投資家は、既に世 界経済鈍化のリスクがあったところに、今回の地政学リスクがさらなる重しとなり得ると みているようだ」と述べる。 エネルギーと公益部門以外は全て値下がりした。航空銘柄を含むFTSE350種旅 行・娯楽株指数は1%の低下だった。 中国の8月の鉱工業生産が17年半ぶりの低い伸びにとどまったことでアジアへのエ クスポージャーが高い金融株や鉱業株も値下がりした。 一方、原油・天然ガス株指数は2.81%上昇した。石油大手のBP<B P.L>は4.0%、ロイヤル・ダッチ・シェル...

ロンドン株式市場=反落、ポンド高を嫌気

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7128.18 -75.79 -1.05 7203.97 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。米国の大幅利下げへの期待が後退したほ か、ポンド高を嫌気して輸出関連株が売られた。 欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)の協定案で争点のアイルランド国境問題を巡 り、ドイツのメルケル首相が解決に前向きな姿勢を示したことでポンドが上昇した。収益 の多くをドルで稼ぐ酒造大手のディアジオや英日用品のユニリーバとい った国際銘柄が売られた。 米連邦準備理事会(FRB)が前日公表...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up