for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Polymetal International PLC

POLYP.L

現在値

1,651.50GBp

変化

89.50(+5.73%)

出来高

890,768

本日のレンジ

1,569.50

 - 

1,667.50

52週レンジ

990.20

 - 

2,085.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,562.00
始値
1,569.50
出来高
890,768
3か月平均出来高
39.68
高値
1,667.50
安値
1,569.50
52週高値
2,085.00
52週安値
990.20
発行済株式数
471.82
時価総額
7,487.75
予想PER
9.43
配当利回り
3.89

次のエベント

Polymetal International PLC at Wood Winter Wonderland - EME Conference

適時開示

その他

Russia's Polymetal announces 25% increase in ore reserves at Kyzyl

Russia's Polymetal says initial ore reserve estimate for Pesherny deposit at 0.4 moz of gold

Polymetal says it has agreed first 'green loan' in Russian mining industry

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Polymetal International PLCとは

ポリメタル・インターナショナル(Polymetal International PLC)は、キプロスの貴金属鉱業グループである。【事業内容】グループには、ロシアとカザフスタンに9つの生産中金銀鉱山と3つの開発プロジェクトのポートフォリオがある。マガダン、ウラル、ハバロフスク、カザフスタンの4つの地域別セグメントがある。各セグメントは、金、銀、または銅の採掘・探査・加工・開拓などの関連活動を行う。

業種

Gold & Silver

連絡先

Parthenonos, 6, 3rd Floor

3031

Cyprus

+357.25.558090

https://www.polymetalinternational.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Ian David Cockerill

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Vitaly Natanovich Nesis

Group Chief Executive Officer, Executive Director

Maxim Nazimok

Chief Financial Officer

Vitaly Valerevich Savchenko

Chief Operating Officer

Valery Nikolaevich Tsyplakov

Managing Director - Polymetal Engineering

統計

1.94 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

1.8K

2018

1.9K

2019

2.2K

2020(E)

2.9K
EPS (USD)

2017

0.880

2018

1.000

2019

1.250

2020(E)

2.242
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.24
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.11
株価純資産倍率(四半期)
6.03
株価キャッシュフロー倍率
10.22
総負債/総資本(四半期)
125.53
長期負債/資本(四半期)
84.79
投資利益率(過去12カ月)
20.10
自己資本利益率(過去12カ月)
16.68

最新ニュース

最新ニュース

欧州市場サマリー(10日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。ロシアとトルコの通貨が大幅安となる中、新興国市場の資産が不安視され、新興国で事業を展開する銘柄の重しとなった。

ロンドン株式市場=続落、ロシアとトルコの通貨急落で新興国関連売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7667.01 -74.76 -0.97 7741.77 ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。ロシアとトルコの通貨が大幅安となる中 、新興国市場の資産が不安視され、新興国で事業を展開する銘柄の重しとなった。 この日はポンドが下落したものの、輸出銘柄が多いFTSE100種の押し上げ要因 とはならなかった。ポンドと株価の負の相関関係は最近、薄れている。 FTSEに上場している銘柄の多くは、新興国での収益が著しい。また、複数のロシ アの企業がFTSEに上場している。...

欧州市場サマリー(16日)

週末に起きたシリアに対する米英仏によるミサイル攻撃で市場心理が悪化したほか、最高経営責任者(CEO)が退任した広告代理店大手WPP<WPP.L>の株安が相場の重しとなった。

欧州株式市場=反落、米国の対ロ制裁発表控え

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 377.74 -1.46 -0.39 379.20 種 FTSEユーロファー 1479.98 -6.80 -0.46 1486.78 スト300種 DJユーロSTOXX 3441.04 -6.96 -0.20 3448.00 <.STOXX50 50種 E> 週明け欧州株式市場は反落して取引を終えた。米国のロシアに対する追加制裁の発表 を控え、投資家は慎重な姿勢を構えた。週末は米国が率いる形で米欧諸国がシリアへミサ イル攻撃に踏み切ったが、直近で軍事行動が緊迫化...

欧州市場サマリー(9日)

<ロンドン株式市場> 反発。米中貿易摩擦をめぐる懸念が後退した。ただ米国がロシアに追加制裁を課したことでロシアとの取引がある銘柄は値を下げた。

ロンドン株式市場=反発、ロシア関連には売り

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100種 7194.75 +11.11 +0.15 7183.64 週明けロンドン株式市場は反発して取引を終えた。米中貿易摩擦をめぐる懸念が後退 した。ただ米国がロシアに追加制裁を課したことでロシアとの取引がある銘柄は値を下げ た。 前週は、米国と中国が何百億ドルもの関税をお互いに課すと主張し合い貿易戦争への 懸念が高まった。トランプ米大統領が8日に、中国が譲歩するだろうとの見通しを示した ことでこうした懸念が後退した。9日は金融や工業株が買われた。 一方、米政府は6日、ロシア...

欧州市場サマリー(23日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。米国は鉄鋼とアルミ製品への関税を発動。世界的な貿易紛争への懸念が高まる中、リスク志向が弱まった。

欧州株式市場=続落、米中貿易紛争懸念高まる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 365.82 -3.33 -0.90 369.15 種 FTSEユーロファー 1430.45 -13.82 -0.96 1444.27 スト300種 DJユーロSTOXX 3298.07 -50.12 -1.50 3348.19 <.STOXX50E 50種 > 欧州株式市場は続落して取引を終えた。トランプ米大統領が、最大600億ドル規模 の中国製品に制裁関税を課すと決定したことで、貿易紛争への懸念が高まった。 中国は米国の輸入制限措置を受け、最大30億ドルの...

米国のロシア政権に近い実業家リスト、プーチン大統領が批判

ロシアのプーチン大統領は30日、米国がプーチン政権に近いロシア人実業家のリストを公表したことについて、「非友好的」な行為だと批判した。ただ、米国との関係改善を引き続き望んでおり、即座に報復措置を取ることは検討していないと明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up