for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Phillips 66

PSX.N

現在値

90.00USD

変化

1.67(+1.89%)

出来高

799,940

本日のレンジ

87.67

 - 

90.04

52週レンジ

63.19

 - 

111.27

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
88.33
始値
87.89
出来高
799,940
3か月平均出来高
78.47
高値
90.04
安値
87.67
52週高値
111.27
52週安値
63.19
発行済株式数
481.05
時価総額
43,294.60
予想PER
7.75
配当利回り
4.31

次のエベント

Dividend For PSX.N - 0.9700 USD

適時開示

その他

Phillips 66 Reports Second-Quarter 2022 Financial Results

Phillips 66 Declares Quarterly Dividend Of 97 Cents

Phillips 66 Sweeny, Texas Complex Reports Process Upset

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Phillips 66とは

フィリップス66(Phillips 66)は中流、化学、精製、マーケティング、及び専門分野の事業を持つエネルギー製造・物流会社である。【事業内容】中流、化学、精製、マーケティングとスペシャリティ(M&S)の4つのセグメントで事業を展開する。中流セグメントは、米国で原油と精製石油製品の輸送、ターミナルと処理サービス、ならびに天然ガスと天然ガス液(NGL)の輸送、保管、分別、処理とマーケティングサービスを提供する。化学品セグメントは、石油化学製品及びプラスチックを製造、販売するChevron Phillips Chemical Company LLC (CPChem)への出資で構成される。精製セグメントは、米国及び欧州の製油所で原油およびその他の原材料を精製する。M&Sセグメントは、基油や潤滑油などの精製石油製品を再販・販売するために購入する。

業種

Oil & Gas Operations

連絡先

2331 Citywest Blvd.

HOUSTON, TX

77042

United States

+1.832.7653010

https://www.phillips66.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Gregory C. Garland

Executive Chairman of the Board of Directors

Mark E. Lashier

President, Chief Executive Officer, Director

Kevin J. Mitchell

Chief Financial Officer, Executive Vice President - Finance

Vanessa L.allen Sutherland

Executive Vice President - Legal and Government Affairs, General Counsel, Corporate Secretary

Brian M. Mandell

Executive Vice President - Marketing and Commercial

統計

2.00 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

109.6K

2020

65.5K

2021

114.9K

2022(E)

168.7K
EPS (USD)

2019

8.050

2020

-0.890

2021

5.700

2022(E)

15.873
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.76
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.29
株価純資産倍率(四半期)
1.78
株価キャッシュフロー倍率
5.95
総負債/総資本(四半期)
53.42
長期負債/資本(四半期)
51.26
投資利益率(過去12カ月)
13.43
自己資本利益率(過去12カ月)
9.51

最新ニュース

最新ニュース

米マラソン、第2四半期利益が予想上回る 原油高で

[2日 ロイター] - 米石油・天然ガス開発のマラソン・ペトロリアムが2日発表した第2・四半期決算は、燃料価格高を背景に利益が市場予想を上回った。

米石油備蓄、一部が海外流出 国内でガソリン高続く中

米政府が国内燃料価格引き下げのために戦略石油備蓄(SPR)から放出した原油の一部が先月、欧州とアジアに輸出されていたことが明らかになった。輸出された原油は500万バレル以上だという。

米エネ長官、ガソリン高巡る長期策で製油大手と隔たり 協議継続へ

ガソリン価格の高騰を巡り、米エネルギー省のグランホルム長官と製油業界大手各社との緊急会合が23日開催された。関係筋によると、長官はスモッグ対策を巡るガソリン規制を解除する可能性に関心を示したほか、短期的な解決策として燃料輸出を制限する計画については撤回した。

米エネ長官と製油大手とのガソリン高巡る緊急会合、結論に至らず

ガソリン価格の高騰を巡り、米エネルギー省のグランホルム長官と製油業界大手各社との緊急会合が23日開催された。関係筋によると、この日の会合では具体的な解決策を見出すには至らず、協議継続で合意した。政府と業界との意見には大きな隔たりがあるという。

米大統領、連邦ガソリン税の3カ月停止を議会に要請

バイデン米大統領は22日、連邦ガソリン税の3カ月停止を議会に要請した。記録的な価格高騰に対処する。

米大統領、連邦ガソリン税の3カ月停止をきょう議会に要請=高官

バイデン米大統領は22日、連邦ガソリン税を3カ月間停止するよう議会に要請する。政府高官が明らかにした。

米石油精製能力、21年は2年連続で減少 製油所閉鎖響く

全米の石油精製能力が2021年に2年連続で減少したことが21日公表の政府統計で明らかになった。新型コロナウイルス感染ピーク時のガソリン需要の大幅減退で、採算が取れなくなった製油所の閉鎖が響いた。

米で進む再生可能ディーゼル施設建設、コロナ禍の生産力低下は補えず

米国では今後3年間に10以上の再生可能ディーゼルプラントが稼働する予定だが、2019年以降の在来型の石油由来ディーゼルの精製能力損失を相殺するには不十分なことが、米連邦政府データの分析で分かった。

米エネルギー長官、製油業者との緊急会合招集 ガソリン高騰巡り

米エネルギー省は16日、グランホルム長官が製油業者との緊急会合を招集したことを明らかにした。ガソリン価格の高騰について協議する。

バイデン氏が石油会社に非難の書簡、ガソリン価格高騰巡り

バイデン米大統領は15日、石油会社への書簡でガソリンの供給を増やしていないと非難を展開した。ロイターがコピーを確認した。

バイデン氏が書簡で石油会社非難、ガソリン価格高騰巡り

バイデン米大統領は15日、石油会社への書簡でガソリンの供給を増やしていないと非難を展開した。ロイターがコピーを確認した。

米国で中南米産石油の輸入急増、ロシア産から切り替え

米製油所は4月に中南米から日量130万バレルの原油・燃料油を輸入した。これは7カ月ぶりの高水準。ロシア産から切り替える動きが出始めている。米税関データで明らかになった。

米国株式市場=下落、決算発表控え一進一退

米国株式市場は下落して取引を終えた。今週の決算発表を控え、投資家が米債利回りの上昇とバンク・オブ・アメリカ(BofA)の好決算を見比べる中、前週末終値を挟んで一進一退となった。

〔GRAPHIC〕米国の天然ガス取引活況、価格の大幅変動や需要増加で

天然ガスの取引は、価格の大幅変動に伴い米国で活況を呈している。一方、欧州市場の混乱により天然ガスの需要と輸出は今後数年高止まりする見通し。業界関係者が明らかにした。

米政府、戦略石油備蓄を貸与 7社に1340万バレル

米エネルギー省は25日、戦略石油備蓄(SPR)から7社に1340万バレルを貸し出すと発表した。バイデン米政権の原油相場抑制に向けた取り組みの一環。

米戦略石油備蓄、エクソンやバレロなどに売却

米エネルギー省は13日、戦略石油備蓄1800万バレルを石油会社6社に売却したことを明らかにした。エクソンモービルやバレロ・エナジー子会社などに売却した。

米南部に熱帯低気圧接近、シェルは従業員退避

米国立ハリケーンセンター(NHC)は13日、熱帯低気圧「ニコラス」が13日夜にテキサス州の沿岸地域に上陸するとの予報を発表した。

米メキシコ湾岸、熱帯低気圧「ニコラス」に警戒 シェルは従業員退避

大型ハリケーン「アイダ」の被害からの復旧作業がなお続く米メキシコ湾岸に、熱帯低気圧「ニコラス」が接近していることで、英蘭石油メジャーのロイヤル・ダッチ・シェルは13日、原油生産施設から従業員の退避を開始した。

米、歳入確保に戦略石油備蓄を売却 国内8社に2000万バレル

米エネルギー省は、政府歳入の確保に向け、国内石油会社8社に戦略石油備蓄(SPR)を合計2000万バレル売却することで合意したと発表した。

米石油生産再開に遅れ、政府はガソリン供給維持へ緊急備蓄放出

先週末にハリケーン「アイダ」が襲った米メキシコ湾岸の石油施設では2日、稼働再開に向けた作業が続けられた。被害状況が明らかになる中、ホワイトハウスは原油の緊急備蓄の放出を承認した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up