for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Phillips 66

PSX.N

現在値

82.89USD

変化

0.16(+0.19%)

出来高

493,495

本日のレンジ

81.54

 - 

83.83

52週レンジ

43.27

 - 

94.30

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
82.73
始値
82.93
出来高
493,495
3か月平均出来高
63.98
高値
83.83
安値
81.54
52週高値
94.30
52週安値
43.27
発行済株式数
437.99
時価総額
36,234.86
予想PER
31.70
配当利回り
4.45

次のエベント

Q3 2021 Phillips 66 Earnings Release

適時開示

その他

Phillips 66: Southeast Texas Midstream Assets Hit by Power Outages

Phillips 66 Activates Storm Preparation Plans At Louisiana, Texas Facilities

Phillips 66: Discovered Sheen in Some Flooded Areas of Alliance, La. Refinery

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Phillips 66とは

フィリップス66(Phillips 66)は中流、化学、精製、マーケティング、及び専門分野の事業を持つエネルギー製造・物流会社である。【事業内容】中流、化学、精製、マーケティングとスペシャリティ(M&S)の4つのセグメントで事業を展開する。中流セグメントは、米国で原油と精製石油製品の輸送、ターミナルと処理サービス、ならびに天然ガスと天然ガス液(NGL)の輸送、保管、分別、処理とマーケティングサービスを提供する。化学品セグメントは、石油化学製品及びプラスチックを製造、販売するChevron Phillips Chemical Company LLC (CPChem)への出資で構成される。精製セグメントは、米国及び欧州の製油所で原油およびその他の原材料を精製する。M&Sセグメントは、基油や潤滑油などの精製石油製品を再販・販売するために購入する。

業種

Oil & Gas Operations

連絡先

2331 Citywest Blvd

HOUSTON, TX

77042-2862

United States

+1.281.2936600

http://www.phillips66.com

エグゼクティブリーダーシップ

Gregory C. Garland

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Mark E. Lashier

President, Chief Operating Officer

Kevin J. Mitchell

Chief Financial Officer, Executive Vice President - Finance

Paula A. Johnson

Executive Vice President - Legal and Government Affairs, General Counsel, Corporate Secretary

Brian M. Mandell

Executive Vice President - Marketing and Commercial

統計

2.11 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

114.2K

2019

109.6K

2020

65.5K

2021(E)

103.0K
EPS (USD)

2018

11.710

2019

8.050

2020

-0.890

2021(E)

2.644
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.45
株価純資産倍率(四半期)
2.00
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
84.92
長期負債/資本(四半期)
71.21
投資利益率(過去12カ月)
-3.63
自己資本利益率(過去12カ月)
-2.66

最新ニュース

最新ニュース

米南部に熱帯低気圧接近、シェルは従業員退避

米国立ハリケーンセンター(NHC)は13日、熱帯低気圧「ニコラス」が13日夜にテキサス州の沿岸地域に上陸するとの予報を発表した。

米メキシコ湾岸、熱帯低気圧「ニコラス」に警戒 シェルは従業員退避

大型ハリケーン「アイダ」の被害からの復旧作業がなお続く米メキシコ湾岸に、熱帯低気圧「ニコラス」が接近していることで、英蘭石油メジャーのロイヤル・ダッチ・シェルは13日、原油生産施設から従業員の退避を開始した。

米、歳入確保に戦略石油備蓄を売却 国内8社に2000万バレル

米エネルギー省は、政府歳入の確保に向け、国内石油会社8社に戦略石油備蓄(SPR)を合計2000万バレル売却することで合意したと発表した。

米石油生産再開に遅れ、政府はガソリン供給維持へ緊急備蓄放出

先週末にハリケーン「アイダ」が襲った米メキシコ湾岸の石油施設では2日、稼働再開に向けた作業が続けられた。被害状況が明らかになる中、ホワイトハウスは原油の緊急備蓄の放出を承認した。

「アイダ」被害の米石油精製所、水と電力の復旧に数週間か

ハリケーン「アイダ」の影響で閉鎖された米ルイジアナ州の石油精製所は水と電力の復旧を待つ中、再開まで数週間かかり、数千万ドルの減収に見舞われる見通しだ。複数の関係者が予測を示した。

アイダで高速道路に割れ目、2人死亡 石油各社の被害確認進まず

米ルイジアナ州や近隣州の一部を停電させたハリケーン「アイダ」による豪雨の影響で、ミシシッピ州の高速道路には深い割れ目が発生し、2人が死亡、10人が負傷した。負傷者のうち3人が重体という。

米エネルギー各社、生産施設のハリケーン被害の調査開始

米メキシコ湾で操業するエネルギー各社は、ハリケーン「アイダ」の襲来に伴う沖合生産施設の被害と陸上での停電の影響について調査を開始した。ルイジアナ州では壊滅的な被害が発生し、沖合の石油・ガス田が打撃を被った。

メキシコ湾の米石油施設から作業員退避、熱帯低気圧「アイダ」接近

米国で石油施設が集中するメキシコ湾岸に接近中の熱帯低気圧が週末にハリケーンに発達する可能性が予想される中、石油各社は沖合の石油・ガス生産施設の作業員を退避させている。

米メキシコ湾岸の石油施設から作業員退避、低気圧接近で

米国で石油施設が集中するメキシコ湾岸に接近中の熱帯低気圧が週末にハリケーンに発達する可能性が予想される中、石油各社は沖合の石油・ガス生産施設の作業員を退避させている。

米フィリップス66、製油所の売却交渉 コロナや電動化で採算悪化

米4位の製油会社フィリップス66は24日、ルイジアナ州にある二つの製油所のうち一つを売却する方向で交渉を進めていることを明らかにした。

米パイプライン停止、一部でガソリン売り切れ 緊急事態宣言も

サイバー攻撃を受けた米パイプライン最大手のコロニアル・パイプラインの操業停止が5日目に入った11日、米東海岸ではフロリダ州からバージニア州にかけてガソリンの売り切れが発生し、価格も上昇した。

米、パイプライン停止で燃料供給さらに逼迫 価格高騰懸念も

米パイプライン最大手のコロニアル・パイプラインがサイバー攻撃を受けて操業を停止する中、米国内の一部でガソリン供給がさらに逼迫しており、価格高騰への懸念が高まっている。

ハリケーン「サリー」が勢力強める、15日に米メキシコ湾岸上陸か

米国立ハリケーンセンター(NHC)によると、ハリケーン「サリー」は14日時点でメキシコ湾上で勢力を急速に強めており、15日に米メキシコ湾岸中央部に到達する可能性がある。

メキシコ湾岸石油各社、熱帯低気圧に備え ハリケーンに発達も

米メキシコ湾岸地域のエネルギー各社は13日、ハリケーンに発達する恐れのある熱帯低気圧「サリー」への備えを進めている。

メキシコ湾岸の石油生産、ハリケーンの影響で再開見通せず

メキシコ湾に襲来した大型ハリケーン「ローラ」の影響で停電や通信設備の断絶が続いており、海上の石油・ガス生産の再開が見通せない状況となっている。

米石油ガス輸出、ハリケーンで大きな影響 施設再開へ被害調査

米メキシコ湾の油田地帯を襲ったハリケーン「ローラ」がルイジアナ州に上陸し、内陸に進んだのを受け、米国の石油・ガス輸出に大きな影響が出ている。港湾の閉鎖などで原油輸出は今週、日量100万バレル近く減少する可能性が高い。

メキシコ湾の石油施設再開に向け各社が被害調査、ハリケーン通過で

米メキシコ湾の油田地帯を襲ったハリケーン「ローラ」がルイジアナ州に上陸し、内陸に進んだのを受け、エネルギー各社は沖合の石油生産施設などへの被害状況の調査を進めており、27日にも初期の調査結果が判明する見通し。

ハリケーン「ローラ」勢力強まる、26日には2番目に強いレベルに

米国に接近しているハリケーン「ローラ」は急速に勢力を強めている。米国立ハリケーン・センター(NHC)によると、現在は5段階中2番目に弱い「カテゴリー2」だが、26日には2番目に強い「カテゴリー4」に発達する見込み。

米ダコタ・パイプライン停止命令、大口出資者が数億ドル支払いも

米シェール産地とメキシコ湾を結ぶ石油パイプライン「ダコタ・アクセス・パイプライン」に稼働停止命令が出されたことを受け、米独立系製油会社フィリップス66<PSX.N>など同パイプラインへの大口出資者は数億ドル規模の支払いを求められる可能性がある。

米エネルギー企業、テキサス州のウイルス感染急増で職場復帰延期

米エネルギー関連各社は、テキサス州で新型コロナウイルスの感染が再び広がっていることを受けて、従業員のヒューストンオフィスへの復帰を遅らせている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up