for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Peloton Interactive Inc

PTON.O

現在値

43.55USD

変化

-0.90(-2.02%)

出来高

17,128,626

本日のレンジ

42.29

 - 

46.50

52週レンジ

41.13

 - 

171.09

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
44.45
始値
46.16
出来高
17,128,626
3か月平均出来高
269.27
高値
46.50
安値
42.29
52週高値
171.09
52週安値
41.13
発行済株式数
303.02
時価総額
14,229.71
予想PER
-15.60
配当利回り
--

次のエベント

Peloton Interactive Inc Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Peloton Says DOJ, DHS Subpoenaed Co For Documents Related To Reporting Of Injuries Associated With Products

Peloton Says Tread Is A Much Bigger Category Than Bike Has The Possibility Of Being Our Biggest Product

Peloton Interactive Q4 Revenue Rose 54 Percent To $937 Mln

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Peloton Interactive Incとは

ペロトン・インテラクティブ(Peloton Interactive, Inc.)は、インタラクティブフィットネスプラットフォームのプロバイダーである。【事業内容】テクノロジーに対応したコネクテッドフィットネス、及びインストラクター主導のブティッククラスのストリーミングをメンバーにいつでも、どこでも提供する。コネクティッドフィットネス製品、サブスクリプション、及びその他の3つのセグメントで事業を運営及び管理する。コネクティッドフィットネス製品は、バイクとトレッド、及び関連するアクセサリーを含む。その他セグメントは、「Peloton」というブランドのアパレルを含む。

業種

Recreational Products

連絡先

441 Ninth Avenue, Sixth Floor

NEW YORK, NY

10001

United States

+1.917.6719198

https://www.onepeloton.com/

エグゼクティブリーダーシップ

John Foley

Chairman of the Board, Chief Executive Officer, Co-Founder

William J. Lynch

President, Director

Hisao Kushi

Co-Founder, Chief Legal and Culture Officer, Secretary

Thomas Cortese

Co-Founder, Chief Product Officer

Jill Woodworth

Chief Financial Officer

統計

2.39 mean rating - 31 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2020

1.8K

2021

4.0K

2022(E)

4.6K
EPS (USD)

2020

-0.320

2021

-0.300

2022(E)

-2.849
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.50
株価純資産倍率(四半期)
8.75
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
55.62
長期負債/資本(四半期)
55.62
投資利益率(過去12カ月)
-23.08
自己資本利益率(過去12カ月)
-16.07

最新ニュース

最新ニュース

米国株、コロナの脅威再び 「急落は買い場か」

新型コロナウイルスが市場を大きく動かす要因として再浮上している。南アフリカで新たな変異株が確認されたからだ。

NY市場サマリー(26日)米株急落、日本円・スイスフラン上昇

<為替> 日本円とスイスフランが上昇した。現在の新型コロナウイルスワクチンに耐性を持つ可能性のある新たな変異株が検出されたことを受け、安全通貨に資金が流入した。一方、ドルは利益確定売りに押された。

米国株式市場=コロナ新変異株懸念で急落、感謝祭明けで薄商い

感謝祭の祝日明けで半日取引となった米国株式市場は、南アフリカで新型コロナウイルスの新たな変異株が確認されたことを受け、薄商いの中、急落して終了した。

NY市場サマリー(5日)ドル上昇、国債利回り低下 株は最高値更新

<為替> 予想を上回る米雇用統計を受けドルが1年超ぶりの高値を付けた。ただ、取引終盤にはリスク選好度が改善し株価が上昇したためドルが下げに転じた。

米国株式市場=最高値更新、ファイザーのコロナ飲み薬など好感

米国株式市場は、雇用統計が好調だったことを受け、主要3指数が終値ベースで過去最高値を更新した。米製薬大手ファイザーが開発中の新型コロナウイルス感染症を治療する飲み薬で重症化リスクが大幅に低下したと報告したことも支援要因になった。

NY市場サマリー(27日)ドル下落、S&Pとナスダック最高値 FRB議長講演受け

<為替> ドルが下落。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が米年次経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)で行った講演はハト派的と受け取られた。

米国株、S&P500とナスダックが最高値 FRB議長講演で安心感

米国株式市場は上昇し、S&P総合500種指数とナスダック総合指数が終値で最高値を更新した。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を受け安心感が広がった。

ヘッジファンド、コロナ後もネットビジネスの好調見込む

12日に開かれたヘッジファンド関連イベントで、運用担当者らがそれぞれの投資戦略を説明した。コロナ収束後も多くのサービスが引き続きオンラインで提供されると予想し、サブスクリプション(定額課金)型ビジネスなど、ネット関連企業への投資を推奨した。

NY市場サマリー(5日)ドル伸び悩む、ダウ最高値更新

<為替> ドルが2週間超ぶりの高値を付けた後に伸び悩んだ。米経済指標が予想をやや下回った。投資家は週末の米雇用統計待ちとなっている。

米国株式市場でダウ最高値更新、ナスダックは下落

米国株式市場は、ダウ工業株30種が終値ベースで過去最高値を更新した。ゴールドマン・サックス、キャタピラー、シェブロンなどが買われ、ダウを押し上げた。ナスダック総合は大型テクノロジー株が下落する中、当初の上げから反転し、マイナス圏で終了した。

スエズ座礁、パンデミックに伴う世界の供給網への重圧強める恐れ

スエズ運河でコンテナ船「エバーギブン」が座礁したことにより、新型コロナウイルスのパンデミックに起因する世界のサプライチェーン(供給網)のひっ迫が強まりそうだ。このため欧米の小売業者は、在庫確保にさらに苦しむ恐れが出てきた。

アングル:米ハイテク株軟化、押し目買いの機会かさらなる調整の兆しか

足元の米ハイテク株軟化は押し目買いの機会か、それともさらなる調整の兆しなのか、投資家の論争が続いている。

FBがスマートウオッチ開発、健康機能など搭載 来年発売=報道

米フェイスブックがスマートウオッチ(腕時計型端末)を開発していると、テクノロジー系ニュースサイト「ザ・インフォメーション」が12日、関係筋の情報として報じた。

S&Pとダウ下落、新型コロナ変異種巡る懸念が重し

米国株式市場は値動きの荒い展開となる中、S&P総合500種が下落して取引を終えた。米議会が数カ月の対立を経てようやく追加経済対策を可決したものの、新型コロナウイルスの変異種を巡る懸念や、さえない経済指標が重しとなった。

焦点:ダウ史上初の3万ドル突破、投資家からは冷静な声

24日のニューヨーク株式市場で、ダウ工業株30種平均が大幅上昇し、史上初めて3万ドルの大台を突破した。新型コロナウイルスのパンデミックで経済が痛手を受け、なお数百万人の失業者が存在する中で、株式市場に心理的な追い風が吹いた形だ。

NY市場サマリー(9日)円に売り、ダウとS&P大幅高

<為替> ニューヨーク外為市場では、米大統領選で民主党のジョー・バイデン候補が勝利を確実にしたことに加え、ファイザー<PFE.N>が開発中の新型コロナウイルス感染症ワクチンの高い効果を発表したことで、円を売ってリスク資産を買う動きが広がった。

ダウとS&P大幅高、ワクチン期待で

米国株式市場はダウ工業株30種とS&P総合500種が大幅上昇して取引を終えた。新型コロナウイルス感染症ワクチンの後期臨床試験(治験)で高い効果を示す結果が報告され、全面的な経済活動再開への期待が高まった。ただ、いずれも終値ベースでの最高値は下回った。

S&Pとダウ上昇、コロナワクチン巡る好材料で

米国株式市場はS&P総合500種が上昇して取引を終えた。新型コロナウイルス感染症ワクチン開発に関する前向きなニュースのほか、予想を大幅に上回った米小売売上高を受け買いが強まった。

NY市場サマリー(16日)S&Pとダウ上昇、ドルは週間で上昇

<為替> ドル指数が小幅安となった。ただ、週間では新型コロナウイルスの世界的な感染再拡大や米国の追加コロナ対策を巡る懸念などを背景に上昇した。

米株は軟調、主要指数は2週続落 情報技術株に売り

米国株式市場は、情報技術関連株などに対する買いが衰えたことで、ナスダック総合は小幅安、S&P総合500種はほぼ横ばいで取引を終えた。ダウ工業株30種はプラス圏で引けたものの、週足では3指数そろって2週連続で下落した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up