for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Peloton Interactive Inc

PTON.O

現在値

102.52USD

変化

-3.98(-3.74%)

出来高

4,152,414

本日のレンジ

101.56

 - 

104.25

52週レンジ

29.33

 - 

171.09

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
106.50
始値
103.29
出来高
4,152,414
3か月平均出来高
169.87
高値
104.25
安値
101.56
52週高値
171.09
52週安値
29.33
発行済株式数
294.50
時価総額
31,732.55
予想PER
346.35
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2021 Peloton Interactive Inc Earnings Release

適時開示

その他

Peloton Interactive Says Refutes Consumer Product Safety Commission Claims

Soros Fund Management Takes Share Stake In Uber, Dissolves Share Stake In Peloton Interactive

Peloton Interactive Sees $1.10 Billion Of Revenue In Q3

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Peloton Interactive Incとは

ペロトン・インテラクティブ(Peloton Interactive, Inc.)は、インタラクティブフィットネスプラットフォームのプロバイダーである。【事業内容】テクノロジーに対応したコネクテッドフィットネス、及びインストラクター主導のブティッククラスのストリーミングをメンバーにいつでも、どこでも提供する。コネクティッドフィットネス製品、サブスクリプション、及びその他の3つのセグメントで事業を運営及び管理する。コネクティッドフィットネス製品は、バイクとトレッド、及び関連するアクセサリーを含む。その他セグメントは、「Peloton」というブランドのアパレルを含む。

業種

Recreational Products

連絡先

C/O Peloton Interactive

Inc., 125 W. 25Th St., 11Th Floor

NEW YORK, NY

10001

United States

+1.302.6365454

https://www.onepeloton.com/

エグゼクティブリーダーシップ

John Foley

Chairman of the Board, Chief Executive Officer, Co-Founder

William J. Lynch

President, Director

Thomas Cortese

Co-Founder, Chief Operating Officer and Head of Product Development

Yony Feng

Co-Founder, Chief Technology Officer

Hisao Kushi

Chief Legal Officer, Secretary and co-founder

統計

1.89 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2020

1.8K

2021(E)

4.1K
EPS (USD)

2020

-0.320

2021(E)

0.311
株価売上高倍率(過去12カ月)
215.23
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.74
株価純資産倍率(四半期)
16.44
株価キャッシュフロー倍率
148.63
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
7.27
自己資本利益率(過去12カ月)
5.12

最新ニュース

最新ニュース

スエズ座礁、パンデミックに伴う世界の供給網への重圧強める恐れ

スエズ運河でコンテナ船「エバーギブン」が座礁したことにより、新型コロナウイルスのパンデミックに起因する世界のサプライチェーン(供給網)のひっ迫が強まりそうだ。このため欧米の小売業者は、在庫確保にさらに苦しむ恐れが出てきた。

アングル:米ハイテク株軟化、押し目買いの機会かさらなる調整の兆しか

足元の米ハイテク株軟化は押し目買いの機会か、それともさらなる調整の兆しなのか、投資家の論争が続いている。

FBがスマートウオッチ開発、健康機能など搭載 来年発売=報道

米フェイスブックがスマートウオッチ(腕時計型端末)を開発していると、テクノロジー系ニュースサイト「ザ・インフォメーション」が12日、関係筋の情報として報じた。

S&Pとダウ下落、新型コロナ変異種巡る懸念が重し

米国株式市場は値動きの荒い展開となる中、S&P総合500種が下落して取引を終えた。米議会が数カ月の対立を経てようやく追加経済対策を可決したものの、新型コロナウイルスの変異種を巡る懸念や、さえない経済指標が重しとなった。

焦点:ダウ史上初の3万ドル突破、投資家からは冷静な声

24日のニューヨーク株式市場で、ダウ工業株30種平均が大幅上昇し、史上初めて3万ドルの大台を突破した。新型コロナウイルスのパンデミックで経済が痛手を受け、なお数百万人の失業者が存在する中で、株式市場に心理的な追い風が吹いた形だ。

NY市場サマリー(9日)円に売り、ダウとS&P大幅高

<為替> ニューヨーク外為市場では、米大統領選で民主党のジョー・バイデン候補が勝利を確実にしたことに加え、ファイザー<PFE.N>が開発中の新型コロナウイルス感染症ワクチンの高い効果を発表したことで、円を売ってリスク資産を買う動きが広がった。

ダウとS&P大幅高、ワクチン期待で

米国株式市場はダウ工業株30種とS&P総合500種が大幅上昇して取引を終えた。新型コロナウイルス感染症ワクチンの後期臨床試験(治験)で高い効果を示す結果が報告され、全面的な経済活動再開への期待が高まった。ただ、いずれも終値ベースでの最高値は下回った。

S&Pとダウ上昇、コロナワクチン巡る好材料で

米国株式市場はS&P総合500種が上昇して取引を終えた。新型コロナウイルス感染症ワクチン開発に関する前向きなニュースのほか、予想を大幅に上回った米小売売上高を受け買いが強まった。

NY市場サマリー(16日)S&Pとダウ上昇、ドルは週間で上昇

<為替> ドル指数が小幅安となった。ただ、週間では新型コロナウイルスの世界的な感染再拡大や米国の追加コロナ対策を巡る懸念などを背景に上昇した。

米株は軟調、主要指数は2週続落 情報技術株に売り

米国株式市場は、情報技術関連株などに対する買いが衰えたことで、ナスダック総合は小幅安、S&P総合500種はほぼ横ばいで取引を終えた。ダウ工業株30種はプラス圏で引けたものの、週足では3指数そろって2週連続で下落した。

米アップル、デジタルサービスを定額パッケージ化へ=BBG

米アップル<AAPL.O>は、自社の複数のデジタルサービスを低料金でまとめて提供するバンドルサービスの提供を準備している。ブルームバーグ・ニュースが13日、関係者らの話として報じた。

ラッセル指数の年次調整、ヘルスケア銘柄に注目=今週の米株式市場

22日に始まる週の米株式市場は、26日に予定されているFTSEラッセルの年次指数調整が注目される。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、各指数におけるヘルスケア銘柄の存在感が増すことが予想されている。ラッセルの指数見直し日は、出来高が大幅に膨らむ傾向にある。

米S&P500時価総額、新型コロナや原油急落で5兆ドル消失

新型コロナウイルスの急速な感染拡大とその世界経済への影響を巡る懸念は、9日の原油価格急落と相まって、ここ数週間でS&P総合500種指数<.SPX>の時価総額を5兆ドル超吹き飛ばした。

コラム:消費者が「サブスク」に踊ってはいけない理由

今や「サブスクリプション(サブスク)」サービスと呼ばれる定額で商品や各種サービスを利用できる仕組みがもてはやされているが、決して申し込んではいけない。少なくとも「サブスクリプション経済」という考えに踊らされるのは禁物だ。単に動画ストリーミング配信会社が一定額を支払ってくれる利用者を追い求めているだけでない。ワイン販売から料理の宅配、さらにはスウェーデンの家具大手イケアまでもが顧客に取り込みたがっている。だが利用者は結局、多大な出費をするだけに終わりかねない。

米社のエクササイズバイク広告に批判、妻に贈るのは「性差別」

エクササイズバイク・ルームランナーメーカー、米ペロトン・インタラクティブのクリスマス向け広告が「性差別主義」だと物議をかもしている。

著名投資家マークス氏、米IPOの変調を歓迎 「市場が機能している証」

著名投資家のハワード・マークス氏は27日、米国で今年、大型IPO(新規株式公開)の不調が相次いでいることについて、市場が正しく機能してバブルを抑止している証だとして、歓迎する姿勢を示した。

アングル:ウィーワーク上場延期で見えた米IPO市場の曲がり角

米国で新規株式公開(IPO)を目指す企業にとって、特に赤字を計上し続けている場合、市場に手放しで歓迎されにくくなってきた。こうした地合いの変化は、年内のIPOのスケジュールに影を落とし始めている。

ダウ79ドル安、弾劾巡り警戒感 新規上場のペロトン軟調

米国株式市場は下落。ダウ平均株価<.DJI>は79ドル安で取引を終えた。トランプ米大統領のウクライナ圧力疑惑に関する内部告発書公表を受け、弾劾を巡る不透明感が高まった。一方、中国側からの通商面での発言を背景に下値は限定的だった。

NY市場サマリー(26日)

<為替> ドルが3週間ぶり高値に上昇した。短期金融市場での逼迫が影響したほか、政治的混迷や弱 い経済見通しがユーロやポンドの重しになった。 短期市場では最近、レポ金利が上昇しており、米連邦準備理事会(FRB)が資金供給を行っている。 アナリストは17日にレポ金利が10%に急騰したことについて、超過準備預金の不足が原因だと指摘 。スコシアバンクの主任外為ストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は、ドル買い継続について調達圧力 が続いている結果との見方を示した。 主要通貨に対するドル指数は0.16%高の99.2と、9月3日以来の高水準となった...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up