for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

タイ石油公社

PTT.BK

現在値

35.25THB

変化

-0.50(-1.40%)

出来高

56,531,100

本日のレンジ

35.00

 - 

35.75

52週レンジ

23.20

 - 

47.75

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
35.75
始値
35.75
出来高
56,531,100
3か月平均出来高
892.03
高値
35.75
安値
35.00
52週高値
47.75
52週安値
23.20
発行済株式数
57,125.99
時価総額
1,021,127.00
予想PER
16.69
配当利回り
--

次のエベント

Dividend For PTT.BK - 0.1800 THB

適時開示

その他

PTT Approves Resolution Of Interim Dividend Payment At 0.18 Baht Per Share

PTT Pcl Posts Qtrly Profit Attributable Of 12.05 Bln Baht

PTT Says Issued $700 Mln Senior Unsecured Notes To Offshore Investors

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

タイ石油公社とは

ピー・ティー・ティー(PTT Public Company Limited)はガス・石油事業に従事するタイを拠点とする会社である。【事業内容】同社は天然ガス車(NGV)、石油製品および潤滑油をタイ全土のサービスステーションで供給・運送・配給し、海外市場へ輸出する。子会社と関連会社を通じて、同社は石油、石油化学製品及び芳香油の探査・生産・精製・マーケティング・伝送・流通を行う。また、同社は原油、コンデンセート、石油製品、石油化学製品の輸出入を含む国際取引事業、及び国際輸送船と運送業者の調達を展開する。

業種

Oil & Gas Operations

連絡先

555 Vibhavadi Rangsit Road, Chatuchak

10900

Thailand

+66.25.372000

http://www.pttplc.com

エグゼクティブリーダーシップ

Krairit Euchukanonchai

Independent Chairman of the Board

Chansin Treenuchagron

President, Chief Executive Officer, Director, Secretary to the Board

Pannalin Mahawongtikul

Chief Financial Officer

Kongkrapan Intarajang

Chief Executive Officer - PTT Global Chemical Public Company Limited

Jiraphon Kawswat

Acting President and Chief Executive Officer, PTT Oil and Retail Business Public Company Limited

統計

2.25 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, THB)

2017

1,995.7K

2018

2,336.2K

2019

2,219.7K

2020(E)

1,738.6K
EPS (THB)

2017

4.674

2018

4.150

2019

3.200

2020(E)

2.125
株価売上高倍率(過去12カ月)
21.64
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.53
株価純資産倍率(四半期)
1.18
株価キャッシュフロー倍率
5.39
総負債/総資本(四半期)
88.32
長期負債/資本(四半期)
77.58
投資利益率(過去12カ月)
2.99
自己資本利益率(過去12カ月)
2.07

最新ニュース

最新ニュース

東南アジア株式・中盤=おおむね上昇、米株につれ高

東南アジア株式市場は9日中盤の東南アジア株式市場の株価は、おおむね上昇。新型コロナウイルス感染拡大がピークに近づきつつあるとの期待を背景に、米国市場につれ高となっている。

東南アジア株式・中盤=軒並み下落、新型コロナ死者増加が響く

中盤の東南アジア株式市場の株価は軒並み下落。新型コロナウイルス感染に鈍化の兆しがあるとはいえ、死者数が世界的に増加し続けていることが響いた。前2日間は急伸していた。

東南アジア株式・中盤=タイなど上昇、シンガポールは弱い指標で下落

中盤の東南アジア株式市場は、バンコク、ジャカルタ、ホーチミンの3市場が上昇。米株高の流れを引き継いだ。一方、シンガポール市場は中国の低調な経済指標が重しとなり下落している。

東南アジア株式・引け=反発、景気対策を期待

東南アジア株式市場は急落した前日から反発して終了した。世界各国の景気刺激策が、新型コロナウイルスの感染拡大による経済への影響を緩和することに期待が高まった。

東南アジア株式・引け=軒並み急落、新型コロナ警戒と原油安で売られる

東南アジア株式市場は、シンガポール市場が約11年ぶりの大幅な下落率となるなど、軒並み急落して引けた。新型コロナウイルスによる経済への悪影響をめぐる警戒感や、原油相場の大幅な落ち込みが売りを誘発した。

東南アジア株式・中盤=軒並み急落

東南アジア株式市場は、軒並み急落している。新型コロナウイルスの感染拡大が経済に与える打撃への懸念に加え、サウジアラビアが石油販売価格を引き下げ、増産計画を示したことで原油価格が急落していること響いた。

アジア株式市場サマリー:引け(28日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [28日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 2880.3038 - 111.025 - 3.71 2924.6407 2948.1261 2878.5443 0 前営業日終値 2991.3288 中国 CSI300指 3940.049 -144.827 -3.55 3988.727 4031.145 3928.066 数 前営業日終値 4084.876 香港 ハンセン指数 26129.93 -648.69 -2.42 26249.06 26313.55...

東南アジア株式・引け=下落、新型ウイルス感染拡大で

28日の東南アジア株式市場の株価は下落。バンコク市場は週間で2008年の金融危機以来の低水準だった。新型コロナウイルスの感染が急速に拡大していることを受け、世界的な経済危機に対する懸念が強まった。

東南アジア株式・中盤=大半が下落、新型肺炎懸念が重しに

26日の東南アジア株式市場の株価は、大半の市場が下落している。投資家の間では、中国以外の国・地域で新型コロナウイルスによる肺炎が急速に拡大していることに懸念が強まっている。とりわけ、フィリピンでは4%以上値を下げた。

東南アジア株式・引け=大半が上昇、タイは通信関連株が下支え

東南アジア株式市場は大半の市場が上昇した。米国で前向きな内容の経済指標が相次いだこともあり、景気後退や世界経済の失速への懸念が和らいだ。

アジア株式市場サマリー

中国株式市場は4営業日ぶりに反落。前日は、上海指数が3カ月ぶり高値、CSI300は4月以来の高値をつけていたが、米中の「第1段階」通商合意の詳細がいまだ明らかにならないことに警戒感が生まれ、失速した。

東南アジア株式・中盤=大半が上昇、バンコク高い マニラは下落

18日中盤の東南アジア株式市場の株価は、大半の市場が上昇した。バンコク市場がエネルギー株と金融株主導で特に値上がりしている。一方、フィリピン中央銀行総裁が2020年の追加利下げを示唆したことを受けて、マニラ市場は下落した。

アジア株式市場サマリー:引け(13日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [13日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 2967.6764 + 51.9781 + 1.78 2937.7763 2969.9809 2935.8490 前営業日終値 2915.6983 中国 CSI300指 3968.221 +77.197 +1.98 3928.004 3969.457 3925.276 <.CSI30 数 0> 前営業日終値 3891.024 香港 ハンセン指数 27687.76 +693.62 +2.57 27494.51...

東南アジア株式・引け=大半が上昇、米中合意期待で 英選挙結果も好感

13日の東南アジア株式市場の株価は、大半の市場が上昇して引けた。米中が貿易戦争緩和に向けて近く合意する可能性があるとの報道が背景。また英総選挙でジョンソン首相率いる保守党が大勝したことで、英国が速やかにEU離脱を行う見通しとなったことも市場のリスク選好を高めた。

東南アジア株式・中盤=大半が上昇

6日の東南アジア株式市場の株価は、大半が上昇。中国との貿易協議に関する米国側の前向きな発言で、リスクセンチメントが改善している。

アジア株式市場サマリー:引け(20日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [20日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 2911.0534 - 22.9374 - 0.78 2928.1068 2930.4929 2907.4229 前営業日終値 2933.9908 中国 CSI300 3907.864 -39.175 -0.99 3940.134 3943.227 3901.987 指数 前営業日終値 3947.039 香港 ハンセン指数 26889.61 -204.19 -0.75 26936.79 26962.17 26804.35...

東南アジア株式・引け=大半が下落、米中貿易摩擦再燃で

20日の東南アジア株式市場の株価は大半が下落して引けた。米中関係緊迫化で両国間の貿易協議が頓挫するのではないかと懸念された。

東南アジア株式・中盤=下落、米中貿易協議の行方を不安視

20日中盤の東南アジア株式市場の株価は、軒並み下落している。トランプ米大統領による関税引き上げの警告に加え、米上院が香港の人権擁護を目的とした法案を可決したことを受けて、米中貿易協議が頓挫する可能性が懸念された。

東南アジア株式・中盤=大半が下落、米中合意と景気減速めぐる不安で

中盤の東南アジア株式市場は、大半がマイナス圏で取引されている。米中貿易合意をめぐる先行き不透明感が、新たな協議を前に再燃する一方、世界的な景気減速をめぐる不安が引き続き市場の地合いを揺るがしている。

東南アジア株式・中盤=おおむね小動き、マニラは反発

東南アジア株式市場は、マニラ市場が薄商いの中で反発しているものの、その他の市場はおおむね小動きとなっている。米中両国がいずれも閣僚級貿易協議で歩み寄っている兆しを示さなかったため、投資家は引き続き慎重姿勢にある。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up