for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

パイオニア・ナチュラル・リソーシズ・カンパニー

PXD.N

現在値

139.53USD

変化

3.34(+2.45%)

出来高

75,348

本日のレンジ

136.14

 - 

140.16

52週レンジ

116.97

 - 

178.16

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
136.19
始値
136.35
出来高
75,348
3か月平均出来高
34.29
高値
140.16
安値
136.14
52週高値
178.16
52週安値
116.97
発行済株式数
165.65
時価総額
22,287.74
予想PER
16.73
配当利回り
1.31

次のエベント

Dividend For PXD.N - 0.4400 USD

適時開示

その他

Pioneer Natural Resources Q3 Earnings Per Share $1.38

Pioneer Natural Resources - During Three Months Ended Sept. 30, Expects Average Realized Price For Oil To Be $53.93 Per Barrel

Pioneer Natural Sees Q3 Rig Count Roughly Flat From Q2

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

パイオニア・ナチュラル・リソーシズ・カンパニーとは

パイオニア・ナチュラル・リソーセス(Pioneer Natural Resources Company)は石油・ガスの探査・生産会社である。【事業内容】同社は米国内で、主に西テキサス州のペルミアン盆地、南部テキサス州のイーグルフォードシェールプレー、コロラド州南東部のラトン鉱区、南アフリカのラトン鉱山、及びテキサスパンハンドルの西パンハンドルフィールドで石油、天然ガス液(NGL)およびガスを探査、開発、生産する。同社は8つのガス処理工場と9つの処理施設を所有する。そのスプラベリー/ウォルフキャンプフィールドは約800000エーカーの広さ(690000エーカー)をカバーする。

業種

Oil & Gas - Integrated

連絡先

200 Williams Square West

5205 N Oconnor Blvd

+1.972.4449001

http://www.pxd.com/

エグゼクティブリーダーシップ

James Kenneth Thompson

Independent Chairman of the Board

Scott D. Sheffield

President, Chief Executive Officer, Director

Richard P. Dealy

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Teresa A. Fairbrook

Chief Human Resource Officer, Vice President

Chris J. Cheatwood

Executive Vice President, Chief Technology Officer

統計

1.84 mean rating - 37 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

3.8K

2017

5.5K

2018

5.0K

2019(E)

4.9K
EPS (USD)

2016

-0.240

2017

2.160

2018

6.310

2019(E)

7.904
株価売上高倍率(過去12カ月)
31.24
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.41
株価純資産倍率(四半期)
1.88
株価キャッシュフロー倍率
9.25
総負債/総資本(四半期)
19.30
長期負債/資本(四半期)
15.50
投資利益率(過去12カ月)
4.68
自己資本利益率(過去12カ月)
4.07

最新ニュース

最新ニュース

米シェール企業、来年も設備投資を削減 生産の伸びも大幅鈍化へ

米シェール産業は今年に続き、来年も設備投資を絞り込む方針だ。生産量の伸びも大幅に鈍化する見通し。石油・ガスの増産によって価格が下がり、利益が圧迫されていることが背景。

米パイオニア・ナチュラル、第2四半期は40%増益、生産拡大で

米シェールオイル生産のパイオニア・ナチュラル・リソーシズ<PXD.N>が発表した第2・四半期決算は、調整後利益が前年同期比40%増加した。生産拡大により原油安の影響を補った。

アングル:対立から連携、OPECとシェール業界の関係に変化

石油輸出国機構(OPEC)と米国のシェールオイル業界は、ほんの数年前にはあからさまに敵意をぶつけ合う関係だった。しかし今では両者の間で、原油の需給バランスを保つには連携が欠かせないとの理解が広がりつつある。

訂正:焦点:米賃金上昇加速か、テキサス州西部が示す「好循環」

米テキサス州西部は原油価格上昇の恩恵で地域経済が活性化し、雇用や賃金が過去最高水準に達する一方、住居費や飲食費なども上昇している。つまり失業率低下が賃金を押し上げ、物価上昇圧力につながるという好循環の見本がここに存在する。

焦点:うなぎ上りの米原油生産、経済に驚異的な波及効果

米国内の原油生産量は、シェールオイルの急激な増産によって日量1000万バレルの大台に近く達しようとしている。これは1970年に記録した過去最高を上回り、10年前にはほとんどの関係者が想像すらしなかったような水準だ。

コラム:米シェール企業の採算ライン、原油50ドル前後と判明

米シェール企業が採算を維持するにはWTI原油価格で1バレル=50ドル前後が必要なことが、第2・四半期の各社財務諸表の分析からは読み取れる。

アングル:OPEC、米シェール企業やファンドと初めて協議

石油輸出国機構(OPEC)は石油の世界的供給過剰への対処方について話し合う相手の幅を広げており、このほど初めて米シェール企業やヘッジファンドと協議を行った。

〔マーケットアイ〕外為:ドル116円後半に上昇、需給を中心としたフローか

116.40円台で推移していたドルは、正午過ぎから上昇の勢いを強め、一時116.82円まで強含んだ。特段の材料が見当たらず、市場が薄い中、需給を中心としたフローが流入したとみられている。

ドルは116円半ば、材料難で方向感欠く

正午のドル/円は、前日ニューヨーク時間午後5時時点に比べ、ややドル安/円高の116.40/42円だった。

〔マーケットアイ〕外為:ドル116円前半、テクニカルは115円が視野に

ドルは116.18円付近。午前9時前に106.05円まで下落し、12月14日以来2週間超ぶりの安値をつけたが、同水準で下げ渋り、116円前半まで持ち直している。

〔マーケットアイ〕外為:ユーロ1.05ドル台を回復、約2週間ぶり高値圏

ユーロは1.0518ドル付近。一時1.0519ドルまで上昇し、12月15日以来約2週間ぶりの高値をつけた。特段の材料は見当たらず、「アジア勢のユーロの買い戻しが入ったのではないか。市場が薄いので小さなフローでも動きやすい」(FX会社)との声が出ていた。

〔マーケットアイ〕外為:ドル116円半ば、米・ロシア間の政治リスクをやや警戒

前日、ドルは116円前半まで下落したが、米国がロシアに対する新たな制裁措置を発表したことがドル売り材料となった可能性が指摘されている。

〔マーケットアイ〕外為:ドル116.00─117.20円の見通し、様子見ムード出やすい

きょうの予想レンジはドル/円が116.00―117.20円、ユーロ/ドルが1.0430─1.0530ドル、ユーロ/円が121.70―122.90円。

〔マーケットアイ〕外為:ドル116円後半、ドル売りより円買いの流れ

東京時間終盤に入ってユーロの上昇は一服する一方で、ポジション調整的なドル売りに加えて、対円で円買いが流入。東京日中の取引では「ドル売りというより、円買いの流れが色濃い」(FX会社)という。

〔マーケットアイ〕外為:原油先物は53ドル後半、米シェール業者は来年投資増額へ

ニューヨーク時間終盤の高値54.37ドルから、東京時間の早朝に53.46ドルまで下落。米石油協会(API)が28日に発表した週間在庫統計で米原油在庫が予想外に増加したことが重しとなった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up