for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

パイオニア・ナチュラル・リソーシズ・カンパニー

PXD.N

現在値

91.00USD

変化

-1.44(-1.56%)

出来高

377,693

本日のレンジ

90.20

 - 

93.51

52週レンジ

48.63

 - 

159.01

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
92.44
始値
93.34
出来高
377,693
3か月平均出来高
55.09
高値
93.51
安値
90.20
52週高値
159.01
52週安値
48.63
発行済株式数
164.86
時価総額
15,239.96
予想PER
59.01
配当利回り
2.38

次のエベント

Q2 2020 Pioneer Natural Resources Co Earnings Release

適時開示

その他

Pioneer Natural Resources Announces Pricing Of Upsized $1.15 Bln Convertible Senior Notes Offering

Pioneer Natural Resources Reports Offering Of Convertible Senior Notes Due 2025

Pioneer Natural Resources Board Approves 20% Cut In Annual Base Salary Of Company's CEO

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

パイオニア・ナチュラル・リソーシズ・カンパニーとは

パイオニア・ナチュラル・リソーセス(Pioneer Natural Resources Company)は石油・ガスの探査・生産会社である。【事業内容】同社は米国内で、主に西テキサス州のペルミアン盆地、南部テキサス州のイーグルフォードシェールプレー、コロラド州南東部のラトン鉱区、南アフリカのラトン鉱山、及びテキサスパンハンドルの西パンハンドルフィールドで石油、天然ガス液(NGL)およびガスを探査、開発、生産する。同社は8つのガス処理工場と9つの処理施設を所有する。そのスプラベリー/ウォルフキャンプフィールドは約800000エーカーの広さ(690000エーカー)をカバーする。

業種

Oil & Gas - Integrated

連絡先

200 Williams Square West

5205 N Oconnor Blvd

IRVING, TX

75039

United States

+1.972.4449001

http://www.pxd.com/

エグゼクティブリーダーシップ

James Kenneth Thompson

Independent Chairman of the Board

Scott D. Sheffield

President, Chief Executive Officer, Director

Richard P. Dealy

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Mark H. Kleinman

Executive Vice President, General Counsel

Mark Stephen Berg

Executive Vice President - Corporate Operations

統計

1.82 mean rating - 34 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

5.5K

2018

5.0K

2019

4.9K

2020(E)

3.3K
EPS (USD)

2017

2.160

2018

6.310

2019

8.180

2020(E)

1.566
株価売上高倍率(過去12カ月)
22.02
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.62
株価純資産倍率(四半期)
1.25
株価キャッシュフロー倍率
6.30
総負債/総資本(四半期)
21.61
長期負債/資本(四半期)
17.53
投資利益率(過去12カ月)
4.24
自己資本利益率(過去12カ月)
3.72

最新ニュース

最新ニュース

米石油会社、「組織的に」日量400万ドル減産へ=州当局者

米テキサス州のエネルギー規制当局者は8日、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国が少なくとも日量2000万バレルの減産を行う必要があると述べた。

米テキサス州、世界主要産油国が合意なら減産に同意=当局者

米テキサス州のエネルギー規制当局者は3日、トランプ大統領が世界の主要産油国と減産で合意すれば、同州は産油量の削減に同意すると述べた。

米シェール企業、来年も設備投資を削減 生産の伸びも大幅鈍化へ

米シェール産業は今年に続き、来年も設備投資を絞り込む方針だ。生産量の伸びも大幅に鈍化する見通し。石油・ガスの増産によって価格が下がり、利益が圧迫されていることが背景。

米パイオニア・ナチュラル、第2四半期は40%増益、生産拡大で

米シェールオイル生産のパイオニア・ナチュラル・リソーシズ<PXD.N>が発表した第2・四半期決算は、調整後利益が前年同期比40%増加した。生産拡大により原油安の影響を補った。

アングル:対立から連携、OPECとシェール業界の関係に変化

石油輸出国機構(OPEC)と米国のシェールオイル業界は、ほんの数年前にはあからさまに敵意をぶつけ合う関係だった。しかし今では両者の間で、原油の需給バランスを保つには連携が欠かせないとの理解が広がりつつある。

訂正:焦点:米賃金上昇加速か、テキサス州西部が示す「好循環」

米テキサス州西部は原油価格上昇の恩恵で地域経済が活性化し、雇用や賃金が過去最高水準に達する一方、住居費や飲食費なども上昇している。つまり失業率低下が賃金を押し上げ、物価上昇圧力につながるという好循環の見本がここに存在する。

焦点:うなぎ上りの米原油生産、経済に驚異的な波及効果

米国内の原油生産量は、シェールオイルの急激な増産によって日量1000万バレルの大台に近く達しようとしている。これは1970年に記録した過去最高を上回り、10年前にはほとんどの関係者が想像すらしなかったような水準だ。

コラム:米シェール企業の採算ライン、原油50ドル前後と判明

米シェール企業が採算を維持するにはWTI原油価格で1バレル=50ドル前後が必要なことが、第2・四半期の各社財務諸表の分析からは読み取れる。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up