for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

PayPal Holdings Inc

PYPL.O

現在値

81.28USD

変化

4.10(+5.31%)

出来高

19,779,340

本日のレンジ

76.83

 - 

82.31

52週レンジ

71.83

 - 

310.16

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
77.18
始値
76.83
出来高
19,779,340
3か月平均出来高
422.44
高値
82.31
安値
76.83
52週高値
310.16
52週安値
71.83
発行済株式数
1,158.04
時価総額
89,377.52
予想PER
19.75
配当利回り
--

次のエベント

PayPal Holdings Inc Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Paypal Announces Pricing Of Senior Notes Offering Of $3 bln

Paypal Reports First Quarter 2022 Results

PayPal Reports Q1 Adjusted Earnings of $0.88 Per Share

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

PayPal Holdings Incとは

ペイパル・ホールディングス(PayPal Holdings Inc)は、世界中の加盟店と消費者に代わってデジタル決済とコマース体験を可能にするテクノロジープラットフォームである。【事業内容】200以上の市場において4億2600万人のアクティブアカウントを持つ商人と消費者をつなぐ、グローバルでスケールの大きな両面ネットワークを運営する。ブランドは、「PayPal」、「Braintree」、「Venmo」、「Xoom」、「Zettle」、「Hyperwallet」、「Honey」、「Happy Returns by PayPal」、「Chargehound」、「Paidy」および「Simility」がある。オンラインでも対面でも、加盟店と消費者がつながり、取引し、支払いを完了できるよう支援する。消費者は、銀行口座、「PayPal」または「Venmo」の口座残高、「PayPal」および「Venmo」ブランドのクレジット商品、クレジットカード、デビットカード、特定の暗号通貨、ギフトカードなどのストアドバリュー商品、適格クレジットカード特典などの様々な資金源を使用して、加盟店と資金を交換することが可能である。また、消費者に個人間(P2P)決済のソリューションも提供する。

業種

Consumer Financial Services

連絡先

2211 N 1st St

SAN JOSE, CA

95131-2021

United States

+1.408.9671000

https://www.paypal.com/

エグゼクティブリーダーシップ

John Joseph Donahoe

Independent Chairman of the Board

Daniel H. Schulman

President, Chief Executive Officer, Director

John D. Rainey

Chief Financial Officer, Executive Vice President, Global Customer Operations

Sripada Shivananda

Executive Vice President, Chief Technology Officer

Aaron Karczmer

Executive Vice President - Risk and Platforms, Chief Risk Officer

統計

2.09 mean rating - 53 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

17.8K

2020

21.5K

2021

25.4K

2022(E)

28.3K
EPS (USD)

2019

3.100

2020

3.880

2021

4.600

2022(E)

3.913
株価売上高倍率(過去12カ月)
25.51
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.46
株価純資産倍率(四半期)
4.35
株価キャッシュフロー倍率
18.34
総負債/総資本(四半期)
44.76
長期負債/資本(四半期)
39.91
投資利益率(過去12カ月)
11.37
自己資本利益率(過去12カ月)
4.83

最新ニュース

最新ニュース

米ペイパル、通期利益見通し引き下げ インフレ高進など打撃

米決済サービス大手ペイパル・ホールディングスは27日、通期の利益見通しを引き下げた。インフレ高進やウクライナでの戦争が打撃になる可能性があるという。

米国株式市場=ナスダック下落、ネットフリックスの急落が重し

米国株式市場はナスダック総合が下落して取引を終えた。契約者数の予想外の減少を発表した動画配信サービス大手ネットフリックスが急落し、他の高グロース株にも影響が広がった。

コラム:ウクライナ、暗号資産などで1億ドル調達 変わる手法

クラウドファンディングがパワーアップし、戦争の武器に使われるようになった。ウクライナはこれまでに、暗号資産(仮想通貨)や中央銀行を介して1億ドル(約118億3700万円)余りを調達。外国からの戦費集めは昔から珍しくないが、新たなひねりが加わった格好だ。ただ、問題は簡便で迅速な資金調達のテクノロジーを利用できるのはウクライナ側だけではない、ということだ。  

ペイパル、ウクライナ向けサービス拡充 難民などへの送金可能に

米決済サービス大手ペイパル・ホールディングスは17日、ウクライナ国民と同国難民が海外からの送金を受け取れるようサービスを拡充したと明らかにした。

米S&P、ロシアでの業務停止 市場情報は提供継続

米S&Pグローバルは9日、ロシアのウクライナ軍事侵攻を受けて、ロシアでの業務を停止すると明らかにした。各国の顧客に対してロシア市場に関する情報提供は続ける。

米欧の銀行株急落、ロシアとの関係断つ動き広がる

米欧の株式市場で7日、銀行株が大きく売り込まれた。ロシアのウクライナ侵攻による景気への悪影響を巡る懸念で米国債利回りが低く抑えられているほか、ロシアとの関係を断つ金融機関が相次いでいることが弱材料となった。

米アメックス、ロシアとベラルーシで事業を停止

米クレジットカード大手アメリカン・エキスプレス(アメックス)は6日、ロシアとベラルーシで全ての事業を停止すると発表した。

再送-米ビザとマスターカード、ロシア事業停止 ウクライナ侵攻受け

米クレジットカード大手のビザとマスターカードは5日、ロシアでの事業を停止することを明らかにした。ロシアによるウクライナ侵攻を受けた対応。ロシアでの全取引の停止に向けて、クライアントやパートナーと調整するとしている。

コラム:注目されるNFTとは何か、経済と市場を激変させる潜在力=大槻奈那氏

昨年12月、Pakと称する作家による「The merge」というNFT(Non-fungible Token=非代替可能なトークン)とデジタル作品をドッキングさせた「NFTアート」が、生存するアーティストとして最高値の9180万ドル(104億円)で販売された。

コラム:FBの広告収入に「揺らぎ」か、メタ決算受け株急落

米IT大手のメタ・プラットフォームズは、傘下のフェイスブック部門が牙城とするオンライン広告にほころびが生じ始めている。メタは2日発表した四半期決算で、今後の広告の伸びが予想を下回ると示唆し、株式市場の時間外取引で同社の時価総額は約2000億ドル吹き飛んだ。

NY市場サマリー(3日)ユーロ/ドル3週間ぶり高値、利回り急伸 株反落

<為替> ユーロが対米ドルで3週間ぶり高値を付けた。欧州中央銀行(ECB)理事会後のラガルド総裁の発言を受け、引き締めペースが速まるという観測が強まった。

米国株式市場=反落、メタの業績見通しが重し

米国株式市場は5営業日ぶりに反落して取引を終えた。フェイスブックを手掛けるメタ・プラットフォームズが業績見通しへの失望感から急落し、他のIT大手の好決算を受けたこのところの相場回復にストップがかかった。

NY市場サマリー(2日)株式4日続伸、ドル下落

<為替> ADP民間雇用統計が軟調だったことで、ドルが下落した。ただ連邦準備理事会(FRB)が3月15─16日の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げに踏み切るとの見方は変わっていない。

米国株式市場=4日続伸、アルファベットやAMDの好決算追い風

米国株式市場は主要株価3指数が上昇して取引を終えた。グーグルの親会社アルファベットや半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)が前日発表した好決算を追い風に、4営業日続伸となった。

米ペイパル、第1四半期売上高見通しが予想下回る 株価急落

米決済サービス大手ペイパル・ホールディングスが1日公表した第1・四半期の売上高見通しは、市場予想を大幅に下回った。これを受けて同社の株価は17.4%下落した。

米ペイパル、第4四半期利益が予想届かず 売上高も伸び鈍化

米決済サービス大手ペイパル・ホールディングスが1日発表した第4・四半期決算は、利益がアナリスト予想を下回ったほか、売上高の伸びが鈍化した。決算発表を受けて株価は時間外取引で12%近く下落した。

コラム:後払い決済BNPL好調、顧客債務膨張リスクに直面へ

スウェーデンのクラーナやオーストラリアのアフターペイなど後払いサービス「BNPL(バイ・ナウ・ペイ・レイター)」を提供する決済事業者は、顧客つなぎ止めのため、サービスの対象を買い物から通院や納税など定期的な支払いへと広げている。利用者の債務膨張のリスクが高まりそうだ。

米当局、後払い決済大手に情報求める ペイパルなど5社

米消費者金融保護局(CFPB)は16日、後払い決済サービスを提供する5社に対して、ビジネス慣行などの情報を提供するよう求めた。

米ペイパル、第3四半期利益が予想上回る ネット通販利用拡大で

米決済サービス大手ペイパル・ホールディングスが8日発表した第3・四半期決算は利益が市場予想を上回った。また、個人間送金サービス「ベンモ」の米国ユーザーは来年からアマゾン・ドット・コムでの支払いが可能になると明らかにした。

ビザと電子決済大手との関係調査、独禁法巡り米司法省=WSJ

米司法省は米クレジットカード大手ビザに対する反トラスト法(独占禁止法)関連調査の一環として、同社とフィンテック大手との関係について調べている。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が27日に報じた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up