for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Paypal Holdings Inc

PYPL.O

現在値

183.23USD

変化

1.66(+0.91%)

出来高

6,340,005

本日のレンジ

179.15

 - 

183.99

52週レンジ

82.07

 - 

183.99

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
181.57
始値
183.40
出来高
6,340,005
3か月平均出来高
181.33
高値
183.99
安値
179.15
52週高値
183.99
52週安値
82.07
発行済株式数
1,173.98
時価総額
213,159.80
予想PER
53.07
配当利回り
--

次のエベント

Q2 2020 PayPal Holdings Inc Earnings Call

適時開示

その他

Sezzle Promotes Chief Revenue Officer Paul Paradis To President

Paypal Prices Its Offering Of $4.0 Billion Aggregate Principal Amount Of Senior Notes

Paypal Holdings Says During Q1, Management Approved Strategic Reduction Of Existing Global Workforce

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Paypal Holdings Incとは

ペイパル・ホールディングス(PayPal Holdings, Inc.)は消費者と商人に代わって、デジタルとモバイル決済を可能にする技術プラットフォームとデジタル決済会社である。【事業内容】PayPal、PayPal Credit、Braintree、Venmo、Xoom、Paydiant製品などの同社の統合支払いソリューションは、決済プラットフォームを構成する。同社は、世界中の顧客と商人と消費者を結ぶ両面のグローバル技術プラットフォームを運営し、決済取引の処理を容易にし、加盟店と消費者を結ぶことを可能にする。顧客は、商品の購入と支払い、資金の譲渡、払い戻しの両方に自分のアカウントを使用することができる。これにより、消費者は、銀行口座、PayPal口座残高、PayPal口座、クレジットカード、デビットカード、またはその他の保管価値商品を含む資金調達源を使用して、加盟店と資金を交換することができる。同社は、PayPalのウェブサイトとモバイルアプリケーションのVenmoとXoomを通じて、個人対個人の決済ソリューションを消費者に提供する。

業種

Consumer Financial Services

連絡先

2211 N 1st St

SAN JOSE, CA

95131-2021

United States

+1.408.9671000

https://www.paypal.com/

エグゼクティブリーダーシップ

John Joseph Donahoe

Independent Chairman of the Board

Daniel H. Schulman

President, Chief Executive Officer, Director

John D. Rainey

Chief Financial Officer, Executive Vice President, Global Customer Operations

Aaron Karczmer

Executive Vice President - Risk and Platforms, Chief Risk Officer

Peggy Alford

Executive Vice President - Global Sales

統計

1.82 mean rating - 44 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

13.1K

2018

15.5K

2019

17.8K

2020(E)

20.2K
EPS (USD)

2017

1.900

2018

2.420

2019

3.100

2020(E)

3.339
株価売上高倍率(過去12カ月)
114.93
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.67
株価純資産倍率(四半期)
13.34
株価キャッシュフロー倍率
74.77
総負債/総資本(四半期)
49.90
長期負債/資本(四半期)
49.90
投資利益率(過去12カ月)
8.45
自己資本利益率(過去12カ月)
3.73

最新ニュース

最新ニュース

SOMPO、米データ解析企業に約540億円出資 介護分野などで協業

SOMPOホールディングス<8630.T>は19日、米国の大手ビッグデータ分析会社パランティア・テクノロジーズに約540億円を出資すると正式発表した。また、パランティアの技術を活用した「安心・安全・健康のリアルデータプラットフォーム」の立ち上げに向けた合意も明らかにした。

SOMPO、米データ解析大手パランティアに5億ドル出資

米国の大手ビッグデータ分析会社、パランティア・テクノロジーズは18日、SOMPOホールディングスから5億の出資を受けると明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大で企業や各国政府の間でデータ解析の需要が高まる中での出資となる。

コラム:コロナで加速するキャッシュレス化、中銀は対応急げ

新型コロナウイルス感染症のパンデミック(大流行)が起きる前から、現金は既に非衛生的な存在だった。そしてコロナ問題が登場した今、現金は単に不快感を伴うだけでなく、多くの人にとって不要になってきている。

NY市場サマリー(7日)ドルに利食い売り、ダウ211ドル高

<為替> 急激な悪化が予想されている4月の雇用統計発表を翌日に控え、これまで上昇していたドルに利食い売りが出た。ドルはユーロとスイスフランに対し下落したほか、対円で上げ幅を縮小。豪ドルなどの資源国通貨に対しては下げ幅を拡大した。

ダウ反発211ドル高、ペイパル決算などを好感

米国株式市場はダウ平均株価が反発し、211ドル高で取引を終えた。さえない雇用関連統計はあまり材料視されず、もっぱらオンライン決済サービスのペイパル<PYPL.O>などの決算が好感された。

米国株式市場=ダウ反発211ドル高、ペイパルなどの決算好感

米国株式市場はダウ平均株価が反発し、211ドル高で取引 を終えた。さえない雇用関連統計はあまり材料視されず、もっぱらオンライン決済サービ スのペイパルなどの決算が好感された。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 23875.89 +211.25 +0.89 23837.2 24094.6 23834.3 1 2 9  前営業日終値 23664.64 ナスダック総合 8979.66 +125.27 +1.41 8973.78 9015.99 8932.86  前営業日終値 8854.39 S&P総合500 2881.19...

米ペイパル、第2四半期に決済需要回復見込む ネット販売急増

米決済サービス大手ペイパル<PYPL.O>は6日、新型コロナウイルス感染予防のための行動規制でオンライン販売が増加していることから、第2・四半期に決済需要が回復するとの見方を示した。時間外取引で同社株は8%上昇した。

米小規模企業支援プログラム、フィンテック企業も参加可能に

米政府による3500億ドルの小規模企業支援プログラムを巡り、規制当局は9日までに、ノンバンクも融資に参加できるとの見解を示した。このプログラムが3日に始まってから、ノンバンクのフィンテック企業は参加が認められるよう要求していた。

米ペイパル、第1四半期売上高が予想下限に 新型ウイルスが影響

米決済サービス大手ペイパル<PYPL.O>は27日、新型コロナウイルスの感染拡大が世界的なオンライン取引の打撃となり、第1・四半期の売上高は従来予想レンジの下限になると発表した。

欧州、海外決済業者への依存脱却を=クーレECB専務理事

クーレ欧州中央銀行(ECB)専務理事は26日、欧州は海外の決済業者への依存状態から脱却する必要があると述べた。ただ、ECBが介入して民間業者を締め出すのは、正しい方向ではないとの見方も示した。

米ペイパル、価格比較・クーポン情報提供ハニーを40億ドルで買収

米決済サービス大手ペイパル<PYPL.O>は20日、ショッピングサイトの価格比較やクーポン情報提供を手掛ける米ハニー・サイエンスを約40億ドルで買収すると発表した。

米データ解析大手パランティア、SOMPOと共同出資会社

米国の大手ビッグデータ分析会社、パランティア・テクノロジーズは、日本のSOMPOホールディングス<8630.T>と共同出資会社を設立した。パランティアによると、新会社は当初、医療およびサイバーセキュリティー分野の顧客に焦点を当てる。

米データ解析大手パランティア、SOMPOと共同出資会社

米国の大手ビッグデータ分析会社、パランティア・テクノロジーズは、日本のSOMPOホールディングスと共同出資会社を設立した。パランティアによると、新会社は当初、医療およびサイバーセキュリティー分野の顧客に焦点を当てる。

S&P500とナスダックが上昇、ハイテク企業の好決算で

米国株式市場はS&P総合500種とナスダック総合が上昇して取引を終えた。マイクロソフト<MSFT.O>など複数のハイテク企業が発表した堅調な四半期決算が支援した。一方、スリーエム(3M)<MMM.N>の決算はさえず、ダウ工業株30種の重しとなった。

米ペイパル、利用増で第3四半期業績と通年見通しが予想超え

米決済サービス大手ペイパル<PYPL.O>が23日発表した第3・四半期の実質利益・売上高と通年の利益見通しは、いずれも市場予想を上回った。利用者の増加が背景だ。株価は時間外取引で一時8.3%上昇した。

焦点:米ハイテク企業の決算予想、半導体とソフトウエアで明暗

米ハイテク企業の第3・四半期決算の発表がまもなく本格化する。セクター全体は前年同期比で8%近い減益が予想されているが、セクター内では明暗が分かれる見通しだ。半導体企業の利益が大幅に落ち込む一方、情報技術(IT)関連などは総じて底堅いためだ。

リブラ、規制面の懸念解決なら100社が参加の見込み=FB幹部

米フェイスブック(FB)<FB.O>で暗号資産(仮想通貨)「リブラ」事業を統括するデービッド・マーカス氏は16日、規制面の懸念が解消されれば、銀行やその他金融機関など100社がリブラに参加することが見込まれると強調した。

リブラの運営団体が取締役選出、旅行予約サイト大手は参画見送り

旅行予約サイト「ブッキング・ドット・コム」の運営会社、ブッキング・ホールディングスは14日、フェイスブック<FB.O>が導入を計画している暗号通貨(仮想通貨)「リブラ」の運営団体「リブラ協会」への参画を見送ると発表した。

暗号通貨「リブラ」、米イーベイやビザが運営協会を脱退

米クレジットカード大手のマスターカード<MA.N>やビザ<V.N>が11日、フェイスブック<FB.O>が導入を計画している暗号通貨(仮想通貨)「リブラ」の運営団体「リブラ協会」を脱退すると発表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up