for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

クアルコム・インク

QCOM.O

現在値

133.96USD

変化

0.00(0.00%)

出来高

6,371,423

本日のレンジ

132.66

 - 

135.10

52週レンジ

86.68

 - 

167.94

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
133.96
始値
133.05
出来高
6,371,423
3か月平均出来高
188.90
高値
135.10
安値
132.66
52週高値
167.94
52週安値
86.68
発行済株式数
1,128.00
時価総額
150,024.00
予想PER
17.13
配当利回り
2.05

次のエベント

Q3 2021 Qualcomm Inc Earnings Release

適時開示

その他

Qualcomm Reports Q2 Earnings Of $1.53 Per Share

Qualcomm Sets Quarterly Cash Dividend Of $0.68 Per Share

U.S. Antitrust Officials Unlikely To File Supreme Court Appeal In Qualcomm Case - WSJ

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

クアルコム・インクとは

クアルコム(Qualcomm Inc)は、ワイヤレステクノロジー会社である。【事業内容】 第5世代(5G)などの技術の開発、立ち上げ、拡張に取り組む。「Qualcomm CDMA Technologies(QCT)」セグメント、「Qualcomm Technology Licensing(QTL)」セグメント、および「Qualcomm Strategic Initiatives(QSI)」セグメントの3つの事業セグメントで事業を展開する。第3世代(3G)、第4世代(4G)のワイヤレステクノロジー、および5Gワイヤレステクノロジーの提供を専門とする。提供されるテクノロジーと製品は、ネットワーク機器、ブロードバンドゲートウェイ機器、家庭用電化製品、その他の接続デバイスなど、モバイルデバイスやその他のワイヤレス製品で使用される。テクノロジーと製品は、自動車、コンピューティング、モノのインターネット(IoT)、ネットワーキングなど、モバイル以外の業界セグメントやアプリケーションでも使用される。

業種

Communications Equipment

連絡先

5775 Morehouse Dr

SAN DIEGO, CA

92121-1714

United States

+1.858.5871121

https://www.qualcomm.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Mark D. McLaughlin

Independent Chairman of the Board

Cristiano R. Amon

President, Chief Executive Officer-elect

Steven M. Mollenkopf

Chief Executive Officer, Director

Akash J. Palkhiwala

Chief Financial Officer, Executive Vice President

James H. Thompson

Chief Technology Officer, Executive Vice President - Engineering - QTI

統計

2.03 mean rating - 33 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

22.7K

2019

19.4K

2020

21.7K

2021(E)

32.2K
EPS (USD)

2018

3.690

2019

3.540

2020

4.190

2021(E)

7.765
株価売上高倍率(過去12カ月)
19.06
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.10
株価純資産倍率(四半期)
20.23
株価キャッシュフロー倍率
15.83
総負債/総資本(四半期)
211.95
長期負債/資本(四半期)
205.21
投資利益率(過去12カ月)
31.92
自己資本利益率(過去12カ月)
23.22

最新ニュース

最新ニュース

韓国、国内企業の投資促進に向けたインセンティブを米に要請

韓国大統領府は21日、米政府に対し、韓国企業の対米投資促進に向け、税控除や電力・水の安定供給への支援などのインセンティブを要請したと発表した。

サムスン、非メモリー半導体投資1510億ドルに拡大 政府も税優遇拡大

韓国のサムスン電子は13日、2030年までに非メモリー半導体に171兆ウォン(1510億ドル)を投資すると発表した。19年に発表した目標額(133兆ウォン)を引き上げた。

サムスン電子、非メモリー半導体の投資増額 30年までに1510億ドル

韓国のサムスン電子は13日、2030年までに非メモリー半導体に171兆ウォン(1511億ドル)を投資すると発表した。

米クアルコム、4─6月期見通しが市場予想上回る 供給網が改善

米半導体大手クアルコムが28日発表した第3・四半期(4─6月)の売上高および調整後利益見通しは市場予想を上回った。次世代通信規格「5G」対応機種への買い替え需要などを受け供給面での制約が緩和しているという。

中国市場監督当局、アリババとミンメタルズの合弁事業を調査

中国国家市場監督管理総局(SAMR)は、同国の電子商取引大手、アリババ・グループとミンメタルズ・デベロップメント(五鉱発展)の合弁事業を調査している。ミンメタルズが19日、明らかにした。

コラム:巨額罰金のアリババ、頭上に光る中国当局の「鋭い剣」

中国の電子商取引最大手、アリババ・グループは、長い執行猶予期間に入った。自社サイトの出店者が他のプラットフォームに出店するのを禁じたとして科された28億ドルの罰金は、中国の電子商取引の巨人が市場支配力を乱用した罰則としては軽い。しかし、健全な競争を促進せよ、という命令は、深刻なダメージとなり得る一層の変革につながる可能性をはらむ。傘下の金融会社アントの新規株式公開(IPO)の中止と共に、中国当局はテクノロジーの巨人を厳しく取り締まっている。

アングル:半導体が世界的に不足する事情と、大問題になる理由

自動車の納車遅延から家電製品の供給不足、さらには高額スマートフォンに至るまで、世界各地の関連企業や消費者が前代未聞の半導体不足の打撃に直面している。

台湾TSMC、今後3年間に1000億ドル投資 半導体需要増に対応

台湾積体電路製造(TSMC)は1日、半導体工場の生産能力拡大に向け、今後3年間に1000億ドルを投資する計画を発表した。

サムスン電子のテキサス州半導体工場、生産が通常水準近くに

韓国のサムスン電子は30日、米テキサス州オースティンの半導体工場の生産が、先週時点で通常の水準近くまで戻ったことを明らかにした。

訂正-半導体不足、白物家電にも影響が波及=ワールプール中国現法社長

(英文の訂正により、本文3段落目のアイ氏の発言内容について、「欧州と米国向けの輸出ペースが時期によっては最大で25%程度遅れが生じていると明かした」を「3月の半導体納入は発注分に約1割届かない見込みだと明かした」に訂正しました。)

自動車技術のECARX、7ナノメートルチップ供給へ TSMCが生産

自動車技術のスタートアップ企業ECARXは、安謀中国(アーム・チャイナ)との合弁会社を通じて、早ければ来年にも7ナノメートル(nm)チップを供給する計画だ。同社の沈子瑜最高経営責任者(CEO)がロイターに明らかにした。

米半導体インテル、米工場に200億ドル投じ増産へ アジア勢に対抗

米半導体大手インテルは23日、高性能半導体の生産能力拡大に向けた新たな経営戦略と通年の業績見通しを発表した。最大200億ドルを投じてアリゾナ州に2工場を新設し、半導体の受託生産も手掛ける。

TikTok運営のバイトダンス、半導体を自社開発へ

動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を運営する北京字節跳動科技(バイトダンス)は、半導体の自社開発を計画している。同社の求人募集や関係者の話で分かった。

再送-〔アングル〕半導体不足が電子産業全体に波及、高性能クアルコム製も需給ひっ迫

世界的に広がっている半導体不足は自動車産業のみならず、電子機器産業全体を揺るがす状況になってきた。品不足は米クアルコムが供給するスマートフォン向け半導体にも及んでおり、高性能製品でも需給ひっ迫の悪影響が懸念されている。

中国当局、アリババに過去最高の制裁金検討 独占的行為で=WSJ

中国の規制当局は、同国の電子商取引最大手アリババ・グループが独占的行為を犯した疑いがあるとして過去最高額となる制裁金を検討している。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が11日、関係者の話として伝えた。

中国当局、アリババに過去最高の制裁金検討 独占的行為で=WSJ

中国の規制当局は、同国の電子商取引最大手アリババ・グループが独占的行為を犯した疑いがあるとして過去最高額となる制裁金を検討している。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が11日、関係者の話として伝えた。

アングル:米ハイテク株軟化、押し目買いの機会かさらなる調整の兆しか

足元の米ハイテク株軟化は押し目買いの機会か、それともさらなる調整の兆しなのか、投資家の論争が続いている。

米、中国SMICへの米製品輸出許可手続きが停滞

米政府による中国半導体大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)の事実上の禁輸リスト指定を受け、半導体製造装置メーカーのラム・リサーチやアプライド・マテリアルズなど米企業が政府に申請したSMICへの輸出許可の承認手続きが滞っていることが明らかになった。

焦点:一気に動いた米の半導体業界支援、供給網の現状に危機感

バイデン米大統領は24日、マイクロチップを手に会見に臨み、国内の半導体製造業者に370億ドルの支援を行う方針を明らかにした。米国の自動車メーカーが半導体不足で生産休止に追い込まれたことが契機となり、半導体産業に対する米政府の支援は業界関係者も予想しなかったスピードでまとまった。

バイデン米政権、中国の技術供給網巡る前政権の規則適用の公算

米商務省は26日、国家安全保障上の脅威と見なされる中国テクノロジー企業を標的としたトランプ前政権時代の規則について、バイデン政権が発効を認める意向との見方を示した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up