for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

クアルコム・インク

QCOM.O

前日終値

78.97USD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

49.10

 - 

90.34

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
78.97
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
182.98
高値
--
安値
--
52週高値
90.34
52週安値
49.10
発行済株式数
1,215.66
時価総額
95,100.91
予想PER
22.43
配当利回り
3.17

次のエベント

Q4 2019 Qualcomm Inc Earnings Release

適時開示

その他

Qualcomm Announces Quarterly Cash Dividend

Trimble And Qualcomm Establish Alliance To Produce High-Accuracy Positioning Solutions For Connected Vehicles

United States Court Grants Qualcomm Motion For Stay Versus FTC

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

クアルコム・インクとは

クアルコム(QUALCOMM Incorporated)は符号分割多元接続(CDMA)と呼ばれるデジタル通信技術の開発・商業化に従事する。【事業内容】同社はOFDMAおよびシングルキャリア周波数分割多元接続(FDMA)を使用する直交周波数分割多重(OFDM)ベースの標準規格であるロングタームエボリューション(LTE)を含むセルラ無線通信アプリケーションのための直交周波数分割多元接続(OFDMA)ファミリーの技術の開発・商品化に従事する。同社はQCT(クアルコムCDMA技術)、QTL(クアルコム技術ライセンス)、及びQSI(クアルコム戦略イニシアチブ)3つの事業を運営する。また、エンドユーザーの需要に寄与するハンドセットとタブレットに使用される多様な技術を開発・商品化する。同社の製品は主にモバイルデバイスとワイヤレスネットワークで使用される集積回路(チップまたはチップセット)とシステムソフトウェアで構成される。

業種

Communications Equipment

連絡先

5775 Morehouse Dr

+1.858.5871121

https://www.qualcomm.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Mark D. McLaughlin

Chairman of the Board

Cristiano R. Amon

President

Steven M. Mollenkopf

Chief Executive Officer, Director

Akash J Palkhiwala

Interim Chief Financial Officer, Senior Vice President - Finance

Donald J. Rosenberg

Executive Vice President, General Counsel, Corporate Secretary

統計

2.38 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

23.5K

2017

23.2K

2018

22.7K

2019(E)

19.3K
EPS (USD)

2016

4.440

2017

4.280

2018

3.690

2019(E)

3.469
株価売上高倍率(過去12カ月)
27.56
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.62
株価純資産倍率(四半期)
17.44
株価キャッシュフロー倍率
19.57
総負債/総資本(四半期)
300.68
長期負債/資本(四半期)
245.76
投資利益率(過去12カ月)
9.87
自己資本利益率(過去12カ月)
7.09

最新ニュース

最新ニュース

訂正:ファーウェイ、新スマホ「Mate 30」発表 アップルに対抗

が19日、新型スマートフォーン「Mate(メイト)30」シリーズを発表した。先週発表された米アップル<AAPL.O>の最新機種「iPhone 11」に対抗する。

ファーウェイ、新型スマホを19日発表 搭載アプリに不確定要素

中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)は19日に独ミュンヘンで、米禁輸措置の対象になって以降初めて新型スマートフォン「Mate(メイト)30」を発表する。

企業のデータ悪用禁止するルール必要=ベステアー欧州委員

欧州連合(EU)欧州委員会のベステアー委員(競争政策担当)は13日、データを収集している企業に対し、その悪用を禁じるルールを導入する可能性を示唆した。

米GFが特許侵害でTSMC提訴、米独への輸入差し止め請求

半導体受託生産の米グローバル・ファウンドリーズ(GF)は26日、特許を侵害されたとして、同業の台湾積体電路製造(TSMC)<2330.TW>を米国とドイツで提訴した。

UPDATE 3-米、禁輸猶予を3カ月延長 ファーウェイ「不公正な扱い続く」

米国のロス商務長官は19日、米政府が中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)に対する米一部製品の禁輸措置の執行猶予を11月18日まで90日間延長すると明らかにした。ファーウェイは、一時的な猶予延長で不公正な扱いが変わるものでないとコメントした。

米クアルコムの見通しに暗雲、ファーウェイが中国でシェア拡大

がシェアを急速に拡大しているとし、見通しを下方修正した。また、第3・四半期(4─6月)決算は売上高が市場予想を下回った。発表を受けて同社株は一時6%下落した。

FOMCこうみる:議長発言に失望感、日本株も下押し=キャピタル・パートナーズ 倉持氏

25bpの利下げは、想定されていた通りで、それ自体は株価に織り込み済みだった。しかし、注目されていたパウエル議長の発言が、追加利下げの否定を思わせるコメントだったため、マーケットに失望感を与えている。期待を裏切る格好となり、米国株式市場は大きな下げに見舞われた。

クアルコム、4─6月売上高・7─9月見通しが予想下回る 株価6%安

米通信用半導体大手クアルコムが31日発表した第3・四半期(4─6月)決算は売上高が市場予想を下回った。第4・四半期(7─9月)の業績見通しも予想に届かず、クアルコムの株価は引け後の取引で約6%下落した。

クアルコムとテンセント、ゲーム端末や5Gで提携合意

米半導体大手クアルコム<QCOM.O>と中国インターネット大手の騰訊控股(テンセント・ホールディングス)<0700.HK>は29日、クアルコムのチップを搭載したゲーム端末や、第5世代(5G)移動体通信システムに関する事業で提携すると発表した。

アップル、インテルのモデムチップ事業大半買収へ 10億ドルで

アップル<AAPLO>は25日、米半導体大手インテル<INTC.O>のスマートフォン向けモデムチップ事業の大半を10億ドルで買収する方針を明らかにした。スマホ向けチップの内製化へと大きな一歩を踏み出した。

コラム:「トランプ・ファースト」に苦しむ米IT大手

米国の巨大IT企業が「トランプ・ファースト」政策に苦しんでいる。トランプ米大統領は、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>と国防総省のクラウド契約に口出しし、アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルと中国との関係に疑問を呈し、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)への販売許可も利用して米IT企業を罰する構えをみせている。

アングル:5Gで何が変わるのか、次世代通信網に潜むリスク

第5世代移動通信システム(5G)は、より高速のインターネット接続や、応答時間の短縮、そして無数のデバイスの接続を可能にする。だが、中国や米国、オーストラリアや欧州などが整備を進めるネットワークには、その技術の性質そのものに安全上のリスクが伴う。

米IT大手、ファーウェイ販売許可で迅速対応要請=NEC委員長

カドロー米国家経済会議(NEC)委員長は9日、トランプ大統領が前日に大手IT首脳らと開いた会合に関連し、企業側は中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への販売許可申請で迅速な対応を求めていると述べた。

UPDATE 2-米大統領がIT大手に迅速な対応約束、ファーウェイへの販売許可巡り

トランプ米大統領は22日、アルファベット傘下のグーグルなどIT大手の首脳と会合を開き、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への販売再開を求める米企業の要請に関して「適時に」決断することに合意した。

米政権がハイテク企業と22日会合、ファーウェイ問題で=関係者

に対する米国の制裁を巡り、22日に米半導体およびソフトウェア大手の幹部と会談する。

米、5G巡り国際影響力向上を 共和党議員が中国対抗へ法案提出

米共和党のマイケル・マコール下院議員(テキサス州)は15日、第5世代移動通信システム(5G)での中国の影響力増大に対抗するため、世界の業界標準化団体での米企業のプレゼンスを高める法案を提出した。

EXCLUSIVE-米政府、2─4週間以内にファーウェイへの販売許可も=高官

米政府高官によると、米国は早ければ今後2週間のうちに国内企業に中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への販売再開を認める可能性がある。

「つながる車」通信規格で5Gに道、EUがWiFi案否決

欧州連合(EU)各国は4日、インターネットにつながる車の通信規格を巡り、欧州委員会のWi─Fi(ワイファイ)ベース案を否決した。 BMW<BMWG.DE>やクアルコム<QCOM.O>が支持する5世代移動通信ネットワーク(5G)に軍配が上がり、実現に道を開いた。

UPDATE 1-今日の株式見通し=買い先行後もみあい、米国株高を好感 円高は上昇抑制要因に

(内容を追加して更新します。) [東京 4日 ロイター] -            前営業日終値 年初来高値 年初来安値   日経平均     21638.16 22362.92 19241.37              -116.11 2019年4月24日 2019年1月4日   シカゴ日経平均先物9月 21695(円建て) 限 きょうの東京株式市場で日経平均株価は買い先行後もみあう展開が予想される。米国株主要3指数が終 値での過去最高値を記録しており、投資家心理は悪くない。東京市場もその流れを引き継ぐかたちで反発ス タートになるとみられている...

クアルコムの独禁法違反判決、米地裁判事が差し止め請求棄却

米連邦地裁のルーシー・コー判事は3日、半導体大手クアルコムが控訴を進める間、独占禁止法違反判決の一時差し止めを求めた訴えを棄却した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up