for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

クアルコム・インク

QCOM.O

現在値

164.40USD

変化

0.00(0.00%)

出来高

5,370,818

本日のレンジ

161.73

 - 

167.04

52週レンジ

58.00

 - 

167.94

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
164.40
始値
164.32
出来高
5,370,818
3か月平均出来高
167.17
高値
167.04
安値
161.73
52週高値
167.94
52週安値
58.00
発行済株式数
1,131.00
時価総額
184,469.10
予想PER
22.75
配当利回り
1.60

次のエベント

Q1 2021 Qualcomm Inc Earnings Release

適時開示

その他

Qualcomm Inc Says CEO Steve Mollenkopf's FY 2020 Total Compensation Was $25.9 Million

Qualcomm Announces Quarterly Cash Dividend

Qualcomm Announces Expiration Of Registered Exchange Offer For Notes Issued In Connection With Prior Private Exchange Offer

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

クアルコム・インクとは

クアルコム(Qualcomm Incorporated)は、ワイヤレステクノロジー会社である。【事業内容】第5世代(5G)等の技術の開発・発売・拡大を行う。Qualcomm符号分割多元接続テクノロジズ(QCT)、Qualcommテクノロジーライセンス(QTL)、Qualcomm戦略イニシアチブ(QSI)の3つの事業セグメントで構成される。第3世代(3G)、第4世代(4G)及び5Gワイヤレステクノロジーの提供を行う。技術と製品は、ネットワーク機器、ブロードバンドゲートウェイ機器、家電機器及びその他の接続機器等のモバイル機器やその他のワイヤレス製品で使用される。技術と製品は、自動車、コンピューティング、モノのインターネット(IoT)、ネットワーキング等のモバイル以外の業界セグメントやアプリケーションでも使用される。

業種

Communications Equipment

連絡先

5775 Morehouse Dr

SAN DIEGO, CA

92121-1714

United States

+1.858.5871121

https://www.qualcomm.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Mark D. McLaughlin

Independent Chairman of the Board

Cristiano R. Amon

President

Steven M. Mollenkopf

Chief Executive Officer, Director

Akash J. Palkhiwala

Chief Financial Officer, Executive Vice President

James H. Thompson

Chief Technology Officer, Executive Vice President - Engineering - QTI

統計

1.97 mean rating - 32 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

22.7K

2019

19.4K

2020

21.7K

2021(E)

30.3K
EPS (USD)

2018

3.690

2019

3.540

2020

4.190

2021(E)

7.139
株価売上高倍率(過去12カ月)
35.86
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.84
株価純資産倍率(四半期)
30.23
株価キャッシュフロー倍率
27.99
総負債/総資本(四半期)
258.78
長期負債/資本(四半期)
250.55
投資利益率(過去12カ月)
20.41
自己資本利益率(過去12カ月)
15.17

最新ニュース

最新ニュース

ファーウェイから分離の低価格スマホ、大手半導体メーカーと契約

中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)から分離した低価格スマートフォン事業会社「HONOR(オナー)」は22日、米インテルやクアルコムなど大手半導体メーカーから供給を受ける契約を結んだと発表した。

TSMC、第4四半期は過去最高益 今年の設備投資最大60%増に

半導体受託生産大手の台湾積体電路製造(TSMC)が14日発表した2020年第4・四半期(10─12月)決算は、過去最高益を計上した。また、今年の設備投資額は前年比で最大60%拡大させ、過去最高を見込む。

TSMC、第4四半期は過去最高益 在宅勤務やiPhoneが寄与

半導体受託生産大手の台湾積体電路製造(TSMC)が14日発表した2020年第4・四半期(10─12月)決算は、過去最高益を計上した。

マイクロソフト、半導体を自社設計へ サーバーやPCに=関係筋

米マイクロソフトが、クラウドサービス向けのサーバーとパソコンの「サーフェス」に、自社で設計・開発したCPU(中央演算処理装置)を搭載する計画を進めていることが分かった。事情に詳しい関係者が明らかにした。

米株はまちまち、追加経済対策巡る不透明感重しに

米国株式市場はまちまち。ダウ工業株30種が小幅高となる一方、ナスダック総合指数やS&P総合500種指数は値下がりした。追加経済対策を巡る不透明感が相場全体の重しとなった。

NY市場サマリー(11日)米株はまちまち、ドル上昇

<為替> 安全通貨としてドルが買われた。米国で新型コロナウイルス感染者が増加する中、追加の財政刺激策を巡る懸念が広がっているほか、合意がないまま英国が欧州連合(EU)を離脱する可能性が高まったことでリスク選好度が低下した。

中国のネット企業独禁ルール、「必要」な措置=アリババCEO

中国電子商取引大手アリババ・グループの張勇(ダニエル・チャン)最高経営責任者(CEO)は23日、インターネット企業による独占的な行為防止を目的とした中国のルール策定は「時宜を得ていて必要」な措置との見方を示した。

中国のネット企業独禁ルール、「必要」な措置=アリババCEO

中国電子商取引大手アリババ・グループの張勇(ダニエル・チャン)最高経営責任者(CEO)は23日、インターネット企業による独占的な行為防止を目的とした中国のルール策定は「時宜を得ていて必要」な措置との見方を示した。

米クアルコム、4G半導体のファーウェイへの販売許可取得

への現行通信規格「4G」携帯電話向け半導体製品の販売許可を得たと発表した。

EU、アマゾンが「公正な競争阻害」 新たな調査開始

欧州連合(EU)当局は10日、米ネット通販大手アマゾン・ドットコム<AMZN.O>が自社の優位性などを利用して小売市場の公正な競争を阻害していると指摘した上で、アマゾンの商慣行を巡って新たな調査を開始したと明らかにした。

NY市場サマリー(5日)ドル下落、米株大幅続伸

<為替> ドルが下落。株高となったことでドルの投資妙味が後退し、主要通貨バスケットに対しては2週間ぶり安値、対円では7カ月ぶり安値を付けた。

NY市場サマリー(5日)ドル下落、米株大幅続伸

<為替> ドルが下落。株高となったことでドルの投資妙味が後退し、主要通貨バス ケットに対しては2週間ぶり安値、対円では7カ月ぶり安値を付けた。 また、米連邦準備理事会(FRB)は4─5日に開いた連邦公開市場委員会(FOM C)で、金融政策の現状維持を決定。新型コロナウイルス感染拡大と米大統領選の結果を 巡る先行き不透明感で経済が脅威にさらされる中、景気回復支援に向けあらゆる手段を尽 くすと改めて表明した。 米大統領選の集計が続く中、民主党候補のバイデン前副大統領がネバダ州でリードを 拡大し、当選に必要な選挙人270人の獲得に迫っている。...

米株大幅続伸、議会ねじれ継続で政策の急転換ないとの見方

米国株式市場は大幅続伸して取引を終えた。米大統領選で民主党候補のバイデン氏が勝利した場合でも、上院で共和党が過半数を維持し、企業利益を損ないかねない大規模な政策変更は阻止されるとの見方が広がった。

インド株式市場・午前=続伸、銀行・エネルギー関連株に買い

インド 日本時間14時2 前日比 % 始値 分 SENSEX指数< 40,917.99 + 373.62 + 0.92 40,767.14 .BSESN> 前営業日終値 40,544.37 日本時間14時1 前日比 % 始値 分 NSE指数 11,997.35 + 100.55 + 0.85 11,958.55 前営業日終値 11,896.80 インド株式市場は続伸。新型コロナウイルスに対応した米国の追加 経済対策をめぐる期待感が地合いを強め、アジア各国の株式市場が幅広 くプラス圏で推移。インド市場は銀行、エネルギー関連の上伸にけん引...

米クアルコム、5G基地局など通信設備向け半導体に参入へ

米半導体大手クアルコム<QCOM.O>は20日、次世代通信規格「5G」の基地局など通信設備向けの半導体市場に参入する方針を明らかにした。同市場は欧州や中国勢のシェアが大きく、米大手の参入は初めてとなる。

米企業による中国市場への積極的な参入を歓迎=工業情報相

中国の肖亜慶・工業情報相は19日、中国市場に積極的に参入する米国企業を歓迎し、公平で公正な環境市場の整備に努めると述べた。

台湾総統、半導体産業の支援表明 米中貿易戦争で打撃

台湾の蔡英文総統は24日、米中貿易戦争で打撃を受けている台湾の半導体産業を支援する方針を示した。

米中保護主義の高まり、コスト高につながる=TSMC会長

半導体受託生産世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)<2330.TW>の劉徳音(マーク・リュウ)会長は23日、米中の保護主義の高まりはコスト高につながるとの考えを示した。

中国商務省、「信頼できない」企業リストに関する規則を公表

中国商務省は19日、同国が策定を目指す「信頼できない実体の一覧表」に関する規則を公表し、中国の主権や国家安全保障を脅かす外国企業・個人を対象にする方針を示した。

米エヌビディアのアーム買収、憂慮すべき=環球時報

中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は16日付の論説記事で、米半導体大手エヌビディア<NVDA.O>によるソフトバンクグループ<9984.T>傘下の英半導体設計大手アーム・ホールディングスの買収は「憂慮すべき」とし、世界の規制当局に慎重に承認の是非を検討するよう求めた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up