for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

クアルコム・インク

QCOM.O

現在値

121.58USD

変化

-4.33(-3.44%)

出来高

8,234,532

本日のレンジ

121.05

 - 

123.82

52週レンジ

58.00

 - 

132.42

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
125.91
始値
123.50
出来高
8,234,532
3か月平均出来高
193.71
高値
123.82
安値
121.05
52週高値
132.42
52週安値
58.00
発行済株式数
1,128.27
時価総額
142,060.00
予想PER
--
配当利回り
2.06

次のエベント

Qualcomm Inc Split For QCOM34.SA - Ratio 12-1

適時開示

その他

Nokia Utilizes Qualcomm 5G Ran Platform

Qualcomm Announces Quarterly Cash Dividend $0.65 Per Share

Huawei says still willing to buy chips from Qualcomm if it gets U.S. licenses - chairman

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

クアルコム・インクとは

クアルコム(Qualcomm Incorporated)は、ワイヤレステクノロジー会社である。【事業内容】第5世代(5G)等の技術の開発・発売・拡大を行う。Qualcomm符号分割多元接続テクノロジズ(QCT)、Qualcommテクノロジーライセンス(QTL)、Qualcomm戦略イニシアチブ(QSI)の3つの事業セグメントで構成される。第3世代(3G)、第4世代(4G)及び5Gワイヤレステクノロジーの提供を行う。技術と製品は、ネットワーク機器、ブロードバンドゲートウェイ機器、家電機器及びその他の接続機器等のモバイル機器やその他のワイヤレス製品で使用される。技術と製品は、自動車、コンピューティング、モノのインターネット(IoT)、ネットワーキング等のモバイル以外の業界セグメントやアプリケーションでも使用される。

業種

Communications Equipment

連絡先

5775 Morehouse Dr

SAN DIEGO, CA

92121-1714

United States

+1.858.5871121

https://www.qualcomm.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Mark D. McLaughlin

Independent Chairman of the Board

Cristiano R. Amon

President

Steven M. Mollenkopf

Chief Executive Officer, Director

Akash J. Palkhiwala

Chief Financial Officer, Executive Vice President

James H. Thompson

Chief Technology Officer, Executive Vice President - Engineering - QTI

統計

2.03 mean rating - 31 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

23.2K

2018

22.7K

2019

19.4K

2020(E)

21.1K
EPS (USD)

2017

4.280

2018

3.690

2019

3.540

2020(E)

3.925
株価売上高倍率(過去12カ月)
53.23
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.10
株価純資産倍率(四半期)
42.96
株価キャッシュフロー倍率
34.25
総負債/総資本(四半期)
481.70
長期負債/資本(四半期)
466.58
投資利益率(過去12カ月)
11.51
自己資本利益率(過去12カ月)
8.26

最新ニュース

最新ニュース

インド株式市場・午前=続伸、銀行・エネルギー関連株に買い

インド 日本時間14時2 前日比 % 始値 分 SENSEX指数< 40,917.99 + 373.62 + 0.92 40,767.14 .BSESN> 前営業日終値 40,544.37 日本時間14時1 前日比 % 始値 分 NSE指数 11,997.35 + 100.55 + 0.85 11,958.55 前営業日終値 11,896.80 インド株式市場は続伸。新型コロナウイルスに対応した米国の追加 経済対策をめぐる期待感が地合いを強め、アジア各国の株式市場が幅広 くプラス圏で推移。インド市場は銀行、エネルギー関連の上伸にけん引...

米クアルコム、5G基地局など通信設備向け半導体に参入へ

米半導体大手クアルコム<QCOM.O>は20日、次世代通信規格「5G」の基地局など通信設備向けの半導体市場に参入する方針を明らかにした。同市場は欧州や中国勢のシェアが大きく、米大手の参入は初めてとなる。

米企業による中国市場への積極的な参入を歓迎=工業情報相

中国の肖亜慶・工業情報相は19日、中国市場に積極的に参入する米国企業を歓迎し、公平で公正な環境市場の整備に努めると述べた。

台湾総統、半導体産業の支援表明 米中貿易戦争で打撃

台湾の蔡英文総統は24日、米中貿易戦争で打撃を受けている台湾の半導体産業を支援する方針を示した。

米中保護主義の高まり、コスト高につながる=TSMC会長

半導体受託生産世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)<2330.TW>の劉徳音(マーク・リュウ)会長は23日、米中の保護主義の高まりはコスト高につながるとの考えを示した。

中国商務省、「信頼できない」企業リストに関する規則を公表

中国商務省は19日、同国が策定を目指す「信頼できない実体の一覧表」に関する規則を公表し、中国の主権や国家安全保障を脅かす外国企業・個人を対象にする方針を示した。

米エヌビディアのアーム買収、憂慮すべき=環球時報

中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は16日付の論説記事で、米半導体大手エヌビディア<NVDA.O>によるソフトバンクグループ<9984.T>傘下の英半導体設計大手アーム・ホールディングスの買収は「憂慮すべき」とし、世界の規制当局に慎重に承認の是非を検討するよう求めた。

米企業、社員の大統領選投票を後押し 有給やフレックスタイム制

米企業各社は、11月の大統領選で社員の投票を後押しするため、様々な取り組みを行っている。投票所に行くための有給休暇を提供したりフレックスタイム制を導入する企業があるほか、新型コロナウイルスの影響でスタッフ不足が予想される投票所でのボランティアを推奨する企業もある。

米クアルコム特許巡りFTCに上訴要請、自動車メーカーなど

米テスラ<TSLA.O>、米フォード・モーター<F.N>、ホンダ<7267.T>、独ダイムラー<DAIGn.DE>などの自動車メーカーを含む企業グループは24日、米連邦取引委員会(FTC)に対し、米クアルコム<QCOM.O>の特許を巡る訴訟について上訴するよう訴えた。

アングル:米国の対ファーウェイ規制強化、ハイテク供給網に再び混乱の恐れ

に対する米国の規制強化により、同社は汎用の半導体へのアクセスすら断ち切られ、ハイテク製品のグローバルサプライチェーンを再び混乱に陥れる──。複数の企業幹部や専門家がこうした見通しを示し、警告を発している。

〔アングル〕-米国の対ファーウェイ規制強化、ハイテク供給網に再び混乱の恐れ

中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)に対する米国の規制強化により、同社は汎用の半導体へのアクセスすら断ち切られ、ハイテク製品のグローバルサプライチェーンを再び混乱に陥れる──。複数の企業幹部や専門家がこうした見通しを示し、警告を発している。

サムスン電子、ソフトバンクG傘下アームに関心との報道否定

韓国のサムスン電子<005930.KS>は4日、同社がソフトバンクグループ<9984.T>傘下の英半導体企業アーム・ホールディングスの少数株式取得を検討しているとの報道を否定した。

コラム:容易でないファーウェイ排除、5G特許が覇権の切り札

西側諸国が自国の通信インフラから中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)製品をむしり取るのは容易ではない。ファーウェイは第5世代(5G)移動通信の特許を宝の山のように抱えているからだ。5Gを巡る何らかの世界統一基準が出現するとき、ファーウェイの技術は通信業者にとって必要不可欠になるかもしれないのだ。

NY市場サマリー(30日)ドル下落、ダウ225ドル安

<為替> このところのドル下落が継続。トランプ大統領が大統領選延期の可能性に言及したことを受けた。ユーロは2年ぶり水準に上昇した。

ダウ225ドル安、米GDPやトランプ氏発言で ナスダックは上昇

米国株式市場では、ダウ平均株価<.DJI>が225ドル安で取引を終えた。さえない経済指標が売りを誘ったほか、トランプ大統領が大統領選延期の可能性に言及したことで、市場心理が悪化した。ハイテク株の多いナスダック総合指数<.IXIC>はプラス圏で引けた。

米クアルコム、7─9月期売上高見通しが予想上回る 株価急伸

との訴訟が和解に達したことが寄与し、市場予想をおおむね上回った。

インド株式市場・序盤=反発、利下げ期待 リライアンス株上昇続く

インド 日本時間14時7 前日比 % 始値 分 SENSEX指数< 36,925.96 + 331.63 + 0.91 36,880.66 .BSESN> 前営業日終値 36,594.33 日本時間14時6 前日比 % 始値 分 NSE指数 10,867.10 + 99.05 + 0.92 10,851.85 前営業日終値 10,768.05 週明け13日午前のインド株式市場の株価は反発した。大半の分野が上昇。この日発 表される6月のインフレ統計を受けて、新型コロナウイルスによる封鎖や感染者増加で打 撃を受けた経済の支援に向け、中央銀行...

米国際開発金融公社、供給網の国内回帰に数百億ドル融資も

米国際開発金融公社(DFC)のアダム・ボーラー最高経営責任者(CEO)は、重要なサプライチェーン(供給網)のリショアリング(国内回帰)を促す計画について、融資額が数百億ドル規模に達する可能性があるとの認識を示した。新型コロナウイルス流行を受けた対策の一環。22日のロイターとのインタビューで明らかにした。

米半導体業界へ228億ドル支援の法案、超党派議員ら提出

超党派の米議員グループは10日、半導体セクターに228億ドル超の支援を提供する法案を提出した。戦略的技術分野で中国との競争が激化する中、米国内で半導体工場の建設を促すのが狙い。

コラム:米上院「対中制裁法案」で団結、一段と高まる危機

米上院による中国への圧力が新たな水準に達している。26日に広まった超党派法案は、中国が香港に対する新たな制限を導入すれば中国の政府当局者や銀行に制裁を科す内容となっている。両国間の緊張は既に高まっており、同法案は緊張をさらに数段階引き上げることになりそうだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up