for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

クアルコム・インク

QCOM.O

現在値

133.21USD

変化

0.00(0.00%)

出来高

7,125,079

本日のレンジ

131.32

 - 

133.63

52週レンジ

101.93

 - 

192.10

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
133.21
始値
131.32
出来高
7,125,079
3か月平均出来高
171.95
高値
133.63
安値
131.32
52週高値
192.10
52週安値
101.93
発行済株式数
1,121.00
時価総額
147,557.20
予想PER
12.81
配当利回り
2.28

次のエベント

Q1 2023 Qualcomm Inc Earnings Release

適時開示

その他

Qualcomm Inc CEO Cristiano Amon's 2022 Total Compensation Was $4.8 Mln - SEC Filing

Qualcomm - Co, Iridium Entered Deal To Bring Satellite-Based Connectivity To Next-Generation Premium Android Phones

Qualcomm Says Snapdragon Ar2 Is In Various Stages Of Development With Oems

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

クアルコム・インクとは

クアルコム(Qualcomm Inc)は、ワイヤレステクノロジー会社である。【事業内容】 第5世代(5G)などの技術の開発、立ち上げ、拡張に取り組む。「Qualcomm CDMA Technologies(QCT)」セグメント、「Qualcomm Technology Licensing(QTL)」セグメント、および「Qualcomm Strategic Initiatives(QSI)」セグメントの3つの事業セグメントで事業を展開する。第3世代(3G)、第4世代(4G)のワイヤレステクノロジー、および5Gワイヤレステクノロジーの提供を専門とする。提供されるテクノロジーと製品は、ネットワーク機器、ブロードバンドゲートウェイ機器、家庭用電化製品、その他の接続デバイスなど、モバイルデバイスやその他のワイヤレス製品で使用される。テクノロジーと製品は、自動車、コンピューティング、モノのインターネット(IoT)、ネットワーキングなど、モバイル以外の業界セグメントやアプリケーションでも使用される。

業種

Communications Equipment

連絡先

5775 Morehouse Dr

SAN DIEGO, CA

92121

United States

+1.858.5871121

https://www.qualcomm.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Mark D. McLaughlin

Independent Chairman of the Board

Cristiano R. Amon

President, Chief Executive Officer, Director

Akash J. Palkhiwala

Chief Financial Officer

Alexander H. Rogers

President - QTL and Global Affairs

Heather Ace

Chief Human Resource Officer

統計

2.15 mean rating - 34 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2020

21.7K

2021

33.5K

2022

44.2K

2023(E)

40.3K
EPS (USD)

2020

4.190

2021

8.540

2022

12.530

2023(E)

10.229
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.52
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.34
株価純資産倍率(四半期)
8.19
株価キャッシュフロー倍率
9.99
総負債/総資本(四半期)
85.95
長期負債/資本(四半期)
75.15
投資利益率(過去12カ月)
39.09
自己資本利益率(過去12カ月)
28.78

最新ニュース

最新ニュース

焦点:ルノーが日産に譲歩、仏側のメリット見えず

日産自動車と仏自動車大手・ルノーは30日、出資比率見直しなどの新たな合意を発表し、20年余りに及ぶ日仏連合を活性化させる大きな一歩と位置付けた。しかし、現時点でルノーにとって新合意のメリットは不明確であり、その具体的な内容は非常に限定的なものになる可能性があると業界筋はみている。

米、ファーウェイへの輸出許可停止=関係筋

[30日 ロイター] - 米バイデン政権は国内企業が手掛ける大半の製品について、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への輸出許可を停止した。事情を知る3人の関係者が明らかにした。

EXCLUSIVE-日産・ルノー、2月6日に提携関係見直しの発表目指す=関係筋

日産自動車と仏自動車大手ルノーが、提携関係の見直しを2月6日にロンドンで正式に発表することを目指していることが26日、分かった。関係者2人がロイターに明らかにした。

EXCLUSIVE-日産・ルノー、2月6日に提携関係見直しの発表目指す=関係筋

日産自動車と仏自動車大手ルノーが、提携関係の見直しを2月6日にロンドンで正式に発表することを目指していることが26日、分かった。関係者2人がロイターに明らかにした。

日産・ルノーきょうトップ会合、資本関係見直しなど協議大詰め

日産自動車と仏自動車大手ルノーの提携関係を見直す交渉が大詰めを迎えている。両社トップは26日に会合を開き、ルノーによる日産への出資比率引き下げなどについて最終的な協議に入る。焦点だった知的財産を巡る問題は合意に向け前進しており、20年以上にわたる提携関係は本格的な電動車時代を前に形を変え、新たな段階へ進む。

日産、ルノーとの提携見直し協議前進 社外取が了承=関係筋

仏自動車大手ルノーと提携関係の見直しを協議している日産自動車が、16日に独立社外取締役を中心とする委員会を開き、難航していた知的財産保護などについて、ルノーから示された譲歩案で交渉を進めることで一致した。同時に進行する資本関係の見直しも併せ、1月中の合意を目指す。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

台湾半導体UMC、需要低迷受け徹底的にコスト抑制

台湾の半導体大手、聯華電子(UMC)は16日、低調な需要や先行きの厳しさを受け、徹底したコスト抑制を図っていると明らかにした。

米アップル、25年にブロードコム製半導体から独自品に移行=BBG

米アップルは、2025年に自社デバイスで米ブロードコム製半導体の使用を中止し、独自設計品に切り替える計画。ブルームバーグが9日、関係者の話として報じた。

米アップル、25年にブロードコム製半導体から独自品に移行=BBG

米アップルは、2025年に自社デバイスで米ブロードコム製半導体の使用を中止し、独自設計品に切り替える計画。ブルームバーグが9日、関係者の話として報じた。

ソニーとホンダ、EVの試作車公開 クアルコムの半導体採用

ソニーグループとホンダが立ち上げた電気自動車の合弁会社ソニー・ホンダモビリティは4日(現地時間)、米ラスベガスで5日から始まるテクノロジー見本市「CES」に出展する試作車を公開した。米クアルコムの半導体を採用する。

日産・ルノー交渉、年内合意見送り EV知財で主張に隔たり=関係筋

日産自動車と仏自動車大手ルノーとの提携関係見直しに関する協議が長引いている。電気自動車(EV)関連の特許など知的財産の取り扱いで両社の主張には依然、隔たりがあり、同時に進めているルノーによる日産への出資比率引き下げ交渉も合意に至っていない。年内の決着は厳しい情勢だ。交渉に詳しい日産関係者4人が明らかにした。

ルノーとの協議、内容公表には少し時間 「知財は当然論議」=日産社長

日産自動車の内田誠社長は9日、2023年3月期決算会見で、連合(アライアンス)を組む仏ルノーの内燃機関車・電気自動車(EV)各部門の新会社への参画を検討する協議で知的財産が論点になっていることについて問われ、「ビジネスのコモンセンス(常識)として普通に論議するもの」とし、常識を持ちながらしっかり話をすると述べた。具体的な協議内容の公表には「もう少し時間をいただきたい」と話した。

NY市場サマリー(3日)ドル堅調・利回り上昇、株4日続落 米利上げ継続予想で

<為替> ドルが主要通貨に対して上昇した。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が前日、金利のピークはFRB当局者が前回9月の会合で予想した水準を超える可能性があるという認識を示したことが背景。

米国株式市場=4日続落、利上げ長期化巡る懸念で

米国株式市場は4日続落。3日発表された一連の指標は、米連邦準備理事会(FRB)が予想よりも長期間利上げを継続するという観測を変更するには至らなかった。

米クアルコム、10━12月売上高見通しが予想下回る スマホ需要弱く

[2日 ロイター] - 米半導体大手クアルコムは2日、スマートフォン販売の急減を受け、2023年第1・四半期(10━12月)の売上高が92億─100億ドルになるという見通しを示した。市場予想を少なくとも20億ドル下回った。

米クアルコムの10━12月売上高見通し、予想を20億ドル下回る

[2日 ロイター] - 米半導体大手クアルコムは2日、スマートフォン販売の急減を受け、2023年第1・四半期(10━12月)の売上高が92億─100億ドルになるという見通しを示し、市場予想を少なくとも20億ドル下回った。

米デュポン、電子部材ロジャースの買収断念 中国の承認得られず

[1日 ロイター] - 米化学大手デュポンは1日、電子部材を手掛ける米ロジャースを52億ドルで買収する計画を断念すると発表した。必要な規制当局の承認を得られなかったためで、買収断念はロジャース側と合意済みと説明した。

パウエル議長会見に注目、政策見通しが鍵=今週の米株式市場

31日から始まる週の米株式市場では、米連邦準備理事会(FRB)が積極的な金融引き締めについてどのような見通しを示すかが注目される。ハイテク大手などの失望を誘う決算にもかかわらず上昇してきた米株にとって正念場となる可能性がある。

台湾半導体産業、中台・米中の緊張が深刻な試練=TSMC会長

[新竹(台湾) 19日 ロイター] - 半導体受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)の劉徳音会長は19日、台湾と中国、そして米国と中国の間の緊張の高まりは半導体業界にとって「より深刻な」試練となっているとの見方を示した。

NY市場サマリー(10日)株式続落、ドル上昇

<為替> ドルが4日続伸した。今週発表される米インフレ指標待ちとなっている。一方、英ポンドはイングランド銀行(英中央銀行)が国債市場安定化策の長期国債買い入れ措置の上限倍増を発表したものの4日続落した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up