for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

クアルコム・インク

QCOM.O

現在値

142.44USD

変化

0.00(0.00%)

出来高

9,303,418

本日のレンジ

140.14

 - 

142.91

52週レンジ

90.57

 - 

167.94

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
142.44
始値
141.27
出来高
9,303,418
3か月平均出来高
168.46
高値
142.91
安値
140.14
52週高値
167.94
52週安値
90.57
発行済株式数
1,128.00
時価総額
158,969.00
予想PER
18.11
配当利回り
1.93

次のエベント

Dividend For QCOM.OQ - 0.6800 USD

適時開示

その他

Qualcomm Inc Says QTRLY Earnings Per Share $1.77 QTRLY Non-GAAP Earnings Per Share $1.92

Qualcomm Sets Quarterly Cash Dividend Of $0.68 Per Share

Capgemini And Qualcomm To Collaborate On 5G Private Networks For Businesses

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

クアルコム・インクとは

クアルコム(Qualcomm Inc)は、ワイヤレステクノロジー会社である。【事業内容】 第5世代(5G)などの技術の開発、立ち上げ、拡張に取り組む。「Qualcomm CDMA Technologies(QCT)」セグメント、「Qualcomm Technology Licensing(QTL)」セグメント、および「Qualcomm Strategic Initiatives(QSI)」セグメントの3つの事業セグメントで事業を展開する。第3世代(3G)、第4世代(4G)のワイヤレステクノロジー、および5Gワイヤレステクノロジーの提供を専門とする。提供されるテクノロジーと製品は、ネットワーク機器、ブロードバンドゲートウェイ機器、家庭用電化製品、その他の接続デバイスなど、モバイルデバイスやその他のワイヤレス製品で使用される。テクノロジーと製品は、自動車、コンピューティング、モノのインターネット(IoT)、ネットワーキングなど、モバイル以外の業界セグメントやアプリケーションでも使用される。

業種

Communications Equipment

連絡先

5775 Morehouse Dr

SAN DIEGO, CA

92121-1714

United States

+1.858.5871121

https://www.qualcomm.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Mark D. McLaughlin

Independent Chairman of the Board

Cristiano R. Amon

President, Chief Executive Officer

Akash J. Palkhiwala

Chief Financial Officer, Executive Vice President

James H. Thompson

Chief Technology Officer, Executive Vice President - Engineering - QTI

Donald J. Rosenberg

Executive Vice President, General Counsel, Corporate Secretary

統計

2.00 mean rating - 35 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

22.7K

2019

19.4K

2020

21.7K

2021(E)

32.2K
EPS (USD)

2018

3.690

2019

3.540

2020

4.190

2021(E)

7.780
株価売上高倍率(過去12カ月)
20.19
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.41
株価純資産倍率(四半期)
21.43
株価キャッシュフロー倍率
16.78
総負債/総資本(四半期)
211.95
長期負債/資本(四半期)
205.21
投資利益率(過去12カ月)
31.92
自己資本利益率(過去12カ月)
23.22

最新ニュース

最新ニュース

米クアルコム、7─9月期売上高見通しが予想上回る 供給が改善

米半導体大手・クアルコムが28日発表した第4・四半期の売上高見通しは、市場予想を上回った。米アップルのiPhoneを含む次世代通信規格「5G」対応機種の販売拡大のほか、携帯電話向け以外の半導体の伸びが寄与するという。同社は世界的な半導体不足につながっている供給のひっ迫が緩和されたとの認識を示した。

UPDATE 1-米クアルコム、7─9月期売上高見通しが予想上回る 供給が改善

米半導体大手・クアルコムが28日発表した第4・四半期の売上高見通しは、市場予想を上回った。米アップルのiPhoneを含む次世代通信規格「5G」対応機種の販売拡大のほか、携帯電話向け以外の半導体の伸びが寄与するという。同社は世界的な半導体不足につながっている供給のひっ迫が緩和されたとの認識を示した。

米アップル4─6月は予想上回る、半導体不足iPhoneに影響へ

米アップルが27日発表した第3・四半期決算(6月26日まで)は、売上高と利益が市場予想を上回った。次世代通信規格「5G」対応iPhoneの販売やサブスクリプション(定額課金)サービスへの加入が好調だった。

UPDATE 2-米アップル4─6月は予想上回る、半導体不足iPhoneに影響へ

米アップルが27日発表した第3・四半期決算(6月26日まで)は、売上高と利益が市場予想を上回った。次世代通信規格「5G」対応iPhoneの販売やサブスクリプション(定額課金)サービスへの加入が好調だった。

米AMD、第2四半期は予想超え 強気の売上高見通しで株価上昇

米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)が27日に発表した第2・四半期決算は、売上高と利益が予想を上回った。データセンターやゲーム機向け半導体の需要拡大を見込み、第3・四半期の売上高についても市場予想を上回る見通しを示した。

米国株式市場=6営業日ぶり反落、ハイテク決算やFOMC控え警戒感

米国株式市場は6営業日ぶりに反落し、ダウ工業株30種は85ドル安で取引を終えた。大手ハイテク企業の決算発表や連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を控え、警戒感が広がった。

NY市場サマリー(27日)株式6営業日ぶり反落、ドル下落

<為替> ドルが主要通貨バスケットに対し小幅下落。米連邦準備理事会(FRB)が27─28日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、量的緩和の縮小(テーパリング)開始時期を巡り何らかの手掛かりを示すか注目されている。

インテルとTI、需要見通し対照的 半導体他社の決算に注目

米半導体大手のテキサス・インスツルメンツ(TI)とインテルが直近決算発表時に示した需要見通しは対照的な内容だった。投資家は26日からの週に予定されている他の半導体メーカーの企業決算で今後の需要動向を見極める必要がある。

台湾TSMC、第2四半期は11%増益 半導体需要続く見通し

半導体受託生産世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が15日発表した第2・四半期決算は、純利益が11%増の1344億台湾ドル(48億1000万米ドル)となった。昨年同期は1208億台湾ドルだった。

台湾TSMC、第2四半期は11%増益 売上高が過去最高に

半導体受託生産世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC) が15日発表した第2・四半期決算は、純利益が11%増の1344億台湾ドル(48億1000万米ドル)となった。昨年同期は1208台湾億ドルだった。

米クアルコム、「5Gミリ波」サービス展開で通信40社余りと協力へ

米半導体大手クアルコムは28日、第5世代(5G)移動通信システムの中で「ミリ波」を使うサービスの展開で40社を超える通信企業と協力していく方針だ。世界最大級の通信関連見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」で明らかにした。

韓国、国内企業の投資促進に向けたインセンティブを米に要請

韓国大統領府は21日、米政府に対し、韓国企業の対米投資促進に向け、税控除や電力・水の安定供給への支援などのインセンティブを要請したと発表した。

サムスン、非メモリー半導体投資1510億ドルに拡大 政府も税優遇拡大

韓国のサムスン電子は13日、2030年までに非メモリー半導体に171兆ウォン(1510億ドル)を投資すると発表した。19年に発表した目標額(133兆ウォン)を引き上げた。

サムスン電子、非メモリー半導体の投資増額 30年までに1510億ドル

韓国のサムスン電子は13日、2030年までに非メモリー半導体に171兆ウォン(1511億ドル)を投資すると発表した。

米クアルコム、4─6月期見通しが市場予想上回る 供給網が改善

米半導体大手クアルコムが28日発表した第3・四半期(4─6月)の売上高および調整後利益見通しは市場予想を上回った。次世代通信規格「5G」対応機種への買い替え需要などを受け供給面での制約が緩和しているという。

中国市場監督当局、アリババとミンメタルズの合弁事業を調査

中国国家市場監督管理総局(SAMR)は、同国の電子商取引大手、アリババ・グループとミンメタルズ・デベロップメント(五鉱発展)の合弁事業を調査している。ミンメタルズが19日、明らかにした。

コラム:巨額罰金のアリババ、頭上に光る中国当局の「鋭い剣」

中国の電子商取引最大手、アリババ・グループは、長い執行猶予期間に入った。自社サイトの出店者が他のプラットフォームに出店するのを禁じたとして科された28億ドルの罰金は、中国の電子商取引の巨人が市場支配力を乱用した罰則としては軽い。しかし、健全な競争を促進せよ、という命令は、深刻なダメージとなり得る一層の変革につながる可能性をはらむ。傘下の金融会社アントの新規株式公開(IPO)の中止と共に、中国当局はテクノロジーの巨人を厳しく取り締まっている。

アングル:半導体が世界的に不足する事情と、大問題になる理由

自動車の納車遅延から家電製品の供給不足、さらには高額スマートフォンに至るまで、世界各地の関連企業や消費者が前代未聞の半導体不足の打撃に直面している。

台湾TSMC、今後3年間に1000億ドル投資 半導体需要増に対応

台湾積体電路製造(TSMC)は1日、半導体工場の生産能力拡大に向け、今後3年間に1000億ドルを投資する計画を発表した。

サムスン電子のテキサス州半導体工場、生産が通常水準近くに

韓国のサムスン電子は30日、米テキサス州オースティンの半導体工場の生産が、先週時点で通常の水準近くまで戻ったことを明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up