for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Royal Caribbean Cruises Ltd

RCL.N

現在値

93.52USD

変化

1.89(+2.06%)

出来高

502,211

本日のレンジ

89.28

 - 

93.66

52週レンジ

19.26

 - 

99.23

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
91.63
始値
91.00
出来高
502,211
3か月平均出来高
98.39
高値
93.66
安値
89.28
52週高値
99.23
52週安値
19.26
発行済株式数
237.40
時価総額
21,752.83
予想PER
-6.88
配当利回り
--

次のエベント

Q1 2021 Royal Caribbean Cruises Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Royal Caribbean Group Reports On 2020 Results And Provides Business Update

Royal Caribbean Group Says On Feb. 12 Royal Caribbean Cruises Ltd Amended Our $1.55 Bln Unsecured Revolving Credit Facility Due 2022

Royal Caribbean Group Enters Definitive Agreement To Sell Its Azamara Brand To Sycamore Partners

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Royal Caribbean Cruises Ltdとは

ロイヤル・カリビアン・クルーズ(Royal Caribbean Cruises Ltd.)はクルーズ会社である。【事業内容】同社は「Royal Caribbean International」、「Celebrity Cruises」、「Azamara Club Cruises」という3つのブランドで運営する。同社はまたドイツブランド「TUI Cruises」、スペインブランド「Pullmantur」と中国ブランド「SkySea Cruises」への所有権を有する。Royal Caribbean Internationalはアラスカ、アジア、オーストラリア、カナダ、カリブ海、パナマ運河、ニュージーランドなどにある旅程を2〜24泊の範囲で提供する。

業種

Water Transportation

連絡先

1050 Caribbean Way

MIAMI, FL

33132-2028

United States

+1.305.5396000

https://www.royalcaribbean.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Richard D. Fain

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Jason T. Liberty

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Michael W. Bayley

President and Chief Executive Officer of Royal Caribbean International

Lisa Lutoff-Perlo

President and Chief Executive Officer of Celebrity Cruises

Lawrence Pimentel

President and Chief Executive Officer - Azamara Club Cruises

統計

2.65 mean rating - 17 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

9.5K

2019

11.0K

2020

2.2K

2021(E)

3.4K
EPS (USD)

2018

8.860

2019

9.540

2020

-18.310

2021(E)

-13.855
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.85
株価純資産倍率(四半期)
2.48
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
220.63
長期負債/資本(四半期)
204.98
投資利益率(過去12カ月)
-23.23
自己資本利益率(過去12カ月)
-18.40

最新ニュース

最新ニュース

UPDATE 1-NY市場サマリー(28日)ユーロが対円・ポンドで上昇、米国株式市場は主要指数が最高値

(レートを更新し、米国株式市場のリポート内容を追加しました) [28日 ロイター] - <為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、英国と欧州連合(EU)との通商協定 合意を受けリスク選好度が高まったことから、ユーロが上昇した。 英国とEUは24日、自由貿易協定(FTA)を含む将来の関係を巡る交渉で合意し た。EUを離脱した英国が加盟国とほぼ同等に扱われる移行期間が31日に終了する前に 合意にこぎつけたことで、離脱に伴う混乱が回避された。 コメルツ銀行の為替リサーチ責任者、ウルリッヒ・ロイヒトマン氏は「無秩序なブレ グジット(英EU離脱)...

米株主要指数が最高値更新、追加経済対策成立で

米国株式市場は続伸し、主要指数が最高値を更新して取引を終えた。新型コロナウイルス追加経済対策法案がトランプ大統領の署名を受けて成立したことで、景気回復への期待が高まった。

シンガポール、遊覧クルーズ船が感染者発生で引き返す

シンガポールで、ロイヤル・カリビアン・インターナショナルの「どこにも寄港しないクルーズ」のクルーズ船が、乗客の1人が新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たため、港に引き返し乗客約2000人が船内に隔離される事態になった。

NY市場サマリー(12日)ドル安定的、ダウ300ドル超安

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場ではドルが安定的に推移した。欧米での新型コロナウイルス感染第2波を受けた投資家の慎重姿勢がコロナワクチンを巡る期待を上回った。

ダウ300ドル超安、新型コロナ感染拡大巡る懸念が再燃

米国株式市場は下落して取引を終えた。米国内で新型コロナウイルス感染者が急増する中、有効なワクチンの大量配布が可能になる時期を巡る懸念が高まった。

NY市場サマリー(12日)ドル安定的、ダウ300ドル超安

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場ではドルが安定的に推移した。欧米での新型 コロナウイルス感染第2波を受けた投資家の慎重姿勢がコロナワクチンを巡る期待を上回 った。 ニューヨーク時間のドル指数は0.01%高。アジア時間で安値を付けた後、 ロンドン時間ではやや値を戻していた。 米労働省が12日に発表した11月7日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節 調整済み)は、70万9000件と前週から4万8000件減少し、3月以来の水準に改 善した。ただ、ドルへの影響は限られた。 この日は米欧英中銀のパネルディスカッションが開催されたが、新たな...

米クルーズ業界、運航休止期間を12月31日まで延長

世界の外航クルーズの95%を占める業界団体「クルーズライン国際協会(CLIA)」は3日、米国のクルーズ船運航休止期間を12月31日まで延長すると発表した。

米ロイヤル・カリビアン、クルーズ船運航を年末まで停止

米クルーズ運航会社ロイヤル・カリビアン・グループ<RCL.N>は2日、年末まで全てのクルーズ船の運航を停止すると発表した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が続いていることが背景。

米CDC、クルーズ船の運航再開に向けた枠組み公表

米疾病対策センター(CDC)は30日、クルーズ船の段階的な運航再開に向けた枠組みを発表した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け今年3月に運航禁止令が出されたが、31日に期限切れとなる。

ダウ650ドル安、コロナ感染急拡大や経済対策巡る不透明感が圧迫

米国株式市場は薄商いの中、大幅安となった。新型コロナウイルス感染者が急増し、追加のコロナ経済対策合意を巡る不透明感が増したことを受け、S&P総合500種は4週間ぶりの大幅な下げ率を記録した。

NY市場サマリー(26日)ダウ650ドル安、ドル上昇

<為替> 欧米で新型コロナウイルス感染が再拡大する中、安全通貨としてのドルに買いが入った。米国の追加新型ウイルス経済対策を巡る協議に進展が見られないことも安全買いにつながっている。

NY市場サマリー(15日)ドル1カ月ぶり安値、米株上昇

<為替> リスク心理改善を受けてドルが1カ月ぶり安値を付けた。新型コロナウイルスワクチン開発で進展が見られたことから、株式が上昇したほかコモディティー通貨が強含んだ。

米株上昇、コロナワクチンへの期待やゴールドマンの好決算で

米国株式市場は上昇して取引を終えた。新型コロナウイルス感染症ワクチンを巡り有望な初期データが示されたほか、ゴールドマン・サックスの堅調な四半期決算が追い風となった。

米国株式市場は上昇、追加刺激策への期待でハイテク株に買い

米国株式市場では、主要3指数がそろって上昇して終了した。新型コロナウイルス感染が再び拡大していることに懸念が台頭しているものの、一段の景気刺激策導入への期待を背景にハイテク株を中心に買いが入った。

ダウとS&P下落、コロナ感染拡大で回復への楽観論後退

米国株式市場はS&P総合500種<.SPX>が下落して取引を終えた。新型コロナウイルス感染者が増加し、新たな抑制措置実施への懸念が広がったことで、経済回復の兆しを巡る投資家の楽観姿勢が後退した。

米株急落、ダウ1861ドル安 新型コロナ感染第2波に懸念

米国株式市場では主要3指数が5%超下落し、3月中旬以来の大幅な下げとなった。ダウ工業株30種<.DJI>は1861ドル(6.9%)急落した。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で示された厳しい経済見通しを織り込む中で、新型コロナウイルスの感染第2波を巡る懸念が再燃した。

NY市場サマリー(11日)円など安全通貨上昇、米株大幅安

<為替> 円、スイスフランなど安全とみられる通貨が上昇。新型コロナウイルス後のV字回復期待が後退する中、円は対ドルで1カ月ぶり高値を付けたほか、スイスフランも3カ月ぶり高値を付けた。一方、ユーロや英ポンド、豪ドルなどは値下がりした。

〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(21日現在)

米厚生省は21日、英製薬大手アストラゼネカ<AZN.L>と英オックスフォード大学が開発を進めている新型コロナウイルスのワクチン開発に最大12億ドルの資金援助を行うと発表した。ワクチンを3億回分発注したことも明らかにした。

ロイヤル・カリビアン、第2四半期は赤字見込む 7月末まで運航中止延長

クルーズ運航大手、ロイヤル・カリビアン・クルーズ<RCL.N>は20日、第2・四半期は赤字になるとの見通しを示した。新型コロナウイルスの感染拡大を抑制する渡航制限を背景に旅行のキャンセルが相次ぐ中で、債務が膨らんでいるという。

〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(21日現在)

米連邦準備理事会(FRB)が20日公表した4月28─29日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨によると、政策当局者らは新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、金融政策の効果を上げるために今後何ができ、何をすべきかという広範な議論を始めたことが分かった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up