for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Royal Caribbean Cruises Ltd

RCL.N

現在値

43.47USD

変化

-0.38(-0.87%)

出来高

1,716,434

本日のレンジ

41.47

 - 

43.77

52週レンジ

31.09

 - 

98.21

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
43.85
始値
42.12
出来高
1,716,434
3か月平均出来高
163.77
高値
43.77
安値
41.47
52週高値
98.21
52週安値
31.09
発行済株式数
255.06
時価総額
9,587.68
予想PER
-6.08
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2022 Royal Caribbean Cruises Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Royal Caribbean Group Announces Pricing Of $1 Billion Offering Of Senior Guaranteed Notes And $1 Billion Offering Of Senior Secured Notes To Refinance 2023 Debt Maturities

Royal Caribbean Amended Loan Agreement With Bank Of America To Extend Maturity Date

Royal Caribbean Extends Drawing Availability Period Under $700 Mln Liquidity Facility To August 11, 2023

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Royal Caribbean Cruises Ltdとは

ロイヤル・カリビアン・クルーズ(Royal Caribbean Cruises Ltd)は、クルーズ事業を行う会社である。【事業内容】「Royal Caribbean International」、「Celebrity Cruises」及び「Silversea Cruises」の3つのグローバルクルーズバケーションブランドの所有・運営を行う。また、TUI Cruises及びHapag-Lloyd Cruisesの合弁事業の持分を所有する。ブランドは約58隻の船を運航し、さらに15隻が注文される。Royal Caribbean Internationalは、アラスカ、アジア、オーストラリア、バハマ、バミューダ、カナダ、カリブ海、ヨーロッパ、パナマ運河、ニュージーランド等の目的地への2から24までの泊の各種旅程を提供する。

業種

Water Transportation

連絡先

1050 Caribbean Way

MIAMI, FL

33132

United States

+1.305.5396000

https://www.royalcaribbeangroup.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Richard D. Fain

Chairman of the Board

Jason T. Liberty

President, Chief Executive Officer, Director

Naftali Holtz

Chief Financial Officer

Michael W. Bayley

President and Chief Executive Officer of Royal Caribbean International

Lisa Lutoff-Perlo

President and Chief Executive Officer of Celebrity Cruises

統計

2.39 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

11.0K

2020

2.2K

2021

1.5K

2022(E)

8.9K
EPS (USD)

2019

9.540

2020

-18.310

2021

-19.190

2022(E)

-6.923
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.05
株価純資産倍率(四半期)
2.82
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
683.12
長期負債/資本(四半期)
522.25
投資利益率(過去12カ月)
-17.45
自己資本利益率(過去12カ月)
-13.22

最新ニュース

最新ニュース

ノルウェージャン、コロナ検査・マスク着用義務撤廃 株価4%高

[3日 ロイター] - 米クルーズ運航会社ノルウェージャン・クルーズライン・ホールディングスは3日、新型コロナウイルス規制を緩和し、4日から検査やマスク着用、ワクチン接種義務を撤廃すると発表した。

ロイヤル・カリビアン、第2四半期は赤字縮小 全客船運航再開

米クルーズ運航会社ロイヤル・カリビアン・グループが28日発表した第2・四半期決算は、売上高が21億8000万ドルと市場予想の21億1000万ドルを上回った。純損益は5億2160万ドルの純損失で、前年同期の13億5000万ドルから赤字が縮小。一時費用を除くと1株2.08ドルの純損失で、市場予想の2.20ドルより縮小した。

米CDC、クルーズ船利用の警戒引き下げ コロナ感染減少で

米疾病対策センター(CDC)は15日、米国人のクルーズ船利用に対する警戒勧告レベルを最高から1段階引き下げた。引き下げは7週間ぶり。

米クルーズ2社が一部運航中止、オミクロン株巡る懸念で

米クルーズ運航会社のロイヤル・カリビアン・クルーズとノルウェージャン・クルーズライン・ホールディングスは5日、新型コロナウイルスのオミクロン変異株を巡る懸念拡大を受け、一部クルーズ船の運航中止を発表した。

香港、米英など8カ国からの航空機乗り入れ禁止 コロナ対策強化

香港政府は5日、米英など8カ国からの航空便乗り入れを2週間禁止すると発表した。また新型コロナウイルス感染抑制のための行動制限を強化する。

米当局、クルーズ船旅行の自粛要請 ワクチン接種でも 感染者増で

米疾病対策センター(CDC)は30日、クルーズ客船上で新型コロナウイルス感染の症例が増加していることを受け、ワクチン接種の有無にかかわらず、クルーズ船での旅行を控えるよう勧告した。

NY市場サマリー(27日)S&P最高値、短期債利回りやや上昇

2年債入札の最高落札利回りは0.769%と、入札前取引の水準を約0.5ベーシスポイント(bp)上回った。応札倍率は2.55倍。

米国株式市場=S&P最高値、小売売上高の堅調を好感

米国株式市場は、S&P総合500種が過去最高値で終了し、4日続伸となった。堅調な米小売売上高関連データが発表されて米経済への楽観が強まり、新型コロナウイルスのオミクロン変異株対策の渡航規制を巡る懸念が緩和された。

米CDC、コロナ感染受けクルーズ船68隻を調査

米疾病対策センター(CDC)は27日、クルーズ船上で新型コロナウイルス感染が確認されたことを受け、合計68隻のクルーズ船に対する調査に着手したと明らかにした。

米国発着便と国内便、27日も約1000便欠航 コロナに加え悪天候も影響

米国の航空会社が27日に米国発着便および国内便約1000便を欠航にしたことが、航空機の運航状況を追跡するウェブサイト「フライトアウェア」の集計で分かった。国内で新型コロナウイルスのオミクロン変異株による感染が拡大していることに加え、一部地域が悪天候に見舞われていることが響いた。

米国発着便と国内便、27日も740便欠航 オミクロン感染拡大で

米国の航空会社が27日早朝までに米国発着便および国内便計約740便を欠航にしたことが、航空機の運航状況を追跡するウェブサイト「フライトアウェア」の集計で分かった。国内で新型コロナウイルスのオミクロン変異株による感染が拡大しているため。

米国発着便と国内便、26日も1300便以上欠航 オミクロン拡大で

米国の航空会社は26日に米国発着便および国内便計1300便以上を欠航にした。新型コロナウイルス感染者急増を受け、一部のパイロットや乗員が隔離義務で搭乗できなくなった影響が出た。空の便が例年混雑するクリスマス休みに運航スケジュールが大きく乱れている。

米クルーズ船で48人がコロナ陽性、大半がワクチン接種済み

米クルーズ運航大手ロイヤル・カリビアン・グループは20日、クルーズ船「シンフォニー・オブ・ザ・シーズ」に乗船していた48人から新型コロナウイルスの陽性反応が出たと発表した。

NY市場サマリー(13日)ドル上昇、利回り低下、株式は反落

<為替> ニューヨーク外為市場ではドルが上昇した。週内に一連の世界の主要中央銀行の政策決定会合を控える中、米連邦準備理事会(FRB)はテーパリング(量的緩和の縮小)加速を決定するとの見方が出ていることが背景。

NY市場サマリー(13日)ドル上昇、利回り低下、株式は反落

<為替> ニューヨーク外為市場ではドルが上昇した。週内に一連の世界の主要中央 銀行の政策決定会合を控える中、米連邦準備理事会(FRB)はテーパリング(量的緩和 の縮小)加速を決定するとの見方が出ていることが背景。 今週はFRBに加え、欧州中央銀行(ECB)、日銀、イングランド銀行(英中央銀 行)、スイス国立銀行(SNB)などが政策決定会合を開催する。 FRBはECBよりも速く金融引き締めに動くとの見方から、ユーロは下 落し、終盤の取引で0.2%安の1.1291ドル。 ドルは対円で0.1%高の113.49円。 主要6通貨に対するドル指数は...

米国株式市場=反落、オミクロン株やFOMC巡る警戒感で

米国株式市場は反落して取引を終えた。米連邦公開市場委員会(FOMC)を週内に控えているほか、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」を巡る懸念からクルーズ船や航空など旅行関連株が売られた。

米国株式市場=反落、オミクロン株やFOMC巡る警戒感で

米国株式市場は反落して取引を終えた。 米連邦公開市場委員会(FOMC)を週内に控えているほか、新型コロ ナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」を巡る懸念からクルーズ船 や航空など旅行関連株が売られた。 英国のジョンソン首相は13日、オミクロン株への感染によって英 国で少なくとも1人の死亡が確認されたと明らかにした。オミクロン株 は現在、ロンドン市内の感染の40%を占めているとして、警戒を呼び 掛けている。 ノルウェージャン・クルーズ・ライン・ホールディングス 、カーニバル、ロイヤル・カリビアンはいずれも4%超 、S&P1500航空指数...

米国株式市場=小幅続伸、コロナワクチン巡る好材料受け

米国株式市場は小幅に続伸して取引を終えた。米ファイザー/独ビオンテックの新型コロナウイルスワクチンに関する前向きな材料を好感した。

NY市場サマリー(8日)ドル下落、株式小幅続伸

<為替> ドルが主要通貨に対して下落した。新型コロナウイルスのオミクロン変異株による経済的打撃を巡る懸念が後退したことでリスク通貨が上昇。豪ドルは3日連続高となった。

NY市場サマリー(26日)米株急落、日本円・スイスフラン上昇

<為替> 日本円とスイスフランが上昇した。現在の新型コロナウイルスワクチンに耐性を持つ可能性のある新たな変異株が検出されたことを受け、安全通貨に資金が流入した。一方、ドルは利益確定売りに押された。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up