for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Royal Caribbean Cruises Ltd

RCL.N

現在値

65.45USD

変化

-3.30(-4.80%)

出来高

2,355,315

本日のレンジ

64.55

 - 

69.01

52週レンジ

19.26

 - 

135.22

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
68.75
始値
68.32
出来高
2,355,315
3か月平均出来高
235.27
高値
69.01
安値
64.55
52週高値
135.22
52週安値
19.26
発行済株式数
214.67
時価総額
14,050.02
予想PER
-3.81
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2020 Royal Caribbean Cruises Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Royal Caribbean Reports Q2 Adjusted Loss Per Share $6.13

Royal Caribbean Cruises- On July 28, Amended $1.55 Bln Unsecured Revolving Credit Facility Due 2022

Royal Caribbean Cruises Says Co Now Known By New Moniker Royal Caribbean Group

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Royal Caribbean Cruises Ltdとは

ロイヤル・カリビアン・クルーズ(Royal Caribbean Cruises Ltd.)はクルーズ会社である。【事業内容】同社は「Royal Caribbean International」、「Celebrity Cruises」、「Azamara Club Cruises」という3つのブランドで運営する。同社はまたドイツブランド「TUI Cruises」、スペインブランド「Pullmantur」と中国ブランド「SkySea Cruises」への所有権を有する。Royal Caribbean Internationalはアラスカ、アジア、オーストラリア、カナダ、カリブ海、パナマ運河、ニュージーランドなどにある旅程を2〜24泊の範囲で提供する。

業種

Water Transportation

連絡先

1050 Caribbean Way

MIAMI, FL

33132-2028

United States

+1.305.5396000

https://www.royalcaribbean.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Richard D. Fain

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Jason T. Liberty

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Michael W. Bayley

President and Chief Executive Officer of Royal Caribbean International

Lisa Lutoff-Perlo

President and Chief Executive Officer of Celebrity Cruises

Lawrence Pimentel

President and Chief Executive Officer - Azamara Club Cruises

統計

2.61 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

8.8K

2018

9.5K

2019

11.0K

2020(E)

2.4K
EPS (USD)

2017

7.530

2018

8.860

2019

9.540

2020(E)

-17.530
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.78
株価純資産倍率(四半期)
1.53
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
210.05
長期負債/資本(四半期)
198.05
投資利益率(過去12カ月)
-7.65
自己資本利益率(過去12カ月)
-6.01

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(15日)ドル1カ月ぶり安値、米株上昇

<為替> リスク心理改善を受けてドルが1カ月ぶり安値を付けた。新型コロナウイルスワクチン開発で進展が見られたことから、株式が上昇したほかコモディティー通貨が強含んだ。

米株上昇、コロナワクチンへの期待やゴールドマンの好決算で

米国株式市場は上昇して取引を終えた。新型コロナウイルス感染症ワクチンを巡り有望な初期データが示されたほか、ゴールドマン・サックスの堅調な四半期決算が追い風となった。

米国株式市場は上昇、追加刺激策への期待でハイテク株に買い

米国株式市場では、主要3指数がそろって上昇して終了した。新型コロナウイルス感染が再び拡大していることに懸念が台頭しているものの、一段の景気刺激策導入への期待を背景にハイテク株を中心に買いが入った。

ダウとS&P下落、コロナ感染拡大で回復への楽観論後退

米国株式市場はS&P総合500種<.SPX>が下落して取引を終えた。新型コロナウイルス感染者が増加し、新たな抑制措置実施への懸念が広がったことで、経済回復の兆しを巡る投資家の楽観姿勢が後退した。

米株急落、ダウ1861ドル安 新型コロナ感染第2波に懸念

米国株式市場では主要3指数が5%超下落し、3月中旬以来の大幅な下げとなった。ダウ工業株30種<.DJI>は1861ドル(6.9%)急落した。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で示された厳しい経済見通しを織り込む中で、新型コロナウイルスの感染第2波を巡る懸念が再燃した。

NY市場サマリー(11日)円など安全通貨上昇、米株大幅安

<為替> 円、スイスフランなど安全とみられる通貨が上昇。新型コロナウイルス後のV字回復期待が後退する中、円は対ドルで1カ月ぶり高値を付けたほか、スイスフランも3カ月ぶり高値を付けた。一方、ユーロや英ポンド、豪ドルなどは値下がりした。

〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(21日現在)

米厚生省は21日、英製薬大手アストラゼネカ<AZN.L>と英オックスフォード大学が開発を進めている新型コロナウイルスのワクチン開発に最大12億ドルの資金援助を行うと発表した。ワクチンを3億回分発注したことも明らかにした。

ロイヤル・カリビアン、第2四半期は赤字見込む 7月末まで運航中止延長

クルーズ運航大手、ロイヤル・カリビアン・クルーズ<RCL.N>は20日、第2・四半期は赤字になるとの見通しを示した。新型コロナウイルスの感染拡大を抑制する渡航制限を背景に旅行のキャンセルが相次ぐ中で、債務が膨らんでいるという。

〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(21日現在)

米連邦準備理事会(FRB)が20日公表した4月28─29日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨によると、政策当局者らは新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、金融政策の効果を上げるために今後何ができ、何をすべきかという広範な議論を始めたことが分かった。

ロイヤル・カリビアン、第2四半期は赤字想定 新型コロナが影響

クルーズ運航大手ロイヤル・カリビアン・クルーズは20日、第2・四半期は赤字になるとの見通しを示した。新型コロナウイルスの感染拡大を抑制する渡航制限を背景に旅行のキャンセルが相次ぐ中で、債務が膨らんでいるという。

NY市場サマリー(18日)株価急伸、ユーロ大幅高

<為替> ユーロがドルやスイスフランに対して大幅高。フランスとドイツが18日、新型コロナウイルスの打撃を受けた加盟国への支援として、5000億ユーロ(5430億ドル)規模の復興基金の創設を提案したことが材料となった。

米株、ワクチン開発期待で大幅高 S&P10週ぶり高値

米国株式市場は急伸。S&P総合500種は終値ベースで10週間ぶりの高値を付けた。新型コロナウイルスのワクチン開発に対する期待感が高まったほか、追加の新型コロナ対策を巡る当局者発言も追い風となった。

ダウ516ドル安、FRB議長がコロナで経済は「長期低迷」と発言

米国株式市場は続落し、ダウ平均は516ドル安で取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が、新型コロナウイルス感染拡大によって米経済が「長期」にわたり低迷する恐れがあるとの見通しを示したことが重しとなった。

クルーズ船運航ノルウェージャン、自らの事業存続能力に疑念呈す

世界第3位のクルーズ船運航会社でマイアミに本拠を置くノルウェージャン・クルーズライン・ホールディングス<NCLH.N>は5日、自らの事業存続能力に疑念を呈した。

焦点:配当維持して従業員は解雇、コロナ禍の米大手企業に批判

新型コロナウイルスの世界的流行への対応で従業員を解雇しながら、配当の支払いや自社株買いを続けている一部の米大企業に労働組合や年金の運用主体、議員から批判の声が上がっている。

米株市場はダウ・S&P下落、企業決算に警戒感 ナスダックは高い

米国株式市場は、ダウ工業株30種とS&P総合500種が下落して取引を終えた。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)による影響が懸念される米企業決算の発表シーズンを控える中、堅調に推移した前週の反動が出た。

NY市場サマリー(25日)

<為替> 主要通貨に対しドルが下落した。新型コロナウイルスの感染拡大に対する 2兆ドル規模の対策が米議会で間もなく可決されるとの観測でリスク選好度が上昇し、安 全通貨とされるドルに対する需要が低下した。 米上院と政権幹部は25日、新型コロナウイルスの感染拡大による経済への影響を 緩和するための2兆ドル規模の対策で合意に達したと表明。上院は25日中に採決を行い 、下院も続く見通し。こうした中、米株価も続伸している。 一方、労働省が26日に発表する週間新規失業保険申請件数の急増が予想される中、 ドルへのエクスポージャーを低下させる動きが出ていることも...

米株続伸、新型コロナ対策法案の議会通過期待で

米国株式市場は、S&P総合500種<.SPX>とダウ工業株30種<.DJI>が続伸した。2兆ドル規模の新型コロナウイルス対策法案が間もなく米議会を通過するとの期待が高まった。

NY市場サマリー(6日)

主要6通貨に対するドル指数<=USD>は約0.7%安の95.995。一時95.701と1年1カ月ぶりの安値を付けた。週間では2.2%安となり、下落率は2016年5月以来の大きさだった。

米株続落、新型ウイルス懸念で 週足では小幅高

米国株式市場は新型コロナウイルスの感染拡大による経済への影響を巡る懸念が根強く、続落して終了した。ただ、主要3指数はそろってこの日の安値からは上向いて取引を終えた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up