for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Royal Dutch Shell Plc

RDSa.L

前日終値

2,303.00GBp

変化

21.50(+0.94%)

出来高

5,875,890

本日のレンジ

2,286.00

 - 

2,311.00

52週レンジ

2,209.50

 - 

2,811.38

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,281.50
始値
2,289.50
出来高
5,875,890
3か月平均出来高
164.76
高値
2,311.00
安値
2,286.00
52週高値
2,811.38
52週安値
2,209.50
発行済株式数
8,039.55
時価総額
210,967.60
予想PER
12.96
配当利回り
6.31

次のエベント

Q3 2019 Royal Dutch Shell PLC Earnings Release

適時開示

その他

TechnipFMC wins contract for the Shell Perdido Phase 2 Development

Karoon Energy Announces Marketing Agreement With Shell Western Trading & Supply Ltd

SNC-Lavalin Awarded Three-Year Provision Of Operations And Maintenance Workforce Contract For Shell-Operated QGC Venture

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Royal Dutch Shell Plcとは

ロイヤル・ダッチ・シェル(Royal Dutch Shell plc)は独立系石油・ガス会社である。【事業内容】同社は周辺地帯及びタイト・ロック、シェールと炭層等の資源にある世界中の原油・天然ガスの探査に従事する。同社の事業は集積ガス、上流事業、下流事業及び企業事業を含む。集積ガス事業は世界中の販売用天然ガスの液化に従事する。上流事業は原油、天然ガスと天然ガス液の探査・抽出、石油・風力エネルギーの輸送に従事する他、合成原油に変換する油砂からの瀝青の抽出に従事する油砂事業を含む。下流事業は原油を鉱業・輸送用各種精製製品に変換する各種石油製品と化学品業務を含む。

業種

Oil & Gas Operations

連絡先

Carel van Bylandtlaan 30

+31.70.3779111

https://www.shell.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Charles O. Holliday

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Ben van Beurden

Chief Executive Officer, Member of the Executive Committee, Executive Director

Gerard J. Kleisterlee

Deputy Chairman and Senior Independent Director

Jessica Uhl

Chief Financial Officer, Member of the Executive Committee, Executive Director

Ronan Cassidy

Member of the Executive Committee, Chief Human Resources & Corporate Officer

統計

2.20 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

233.6K

2017

305.2K

2018

388.4K

2019(E)

357.2K
EPS (USD)

2016

0.920

2017

2.010

2018

2.560

2019(E)

2.273
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.95
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.62
株価純資産倍率(四半期)
1.23
株価キャッシュフロー倍率
5.24
総負債/総資本(四半期)
48.18
長期負債/資本(四半期)
39.54
投資利益率(過去12カ月)
6.54
自己資本利益率(過去12カ月)
5.15

最新ニュース

最新ニュース

欧州市場サマリー(22日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。英国の 欧州連合(EU)離脱協定案を英議会が可決するかどうかを巡り先行き不透明感が漂う中 、ポンドが値下がりし輸出銘柄が買われた。 ジョンソン英首相は英議会が協定案を否決した場合、法案を取り下げて総選挙を目指 す考えを明らかにした。CMCマーケッツのデービッド・マデン氏は「先週は、協定案が 承認されるかもしれないとの期待があったが、今はこの問題を巡り疲労感がある」と述べ た。 ポンド安に伴い製薬のアストラゼネカやブリティッシュ・アメリカン・タバ コ(BAT)などの輸出銘柄が値を上げた。 中国が...

ロンドン株式市場=続伸、ポンド安で輸出株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7212.49 +48.85 +0.68 7163.64 ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。英国の欧州連合(EU)離脱協定案を英 議会が可決するかどうかを巡り先行き不透明感が漂う中、ポンドが値下がりし輸出銘柄が 買われた。 ジョンソン英首相は英議会が協定案を否決した場合、法案を取り下げて総選挙を目指 す考えを明らかにした。CMCマーケッツのデービッド・マデン氏は「先週は、協定案が 承認されるかもしれないとの期待があったが、今はこの問題を巡り疲労感がある」と述...

気候変動に関する企業の財務リスク、開示進まず=ムーディーズ

ムーディーズ・インベスターズ・サービスは21日公表した報告書で、エネルギーや公益などの環境負荷の高いセクターの欧米企業について、気候変動に関連する財務上のリスクの開示が進んでいないと指摘した。

石油・ガスへの投資は「必要」、収益機会も豊富=シェルCEO

英蘭系石油大手ロイヤル・ダッチ・シェル<RDSa.L>のベン・ファン・ブールデン最高経営責任者(CEO)は、ロイターとのインタビューに応じ、エネルギー会社は気候変動問題を巡って投資家や政府から圧力を受けているが、今後数十年、石油・ガス事業で利益を上げる機会は豊富に存在するとの認識を示した。

三菱商事・シェル・KKR、エネコ入札で買い手最終候補に=関係筋

オランダのエネルギー企業エネコの民営化に向けた入札の最終ラウンドで、三菱商事、英蘭石油大手ロイヤル・ダッチ・シェル、プライベートエクイティ(PE)大手KKRが応札したことが、複数の関係筋の話で明らかになった。

欧州市場サマリー(7日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。石油株が 買われ全体水準を押し上げた。 原油の値上がりに伴い石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBPは 1.0%と1.5%それぞれ上昇した。 米中が通商協議で合意に至るとの期待も相場を押し上げた。トランプ米大統領は中国 と妥結する「可能性は大いにある」と述べた。 ポンド安に伴い酒造大手のディアジオや製薬大手グラクソ・スミスクライン (GSK)などの国際的な銘柄も値を上げた。英国の欧州連合(EU)離脱案で 英・EUの隔たりが大きいとの不安がポンドを押し下げた。 中型株で構成するFTSE250種は...

ロンドン株式市場=続伸、石油株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7197.88 +42.50 +0.59 7155.38 週明けロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。石油株が買われ 全体水準を押し上げた。 原油の値上がりに伴い石油大手のロイヤル・ダッチ・シェル<RDSa. L>とBPは1.0%と1.5%それぞれ上昇した。 米中が通商協議で合意に至るとの期待も相場を押し上げた。トラン プ米大統領は中国と妥結する「可能性は大いにある」と述べた。 ポンド安に伴い酒造大手のディアジオや製薬大手グラクソ ・スミスクライン(GSK)などの...

欧州でロ影響力拡大も、ガスパイプライン計画巡り米エネ長官警告

ペリー米エネルギー長官は7日、ロシアの天然ガスを欧州に輸出する「ノルドストリーム2」と「トルコストリーム」の2本のパイプラン計画は、欧州でロシアの政治的影響力を高める恐れがあると指摘した。

欧州市場サマリー(4日)

マーケッツ・ドットコムのアナリスト、ニール・ウィルソン氏は「米雇用統計は米連 邦準備理事会(FRB)の姿勢をあまり変えないだろう。利下げを考え直すほど良くもな く、より積極的な利下げを後押しするような悪い内容でもない」と述べた。 BPは2.1%高だった。上流部門トップのバーナード・ルーニー氏が、ボブ・ダド リー最高経営責任者(CEO)の後任となると発表したことが買い材料だった。 中型株で構成するFTSE250種は0.68%上昇した。発電会社のドラ ックスが13.9%上昇し、全体水準を押し上げた。英国で非常時の電源を確保 する約10億ポンド...

ロンドン株式市場=反発、週間ベースは1年ぶり大幅安

マーケッツ・ドットコムのアナリスト、ニール・ウィルソン氏は「米雇用統計は米連 邦準備理事会(FRB)の姿勢をあまり変えないだろう。利下げを考え直すほど良くもな く、より積極的な利下げを後押しするような悪い内容でもない」と述べた。 BPは2.1%高だった。上流部門トップのバーナード・ルーニー氏が、ボブ・ダド リー最高経営責任者(CEO)の後任となると発表したことが買い材料だった。 中型株で構成するFTSE250種は0.68%上昇した。発電会社のドラ ックスが13.9%上昇し、全体水準を押し上げた。英国で非常時の電源を確保 する約10億ポンド...

欧州市場サマリー(3日)

また、米ISM非製造業総合指数は2016年8月以来の低水準となり、中でも雇用 指数は14年2月以来の水準に低下した。 ユーロ圏各国の10年債利回りは4─7ベーシスポイント(bp)低下。<FR10YT=RR > フランスやスペインでの国債入札も利回り低下の一因となった。 ドイツ10年債利回りはマイナス0.59bpと、1週間超ぶりに低下 。低下幅は5bpで、1週間半ぶりの大きさとなった。 INGのシニア金利ストラテジスト、ベンジャミン・シュレーダー氏は「この1週間 の利回り上昇には驚いたが、欧州中央銀行(ECB)の緩和策を踏まえると、トレンド...

ロンドン株式市場=続落、軟調な指標で市場心理悪化

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7077.64 -44.90 -0.63 7122.54 ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。これまでの軟調な製造業指標で世界経済 が不安視されていたところ、この日発表された米サービス業の指標が振るわず、市場心理 が一段と悪化した。 世界経済懸念から原油が値下がりし、石油大手のロイヤル・ダッチ・シェル とBPがFTSE100種の最大の押し下げ要因となった。 今週は、一連の軟調な米経済指標と米中貿易摩擦への懸念、英国の合意なき欧州連合 (EU)離脱のリスクが相場...

欧州市場サマリー(2日)

CMCマーケッツのアナリスト、マイケル・ヒューソン氏は「製造業指数の悪化がよ り広範なサービス業に波及する懸念が高まる中で、株価の値下がりは加速しているようだ 」と指摘する。 ジョンソン英首相は欧州連合(EU)に離脱条件の「最終提案」を提示した。EUが 譲歩しなければ10月31日に合意なしに離脱すると主張した。 CMCマーケッツのアナリスト、デービッド・マデン氏は「合意なき離脱の可能性が 金融株の重しとなっている。合意なしに離脱した場合、イングランド銀行(英中銀)が利 下げする可能性が高いからだ」と述べる。中銀が利下げした場合、銀行の利幅...

ロンドン株式市場=大幅続落、世界経済と英EU離脱への不安で

CMCマーケッツのアナリスト、マイケル・ヒューソン氏は「製造業指数の悪化がよ り広範なサービス業に波及する懸念が高まる中で、株価の値下がりは加速しているようだ 」と指摘する。 ジョンソン英首相は欧州連合(EU)に離脱条件の「最終提案」を提示した。EUが 譲歩しなければ10月31日に合意なしに離脱すると主張した。 CMCマーケッツのアナリスト、デービッド・マデン氏は「合意なき離脱の可能性が 金融株の重しとなっている。合意なしに離脱した場合、イングランド銀行(英中銀)が利 下げする可能性が高いからだ」と述べる。中銀が利下げした場合、銀行の利幅...

欧州市場サマリー(30日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。米中貿 易摩擦が続く中、世界最大の原油輸入国である中国経済の見通しが軟調で原油が値下がり し、石油株が売られた。 石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBPがFTSE100種の最 大の押し下げ要因だった。 FTSE350種鉱業株指数は0.98%低下した。 英国の欧州連合(EU)離脱もリスク志向を抑制している。離脱日まで1カ月となっ たが、大きな動きは見られない。英国のEU離脱問題は既に混沌としており、市場関係者 は次の動きに注目している。マーケッツ・ドットコムのアナリスト、ニール・ウィルソン 氏...

ロンドン株式市場=反落、石油株売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7408.21 -18.00 -0.24 7426.21 週明けロンドン株式市場は反落して取引を終えた。米中貿易摩擦が続く中、世界最大 の原油輸入国である中国経済の見通しが軟調で原油が値下がりし、石油株が売られた。 石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBPがFTSE100種の最 大の押し下げ要因だった。 FTSE350種鉱業株指数は0.98%低下した。 英国の欧州連合(EU)離脱もリスク志向を抑制している。離脱日まで1カ月となっ たが、大きな動きは見られない。英国...

欧州市場サマリー(27日)

CMCマーケッツのアナリスト、マイケル・ヒューソン氏は「ソーンダース氏は従来 、金融政策委員会の中でタカ派的な存在だったため、この日の発言は大きな意味を持つ」 と述べた。 離脱期日が10月31日に迫る中でも、英国の離脱の有無は依然として定かでない。 ジョンソン英首相はEUと合意してもしなくても期日に離脱すると主張しており、議会と 対立している。 ポンドが下落したことで、海外収益が大きい石油大手のロイヤル・ダッチ・シェル<R DSa.L>やBPのほか、アジアへのエクスポージャーが高い金融大手HSBC<HSBA. L>がFTSE100種の大...

ロンドン株式市場=続伸、英中銀政策委員の発言受けポンド安

CMCマーケッツのアナリスト、マイケル・ヒューソン氏は「ソーンダース氏は従来 、金融政策委員会の中でタカ派的な存在だったため、この日の発言は大きな意味を持つ」 と述べた。 離脱期日が10月31日に迫る中でも、英国の離脱の有無は依然として定かでない。 ジョンソン英首相はEUと合意してもしなくても期日に離脱すると主張しており、議会と 対立している。 ポンドが下落したことで、海外収益が大きい石油大手のロイヤル・ダッチ・シェル<R DSa.L>やBPのほか、アジアへのエクスポージャーが高い金融大手HSBC<HSBA. L>がFTSE100種の大...

欧州市場サマリー(26日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。米中が 通商協議で合意に至るとの期待が相場を押し上げた。 中国商務省は米国と10月の通商協議について緊密に連絡を取っていると述べた。ト ランプ米大統領は前日、近いうちに妥結する可能性があると発言している。 広範な部門が買われた。石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルや英石油大手 BPが相場の主な押し上げ要因だった。金融株やヘルスケア株も値上がりした。 ポンド安は国際的な銘柄の押し上げ材料となった。 一方、たばこのインペリアル・ブランズは12.9%急落し、2011年1 月以来の安値を付けた。売り上げと...

ロンドン株式市場=反発、米中通商合意に期待

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7351.08 +61.09 +0.84 7289.99 ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。米中が通商協議で合意に至るとの期待が 相場を押し上げた。 中国商務省は米国と10月の通商協議について緊密に連絡を取っていると述べた。ト ランプ米大統領は前日、近いうちに妥結する可能性があると発言している。 広範な部門が買われた。石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルや英石油大手 BPが相場の主な押し上げ要因だった。金融株やヘルスケア株も値上がりした。 ポンド安は国際的な銘柄...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up