for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Regeneron Pharmaceuticals Inc

REGN.O

現在値

643.35USD

変化

-4.83(-0.75%)

出来高

575,586

本日のレンジ

639.78

 - 

660.95

52週レンジ

441.00

 - 

686.62

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
648.18
始値
660.00
出来高
575,586
3か月平均出来高
16.00
高値
660.95
安値
639.78
52週高値
686.62
52週安値
441.00
発行済株式数
107.54
時価総額
69,187.80
予想PER
9.09
配当利回り
--

次のエベント

Regeneron Pharmaceuticals Inc at Evercore ISI HealthCONx Virtual Conference

適時開示

その他

EC Formally Authorises COVID-19 Drugs From Regeneron-Roche, Celltrion

EMA's CHMP Recommends Authorising Ronapreve And Regkirona For COVID-19

New Phase 3 Analyses Show That a Single Dose of REGEN-COV Provides Long-term Protection Against COVID-19

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Regeneron Pharmaceuticals Incとは

リジェネロン・ファーマシューティカルズ(Regeneron Pharmaceuticals Inc)は、重篤な疾患の治療薬を発見、発明、開発、製造、商品化するバイオテクノロジー企業である。【事業内容】眼疾患、アレルギー性および炎症性疾患、癌、心血管および代謝性疾患、疼痛、感染症、および希少疾患の医薬品および製品候補を商品化する。市販製品には、「EYLEA」(aflibercept)注射、「Dupixent」(dupilumab)注射、「Libtayo」(cemiplimab)注射、「Praluent」(alirocumab)注射、「Kevzara」(sarilumab)皮下注射用ソリューション、「Inmazeb」(atoltivimab、maftivimab及びodesivimab-ebgn)注射、皮下使用のための「ARCALYST」(rilonacept)注射および静脈内注入のための「ZALTRAP」(ziv-aflibercept)注射が含まれる。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

777 Old Saw Mill River Rd

TARRYTOWN, NY

10591-6717

United States

+1.914.8477000

https://www.regeneron.com/

エグゼクティブリーダーシップ

P. Roy Vagelos

Chairman of the Board

Leonard S. Schleifer

President, Chief Executive Officer, Founder, Director

George D. Yancopoulos

President, Chief Scientific Officer, Director

Robert E. Landry

Chief Financial Officer, Executive Vice President - Finance

Joseph J. LaRosa

Executive Vice President, General Counsel, Secretary

統計

2.11 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

6.7K

2019

7.9K

2020

8.5K

2021(E)

15.4K
EPS (USD)

2018

22.840

2019

24.670

2020

31.470

2021(E)

70.741
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.27
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.11
株価純資産倍率(四半期)
4.05
株価キャッシュフロー倍率
9.52
総負債/総資本(四半期)
15.64
長期負債/資本(四半期)
11.47
投資利益率(過去12カ月)
41.51
自己資本利益率(過去12カ月)
35.19

最新ニュース

最新ニュース

英GSKと米ウィルのコロナ抗体薬、米国が10億ドル分確保

英グラクソ・スミスクライン(GSK)と米ウィル・バイオテクノロジーは17日、抗体を用いた新型コロナウイルス治療薬「ソトロビマブ」について、米政府と10億ドル規模の契約を結んだと発表した。

グラクソ・ウィル開発のコロナ治療薬、注射でも点滴と同等の効果

英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)と米バイオテクノロジー会社ウィル・バイオテクノロジーは12日、共同開発した新型コロナウイルス感染症治療薬「ソトロビマブ」について、腕への筋肉注射を行った場合でも通常の点滴で投与した場合と同等の効果が認められたと発表した。

欧当局、米リジェネロンなどのコロナ抗体療法2種の承認を推奨

欧州医薬品庁(EMA)は11日、米リジェネロンとスイスのロシュが開発した「ロナプリーブ」、および韓国セルトリオンの「レグキロナ」の、抗体カクテル療法2種の承認を推奨する方針を示した。

EU、コロナ抗体カクテル療法2種類承認へ 数日中にも=関係筋

欧州連合(EU)の医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA)が早ければ数日中に、2種類の新型コロナウイルス感染症の抗体カクテル療法の使用を承認する見通しと、EU筋2人がロイターに明らかにした。

米リジェネロン、抗体カクテル1回投与の有効性は81.6%

米製薬リジェネロン・ファーマシューティカルズは8日、同社が開発した抗体カクテルを1回投与したところ、投与後2─8カ月間に新型コロナウイルス感染リスクが81.6%減少したとの後期臨床試験結果を発表した。

英、メルクのコロナ飲み薬承認 世界初 感染抑制に期待

英医薬品・医療製品規制庁(MHRA)は4日、米製薬大手メルクがリッジバック・バイオセラピューティクスと共同開発した新型コロナウイルスの飲み薬「モルヌピラビル」を承認した。抗コロナ飲み薬の承認は世界初。英国ではこのところコロナ感染者が再び増加しており、冬に向けて、コロナ感染抑制を後押しすることが期待される。

米イーライリリー、コロナ抗体薬のEU承認申請取り下げ 需要小さいと判断

米医薬品イーライリリーは新型コロナウイルス抗体治療薬について、欧州連合(EU)当局に提出していた承認申請を取り下げた。EUが他のメーカーに軸足を移す中、EU域内で自社製品の需要は大きくないと判断した。

米メルク、コロナ経口治療薬の緊急使用許可を申請

米製薬大手メルクは11日、開発中の新型コロナウイルス経口治療薬「モルヌピラビル」について、米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可を申請したと発表した。承認されれば新型コロナ感染症向けで初の経口治療薬となる。

米政府、イーライリリーのコロナ抗体薬を追加購入 38.8万回分

米医薬品イーライリリーは15日、米政府が同社の新型コロナルイルス抗体治療薬38万8000回分を追加購入したと発表した。

米、来春までにコロナ制御も ワクチン接種拡大なら=ファウチ氏

米大統領首席医療顧問を務めるファウチ国立アレルギー・感染症研究所所長は24日、新型コロナウイルスワクチンの正式承認がさらに進み、ワクチン接種が一段と拡大すれば、米国は来年初旬までに新型コロナのパンデミック(世界的大流行)を制御できるとの認識を示した。

抗体療法にコロナ発症予防効果、英アストラ後期試験 有効性77%

英製薬大手アストラゼネカは20日、新型コロナウイルス感染症向け抗体療法の後期試験で予防効果に関する主要目標を達成したと発表した。ワクチンに代わる選択肢を提供できる可能性がある。

英、リジェネロンとロシュの新型コロナ抗体カクテル療法承認

英医薬品・医療製品規制庁(MHRA)は、新型コロナウイルス感染症の予防・治療薬として米リジェネロンとスイスのロシュが開発した抗体カクテル療法「ロナプリーブ」を承認した。

リジェネロンのコロナ抗体薬、予防治療でも使用可能に FDAが許可

米製薬リジェネロンは、同社の新型コロナウイルス抗体カクテル治療薬について、米食品医薬品局(FDA)が緊急使用許可を拡大し、予防治療での使用が可能になると発表した。

EU、抗体治療薬などをコロナ推奨治療薬に指定

欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は29日、米イーライリリーなどが開発した抗体治療薬や関節リウマチ治療薬を、新型コロナウイルスの推奨治療薬に指定した。

米当局、イーライリリーのコロナ薬併用療法の配布停止

米厚生省は25日、医薬品大手イーライリリーの新型コロナウイルスに対する抗体治療薬「バムラニビマブ」および「エテセビマブ」の併用療法について、ブラジルと南アフリカで最初に確認された変異株に対して有効性を示さなかったことが実験室分析で判明したため、配布を一時停止したと発表した。

抗体カクテル併用療法、コロナ変異株に有効 動物実験=ワシントン大

2種類の抗体カクテルを使用する併用療法が幅広い新型コロナウイルス変異株に対して有効であることが動物実験で示されたと、ワシントン大学医学部が21日発表した。

EU、ロシュとリジェネロン開発のコロナ薬候補5.5万回分確保

欧州連合(EU)は米製薬リジェネロン・ファーマシューティカルズとスイス製薬ロシュが共同開発した新型コロナウイルス抗体治療薬候補を約5万5000回分購入する契約を結んだ。欧州委員会の報道官が明らかにした。

米FDA、ウィル・GSKのコロナ抗体薬に緊急使用許可

米食品医薬品局(FDA)は26日、米ウィル・バイオテクノロジーと英グラクソ・スミスクライン(GSK)が開発した抗体医薬品「ソトロビマブ」について、12歳以上で軽度から中等度の新型コロナウイルス感染症患者を対象とした緊急使用許可を出した。

インド株式市場・序盤=続伸、金属株が高い

インド 日本時間14時8 前日比 % 始値 分 SENSEX指数<.BSE 48,691.73 + 14.18 + 0.03 48,877.78 SN> 前営業日終値 48,677.55 日本時間14時8 前日比 % 始値 分 NSE指数 14,641.70 + 23.85 + 0.16 14,668.35 前営業日終値 14,617.85 インド株式市場は続伸。インドの新型コロナウイルス感染者数は増加に歯止めがかか っていないものの、鉄鋼先物相場の堅調や製鉄大手タタ・スチールの四半期決算の好調を 背景に金属株が上昇した。 NSE指数(...

リジェネロン、コロナ抗体薬に効果 米で予防薬として承認取得へ

米製薬リジェネロン・ファーマシューティカルズは12日、同社が開発する新型コロナウイルスの抗体カクテル治療薬について、家庭内での新型コロナ有症状感染リスクが低減することが臨床試験(治験)で確認されたとし、米国で予防治療薬としての承認取得を目指すと発表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up