for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Relx PLC

REL.L

現在値

2,192.00GBp

変化

-4.00(-0.18%)

出来高

1,247,469

本日のレンジ

2,168.00

 - 

2,194.00

52週レンジ

1,505.00

 - 

2,220.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,196.00
始値
2,177.00
出来高
1,247,469
3か月平均出来高
48.97
高値
2,194.00
安値
2,168.00
52週高値
2,220.00
52週安値
1,505.00
発行済株式数
1,934.38
時価総額
42,479.02
予想PER
25.22
配当利回り
2.17

次のエベント

Q3 2021 Relx PLC Trading Statement Release

適時開示

その他

Lexisnexis Risk Solutions Awarded $1.2 Billion Blanket Purchasing Agreement With U.S. Department Of Labor

Relx Confirms Paul Walker Appointment As Co's Chair

Relx Says Paul Walker To Succeed Anthony Habgood As Chair

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Relx PLCとは

アール・イー・エル・エックス(RELX PLC)は業界を横断するプロフェッショナルおよびビジネスの顧客向けの情報および分析のグローバルプロバイダーであるアール・イー・エル・エックスグループ(RELX Group plc)の持株会社である。【事業内容】同社は、科学、技術、医療部門、リスクとビジネス分析部門、リーガル部門及び展示会部門の4つのセグメントを展開する。科学、技術、医療部門は機関や専門家が科学を進歩させ、医療を進歩させるのに役立つ情報と分析を提供する。リスクとビジネス分析部門は、公共および業界固有のコンテンツをテクノロジおよび分析と組み合わせたソリューションおよび意思決定ツールを提供する。リーガル部門は、法律、企業、および政府機関の専門家に情報および分析を提供する。展示会部門は、展覧会ビジネスであるReed Exhibitionsで構成され、30カ国以上でイベントが開催される。

業種

Printing & Publishing

連絡先

Grand Buildings, 1-3 Strand

WC2N 5JR

United Kingdom

+44.20.71665500

https://www.relx.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Paul Walker

Non-Executive Chairman of the Board

Erik Engstrom

Chief Executive Officer, Executive Director

Nicholas Lawrence Luff

Chief Financial Officer, Executive Director

Kumsal Bayazit Besson

Chief Executive Officer - Scientific, Technical & Medical and Chairwoman, RELX Technology Forum

Youngsuk Chi

Director - Corporate Affairs and Chairman Elsevier

統計

2.20 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, GBP)

2018

7.5K

2019

7.9K

2020

7.1K

2021(E)

7.3K
EPS (GBp)

2018

84.700

2019

93.000

2020

80.100

2021(E)

87.077
株価売上高倍率(過去12カ月)
31.75
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.07
株価純資産倍率(四半期)
17.50
株価キャッシュフロー倍率
20.64
総負債/総資本(四半期)
267.56
長期負債/資本(四半期)
248.80
投資利益率(過去12カ月)
13.41
自己資本利益率(過去12カ月)
9.38

最新ニュース

最新ニュース

ロンドン株式市場=反落、鉱業株売られる

(表は本文の下に表示しています) [30日 ロイター] - ロンドン株式市場は反落して取引を終え た。新型コロナウイルス感染が世界的に広がっていることで経済成長が 妨げられるとの懸念から鉱業株が売られた。業績の回復見通しについて 慎重な見方を示した英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA) の親会社IAGも値を下げた。 IAGは7.5%安だった。新型コロナのパンデミック( 世界的大流行)を理由に今年の利益見通しを示さなかった。ただ夏の輸 送能力は45%と、第2・四半期の22%から増えると述べた。 FTSE350種鉱業株指数と旅行・娯楽関連株指...

欧州市場サマリー(29日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。好決算 や高額な配当を受け、経済成長に関する前向きな見方が高まった。 石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルは3.8%高。第2・四半期利益が55 億ドルと、2年超ぶりの高水準になったのが好感された。 資源大手アングロ・アメリカンは5.4%上昇。好決算を受け、配当などの 株主還元策を過去最大の計41億ドルに拡大したことが買い材料となった。 好決算が好感されたケータリングサービス大手コンパスとデータ・情報分析 のレレックスは3.7%、3.2%それぞれ上昇した。 一方、決算が期待外れの内容だった通信大手BT...

ロンドン株式市場=続伸、好決算と高額配当で

(表は本文の下に表示しています) [29日 ロイター] - ロンドン株式市場は続伸して取引を終え た。好決算や高額な配当を受け、経済成長に関する前向きな見方が高ま った。 石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルは3.8%高。第2・ 四半期利益が55億ドルと、2年超ぶりの高水準になったのが好感され た。 資源大手アングロ・アメリカンは5.4%上昇。好決算を 受け、配当などの株主還元策を過去最大の計41億ドルに拡大したこと が買い材料となった。 好決算が好感されたケータリングサービス大手コンパスと データ・情報分析のレレックスは3.7%、3.2%...

欧州市場サマリー(10日)

<ロンドン株式市場> 小幅に反落して取引を終えた。 工業株が軟調だった。また、英北部スコットランド議会選の結果を受けポンドが上昇し輸 出銘柄の重しとなった。 ポンドは1ポンド=1.41ドルを超え、2カ月超ぶりの高値を付けた。ドルの収益 が大きいブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)と酒造大手のディアジ オ、情報分析のアール・イー・エル・エックスは0.5%から2.1%下 落した。 一方、資源大手のグレンコアとBHPグループ、リオ・ティント<RI O.L>は値を上げ、FTSE100種の最大の押し上げ要因となった。供給が逼迫する中、 需要...

ロンドン株式市場=小幅反落、ポンド高で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7123.68 -6.03 -0.08 7129.71 週明けロンドン株式市場は小幅に反落して取引を終えた。工業株が 軟調だった。また、英北部スコットランド議会選の結果を受けポンドが 上昇し輸出銘柄の重しとなった。 ポンドは1ポンド=1.41ドルを超え、2カ月超ぶりの高値を付 けた。ドルの収益が大きいブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BA T)と酒造大手のディアジオ、情報分析のアール・イ ー・エル・エックスは0.5%から2.1%下落した。 一方、資源大手のグレンコア...

欧州市場サマリー(11日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。飲料ボ トラーのコカコーラ・ヘレニックやデータ・情報分析のレレックスの好調な業績見通しや 増配を受け経済の早期回復への期待が高まった。 コカコーラ・ヘレニックは4.6%高だった。増配したほか、ホテルやレス トランでの消費が減る一方で家庭用食品の需要が大きいため2021年の収益が力強く回 復するとの見通しを示した。 レレックスは2.9%上昇した。配当を3%引き上げる計画が好感された。 郵便事業会社のロイヤルメールは4.9%高だった。四半期収入が20%増 えたほか、通期利益が5億ポンド(6億9220...

ロンドン株式市場=反発、コカコーラやレレックス買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6528.72 +4.36 +0.07 6524.36 ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。飲料ボトラーのコカコ ーラ・ヘレニックやデータ・情報分析のレレックスの好調な業績見通し や増配を受け経済の早期回復への期待が高まった。 コカコーラ・ヘレニックは4.6%高だった。増配したほ か、ホテルやレストランでの消費が減る一方で家庭用食品の需要が大き いため2021年の収益が力強く回復するとの見通しを示した。 レレックスは2.9%上昇した。配当を3%引き上げる計 画...

欧州市場サマリー(24日)

ただ、10月のフランスPMI速報値は総合指数が予想以上に上昇し、明るい材料と 受け取られた。 欧州連合(EU)が前日に英政府によるEU離脱期限の3カ月延期要請を巡る決定を 先送りしたため、離脱問題はこの日の市場を動かす材料にならなかった。 ユーロ圏金融・債券市場: <為替> 欧州終盤 アジア市場 コード 終盤 ユーロ/ドル    1.1096 1.1145 ドル/円 108.62 108.69 ユーロ/円 120.54 121.16 <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値 コード STOXX欧州600種 397.37 +2.34...

ロンドン株式市場=続伸、通期見通し引き上げのアストラゼネカに買い

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7328.25 +67.51 +0.93 7260.74 ロンドン株式市場は4営業日続伸して取引を終えた。売り上げ見通しを引き上げた製 薬のアストラゼネカが全体を押し上げた。ポンド安に伴い輸出銘柄も買われた。 アストラゼネカは5.6%上昇。今年2回目となる通期売上高見通しの引き上げが好 感された。 欧州連合(EU)が英国のEU離脱期限を延期するかどうかの判断を控えてポンドは 下落し、製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)や金融大手HSBC<HSBA .L>などの...

欧州市場サマリー(31日)

これを受けて、米10年債利回りは1週間ぶりの低水準を付けた。 米連邦準備理事会(FRB)はこの日、25ベーシスポイント(bp)の利下げに踏 み切ることが確実されている。結果は欧州時間終了後に判明する。 終盤の取引で、独10年債利回りは4ベーシスポイント(bp)低下し 、過去最低のマイナス0.438%を付けた。同30年債利回りも5bp低 下の0.129%と過去最低に沈んだ。 仏10年債、スペイン10年債、ポルトガル10年債<PT10Y T=RR>の利回りも軒並み4─6bp低下した。 アイルランド10年債利回りは6bp超低下し、0.108%...

欧州市場サマリー(25日)

ドイツ10年債利回りは3.5ベーシスポイント(bp)上昇してマイ ナス0.346%。一時はマイナス0.422%と過去最低を更新、ECBの中銀預金金 利(マイナス0.40%)を下回った。 イタリア10年債利回りは終盤に5bp上昇。早い時間帯には11bp 下がる場面もあった。 他の周辺国でも10年債利回りが約6bp上昇した。早い時 間帯には9bp低下していた。 ECBは理事会後に発表した声明で、政策金利を2020年半ばまで、現行水準もし くはそれを下回る水準にすると言明し、来年半ばまで現行水準に据え置くという方針を撤 回。政策金利のフォワードガイダンス...

ロンドン株式市場=続落、軟調な決算受け

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7489.05 -12.41 -0.17 7501.46 ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。軟調な決算が売り材料だった。 酒造大手のディアジオは3.4%下落した。計画中の株主還元の水準が一部 アナリストの予想を下回ったことが嫌気された。 軟調な決算を発表した会計ソフトのセージ・グループとデータ・情報分析の レレックスは10.4%と3.7%それぞれ下落した。 一方、製薬のアストラゼネカは7.7%上昇し、過去最高値を付けた。通期 の売上高見通しを引き上げたことが...

欧州市場サマリー(1日)

<ロンドン株式市場> 4日ぶりに反発して取引を終えた。決算が予想ほど悪くなかったことで買い安心感が広がった広告大手WPP<WPP.L>が全体水準を押し上げた。

欧州株式市場=続伸、決算を材料視

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 374.24 +1.44 +0.39 372.80 FTSEユーロファース 1469.79 +5.22 +0.36 1464.57 ト300種 DJユーロSTOXX5 3312.10 +13.84 +0.42 3298.26 <.STOXX50E 0種 > 欧州株式市場は続伸して取引を終えた。決算が主な買い材料だった。 STOXX欧州600種指数は日中、2018年10月8日以来、約5カ月 ぶりの高値をつけた。 18年の決算が好感されたイタリアの高級衣料品モンクレール...

ロンドン株式市場=反発、広告大手WPP買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7106.73 +32.00 +0.45 7074.73 ロンドン株式市場は4日ぶりに反発して取引を終えた。決算が予想ほど悪くなかった ことで買い安心感が広がった広告大手WPPが全体水準を押し上げた。 WPPは4.9%上昇した。2018年の修正後純売上高が0.4%減と、予想の0 .5%減ほど落ち込まなかった。 ロンドン証券取引所は4.2%上昇した。18年の調整後営業利益が増えた ほか、人員削減の発表が好感された。 一方、データ・情報分析のレレックスは6.9%下落した...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up