for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ルノー SA

RENA.PA

現在値

34.54EUR

変化

0.04(+0.10%)

出来高

1,677,898

本日のレンジ

33.59

 - 

35.12

52週レンジ

15.80

 - 

41.42

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
34.50
始値
34.58
出来高
1,677,898
3か月平均出来高
32.29
高値
35.12
安値
33.59
52週高値
41.42
52週安値
15.80
発行済株式数
291.18
時価総額
10,202.42
予想PER
11.96
配当利回り
--

次のエベント

Q1 2021 Renault SA Corporate Sales Release

適時開示

その他

Naturgy Signs Agreement With Renault To Promote Electric Vehicles

Renault Samsung March Global Sales Down 43% Y/Y To 8,572 Vehicles

Renault LCV: new line-up and zero emission solutions

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ルノー SAとは

ルノー(Renault SA)は主に自動車製造及び関連サービスの提供に従事するフランス企業である。【事業内容】同社は2つの事業部門により構成される。自動車部門は「Renault」、「Renault Samsung Motors」及び「Dacia」のブランドで、乗用車・軽商用車の設計、製造及び販売を行う。販売金融部門はRCI Banque及びそれの子会社で構成され、同社の販売業務に関連する金融・商業サービスを提供する。平成24年12月31日現在、同社はRenault SAS、Dacia及びNissan Motor Co Ltdなど子会社・従属企業を介して世界中に事業を運営した。同社は欧州、アジア、米国とアフリカにて事業を運営する。

業種

Auto & Truck Manufacturers

連絡先

13-15 quai Le Gallo

92100

France

+33.1.76840404

https://group.renault.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Jean-Dominique Senard

Chairman of the Board, Chairman of the Management Committee, Member of the Executive Committee

Luca de Meo

Chief Executive Officer

Clotilde Delbos

Interim Chief Executive Officer, Executive Vice President, Chief Financial Officer of Groupe Renault and Chairman of the Board of Directors of RCI Banque

Joao Miguel Leandro

Chief Executive Officer of RCI Bank and Services

Laurent Rossi

Chief Executive of the Alpine brand

統計

2.83 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2018

57.4K

2019

55.5K

2020

43.5K

2021(E)

49.3K
EPS (EUR)

2018

12.130

2019

-0.520

2020

-29.510

2021(E)

3.022
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.23
株価純資産倍率(四半期)
0.41
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
259.75
長期負債/資本(四半期)
53.73
投資利益率(過去12カ月)
-17.25
自己資本利益率(過去12カ月)
-6.76

最新ニュース

最新ニュース

焦点:プラグインHV車、欧州の規制変更で「エコ」でなくなる日

気候変動問題に対する意識の高いドライバーにとって、プラグイン・ハイブリッド車(PHEV) が人気テクノロジーだったのはいつ頃だったろう。一部の専門家によれば、実のところPHEVは環境に優しいものではなかった。欧州の規制の厳格化に直面し、自動車メーカーはPHEVから徐々に手を引くことになるかもしれない。

米加州、ウィーライドに公道での完全自動運転車試験を許可

自動運転技術のスタートアップ、ウィーライドは、米カリフォルニア州からセーフティードライバーなしの自動運転車の公道試験許可を得た。

三菱自、23年めどに一部欧州での新車販売から撤退

三菱自動車は10日、2023年をめどに一部の欧州市場での新車販売事業から撤退すると発表した。アライアンス(連合)を組む仏ルノーから2車種のOEM(相手先ブランドによる)供給を受け、一部の欧州市場で販売する予定。

仏ルノーの通期決算、97億ドルの赤字 下期は改善傾向

仏自動車大手ルノーが発表した2020年通期決算は80億ユーロ(96億8000万ドル)の赤字となった。新型コロナウイルスの流行が響いた。

日産、費用削減で今期純損失は縮小へ 半導体不足で売上高下振れ

日産自動車は9日、2021年3月期の最終赤字幅が5300億円に縮小する見通しだと発表した。事業構造改革によるコスト削減が奏功し、従来の見通しから850億円改善する。一方、半導体不足の影響などにより、売上高予想を2400億円、世界販売計画は15万台それぞれ引き下げた。

ルノーとステランティス、半導体不足で一部工場の生産休止

欧州の自動車大手ステランティスと仏ルノーは5日、世界的な半導体不足の影響により複数の工場で生産を休止すると発表した。

トヨタが5年ぶり世界販売首位、コロナ影響軽微に抑えVW抜く

トヨタ自動車グループ(日野自動車とダイハツ工業を含む)が2020年の世界販売台数で5年ぶりに年間首位へ返り咲いた。4年連続で首位だった独フォルクスワーゲン(VW)グループは2位に転落した。トヨタは新型車の販売が世界的に好調で、VWに比べて新型コロナウイルスの悪影響が軽微にとどまった。

トヨタが5年ぶり世界販売首位、コロナ影響軽微に抑えVW抜く

トヨタ自動車グループ(日野自動車とダイハツ工業を含む)が2020年の世界販売台数で5年ぶりに年間首位に返り咲いた。トヨタの28日発表によると、前年比11.3%減の952万8438台。昨年首位だった独フォルクスワーゲン(VW)グループは同15.2%減の930万5400台だった。

独メルセデス、新型EV「EQA」発表 米テスラに対抗

独自動車大手ダイムラー傘下の高級車メーカー、メルセデス・ベンツは20日、新型電気自動車(EV)の「EQA」を発表した。欧州や中国のEV市場で米電気自動車大手テスラに対抗する。

欧州株式市場=3日続伸、バイデン米次期大統領の刺激策に期待

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 412.00 +2.93 +0.72 409.07 FTSEユーロファース 1589.10 +11.25 +0.71 1577.85 ト300種 ユーロSTOXX50種 3641.37 +24.86 +0.69 3616.51 <.STOXX50E > 欧州株式市場は3営業日続伸して取引を終えた。テクノロジー株が 買われたほか、米国のバイデン次期大統領が大規模な景気刺激策を導入 するとの期待が高まった。中国の貿易統計も相場の押し上げ要因となっ た。 バイデン...

仏ルノーが生産台数縮小へ、25年に310万台 利益向上へ戦略見直し

仏自動車大手ルノーのルカ・デメオ最高経営責任者(CEO)は14日、昨年7月の就任以来初めて戦略を見直し、コスト削減目標を引き上げるとともに、生産台数を縮小する計画を示した。利益率向上を目指す。

仏ルノーの戦略見直しは強力、アライアンスを強化=日産内田氏

日産自動車の内田誠社長は14日、収益性の高いモデルに焦点を当てる仏ルノーの戦略見直しについて、両社のアライアンス強化につながる力強い計画と指摘した。

仏ルノーが生産台数縮小へ、25年に約310万台 利益向上へ戦略見直し

仏自動車大手ルノーのルカ・デメオ最高経営責任者(CEO)は14日、昨年7月の就任以来初めて戦略を見直し、コスト削減目標を引き上げるとともに、生産台数を縮小する計画を示した。利益率向上を目指す。

欧州株式市場=小幅上昇、M&Aの動き

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 409.07 +0.46 +0.11 408.61 種 FTSEユーロファー 1577.85 +1.34 +0.08 1576.51 スト300種 ユーロSTOXX50 3616.51 +4.38 +0.12 3612.13 <.STOXX50E 種 > 欧州株式市場は小幅に上昇して取引を終えた。新型コロナウイルス の感染拡大を抑えるための封鎖措置が長期化することへの懸念がある一 方、企業の合併・買収(M&A)の動きが相場を押し上げた。 フランスの小売大手カルフール...

欧州市場サマリー(12日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。新型コ ロナウイルス感染者数の拡大による経済への懸念やポンド上昇が重しとなり、好調な業績 予想を出した銘柄を打ち消した。 ポンドはユーロに対して6週間ぶりの高値を更新。イングランド銀行(英中央銀行) のベイリー総裁のマイナス金利に関するコメントを受け、英中銀がマイナス金利を採用す るとの一部の見方が後退したのが要因。 欧州ホームセンター大手キングフィッシャーが1.8%上昇。販売が好調だ ったのが好感された。電子商取引(EC)大手ザ・ハット・グループも1.0% 上がった。米同業ダームストアの買収...

欧州株式市場=横ばい、景気敏感株は上昇

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 STOXX欧州600種 408.61 +0.20 +0.05 408.41 FTSEユーロファースト3 1576.51 +0.57 +0.04 1575.94 00種 ユーロSTOXX50種 3612.13 -8.49 -0.23 3620.62 欧州株式市場は横ばいで取引を終えた。銀行や自動車、石油といった景気敏感株が相 場を支えた。 フランスの自動車メーカー、ルノーやドイツの同業BMW、フォ ルクスワーゲン(VW)が2020年の販売台数を発表した後、STOXX 欧州600種自動車...

20年の欧州自動車販売、コロナ影響も中国高級車や欧州EVが堅調

欧州自動車各社の2020年の販売台数は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による影響を受けたものの、中国での高級車販売と欧州での電気自動車(EV)販売が堅調に推移し、各社の支えとなった。

仏ルノー、2020年の世界販売は21.3%減 コロナ感染拡大で

フランスの自動車大手ルノーは12日、2020年の世界販売台数が21.3%減の295万台になったと発表した。新型コロナウイルス感染拡大が影響した。

アングル:テスラ台頭がもたらした米自動車業界「電動化元年」

米自動車業界にとって2020年は、電動化へかじを切る決断を下した年となった。それを促したのは電気自動車(EV)メーカーのテスラとウォール街だ。

日産、小型車「ノート」8年ぶり全面改良 人気車で再建急ぐ

日産自動車は24日、約8年ぶりに全面改良した小型車「ノート」を12月23日に日本で発売すると発表した。電動化に集中するため、ガソリン車をなくし、全面刷新した独自のハイブリッド(HV)システム「eーPOWER(イーパワー)」を搭載したHV専用車とする。約20年ぶりに新しくしたブランドロゴを初めて付けて売り出す。売れ筋の新型車投入で販売回復に勢いをつけ、経営再建を急ぐ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up