for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Roche Holding AG

ROG.S

現在値

320.30CHF

変化

1.85(+0.58%)

出来高

524,576

本日のレンジ

318.35

 - 

322.75

52週レンジ

265.75

 - 

357.85

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
318.45
始値
319.50
出来高
524,576
3か月平均出来高
43.13
高値
322.75
安値
318.35
52週高値
357.85
52週安値
265.75
発行済株式数
854.64
時価総額
275,795.10
予想PER
16.44
配当利回り
--

次のエベント

Roche Holding AG at Cowen Gene Therapy Summit: The Changing Regulatory Landscape Conference (Virtual)

適時開示

その他

FDA Grants Priority Review To Genentech’s Esbriet For Unclassifiable Interstitial Lung Disease

Roche Says U.S. Will Purchase Additional Doses Of Regeneron’s Casirivimab, Imdevimab

European Commission Approves Roche’s Phesgo For Patients With Her2-Positive Breast Cancer

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Roche Holding AGとは

ロシュ・ホールディング(Roche Holding AG)は研究ベースのヘルスケア会社である。【事業内容】同社は2つの事業区分により構成される。医薬品事業はRoche医薬品とChugaiを含む。診断事業は糖尿病ケア、分子診断、専門診断及び組織診断という4つの分野を含む。同社は腫瘍学、免疫学、感染症、眼科学と神経科学を含む各種疾患分野のための医薬品の開発を行う。医薬品はアナプロスト、アバスチン、バクトリム、ボンドロナット、セルシプト、コテルテラック、ダイトラント、ドルミカム、インビラーゼ、カドシルラ、キトリル(ケバトリル)、ラリアム、マブテラ、マドパール、ニューポージェン、ペガシス、ペルジェータ、プルモザイム、ロカルトロール、ロセフィン及びロフェロンAを含む。同社は細胞分析、遺伝子発現、ゲノム配列決定、核酸精製等の研究者向けの製品を提供する。

業種

Major Drugs

連絡先

Grenzacherstr. 124

4058

Switzerland

+41.9.732354295

http://www.roche.com

エグゼクティブリーダーシップ

Severin Schwan

Chairman of the Corporate Executive Committee, Chief Executive Officer, Executive Director

Christoph Franz

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Fritz Gerber

Honorary Chairman of the Board

Andre S. Hoffmann

Non-Executive Independent Vice Chairman of the Board

Alan Hippe

Member of the Corporate Executive Committee, Chief Financial Officer, Information Technology Officer

統計

2.14 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, CHF)

2017

53.3K

2018

56.8K

2019

61.5K

2020(E)

60.3K
EPS (CHF)

2017

15.340

2018

18.140

2019

20.160

2020(E)

19.375
株価売上高倍率(過去12カ月)
21.28
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.58
株価純資産倍率(四半期)
8.64
株価キャッシュフロー倍率
15.25
総負債/総資本(四半期)
47.74
長期負債/資本(四半期)
39.64
投資利益率(過去12カ月)
25.22
自己資本利益率(過去12カ月)
17.03

最新ニュース

最新ニュース

中外製薬株は買い気配、リウマチ薬「アクテムラ」がコロナ治療に有効

中外製薬は買い気配。同社が開発したリウマチ治療薬「アクテムラ」について、英政府が新型コロナウイルス治療への有効性を発表したことが好感されている。リウマチ治療薬「アクテムラ」と「ケブザラ」のいずれかの使用により、重症患者の死亡率が大きく低下し、集中治療室(ICU)の治療期間を短縮するという。欧州では中外製薬の親会社であるスイスの製薬会社ロシュが製造・販売を行っており、英政府はロシュと連携する。

新型コロナ血漿療法、重症患者の募集中止 効果見られず

新型コロナウイルス感染後に回復した人の血漿を調整して患者に投与する「回復期血漿療法」に関する国際的な臨床試験で、集中治療室(ICU)での治療を必要とする重症患者の募集が中止された。研究チームが11日発表した。900人以上の重症患者を対象とした初期試験で症状の改善が見られなかったためという。

再送-欧州市場サマリー(11日)

(欧州株の一部記号を修正して再送します) [11日 ロイター] - <ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。欧州で の新型コロナウイルス感染拡大による短期的な景気への打撃に懸念が広がった。 英国で新型コロナによる死者数が過去最高を記録し、病院で酸素が足りなくなる中、 ジョンソン首相はワクチンの配布が「時間との闘いだ」と述べた。ホイッティ首席医務官 は、パンデミック(世界的大流行)の最悪の数週間が迫っていると語った。 英豪系資源大手リオ・ティントやBHPが主な押し下げ要因だった 。最大消費国の中国でコロナ患者が増え、金属価額が値下がりしたことが...

再送-欧州株式市場=反落、コロナ感染拡大で世界景気に懸念

(一部記号を修正して再送します) [11日 ロイター] - <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 408.41 -2.76 -0.67 411.17 種 FTSEユーロファー 1575.94 -9.42 -0.59 1585.36 スト300種 ユーロSTOXX50 3620.62 -24.43 -0.67 3645.05 <.STOXX50E 種 > 欧州株式市場は反落して取引を終えた。新型コロナウイルスの感染 者数が欧州と中国本土で急増し、世界の景気回復に冷や水を浴びせると の懸念が高まった。...

ロシュとサノフィのリウマチ薬、重症コロナ患者の死亡率低下効果

関節リウマチ薬を新型コロナウイルス感染症の治療に用いる臨床試験で、スイスの製薬ロシュの「アクテムラ」とフランスの同サノフィの「ケブザラ」のいずれかの使用により重症患者の死亡率が大きく低下し、集中治療室(ICU)の治療期間を短縮したとする研究が7日、発表された。研究はまだ査読を経ていない。

新型コロナ変異種、検査精度に影響せず 英当局やロシュが表明

英当局とスイス製薬大手ロシュは23日、英国で拡大している新型コロナウイルスの変異種について、同社が提供するコロナ検査の精度に影響を与える可能性は小さいという考えを改めて示した。

米感染症学会、新型コロナ入院患者へのレムデシビル使用を支持

米国感染症学会(IDSA)は23日、米ギリアド・サイエンシズの抗ウイルス薬「レムデシビル」を新型コロナウイルス感染症の入院患者に使用すべきと発表した。

WHO、コロナ抗体薬に注力 富士フ子会社工場に生産能力確保

世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスの薬剤供給に向け、国際協力体制を通じたモノクローナル抗体薬の買い取りを目指しており、富士フイルム<4901.T>の子会社、フジフイルム・ダイオシンス・バイオテクノロジーズ(FDB)のデンマーク工場に生産能力を確保したことが、内部資料で分かった。

ロシュ、コロナ抗原検査キット生産を月間数億回分に=CEO

スイス製薬大手ロシュ<ROG.S>のシュヴァン最高経営責任者(CEO)は29日、新型コロナウイルスの感染第2波を受け、コロナ抗原検査キットの生産を月間で数億回分に拡大すると発表した。

ロシュ、2020年の業績見通しを確認 新型コロナ診断薬が急拡大

スイス製薬大手ロシュ<ROG.S>は15日、2020年の売上高について、為替変動の影響を除いたベースで1桁台前半から半ば程度の伸びを示すとの予想を確認。利益も、売り上げの伸びに沿って拡大するとした。

英の新型コロナ検査体制、ロシュの供給遅延で打撃

英政府の新型コロナウイルス検査体制が、スイスの製薬大手ロシュ<ROG.S>の検査薬の出荷遅延で一段の問題に直面している。既に新規感染者の増加に追い付いていない検査体制に、さらに追い打ちをかける格好となった。

英GSK、コロナ抗体医薬の初期治験拡大 安全性確認

英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)<GSK.L>と米バイオテクノロジー会社のウィル・バイオテクノロジー<VIR.O>は、共同開発している新型コロナウイルス感染症向け抗体医薬の安全性が確認されたため、臨床試験(治験)を拡大する。

アングル:欧州航空、搭乗前検査で「陰性オンリー」便に期待

欧州の航空各社は、妊娠検査薬並みのスピードで新型コロナウイルス感染の有無をチェックできるタイプの抗原検査に、乗客数回復の期待をかけている。直前の検査で陰性と判断された乗客だけに搭乗を認めることで、閉鎖空間での空の旅に安心感を取り戻す狙いだ。

ロシュの関節リウマチ薬、コロナ患者の人工呼吸器の必要性を低減

スイス製薬大手ロシュ<ROG.S>は18日、自社の関節リウマチ治療薬「アクテムラ/ロアクテムラ」について、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)に関連した肺炎患者が人工呼吸器を必要とする可能性を低下させる効果が見られたと発表した。

ロシュ幹部、薬価引き下げの米大統領令を批判 「権限越えている」

スイス製薬大手ロシュ<ROG.S>の医薬品部門を率いるビル・アンダーソン氏は14日、米国内の処方薬の価格を海外の水準と連動させることで引き下げを図る最新の米大統領令を批判した。

コロナワクチンの有効性、10月末までに判明へ=米ファイザー

米製薬大手ファイザー<PFE.N>は、開発中の新型コロナウイルス感染症ワクチンの有効性について10月末までに判明する見込みとし、有効性が確認されれば、直ちに承認申請を行うと発表した。

コロナワクチンの有効性、10月末までに判明へ=米ファイザー

米製薬大手ファイザーは、開発中の新型コロナウイルス感染症ワクチンの有効性について10月末までに判明する見込みとし、有効性が確認されれば、直ちに承認申請を行うと発表した。

英アストラゼネカ、新型コロナ抗体カクテルの治験開始

英製薬大手アストラゼネカ<AZN.L>は、新型コロナウイルスの予防や治療を目的とした抗体カクテルの臨床試験(治験)を開始した。18─55歳の健康な被験者最大48人を対象に、安全性や忍容性(副作用への耐用性)を調べる。

米リジェネロン、新型コロナ抗体カクテルでロシュと提携

製薬大手の米リジェネロン・ファーマシューティカルズ<REGN.O>とスイスのロシュ<ROG.S>は、新型コロナウイルス感染症に対する抗体カクテル療法「REGN─COV2」の開発と販売で提携すると発表した。

アングル:米で再びコロナ検査不足、「高度な自動化」が裏目に

米国の新型コロナウイルスの検査能力は、世界的にみてどこにも劣らぬ能力を持っているはずだった。しかし、各地の研究所では処理が滞り、多くの患者が判定が出るまでに1週間、あるいはそれ以上待たされる事態が再び生じている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up