for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NK Rosneft' PAO

ROSN.MM

現在値

256.05RUB

変化

-6.95(-2.64%)

出来高

8,578,846

本日のレンジ

249.50

 - 

266.45

52週レンジ

175.50

 - 

665.70

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
263.00
始値
263.00
出来高
8,578,846
3か月平均出来高
92.63
高値
266.45
安値
249.50
52週高値
665.70
52週安値
175.50
発行済株式数
9,500.00
時価総額
2,802,158.00
予想PER
3.15
配当利回り
15.76

次のエベント

NK Rosneft' PAO at Goldman Sachs CEEMEA 1?1 Conference

適時開示

その他

Russia's Rosneft Says Board Approves Resumption Of Share Buyback Programme

BP Weighs Selling Rosneft Stake Back To Russian Explorer - Bloomberg News

Maire Tecnimont Says 17% Of Total Backlog Refers To Russia

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NK Rosneft' PAOとは

エヌケー・ロスネフチ(NK Rosneft' OAO)はロシア会社であり、原油・ガスの探査、開発、生産及び販売、並びに石油製品の精製、輸送及び販売に従事している。【事業内容】同社は3つの事業部門を有している。探査・生産事業部門は油田の探査・開発及び原油・天然ガスの生産を行っている。精製・販売・物流事業部門は原油・その他炭化水素から石油製品への加工、並びに原油・石油製品の購入、販売及び輸送を行っている。同社は中国及びアラブ首長国連邦等の国内・海外に位置する13ヵ所の駐在員事務所と1ヵ所の支社を通して運営する。平成23年12月31日現在、同社の大株主は同社持分の75.16%を保有しているRosneftegaz OAOである。平成24年11月、同社はVnukovo空港の給油施設における50%の持分を取得した。

業種

Oil & Gas Operations

連絡先

Sofiyskaya Naberezhnaya, 26/1

117997

Russian Federation

+7.499.5178899

https://www.rosneft.ru/

エグゼクティブリーダーシップ

Igor Ivanovich Sechin

Chief Executive Officer, Chairman of the Management Board, Deputy Chairman of the Board, Executive Director

Gerhard Schroeder

Independent Chairman of the Board

Matthias Arthur Warnig

Independent Deputy Chairman of the Board

Didier Casimiro

Member of the Management Board, Vice President - Refining, Petrochemicals, Commerce and Logistics

Eric Maurice Liron

Member of the Management Board, Vice President - In-House Services of Rosneft

統計

2.00 mean rating - 1 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

134.2K

2020

79.7K

2021

116.3K
EPS (USD)

2019

1.030

2020

0.206

2021

1.263
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.84
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.32
株価純資産倍率(四半期)
0.45
株価キャッシュフロー倍率
1.67
総負債/総資本(四半期)
80.98
長期負債/資本(四半期)
68.37
投資利益率(過去12カ月)
8.69
自己資本利益率(過去12カ月)
6.36

最新ニュース

最新ニュース

ドイツ政府、ウニパーを国有化 80億ユーロ増資引き受け

ドイツ政府はガス輸入会社ウニパーの国有化に合意した。親会社のフォータムから株式を取得し、事業を継続する。

ドイツ、ロスネフチ子会社を管理下に

[ベルリン 16日 ロイター] - ロシア国営石油会社ロスネフチのドイツ子会社は16日、信託管理下に置かれた。ドイツ連邦規制当局が今後、ベルリン市の重要な燃料供給源であるシュベートのPCK製油所を管理することになる。

ドイツ、ロスネフチ子会社を管理下に

[ベルリン 16日 ロイター] - ロシア国営石油会社ロスネフチのドイツ子会社は16日、信託管理下に置かれた。ドイツ連邦規制当局が今後、ベルリン市の重要な燃料供給源であるシュベートのPCK製油所を管理することになる。

ロスネフチ、初の元建て債を発行 21.5億ドル相当

[モスクワ 15日 ロイター] - ロシア国営石油会社ロスネフチは15日、初の元建て社債の発行が完了したと発表した。発行額は150億元(21億5000万ドル)。表面利率は3.05%。

ロスネフチ、上期は13%増益 制裁下でコスト管理

ロシア国営石油会社ロスネフチが15日発表した上期(1─6月)決算は、株主帰属純利益が前年比13%増の4320億ルーブル(72億2000万ドル)だった。ウクライナ侵攻を受けた西側の制裁の影響で資金調達が難しくなるなど厳しい経営環境下でコスト管理の改善に取り組んでいる。

ロスネフチ、上期は13%増益 制裁下でコスト管理

ロシア国営石油会社ロスネフチが15日発表した上期(1─6月)決算は、株主帰属純利益が前年比13%増の4320億ルーブル(72億2000万ドル)だった。ウクライナ侵攻を受けた西側の制裁の影響で資金調達が難しくなるなど厳しい経営環境下でコスト管理の改善に取り組んでいる。

焦点:エネ供給武器のプーチン戦略、「ロシアにも痛手」の試算

「西側へのエネルギー供給を場合によっては、完全に停止する」――。ウクライナ侵攻を巡って欧米との関係悪化が続くロシアのプーチン大統領によるこうした脅しは、ロシアにとってもろ刃の剣となる恐れがある。

ロシア、モンゴル経由の中国へのガス供給を協議=プーチン大統領

[7日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は7日、モンゴルを経由して中国に天然ガスを供給するための新たな大規模インフラ計画について協議していると明らかにした。

UPDATE 1-ロシア、モンゴル経由の中国へのガス供給を協議=プーチン大統領

[7日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は7日、モンゴルを経由して中国に天然ガスを供給するための新たな大規模インフラ計画について協議していると明らかにした。

ルクオイル会長が病院の窓から転落死、国営メディアは自殺と報道

ロシア第2位の石油会社ルクオイルのラビル・マガノフ会長(67)が1日、入院先の病院で窓から転落して死亡した。事情に詳しい2人の関係者が明らかにした。死亡当時の詳しい状況ははっきりしていない。ただロシアでは、エネルギー業界を中心にこのところ不可解な死を遂げるビジネスマンが相次いでいる。

ロスネフチ、サハリン1通常操業復帰が問題解決の道と主張=タス通信

ロシア国営石油最大手ロスネフチは30日、ロシア極東の石油・天然ガス開発事業「サハリン1」の操業を通常に戻すことが争いとなっている問題の解決に役立つ可能性があると主張した。タス通信が伝えた。

大手商社・銀行、ロシア出資の印製油所との取引解消=関係筋

[ニューデリー 24日 ロイター] - 多くの国際石油トレーダーや銀行がロシアのウクライナ侵攻を巡る西側諸国の制裁を懸念し、ロシア国営石油会社ロスネフチが出資するインドの精製業者ナヤラ・エナジーとの取引を停止している。関係者2人がロイターに語った。

サウジ王子所有の投資会社、ロシアのエネルギー会社に投資

サウジアラビアのアルワリード王子が経営する投資会社キングダム・ホールディングは14日、2月22日─3月22日にロシアのエネルギー会社ガスプロム、ロスネフチ、ルクオイルに投資したことをツイッターで明らかにした。

欧州への石油輸送停止の要因はウクライナ側=トランスネフチ

ロシアの国営石油パイプライン運営会社、トランスネフチは9日、ウクライナは西側諸国の制裁によってロシアからのトランジット輸送料金の受け取りを妨げられており、これが今月初旬から中欧の一部に対するロシア産石油のパイプライン輸送を停止した理由と発表した。

ロシア、「非友好国」投資家の株売却を年内禁止 サハリン1など

[モスクワ 5日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は5日、ウクライナ侵攻を受け対ロシア制裁を科している「非友好国」の投資家がロシアの主要エネルギー事業や銀行などの株式を売却することを年末まで禁止する大統領令に署名した。西側諸国による対ロ制裁に対抗する。

ロ、「非友好国」投資家の株式売却を年内禁止 サハリン1など

[5日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は5日、ウクライナ侵攻を受け対ロシア制裁を科している「非友好国」の投資家がロシアの主要エネルギー事業や銀行などの株式を売却することを年末まで禁止する大統領令に署名した。西側諸国による対ロ制裁に対抗する。

丸紅、サハリン1の投資価値80億円減額 4―6月期純利益は79.8%増

丸紅の古谷孝之常務・CFO(最高財務責任者)は5日の決算会見で、ロシアで参画する石油・天然ガス開発事業「サハリン1」の投資価値を80億円減額したことを明らかにした。6月末の投資残高は30億円まで減少した。

ロシア、サハリン事業に出資の海外企業に揺さぶり 制裁に反発

[モスクワ 4日 ロイター] - ロシアは4日、極東サハリンの2つの石油・天然ガス開発事業を巡り権益を持つ外国企業にさらに揺さぶりをかけた。「サハリン1」事業主体の米石油大手・エクソンモービルについては、生産を一方的に止めたと批判する一方、「サハリン2」の出資者には、ロシアが新たに設立する運営会社に参画するかを1カ月以内に回答するよう求めた。

エクソン、サハリン1の権益引き渡し手続き進展と表明 譲渡先は示さず

米石油大手エクソンモービルは、既に撤退を表明している極東サハリンでの石油・天然ガス開発事業「サハリン1」について、保有する30%の権益を「他の相手」に引き渡す手続きを進めている。同社が3日付で米証券取引委員会(SEC)に届け出た書類で分かった。

米WTI先物95ドル割れ、4月以降で初 EUの対ロ制裁調整受け

[ヒューストン 22日 ロイター] - 米国時間の原油先物は、米WTI先物が4月以降で初めて95ドルを下回った。世界のエネルギー安全保障を巡るリスクの抑制に向け、欧州連合(EU)が21日に合意した対ロシア制裁措置の調整により、ロシアの国営石油最大手ロスネフチとガスプロムは第3国への石油輸出が可能になる見通しになったことを受けた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up