for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Rolls-Royce Holding PLC

RR.L

現在値

662.20GBp

変化

-12.80(-1.90%)

出来高

7,966,098

本日のレンジ

654.00

 - 

678.40

52週レンジ

619.74

 - 

1,003.50

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
675.00
始値
677.60
出来高
7,966,098
3か月平均出来高
77.69
高値
678.40
安値
654.00
52週高値
1,003.50
52週安値
619.74
発行済株式数
1,931.00
時価総額
13,034.22
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Full Year 2019 Rolls-Royce Holdings PLC Earnings Release

適時開示

その他

Rolls-Royce Confirms Completion Of Sale Of Mainly North American Nuclear Services Business

Rolls-Royce Takes Majority Holding In Power Storage Specialist Qinous

Rolls-Royce Unveils All-Electric Plane

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Rolls-Royce Holding PLCとは

ロールス・ロイス・ホールディングス(Rolls-Royce Holdings PLC)は、イギリスを拠点とするエンジニアリング会社である。【事業内容】動力システム及び推進システムに焦点を合わせる。商用航空、防衛航空及びパワーシステムの事業を含む。商用航空事業は、商用航空機用エンジンの開発・製造・マーケティング・販売、並びに関連するアフターサービスの提供を行う。防衛航空事業は、軍事航空機用エンジンの開発・製造・マーケティング・販売、並びに関連するアフターサービスの提供を行い、戦闘機、トレーナー機及びヘリコプター等の分野向けにサービスを提供する。パワーシステム事業は、レシプロエンジン及びパワーシステムの開発・製造・マーケティング・販売を行い、製品及びソリューションブランドの「MTU」システムで電力ソリューション及び完全なライフサイクルサポートを提供する。

連絡先

10 Moor Lane

+44.20.72229020

http://www.rolls-royce.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Ian E. L. Davis

Non-Executive Independent Chairman of the Board

D. Warren A. East

Chief Executive, Executive Director

Stephen W. Daintith

Chief Financial Officer, Executive Director

Tom Bell

President – Defence and President & Chief Executive Officer of Rolls-Royce North America

Christopher Cholerton

President – Civil Aerospace

統計

2.65 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, GBP)

2016

13.8K

2017

16.3K

2018

15.7K

2019(E)

15.4K
EPS (GBp)

2016

30.080

2017

40.330

2018

17.400

2019(E)

14.122
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.81
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
-13.51
自己資本利益率(過去12カ月)
-7.51

最新ニュース

最新ニュース

英航空業界が温暖化対策公表、2050年までにCO2排出実質ゼロに

英国の航空業界は4日、温暖化ガスの排出を2050年までに実質ゼロにする目標を達成するための計画を明らかにした。

欧州株式市場=続伸、米イランの緊張緩和で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 418.36 +0.69 +0.17 417.67 FTSEユーロファース 1635.76 +3.07 +0.19 1632.69 ト300種 ユーロSTOXX50種 3772.56 +13.31 +0.35 3759.25 <.STOXX50E > 欧州株式市場は続伸して取引を終えた。イランがイラク駐留米軍をミサイルで攻撃し たことで、ソレイマニ司令官殺害への報復措置を「完結した」と示唆し、中東情勢に関す る不安が和らいだ。 ミサイル攻撃が起きた当初、相場...

欧州市場サマリー(7日)

北海ブレント原油先物は昨年10月初旬に付けた安値から20%強値上がり している。中東情勢の緊張を背景に原油価格が底堅い中、市場はインフレ期待などの物価 動向を注視している。ユーロ圏の期待インフレ率の目安となる5年先5年物インフレスワ ップはこの日1.32%近辺で推移した。 スペイン10年債利回りは約2ベーシスポイント(bp)上昇し0.4 1%。スペイン下院は7日、中道左派の社会労働党を率いるサンチェス首相の信任投票を 実施し、賛成多数で可決した。ある市場関係者は、首相の信任は織り込み済みで、もっぱ らイタリアの政治リスクに関心が移行していると...

欧州株式市場=反発、半導体銘柄買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 417.67 +1.04 +0.25 416.63 FTSEユーロファース 1632.69 +3.15 +0.19 1629.54 ト300種 ユーロSTOXX50種 3759.25 +6.73 +0.18 3752.52 <.STOXX50E > 欧州株式市場は反発して取引を終えた。半導体銘柄の値上がりが全体水準を押し上げ た。 米半導体メーカーのマイクロチップ・テクノロジーが第3・四半期の売り上 げ見通しを引き上げたことで、欧州株式市場でも半導体株が買われた...

欧州市場サマリー(17日)

<ロンドン株式市場> 小幅に続伸して取引を終えた。米中通商合意への期待が相場を下支えした。一方、ジョンソン英首相が英国の欧州連合(EU)離脱交渉について強硬姿勢を示したことで合意なきEU離脱への不安が再浮上し、国内経済に左右されやすい銘柄が売られた。

ロンドン株式市場=小幅続伸、米中合意への期待で 合意なきEU離脱への不安は重し

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7525.28 +6.23 +0.08 7519.05 ロンドン株式市場は小幅に続伸して取引を終えた。米中通商合意へ の期待が相場を下支えした。一方、ジョンソン英首相が英国の欧州連合 (EU)離脱交渉について強硬姿勢を示したことで合意なきEU離脱へ の不安が再浮上し、国内経済に左右されやすい銘柄が売られた。 米中が合意に至るとの期待から通商政策に左右されやすい銘柄が買 われた。英石油大手のBPやロイヤル・ダッチ・シェル 、金融大手HSBCの値上がりが目立った。 先週...

欧州市場サマリー(10日)

ドイツ、オランダ、フランスなどの高格付け国債利回りは横ばい。今週のECB理事 会や米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、このところのレンジ内で推移した。<DE1 0YT=RR> 独10年債利回りはマイナス0.30%。この日は3bpの狭いレンジでの取引だっ た。 独ZEW景気期待指数の発表を受け、ユーロ圏のインフレ期待を示す指標である5年 先スタート5年物フォワードレートは1.25%に上昇し、約1カ月ぶり 水準となった。 ベレンベルクの欧州エコノミスト、フロリアン・ヘンセ氏はこれについて「期待は8 月以降に大きく戻しているが、一部は経済環境...

ロンドン株式市場=続落、アシュテッド売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7213.76 -20.14 -0.28 7233.90 ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。建機・産業機器レンタ ルのアシュテッドが大幅安となった。ただ米中の関税発動が先 送りされる可能性があるとの報道を受け、終盤にかけて下落幅を圧縮し た。 アシュテッドは6.2%下落した。英国の市況が厳しいとの見方を 示したことが不安視された。 ウォール・ストリート・ジャーナルによると米中の交渉官は15日 に発動予定の関税を先送りする準備を進めている。報道を受け、市場心...

ドバイ航空ショー、ボーイング737MAXに販売回復の兆し

19日開かれたドバイ航空ショーでは、墜落事故を受けて運航停止となっているボーイング<BA.N>の「737MAX」型機に複数の航空会社から合計で最大50機を購入する方針が示され、販売が回復する兆しが見られた。定価では60億ドル相当の商談となる。

エアバス、計300億ドル受注 ボーイングもMAX機に受注

11月17日から開催されているドバイ航空ショーで、欧州航空大手エアバス<AIR.PA>がアラブ首長国連邦(UAE)の航空会社、エミレーツ航空とエア・アラビアから合計300億ドルの受注を獲得した。米ボーイング<BA.N>も737MAX型機の受注を3月の運行停止以降で初めて正式に獲得した。

欧州市場サマリー(5日)

ポンドはここ2日間で、10カ月ぶりの大幅な値上がりとなった。英議会は10月31日に英国を合意なしで欧州連合(EU)から離脱させようとするジョンソン首相の動きを阻止する法案を可決した。合意なき離脱への懸念が後退し、ポンドを押し上げた。

ロンドン株式市場=反落、ポンド高で輸出株売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7271.17 -40.09 -0.55 7311.26 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。ポンド高を受け輸出株 が売られた。 ポンドはここ2日間で、10カ月ぶりの大幅な値上がりとなった。 英議会は10月31日に英国を合意なしで欧州連合(EU)から離脱さ せようとするジョンソン首相の動きを阻止する法案を可決した。合意な き離脱への懸念が後退し、ポンドを押し上げた。 国際的な銘柄である酒造大手のディアジオと製薬のアスト ラゼネカ、同グラクソ・スミスクライン(GSK...

欧州市場サマリー(12日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。香港でのデモを巡る懸念から、金融 大手HSBCなどアジアへのエクスポージャーが高い銘柄が売られた。 中国政府は香港の抗議活動について「テロの兆候が出始めている」と述べた。 マーケッツ・ドットコムのアナリスト、ニール・ウィルソン氏は「ほとんどの投資家 が香港の動きをなんとなく警戒してきたが、ここにきてより大きな懸念材料となった気が する」と述べた。 米航空機大手ボーイングの供給業者であるエンジンメーカーのロールスロイス は3.5%下落した。ノルウェーの航空会社の旅客機787ドリームライナーから...

ロンドン株式市場=続落、香港デモを懸念

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7226.72 -27.13 -0.37 7253.85 週明けロンドン株式市場は続落して取引を終えた。香港でのデモを巡る懸念から、金 融大手HSBCなどアジアへのエクスポージャーが高い銘柄が売られた。 中国政府は香港の抗議活動について「テロの兆候が出始めている」と述べた。 マーケッツ・ドットコムのアナリスト、ニール・ウィルソン氏は「ほとんどの投資家 が香港の動きをなんとなく警戒してきたが、ここにきてより大きな懸念材料となった気が する」と述べた。 米航空機大手ボーイング...

欧州市場サマリー(6日)

欧州株式市場: <ユーロ圏債券> 独10年債利回りなどが過去最低水準を更新した。米政府が前日 、中国を為替操作国に認定したことを受け、世界的な貿易戦争に対する懸念が高まってい ることが背景。 中国が10年超ぶりの元安水準を容認したことを受け、米国は中国を為替操作国に認 定。米中貿易摩擦の激化で世界経済見通しに対する懸念が拡大し、世界の主 要中央銀行は一段の緩和措置を実施するとの観測が高まっている。 こうした中、独10年債、オランダ10年債、オーストリア 10年債は過去最低水準を更新。仏10年債やスペイン10年債 なども2─3ベーシスポイント...

ロンドン株式市場=6営業日続落、米中貿易摩擦で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7171.69 -52.16 -0.72 7223.85 ロンドン株式市場は6営業日続落して取引を終えた。トランプ米大統領が前週末に中 国製品への追加関税を発表して以降、相場は5%超値下がりしている。 FTSE100種はこの日、下値支持線と見なされる200日移動平均を5月以来初 めて下回った。 エンジンメーカーのロールスロイスは6.9%安だった。問題が発生している 航空機用エンジン「トレント1000」に対応するため費用見積もりを引き上げた。トレ ント1000はボーイング...

中国、香港の自治保証した「中英共同宣言」順守を=英外相

英国のハント外相は2日、ロイターとのインタビューで、香港の「高度の自治」を50年間にわたり保証した「中英共同宣言」を中国が順守することを望むと述べた。

焦点:「電気飛行機」市場が静かに離陸、行く手を覆う厚い雲

動力が完全に電動化された近距離移動用の電気飛行機、欧州航空機大手エアバス<AIR.PA>のハイブリッド小型機が、今年のパリ国際航空ショーをにぎわせている。

欧州市場サマリー(9日)

<ロンドン株式市場> 反落。米国と欧州連合(EU)が互いに関税をかけ る姿勢を示したことに加え、国際通貨基金(IMF)による世界経済見通しの引き下げが嫌気された。また ロシアが原油生産を増やす可能性や英国のEU離脱の展開も注視された。 トランプ米大統領はEUによる航空機大手エアバスへの補助金により米国が打撃を受けたと主 張し、EUから輸入する110億ドルの物品に対し関税を導入する方針を明らかにした。これに対しEUの 欧州委員会も、米航空機大手ボーイングへの補助金に関し、米産品への報復関税の準備を始めていることを 明らかにした。 報復関税...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up