for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Rolls-Royce Holding PLC

RR.L

前日終値

792.80GBp

変化

-17.00(-2.10%)

出来高

9,049,892

本日のレンジ

769.00

 - 

799.20

52週レンジ

723.40

 - 

1,003.50

As of on the London Stock Exchange (LON) ∙ Minimum 15 minute delay

価格

前日終値
809.80
始値
789.00
出来高
9,049,892
3か月平均出来高
85.43
高値
799.20
安値
769.00
52週高値
1,003.50
52週安値
723.40
発行済株式数
1,931.00
時価総額
15,308.93
予想PER
41.62
配当利回り
--

次のエベント

Dividend For RR.L - 4600.0000 %

適時開示

その他

Rolls-Royce Delays Single-Digit Level Return Of AOGS On Trent 1000

UK Union Unite, Rolls Royce Sign Agreement Covering Managers At Derby, Hucknall Campuses

Framatome is Close To sealing a Deal To Buy Rolls-Royce's International Instrumentation And Control Division-Sky News

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Rolls-Royce Holding PLCとは

ロールス・ロイス・ホールディングス(Rolls-Royce Holdings plc)はイギリスを拠点とするエンジニアリング企業である。【事業内容】同社は電力および推進システムに焦点を合わせる。同社の事業は民間航空、防衛航空、船舶及びエネルギーの4つの事業を含む。民間航空事業は商用航空機用エンジンの開発・製造・マーケティング・販売を行うほか、関連アフターサービスを提供する。防衛航空事業は軍事航空機用エンジンの開発・製造・マーケティング・販売を行うほか、関連アフターサービスを提供し、戦闘機、トレーナー機、ヘリコプター分野向けサービスを提供する。パワーシステム事業はレシプロエンジンおよびパワーシステムの開発、製造、マーケティングおよび販売に従事する。原子力事業は民間発電および海軍推進システム用の原子力システムの開発、製造、販売およびマーケティングを行う。

業種

Aerospace & Defense

連絡先

10 Moor Lane

+44.20.72229020

http://www.rolls-royce.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Ian E. L. Davis

Non-Executive Independent Chairman of the Board

D. Warren A. East

Chief Executive, Executive Director

Stephen W. Daintith

Chief Financial Officer, Executive Director

Tom Bell

President – Defence and President & Chief Executive Officer of Rolls-Royce North America

Christopher Cholerton

President – Civil Aerospace

統計

2.72 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, GBP)

2016

13.8K

2017

16.3K

2018

15.7K

2019(E)

15.4K
EPS (GBp)

2016

30.080

2017

40.330

2018

17.400

2019(E)

19.459
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.95
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
-13.51
自己資本利益率(過去12カ月)
-7.51

最新ニュース

欧州市場サマリー(5日)

  ラボバンクの金利戦略主任リチャード・マグワイヤ氏は「逃避買いがイールドカーブ のフラット化につながっていたが、こうした動きが小幅ながらも反転している」と述べた 。 仏30年債とオランダ30年債の利回りは13─14ベーシ スポイント(bp)上昇。独30年債利回りも1日としては2015年以来 の大幅な上昇を記録し、マイナス0.03%を付けた。 独10年債利回りは9bp上昇のマイナス0.59%。1日としては約1 年ぶりの大幅な上昇となる勢い。 イタリア10年債利回りも10bp上昇し、0.92%。同50年債利 回りも20bp上昇の2.31%...

ロンドン株式市場=反落、ポンド高で輸出株売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7271.17 -40.09 -0.55 7311.26 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。ポンド高を受け輸出株 が売られた。 ポンドはここ2日間で、10カ月ぶりの大幅な値上がりとなった。 英議会は10月31日に英国を合意なしで欧州連合(EU)から離脱さ せようとするジョンソン首相の動きを阻止する法案を可決した。合意な き離脱への懸念が後退し、ポンドを押し上げた。 国際的な銘柄である酒造大手のディアジオと製薬のアスト ラゼネカ、同グラクソ・スミスクライン(GSK...

欧州市場サマリー(12日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。香港でのデモを巡る懸念から、金融 大手HSBCなどアジアへのエクスポージャーが高い銘柄が売られた。 中国政府は香港の抗議活動について「テロの兆候が出始めている」と述べた。 マーケッツ・ドットコムのアナリスト、ニール・ウィルソン氏は「ほとんどの投資家 が香港の動きをなんとなく警戒してきたが、ここにきてより大きな懸念材料となった気が する」と述べた。 米航空機大手ボーイングの供給業者であるエンジンメーカーのロールスロイス は3.5%下落した。ノルウェーの航空会社の旅客機787ドリームライナーから...

ロンドン株式市場=続落、香港デモを懸念

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7226.72 -27.13 -0.37 7253.85 週明けロンドン株式市場は続落して取引を終えた。香港でのデモを巡る懸念から、金 融大手HSBCなどアジアへのエクスポージャーが高い銘柄が売られた。 中国政府は香港の抗議活動について「テロの兆候が出始めている」と述べた。 マーケッツ・ドットコムのアナリスト、ニール・ウィルソン氏は「ほとんどの投資家 が香港の動きをなんとなく警戒してきたが、ここにきてより大きな懸念材料となった気が する」と述べた。 米航空機大手ボーイング...

欧州市場サマリー(6日)

欧州株式市場: <ユーロ圏債券> 独10年債利回りなどが過去最低水準を更新した。米政府が前日 、中国を為替操作国に認定したことを受け、世界的な貿易戦争に対する懸念が高まってい ることが背景。 中国が10年超ぶりの元安水準を容認したことを受け、米国は中国を為替操作国に認 定。米中貿易摩擦の激化で世界経済見通しに対する懸念が拡大し、世界の主 要中央銀行は一段の緩和措置を実施するとの観測が高まっている。 こうした中、独10年債、オランダ10年債、オーストリア 10年債は過去最低水準を更新。仏10年債やスペイン10年債 なども2─3ベーシスポイント...

ロンドン株式市場=6営業日続落、米中貿易摩擦で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7171.69 -52.16 -0.72 7223.85 ロンドン株式市場は6営業日続落して取引を終えた。トランプ米大統領が前週末に中 国製品への追加関税を発表して以降、相場は5%超値下がりしている。 FTSE100種はこの日、下値支持線と見なされる200日移動平均を5月以来初 めて下回った。 エンジンメーカーのロールスロイスは6.9%安だった。問題が発生している 航空機用エンジン「トレント1000」に対応するため費用見積もりを引き上げた。トレ ント1000はボーイング...

中国、香港の自治保証した「中英共同宣言」順守を=英外相

英国のハント外相は2日、ロイターとのインタビューで、香港の「高度の自治」を50年間にわたり保証した「中英共同宣言」を中国が順守することを望むと述べた。

焦点:「電気飛行機」市場が静かに離陸、行く手を覆う厚い雲

動力が完全に電動化された近距離移動用の電気飛行機、欧州航空機大手エアバス<AIR.PA>のハイブリッド小型機が、今年のパリ国際航空ショーをにぎわせている。

欧州市場サマリー(9日)

<ロンドン株式市場> 反落。米国と欧州連合(EU)が互いに関税をかけ る姿勢を示したことに加え、国際通貨基金(IMF)による世界経済見通しの引き下げが嫌気された。また ロシアが原油生産を増やす可能性や英国のEU離脱の展開も注視された。 トランプ米大統領はEUによる航空機大手エアバスへの補助金により米国が打撃を受けたと主 張し、EUから輸入する110億ドルの物品に対し関税を導入する方針を明らかにした。これに対しEUの 欧州委員会も、米航空機大手ボーイングへの補助金に関し、米産品への報復関税の準備を始めていることを 明らかにした。 報復関税...

欧州株式市場=続落、米の対EU関税や世界経済成長への不安で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 STOXX欧州600種 385.68 -1.83 -0.47 387.51 FTSEユーロファースト3 1517.88 -6.18 -0.41 1524.06 00種 DJユーロSTOXX50種 3417.22 -20.84 -0.61 3438.06 欧州株式市場は続落して取引を終えた。米国が欧州連合(EU)製品への関税導入の 意思を示したことが相場の重しとなった。国際通貨基金(IMF)が世界経済成長見通し を引き下げたことも市場心理悪化の要因だった。 米通商代表部(USTR)は...

ロンドン株式市場=反落、米EUの報復関税やIMF成長見通し引き下げで

ロシアが石油輸出国機構(OPEC)の主導する協調減産について、減産量を緩和す る可能性を示唆したことで原油が値を下げ、石油大手のロイヤル・ダッチ・シェル<RDSa. L>とBPがFTSE100種の最大の押し下げ要因となった。 フランスは、英国のEU離脱を延期する場合の厳しい条件を提示した。EU離脱の混 乱に左右されやすいとみられるFTSE350種住宅建設株指数は0.48 %低下した。 (い)

ロンドン株式市場=続伸、ポンド下落で輸出銘柄に買い

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7391.12 +73.74 +1.01 7317.38 ロンドン株式市場は約6カ月ぶりの高値まで続伸して取引を終えた。ポンドが下落し 、輸出銘柄が買われた。 英国の欧州連合(EU)からの離脱を巡り、英議会は代替案の是非を問う採決を実施 したが、全4案が否決された。打開策を見出すためにメイ英首相が閣僚会議を進める中、 EUは合意なき離脱となる可能性があると警告した。 英国のEU離脱を巡る不安からポンドが下落し、金融大手HSBCや保険最 大手プルーデンシャル、たばこの...

欧州市場サマリー(28日)

ドイツ10年債利回りは一時0.195%と0.2%に迫った。2年債 利回りとの差は71bpと約2週間ぶりの水準に拡大した。 英議会下院は27日、3月12日までに欧州連合(EU)と協議した離脱案が議会で 承認されない場合に、「合意なき離脱」や「短期間の離脱延期」の賛否を議会で採決にか ける方針を賛成多数で可決した。 これを受け英国債が売られたが、ある市場関係者は「英国債への売りがドイツ国債や 米国債にも波及した」と述べた。ベトナムで開かれていた米朝首脳会談が合意に至らなか ったことなどで、株価が世界的に伸びなかったことも国債相場の下支えになったという...

ロンドン株式市場=3日続落、モンディやロールスロイスに売り

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7074.73 -32.47 -0.46 7107.20 ロンドン株式市場は3日続落して取引を終えた。製紙・包装大手のモンディ やエンジンメーカーのロールスロイスが売られたほか、軟調な中国の指標を受けて 鉱業銘柄も落ち込んだ。 モンディは6.3%安だった。軟調な業績見通しが嫌気された。 ロールスロイスは2.8%下落した。米航空機大手ボーイングが計画中の新た な航空機に供給するエンジンの入札から抜けたことが嫌気された。 中国の製造業購買担当者景気指数(PMI)が軟調...

ボーイング、英EU離脱控えスペア部品を移動

米航空機大手ボーイング<BA.N>は、英国の欧州連合(EU)離脱に備えて、英国と他国の配送センターの間でスペア部品の移動を進めていることを明らかにした。

焦点:エアバスA380生産中止、「欧州の夢」なぜ失速したか

旅客から愛され、会計担当者からは恐れられた世界最大の旅客機の生産中止が決まった。欧州航空大手エアバス <AIR.PA>は、運用開始から12年にして、販売不振を理由に超大型旅客機「A380」の生産をやめると発表した。

欧州市場サマリー(13日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。銅価格の値上がりに伴い鉱業銘柄が 値を上げたほか、好決算が買い材料となった。また、英国の欧州連合(EU)離脱が後ず れする可能性があるとの報道が、合意なき離脱への懸念緩和につながった。 英ITVニュースによると英国のEU離脱交渉責任者であるオリー・ロビンス氏は、 議会に残された選択肢はメイ首相の離脱協定案承認か3月29日の離脱期日延期のどちら かだと述べた。ITVの記者が個人的な会話を耳にした。 紙製品・包装材大手のスマーフィット・カッパは7.0%上昇した。好決算 を発表したほか、今年は出だしが...

ロンドン株式市場=続伸、英EU離脱後ずれの可能性で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値 コード FTSE100種 7190.84 +57.70 +0.81 7133.14 ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。銅価格の値上がりに伴い鉱業銘柄が値を 上げたほか、好決算が買い材料となった。また、英国の欧州連合(EU)離脱が後ずれす る可能性があるとの報道が、合意なき離脱への懸念緩和につながった。 英ITVニュースによると英国のEU離脱交渉責任者であるオリー・ロビンス氏は、 議会に残された選択肢はメイ首相の離脱協定案承認か3月29日の離脱期日延期のどちら かだと述べた。ITVの記者...

欧州エアバス、「A380」生産中止を間もなく決定へ=関係筋

欧州航空大手エアバス<AIR.PA>は超大型旅客機「A380」の生産中止を間もなく決定し、2月14日の決算発表時に公表する可能性がある。業界関係者とアナリストが明らかにした。A380の生産を巡っては、エミレーツ航空からの受注が生命線となっていたが、エンジンに関する交渉で結論に至らずに失敗。代替案の検討を余儀なくされ、A380の生産中止の引き金となったもようだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up