for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

レイセオン・カンパニー

RTN.N

現在値

231.34USD

変化

-0.97(-0.42%)

出来高

703,465

本日のレンジ

231.23

 - 

233.36

52週レンジ

158.72

 - 

233.36

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
232.31
始値
232.09
出来高
703,465
3か月平均出来高
27.72
高値
233.36
安値
231.23
52週高値
233.36
52週安値
158.72
発行済株式数
278.48
時価総額
64,423.33
予想PER
19.47
配当利回り
1.63

次のエベント

Q4 2019 Raytheon Co Earnings Release

適時開示

その他

Raytheon, Major Tool And Machine Inc Team Up On SPY-6 Radars

Raytheon Co - Developing Machine Learning Technology Under $6 Mln Contract From Defense Advanced Research Projects Agency

U.S. Air Force Awards Raytheon $768 Mln Advanced Medium Range Air-To-Air Missile Contract

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

レイセオン・カンパニーとは

レイセオン(Raytheon Company)は防衛及び他の政府市場を中心とする技術会社である。【事業内容】同社は検知、エフェクト、指令、制御、通信、コンピューター、サイバー、インテリジェンス、ミッション・サポートとサイバーセキュリティ等の各種市場にある製品・サービス・ソリューションを開発する。同社は統合防衛システム(IDS)、インテリジェンスと情報システム(IIS)、ミサイルシステム(MS)、スペースと航空機搭載システム(SAS)、フォースポイントという5つの事業区分により構成される。IDS事業はセンサーとミッション・システムを開発・生産する。IIS事業はインテリジェンス、防衛、連邦と商業顧客向けに各種技術・専門的サービスを提供する。MS事業はミサイルと戦闘システムの開発者、インテグレータと生産会社である。SAS事業はミッションのための統合センサー及び通信システムの設計、開発、製造に従事する。フォースポイント事業はサイバーセキュリティ製品を開発する。

業種

Aerospace & Defense

連絡先

870 Winter St

+1.781.5223000

https://www.raytheon.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Thomas A. Kennedy

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Anthony F. O'Brien

Chief Financial Officer, Vice President

Ralph H Acaba

President, Raytheon Integrated Defense Systems (IDS)

Michael J. Wood

Chief Accounting Officer, Vice President, Controller

Frank R. Jimenez

Vice President, General Counsel, Corporate Secretary

統計

2.00 mean rating - 17 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

24.1K

2017

25.3K

2018

27.1K

2019(E)

29.3K
EPS (USD)

2016

7.440

2017

7.640

2018

10.150

2019(E)

11.886
株価売上高倍率(過去12カ月)
19.85
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.25
株価純資産倍率(四半期)
4.95
株価キャッシュフロー倍率
16.68
総負債/総資本(四半期)
36.65
長期負債/資本(四半期)
32.80
投資利益率(過去12カ月)
13.90
自己資本利益率(過去12カ月)
10.37

最新ニュース

最新ニュース

米が制裁なら報復とトルコ大統領、ロシア製ミサイル購入めぐり

トルコのエルドアン大統領は20日、ロシア製ミサイルの購入やロシアからの天然ガスパイプラインを巡って米国がトルコに制裁を検討していることについて、報復も辞さないと述べた。

コラム:気候変動が企業のM&A後押しへ、問われる投資銀の才覚

「プジョー」を傘下に持つ仏PSA<PEUP.PA>と欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCHA.MI>の460億ドル規模の合併は、気候変動リスクが大きな動機となった初の大型合併・買収(M&A)案件になるかもしれない。ただ、企業トップが地球温暖化による業績への影響に気付く中で、今回の案件が持つ目新しさはすぐに失われるだろう。業界で優位に立つのは、気候変動問題に敏感な投資銀行だ。

トルコ外相「米国が制裁なら報復」、S400購入巡り

トルコのチャブシオール外相は11日、ロシア製ミサイル防衛システム「S400」の購入を巡り、米国がトルコに制裁を科せば、トルコが報復すると表明した。国内放送局Aハベルとのインタビューで述べた。

トルコ大統領「ロシア製ミサイル破棄せず」、トランプ氏に言明

トルコのエルドアン大統領は19日、トランプ米大統領と先週会談した際、ロシアから購入した地対空ミサイルシステム「S400」について、米国の要求に応じて破棄することはないと言明したと明らかにした。

ロシア製ミサイルは破棄しないと米大統領に言明=トルコ大統領

トルコのエルドアン大統領は19日、先週トランプ米大統領と会談した際、ロシアから購入した地対空ミサイルシステム「S400」について、米国の要求に応じて破棄することはないと言明したことを明らかにした。エルドアン大統領が率いる与党の公正発展党(AKP)の議員らに語った。

トルコ大統領、シリアに外国軍駐留なら「撤退せず」

トルコのエルドアン大統領は8日、シリア北部の国境地域に外国軍が駐留する限り、トルコも撤退しないと表明した。またクルド人武装勢力が同地域から完全に撤退するまでトルコは武装勢力への攻撃を続けると強調した。

米国務省、ウクライナへのミサイル売却を承認

米国務省は、レイセオン<RTN.N>製対戦車ミサイル「ジャベリン」150発と関連装備(最大3920万ドル相当)のウクライナへの売却を承認した。米国防総省が3日、明らかにした。

イージス・アショア試験に5億ドル追加投資も、北朝鮮対応で=関係筋

複数の政府・防衛筋によると、日本政府は陸上配備型イージス・システム(イージス・アショア)の対応能力を検証するため、実弾発射実験が必要になっており、少なくとも5億ドル(約550億円)の追加投資を迫られる可能性がある。

米、サウジ防衛力強化支援へ パトリオットミサイルなど提供

米国防総省(ペンタゴン)は26日、サウジアラビアの防衛能力増強に向け、長距離地対空ミサイル「パトリオット」のほか、レーダーシステム4基、約200人の支援要員を同国に配置する計画を発表した。

ダウ142ドル安、サウジ攻撃嫌気 エネルギー株は堅調

の石油施設が攻撃を受けたことで、投資家の間で地政学的リスクや世界経済の減速に対する懸念が広がり、全般的に売りが優勢となった。一方、原油価格の急騰に伴いエネルギー株は堅調となった。

トルコ大統領、米パトリオット購入巡りトランプ氏と協議

トルコのエルドアン大統領は13日、米国製地対空ミサイルシステム「パトリオット」の購入を巡り、トランプ大統領と今月協議したことを明らかにした。

米国務省、日本へのミサイル売却計画を承認 33億ドル相当

米国務省は、約33億ドル相当のミサイルの日本への売却計画を承認した。国防総省の国防安全保障協力局(DSCA)が27日、明らかにした。

トルコへのパトリオット売却計画は「検討対象外」=米国務省当局者

米国務省当局者は、レイセオン<RTN.N>製パトリオット・ミサイル防衛システムをトルコに輸出する計画について、トルコがロシア製のミサイル防衛システム「S400」購入を決定したことで無効となり、現在は「検討対象となっていない」と述べた。

米与野党有力議員、台湾へのF16最新型売却を相次ぎ支持

トランプ米政権がF16戦闘機の最新型を台湾に売却する方針について、与野党の有力議員が16日、相次いで支持を表明した。

米上院、サウジへの武器売却巡る大統領拒否権覆せず

米上院は29日、議会が可決したサウジアラビアへの一部武器の売却を阻止する決議案に対するトランプ大統領の拒否権を覆すことができなかった。

エスパー米国防長官が就任宣誓、上院で指名承認後

トランプ米大統領が国防長官に指名したマーク・エスパー陸軍長官(55)が23日、上院の承認を経て就任の宣誓を行った。

米上院、エスパー国防長官を承認

米上院は23日、国防長官にマーク・エスパー陸軍長官(55)を充てる人事を承認した。昨年12月にマティス前長官が退任して以来、国防総省トップの不在期間は過去最長となっていた。

米上院、エスパー氏の国防長官指名承認へ来週採決

米上院は来週の本会議で、マーク・エスパー氏(55)の国防長官への指名承認を巡る採決を実施する。マティス長官が昨年12月に辞任して以降、正式な国防長官のポストは空席で、トップ不在期間は国防総省の歴史で最長となっている。

中国、台湾向け武器売却に関連する米企業との取引停止を警告

中国外務省の耿爽報道官は15日の定例会見で、中国政府および企業は、台湾への武器売却に関連する米企業との取引を停止することになると述べた。ただ、具体的な企業名は挙げなかった。

中国、台湾向け武器売却に関連する米企業との取引停止を警告

中国外務省の耿爽報道官は15日の定例会見で、中国政府および企業は、台湾への武器売却に関連する米企業との取引を停止することになると述べた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up