for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Safran SA

SAF.PA

現在値

97.09EUR

変化

4.22(+4.54%)

出来高

99,451

本日のレンジ

94.46

 - 

97.36

52週レンジ

87.85

 - 

125.16

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
92.87
始値
94.48
出来高
99,451
3か月平均出来高
16.08
高値
97.36
安値
94.46
52週高値
125.16
52週安値
87.85
発行済株式数
479.13
時価総額
40,588.03
予想PER
25.05
配当利回り
0.53

次のエベント

Half Year 2022 Safran SA Earnings Release

適時開示

その他

Eramet Signs Share Purchase Agreement With Airbus, Safran, Tikehau Ace Capital Consortium

Safran Wins New Contract For French Furious Program

Safran: Bruno Bellanger Is Appointed As Executive Vice-President And General Manager Of Power Division

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Safran SAとは

サフラン(Safran SA)は、ハイテク活動の研究、設計、開発、テスト、製造、販売、保守、およびサポート業務を行うフランスのハイテク企業である。【事業内容】3つの事業セグメントを通じて運営する。航空宇宙推進セグメントは、民間航空機、軍用輸送機、訓練および戦闘機、民間および軍用ヘリコプター、衛星、およびドローン用の推進および機械的動力伝達システムを設計・開発・製造・販売する。また、メンテナンス、修理、オーバーホール(MRO)活動、およびスペアパーツの販売も含まれる。航空機機器セグメントは、着陸およびブレーキシステム、エンジンシステムおよび機器、電気システムおよびエンジニアリング、航空システム、および電子および防衛の5つの主要セクターで運営される。航空機内装セグメントは、座席とキャビンの付属品、クローゼット、機内エンターテインメントシステム、およびフライトデッキ機器を対象とする。

業種

Aerospace & Defense

連絡先

2 boulevard du General Martial Valin

Paris Cedex 15

75724

France

+33.1.40608080

https://www.safran-group.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Ross Mcinnes

Chairman of the Board

Olivier Andries

Chief Executive Officer, Director

Pascal Bantegnie

Chief Financial Officer

Frederic Verger

Executive Vice President, Chief Digital and Chief Information Officer, Member of the Executive Committee

Eric Dalbies

Executive Vice President - R&T and Innovation, Member of the Executive Committee

統計

2.00 mean rating - 22 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2019

24.6K

2020

16.5K

2021

15.3K

2022(E)

18.3K
EPS (EUR)

2019

6.130

2020

1.920

2021

1.730

2022(E)

3.793
株価売上高倍率(過去12カ月)
1,892.43
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.68
株価純資産倍率(四半期)
3.16
株価キャッシュフロー倍率
28.03
総負債/総資本(四半期)
55.54
長期負債/資本(四半期)
42.22
投資利益率(過去12カ月)
0.33
自己資本利益率(過去12カ月)
0.17

最新ニュース

最新ニュース

米ボーイング、供給網問題は来年末まで継続と予想

米航空機大手・ボーイングのデビッド・カルホーン最高経営責任者(CEO)は22日、サプライチェーン(供給網)の問題について、中小サプライヤーの人員不足や想定以上の急速な需要回復により、2023年末までに続くとの見通しを示した。

BRIEF-仏サフラン、軍用機向けに新型ランディングギアを開発へ

* サフラン・ランディング・システムズ・カナダは、次世代型航空機のランディングギア構造の設計や開発、性能試験を行う契約を米軍事用航空機メーカー大手ロッキード・マーチンから獲得

中国旅客機が炎上、離陸断念後に 乗客乗員は全員脱出

中国南西部・重慶市の空港で12日、チベット航空の旅客機が離陸を中止した後、炎上した。同社によると、乗客113人・乗員9人は全員脱出した。死者は出ず、負傷者も軽傷という。

ロシア産チタンは制裁対象外に、エアバスCEOがEUに訴え

欧州航空機大手エアバスのギヨム・フォーリ最高経営責任者(CEO)は12日の株主総会で、航空機やジェットエンジンの素材であるチタンについて、ロシアからの輸入を禁止しないよう欧州連合(EU)に訴えた。制裁対象にすれば航空宇宙産業が打撃を受ける半面、ロシア経済への悪影響はほぼないとの認識を示した。

ウクライナ進出企業の事業停止相次ぐ、資源供給に不安も

ロシアによるウクライナ侵攻を受け、ウクライナに進出している企業の間で操業停止などの動きが広がっている。一方、ロシア事業を持つ企業は、米欧日など西側諸国が発表したロシアに対する制裁の影響を見極めるともに、より詳細な情報を待っている。

国際企業各社、ウクライナでの事業停止 一段の対ロ制裁に身構え

デンマークのビール大手カールスバーグや清涼飲料ボトラーのコカ・コーラHBCなど国際企業各社が、ウクライナでの事業を停止した。ロシアによるウクライナ侵攻を受け、西側諸国による一段の対ロ制裁に備える動きが出ている。

コラム:GEの3分割、理論上は妥当だが問題は「有言実行」

米ゼネラル・エレクトリック(GE)のローレンス・カルプ最高経営責任者(CEO)は自らの経営スタイルについて「常識、それを強力に実行に移すことだ」と語ってきた。GEを3分割するというカルプ氏の計画は常識的な選択に見えるが、実行に移すのは遅くなった。

中国最大の航空ショー、9月28日から珠海で開催 国産技術展示へ

中国南部の珠海市で9月28日─10月3日に開催される国内最大の航空ショー「中国国際航空宇宙博覧会(珠海航展)」について、同市の黄志豪市長は31日、国産の民生用および軍事用の航空技術が展示されると説明した。

独仏、新型戦闘機共同開発巡り協議 行き詰まり打開へ

複数の業界関係者によると、ドイツとフランスは新型戦闘機の共同開発計画の進展に向け動き出した。1000億ユーロ(1204億ドル)規模の欧州最大の防衛プロジェクトでありながら、両国が開発の主導権を巡って対立し行き詰まり状態となっていた。

米ボーイングの新型機、可能性低い=仏サフランCEO

米航空機大手ボーイング<BA.N>にエンジンを供給している仏サフラン<SAF.PA>のプチコラン最高経営責任者(CEO)は30日、ボーイングが近い将来、新型航空機を出す可能性は低いものの、同社の先行きは運行停止となっている旅客機「737MAX」の市場での地位回復にかかっていると述べた。

エアバス、エンジン部品内製化撤回に地元や労組連合が反発

欧州の航空機大手エアバス<AIR.PA>がエンジンの一部を内製化する計画を撤回したことに対し、地元自治体の諮問機関や労働組合連合などが反発している。フランス国内で350人の職が失われるという。

仏政府、150億ユーロの航空産業支援策を発表

フランス政府は9日、150億ユーロ(170億ドル)規模の航空産業支援策を発表した。新型コロナウイルスの影響で10万人の雇用が危ぶまれているとしている。

仏政府の航空業界緊急支援策、最大100億ユーロの可能性=仏紙

フランス政府が今週公表予定の航空業界向け緊急支援策の規模は、最大100億ユーロ(113億ドル)に上る可能性がある。仏紙レゼコーが7日に報じた。10億ユーロの投資ファンドが含まれる見通し。

訂正:パキスタン旅客機が住宅街に墜落、80人の死亡確認 2人生存

パキスタン当局によると、南部カラチで22日、パキスタン国際航空(PIA)の旅客機が着陸直前に住宅街に墜落した。生存者が2人救出されたが、多くの乗客らが犠牲になったとみられる。

米政府、GEに中国の新型旅客機向けエンジン販売を許可

米国のトランプ政権は7日、ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>による中国商用飛機(COMAC)の新型旅客機「C919」へのエンジン供給について、販売許可の更新を認めた。GEの広報担当者がロイターに明らかにした。

エアバス、生産再開が2割どまりも 労働力・部品不足で=関係筋

欧州航空機大手エアバス<AIR.PA>は、新型コロナウイルスの世界的流行に起因する労働力および航空機部品の不足に直面しており、一部工場の操業停止が続くなか、航空機生産は当面、通常の10─20%程度までしか回復しない可能性がある。業界や労組の関係筋が明らかにした。

欧州市場サマリー(18日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。過去1 0営業日のうち8営業日下落している。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、世界経済 を下支えするために各国当局が景気刺激策を導入する中でも、利益が大幅に打撃を受ける と警告する企業が増えている。 クルーズ運航のカーニバルや格安航空会社のイージージェット、ホテ ル大手インターコンチネンタル・ホテルズ・グループ(IHG)などの旅行関連 株の値下がりが目立った。 航空部品メーカーのロールスロイスとシニア、メギットは1 0.8%から24.5%下落。JPモルガンは業界が回復するまでに数年かかるとの...

欧州株式市場=反落、景気刺激策効果なく

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 279.66 -11.41 -3.92 291.07 FTSEユーロファース 1096.46 -47.21 -4.13 1143.67 ト300種 ユーロSTOXX50種 2385.82 -144.68 -5.72 2530.50 <.STOXX50E > 欧州株式市場は反落して取引を終えた。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的 大流行)に直面する中、投資家は株式を売り込んでおり、最近発表された景気刺激策は買 い安心感を与える材料とならなかった。 STOXX...

仏製造業PMI改定値、2月は49.8 昨年7月以来の50割れ

IHSマークイットが発表した2月のフランス製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は49.8で、1月の51.1から低下した。速報値(49.7)からは小幅に上方改定された。

欧州市場サマリー(29日)

イタリア10年債利回りは6ベーシスポイント(bp)低下の0.96 4%。独伊10年債利回り差は132.70bpと9月中旬以来の水準に 縮小した。 TDセキュリティーズの欧州金利ストラテジスト、プージャ・クムラ氏は「南欧のフ ァンダメンタルズが大幅に改善しており、マイナス金利環境下でイタリアやギリシャが恩 恵を享受している」と述べた。 この日発表されたイタリアの1月消費者信頼感指数および製造業信頼感指数はともに 上昇。また前日にはガルティエリ経済相が、財政赤字の対国内総生産(GDP)比の政府 目標である2.2%は「非常に容易に達成可能」との...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up