for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Steel Authority of India Limited

SAIL.NS

現在値

26.35INR

変化

1.00(+3.94%)

出来高

26,855,644

本日のレンジ

25.70

 - 

26.95

52週レンジ

20.15

 - 

59.70

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
25.35
始値
26.25
出来高
26,855,644
3か月平均出来高
581.51
高値
26.95
安値
25.70
52週高値
59.70
52週安値
20.15
発行済株式数
4,130.53
時価総額
104,708.80
予想PER
--
配当利回り
1.97

適時開示

その他

India's SAIL's Capacity Utilisation Likely To Go Down During Lockdown Period

SAIL's Production Marginally Hit So Far Due To Lockdown - Source

Steel Authority Of India Posts Dec-Qtr Net Loss of 4.3 Bln Rupees

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Steel Authority of India Limitedとは

スチール・オーソリティー・オブ・インディア(Steel Authority of India Limited)は熱延(HR)コイル、HR鋼板、冷間圧延(CR)コイル、パイプと電気鉄板等のフラット製品及び加工熱処理(TMT)棒と線材等の条鋼製品の製造に従事する。【事業内容】同社の事業はビラーイー・スチール・プラント(BSP)、ドゥルガプル・スチール・プラント(DSP)、ルークラ・スチール・プラント(RSP)、ボカロ・スチール・プラント(BSP)、IISCOスチール・プラント(ISP)、アロイ・スチール・プラント(ASP)、セイラム・スチール・プラント(SSP)及びパワー・カンパニー等を含む。同社はまた鉄道、構造、貿易製品、電気抵抗溶接鋼管、スパイラル鋼管及び電磁鋼板を提供する。同社はビラーイー、ドゥルガプル、ボカロ、ルークラ等にある5つ以上の統合的製鋼工場を所有してセイラム、ドゥルガプル等にある約3つの特殊製鋼工場を所有する。Chandrapur Ferro-Alloy Plantというユニットは鉄合金を生産する。同社はまたボカロにあるSAIL Refractory Unitを所有する。

連絡先

Ispat Bhawan, Lodi Road

110003

India

+91.11.24367481

https://www.sail.co.in/

エグゼクティブリーダーシップ

Anil Kumar Chaudhary

Chairman of the Board

Amit Sen

Director - Finance

A. K. Rath

Chief Executive Officer - Durgapur Steel Plant

R. K. Rathi

Chief Executive Officer - IISCO Steel Plant

Anirban Dasguprta

Director - Projects and Business Planning

統計

2.93 mean rating - 15 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, INR)

2017

445.0K

2018

575.6K

2019

669.7K

2020(E)

643.4K
EPS (INR)

2017

-6.150

2018

-0.740

2019

6.630

2020(E)

0.946
株価売上高倍率(過去12カ月)
450.19
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.16
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
2.90
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
--

最新ニュース

最新ニュース

インタビュー:高炉含めた全設備が見直し対象、固定費を適正化=日本製鉄副社長

日本製鉄 <5401.T>の宮本勝弘副社長はロイターとのインタビューで、固定費規模の適正化を図るため、高炉を含めたあらゆる設備について見直しの対象とすると述べた。インタビューは6日に行った。

印鉄鋼業界、中国製品輸入増を懸念しセーフガード発動を要請

インドの鉄鋼業界はインド政府に対し、鉄鋼輸入製品に対し緊急輸入制限(セーフガード)として最大で25%の関税を発動するよう要請した。米中貿易摩擦の激化で米国が中国製の鉄鋼製品に追加関税をかけたため、中国製の安い鉄鋼製品がインド市場にあふれるとの懸念が強まったため。政府関係者3人と業界関係者4人が明らかにした。

インド株式市場・中盤=ほぼ横ばい

インド 日本時間16時41 前日比 % 始値 分 SENSEX指数<.BSES 38,635.26 + 89.54 + 0.23 38,675.00 N> 前営業日終値 38,545.72 日本時間16時41 前日比 % 始値 分 NSE指数 11,596.90 + 26.90 + 0.23 11,625.45 前営業日終値 11,570.00 29日中盤のインド株式市場の株価は、材料難の中をほぼ横ばいで推移した。モディ 政権続投への期待感を背景とした海外資金の流入を受け、月間ベースの上昇率は2016 年3月以来の大きさとなる見通し。...

印高速鉄道計画、用地取得に遅れ 円借款の時期に影響も=関係筋

インド政府当局者らは、日本の新幹線方式を採用し、日本政府が資金援助を約束している高速鉄道整備計画について、地元農家の抗議活動により用地取得が12月の期限より後ずれする見通しだと明らかにした。

インド株式市場・中盤=下落、エネルギー・金属株が安い

インド 日本時間17時7分 前日比 % 始値 SENSEX指数<.BS 33,019.70 - 156.30 - 0.47 33,268.97 ESN> 前営業日終値 33,176.00 日本時間17時23分 前日比 % 始値 NSE指数 10,107.35 - 87.80 - 0.86 10,215.35 前営業日終値 10,195.15 週明け19日中盤のインド株式市場の株価は下落。ガス公社GAIL株を 26%ずつ取得する可能性があるとの報道を受けてインディアン・オイル(IOC)<IOC .NS>と石油精製のバーラト・ペトロリアム(...

インド株式市場・中盤=上昇、米朝会談伝わり地合い改善

インド 日本時間16時59 前日比 % 始値 分 SENSEX 33,480.25 + 128.68 + 0.39 33,465.05 指数 前営業日終値 33,351.57 日本時間17時14 前日比 % 始値 分 NSE指数<.N 10,280.30 + 37.65 + 0.37 10,271.30 SEI> 前営業日終値 10,242.65 中盤のインド株式市場は上昇。テック・マヒンドラといったIT株が堅調 。トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長との会談を受諾したことを受け て、世界的に地合いが改善した。 インド市場...

インド、新日鉄住金などの鉄鋼製品に反ダンピング関税=財務省

インド財務省は12日、ポスコ<005490.KS>や新日鉄住金<5401.T>など外国企業製の鉄鋼製品の一部に反ダンピング(不当廉売)関税を遡及(そきゅう)適用したとウェブサイトの声明で明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up