for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バンコ・サンタンデール SA

SAN.MC

現在値

1.74EUR

変化

0.06(+3.35%)

出来高

52,952,321

本日のレンジ

1.69

 - 

1.76

52週レンジ

1.50

 - 

4.04

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1.69
始値
1.69
出来高
52,952,321
3か月平均出来高
1,152.38
高値
1.76
安値
1.69
52週高値
4.04
52週安値
1.50
発行済株式数
16,593.00
時価総額
28,041.41
予想PER
--
配当利回り
13.63

次のエベント

Q3 2020 Banco Santander SA Earnings Release

適時開示

その他

Santander's CEO Says Dividend Can Help Reducing Cost of Capital

Santander's CEO Says Diversification Across Countries Is Still A "Significant" Advantage

Santander Says Board Proposes Distribution Of 0.10 Euro/Shr In Cash To Be Paid In 2021

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バンコ・サンタンデール SAとは

バンコ・サンタンデール(Banco Santander, S.A.)は、スパインを拠点とする小売業者・商業銀行である。【事業内容】事業セグメントは、欧州大陸、英国、ラテンアメリカ、米国をカバーする。欧州大陸事業セグメントは、全ての欧州大陸における事業を含む。英国事業セグメントは、国内の様々な部門および支店が開発する事業を含む。ラテンアメリカ事業セグメントは、地域の銀行および子会社を通じて金融事業を行う。米国事業セグメントは、Intermediate Holding Company(IHC)およびその子会社であるSantander Bank、Banco Santander Puerto Rico、Santander Consumer USA、Banco Santander International、Santander Investment Securities、並びにニューヨークのSantander支店を含む。同社の商業モデルは、あらゆる種類の顧客、つまり多様な収入レベルの個人のニーズを満たす。

業種

Regional Banks

連絡先

Ciudad Grupo Santander

Avda de Cantabria s/n

BOADILLA DEL MONTE, MAD

28660

Spain

+34.912.890000

https://www.santander.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Jose Antonio Alvarez

Chief Executive Officer and Executive Vice Chairman of the Board

Bruce Neil Carnegie-Brown

Vice Chairman of the Board and Lead Independent Non-Executive Director

Jose Antonio Garcia Cantera

Group Chief Financial Officer

Jaime Perez Renovales

Group Head of General Secretariat and Human Resources, Secretary

Juan Manuel Cendoya Mendez de Vigo

Group Head of Communications, Corporate Marketing and Research

統計

2.76 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2017

48.4K

2018

48.4K

2019

49.2K

2020(E)

43.9K
EPS (EUR)

2017

0.397

2018

0.449

2019

0.360

2020(E)

-0.072
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.44
株価純資産倍率(四半期)
0.34
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
314.59
長期負債/資本(四半期)
314.59
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
-0.41

最新ニュース

最新ニュース

英中銀、マイナス金利への準備状況に関する情報を銀行に要請

イングランド銀行(中銀)は12日、ゼロ金利やマイナス金利が導入された場合、どの程度準備が整っているかに関する情報を銀行に求めた。

英中銀、マイナス金利への準備状況に関する情報を銀行に要請

イングランド銀行(中銀)は12日、ゼロ金利やマイナス金利が導入された場合、どの程度準備が整っているかに関する情報を銀行に求めた。

英銀、全面的なEU離脱に備えた顧客対応継続を=中銀

イングランド銀行(英中央銀行)の金融行政委員会(FPC)は8日、英国の欧州連合(EU)からの全面的な離脱の可能性を巡り、投資家にとっては英銀行がEU域内に新拠点を置くことに伴う波乱リスクがあると警告した。ただ、広範な金融の安定性を脅かす事態にはならないとの見方も示した。

アングル:欧州の銀行、お荷物の郊外支店に新たな息吹

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の広がりにより、欧州ではオンラインバンキングへの移行が加速した。だが一方で、これまで実店舗管理のお荷物になってきた郊外店の一部が予想もしなかった新たな役割を担うようになっている。都市中心部にある大規模な本社オフィスへの通勤を嫌うスタッフのために、代替的なオフィスとして活用する動きが出てきたからだ。

スペインのバンキアとカイシャバンクが合併検討 国内最大手行に

スペインの銀行大手バンキア<BKIA.MC>とカイシャバンク<CABK.MC>は3日遅く、合併を検討していると発表した。両行が合併すれば、資産は総額6500億ユーロ(7700億ドル)以上となり、国内で最大手行が誕生する。

スペインのバンキアとカイシャバンクが合併検討 国内最大手行に

スペインの銀行大手バンキアとカイシャバンクは3日遅く、合併を検討していると発表した。両行が合併すれば、資産は総額6500億ユーロ(7702億5000万ドル)以上となり、国内で最大手行が誕生する。

欧州企業の利益見通し悪化、サンタンデールの大幅損失計上響く

欧州経済は数カ月にわたるロックダウン(都市封鎖)から再開しつつあるが、企業の第2・四半期と第3・四半期の利益見通しが悪化していることがリフィニティブのデータで分かった。

サンタンデール第2四半期、純損失が過去最大の111億ユーロ

スペインの金融大手サンタンデール<SAN.MC>が29日発表した第2・四半期決算は純損失が過去最大の111億ユーロ(130億ドル)となった。

EU再建策合意で銀行の統合・再編進む、同盟の足掛かりに=サンタンデール銀会長

スペイン・サンタンデール銀行<SAN.MC>のボティン会長は21日、ロイターとのビデオ会議システムによるインタビューに応じ、欧州連合(EU)首脳会議で新型コロナウイルス危機からの再建策が合意に至ったことについて、欧州内の国境を超えた統合・再編を促進し、欧州の「銀行同盟」構想の完成につながるとの見方を示した。同行は時価総額でユーロ圏内第2位の規模を持つ。

欧州銀、新型コロナで貸し倒れ4000億ユーロに急増も=リポート

21日に発表された2つのリポートによると、新型コロナウイルスの感染拡大による打撃を受け、欧州の銀行の貸付損失は急増し、向こう3年間で4000億ユーロ(4580億ドル)以上になるとみられる。

スペインの銀行のECB借り入れ、6月は2013年11月以来の高水準

スペイン中央銀行が14日公表したデータによると、同国の銀行による欧州中央銀行(ECB)からの借り入れ額は6月に前月比11.6%増加して1960億ユーロ(2220億ドル)を超え、2013年11月以来の高水準となった。

ユーロ圏の大手16行、欧州独自の決済システム立ち上げ 22年稼働へ

ドイツ、フランスなどのユーロ圏5カ国の大手銀行16行は2日、欧州独自の決済システムを2022年に立ち上げる計画を発表した。現在は現金が半分を占める小売店の支払いを含め、決済の完全なデジタル化を推進する。

英銀行、新型コロナによる不良債権増加に備えを=FCA長官

英金融行動監視機構(FCA)のランデル長官は16日、新型コロナウイルス対策で緊急融資を受けた企業が返済不能になる事態への備えを銀行は加速する必要があるとの見解を示した。

スペインの銀行のECB借り入れ、5月は2014年以来の高水準

スペイン中央銀行によると、同国の銀行の欧州中央銀行(ECB)からの借入額は5月は1760億ユーロ(1993億ドル)で、4月の1675億ユーロから85億ユーロ増え、2014年以来、約6年ぶりの高水準だった。

英中銀、金融安定報告書公表を8月6日に延期

イングランド銀行(英中銀)は3日、国内銀行の健全性を分析する定例の金融安定報告書(FSR)の公表を8月6日に延期すると発表した。従来は7月2日に公表する予定だった。

英銀行、対EU交渉時間切れに備えるべき=英中銀

イングランド銀行(英中銀)は3日、英政府と欧州連合(EU)の交渉が今年末までの移行期間中にまとまらなかった事態に備えるべきという見解を示した。

英中銀総裁、対EU交渉時間切れへの備えを銀行に要請=スカイ

イングランド銀行(英中銀)のベイリー総裁は、英政府と欧州連合(EU)の交渉が今年末までの移行期間中にまとまらなかった事態への準備を強化するよう国内の主要銀行に要請した。英スカイニュースが3日、伝えた。

英金融機関、コロナで貸倒損失も資本十分=イングランド銀行

イングランド銀行(BOE、英中央銀行)は7日、金融安定報告(中間報告)を公表し、英国の大手行や住宅金融組合には新型コロナウイルスの感染拡大に耐えて融資を続けられる財務の健全性が備わっているとの見解を示した。

欧州株式市場=続伸、新型コロナ治療薬へ期待

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 347.06 +5.97 +1.75 341.09 FTSEユーロファース 1358.97 +21.96 +1.64 1337.01 ト300種 ユーロSTOXX50種 2996.08 +64.02 +2.18 2932.06 <.STOXX50E > 欧州株式市場は続伸して取引を終えた。新型コロナウイルスによって引き起こされる 疾患「COVID─19」の治療薬の開発に進展があったことから、市場心理が好転した 。銀行や石油株が買われた。 米製薬ギリアド・サイエンシズ...

欧州市場サマリー(28日)

<ロンドン株式市場> 7週間ぶりの高値に続伸して取 引を終えた。複数の主要経済国が、新型コロナウイルスを受けた封鎖措置を和らげるとの 期待が相場を押し上げた。エネルギーと銀行株が買われた。 この日の原油相場は乱高下したものの、FTSE350種原油・天然ガス株指数<.FT NMX0530>は2.60%上昇した。石油大手BPは2.6%高だった。新型ウイルス の危機により原油需要が落ち込み、第1・四半期利益は3分の2減ったものの、四半期配 当を維持したことが好感された。ただ、先行き不透明感が非常に高いと警告した。 エネルギー株以外では、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up