for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バンコ・サンタンデール SA

SAN.MC

前日終値

3.54EUR

変化

-0.03(-0.95%)

出来高

33,890,825

本日のレンジ

3.52

 - 

3.60

52週レンジ

3.39

 - 

4.68

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3.57
始値
3.58
出来高
33,890,825
3か月平均出来高
917.86
高値
3.60
安値
3.52
52週高値
4.68
52週安値
3.39
発行済株式数
16,612.00
時価総額
59,393.14
予想PER
8.46
配当利回り
6.12

次のエベント

Dividend For SAN_pb.N - 0.2500 USD

適時開示

その他

Telecom Italia and Santander agree joint venture on consumer credit

CFO of Santander Brasil says bank is keeping a lid on funding costs

Santander sees solid growth in South America despite uncertainty in Argentina -CEO

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バンコ・サンタンデール SAとは

バンコ・サンタンデール(Banco Santander, S.A.)は、スパインを拠点とする小売業者・商業銀行である。【事業内容】事業セグメントは、欧州大陸、英国、ラテンアメリカ、米国をカバーする。欧州大陸事業セグメントは、全ての欧州大陸における事業を含む。英国事業セグメントは、国内の様々な部門および支店が開発する事業を含む。ラテンアメリカ事業セグメントは、地域の銀行および子会社を通じて金融事業を行う。米国事業セグメントは、Intermediate Holding Company(IHC)およびその子会社であるSantander Bank、Banco Santander Puerto Rico、Santander Consumer USA、Banco Santander International、Santander Investment Securities、並びにニューヨークのSantander支店を含む。同社の商業モデルは、あらゆる種類の顧客、つまり多様な収入レベルの個人のニーズを満たす。

業種

Regional Banks

連絡先

Ciudad Grupo Santander

Avda de Cantabria s/n

+34.912.890000

https://www.santander.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Jose Antonio Alvarez

Chief Executive Officer and Vice Chairman of the Board

Rodrigo Echenique Gordillo

Executive Vice Chairman of the Board

Bruce Neil Carnegie-Brown

Vice Chairman of the Board and Lead Independent Non-Executive Director

Jose Antonio Garcia Cantera

Group Chief Financial Officer

Jaime Perez Renovales

Group Head of General Secretariat and Human Resources, Secretary

統計

2.44 mean rating - 25 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2016

43.9K

2017

48.4K

2018

48.4K

2019(E)

48.9K
EPS (EUR)

2016

0.397

2017

0.397

2018

0.449

2019(E)

0.423
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.45
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.01
株価純資産倍率(四半期)
0.61
株価キャッシュフロー倍率
6.87
総負債/総資本(四半期)
263.70
長期負債/資本(四半期)
263.70
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.61

最新ニュース

最新ニュース

欧州市場サマリー(30日)

一方、STOXX欧州600種銀行株指数は1.85%低下した。ドイツ銀 行は7.9%下落。世界的な事業再編に関する経費が影響し2四半期連続で損 失を出したことが嫌気された。スペインの銀行サンタンデールは4.1%安だっ た。英事業における特別費用が影響し、四半期の純利益が75%減少した。2020年に ついて慎重な見通しを示したスイスの金融大手クレディ・スイスは2.6%値を 下げた。 欧州株式市場: <ユーロ圏債券> ドイツ10年債利回りが3カ月ぶり高水準を下回って推移。市場 では、この日公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を待ちとなっている...

欧州株式市場=まちまち、ロレアル買われる

一方、STOXX欧州600種銀行株指数は1.85%低下した。ドイツ銀 行は7.9%下落。世界的な事業再編に関する経費が影響し2四半期連続で損 失を出したことが嫌気された。スペインの銀行サンタンデールは4.1%安だっ た。英事業における特別費用が影響し、四半期の純利益が75%減少した。2020年に ついて慎重な見通しを示したスイスの金融大手クレディ・スイスは2.6%値を 下げた。 (い)

英銀ストレステスト、12月10日に結果発表=英中銀

イングランド銀行(英中銀)は18日、年一回実施している銀行ストレステスト(健全性審査)の結果を12月10日の1700GMT(日本時間11日午前2時)に公表することを明らかにした。

三菱UFJ銀、欧州・中東でも取引先仲介 今秋からネット通じ

三菱UFJ銀行がスペイン最大手のサンタンデール銀行<SAN.MC>の仲介システムを活用し、法人顧客が欧州や中東、アフリカでも取引先候補を探せるサービスを月内にも始めることが12日、分かった。アジアを中心に展開してきた仲介機能を拡充し、将来的な外国為替取引や融資などの新たなバンキング業務につなげる狙い。

RBSとサンタンデール、PPI不正販売巡り規制当局からけん責

英国の競争市場庁(CMA)は、支払保障保険(PPI)の不正販売問題を巡り対象顧客への通知に不備があったとして、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)とサンタンデールをけん責した上で、是正に向けて監査役を指名するよう命じた。

欧州市場サマリー(23日)

こうした中、スーパーマーケットのモリソンズとアスダ、セインズベリー<SB RY.L>、テスコは0.5%から2.3%下落した。調査会社カンター・ワールド パネルが発表した国内4大スーパーにおける14日までの12週間の売上高が減ったこと が売り材料だった。 小型株では紙幣やパスポート製造のデラルーが15.8%急落し、16年超 ぶりの安値をつけた。英重大不正捜査局(SFO)が汚職の疑いで同社に対する取り調べ を開始したことが売り材料だった。 ロンドン株式市場: <欧州株式市場> 続伸して取引を終えた。自動車や銀行株が買われ相場を押し上げ た。...

欧州株式市場=続伸、自動車や銀行株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 391.54 +3.80 +0.98 387.74 種 FTSEユーロファー 1540.31 +15.05 +0.99 1525.26 スト300種 DJユーロSTOXX 3532.87 +42.95 +1.23 3489.92 <.STOXX50 50種 E> 欧州株式市場は続伸して取引を終えた。自動車や銀行株が買われ相場を押し上げた。 STOXX欧州600種指数は2週間超ぶりの高値を付けた。 自動車・部品株指数は3.79%上昇。フランスの自動車部品大手フォルシ...

欧州市場サマリー(22日)

<ロンドン株式市場> 小幅続伸して取引を終えた。中東情勢の緊迫化を 受け原油が値を上げ石油株が買われた。 石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBPはともに1%前後値上がりした。先週イラ ンが英石油タンカーを拿捕(だほ)したことで中東産原油の供給に影響が出るとの見方が広がり、原油が値 を上げた。 旅行大手のTUIは4.6%上昇した。スタイフェルが投資判断を「買い」で再開したことが 好感された。 一方、飲食店・ホテルチェーンを展開するウィットブレッドは4.4%下落した。さらなる株 主還元は予定していないとしたことが売り材料だった。 中型株では...

欧州株式市場=小幅上昇、ECB会合に注目

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 STOXX欧州600種 387.74 +0.49 +0.13 387.25 FTSEユーロファースト3 1525.26 +1.95 +0.13 1523.31 00種 DJユーロSTOXX50種 3489.92 +9.74 +0.28 3480.18 週明け欧州株式市場は小幅に上昇して取引を終えた。夏季休暇の時期で薄商いだった 。投資家は今週開かれる欧州中央銀行(ECB)の政策決定会合に注目している。 短期金融市場ではECBが政策金利を10ベーシスポイント(bp)引き下げる確率 が...

アングル:「ブロックチェーンの夢」覚めた米金融業界

米取引所ナスダック<NDAQ.O>と米金融大手シティグループ<C.N>は2年前、ブロックチェーン技術によって私募証券取引の決済を効率化する新システムをお披露目し、「世界の金融セクターにおける一里塚だ」(ナスダックのアデナ・フリードマン最高経営責任者=CEO)とぶち上げた。

ユーロ圏の共通決済システム、20年末までの完全普及へ取り組み加速

米フェイスブック<FB.O>などのテクノロジー企業が金融分野に進出する動きをみせる中、欧州の金融業界関係者は、ユーロ圏ですべての銀行が共有するリアルタイムの決済システムを2020年末までに導入することは可能との見解を示した。

欧州株式市場=反落、米大統領の対メキシコ関税表明で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 369.06 -3.01 -0.81 372.07 種 FTSEユーロファー 1453.20 -11.67 -0.80 1464.87 スト300種 DJユーロSTOXX 3280.43 -37.72 -1.14 3318.15 <.STOXX50 50種 E> 欧州株式市場は反落して取引を終えた。トランプ米大統領がメキシコに対して関税を 課すと主張し、攻撃の対象範囲を広げた。通商政策に左右されやすい自動車銘柄の落ち込 みが目立った。 STOXX欧州600種指数...

デジタル通貨決済制度に5000万ドル投資、十数行が計画=関係筋

関係筋によると、ブロックチェーン(分散型台帳)技術を用いたデジタル通貨決済制度の構築に向け、複数の銀行大手が約5000万ドルを投資する見通しという。

欧州市場サマリー(30日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。中国の 軟調な指標を受けて鉱業株が値を下げたほか、ポンド高で輸出銘柄が売られた。 FTSE350種鉱業株指数は1.42%低下し、1カ月ぶりの低水準 を付けた。世界最大の銅消費国である中国の4月の製造業購買担当者景気指数(PMI) が予想外に低下した。統計を受けほとんどの産業用金属が値を下げ、鉱業株の重しとなっ た。 メイ英首相と野党・労働党の欧州連合(EU)離脱協議の状況が改善しているとの報 道を受けてポンドが上昇し、輸出銘柄の売り材料となった。製薬のアストラゼネカ<AZN.L >は2.0%下落...

欧州株式市場=ほぼ横ばい、銀行株下落 石油株などに買い

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 391.35 +0.03 +0.01 391.32 種 FTSEユーロファー 1537.71 +1.05 +0.07 1536.66 スト300種 DJユーロSTOXX 3514.62 +12.68 +0.36 3501.94 <.STOXX50 50種 E> 欧州株式市場はほぼ横ばいで取引を終えた。銀行株が売られる一方で石油株や半導体 メーカーのAMSが買われた。 STOXX欧州600種銀行株指数は0.61%低下し、部門別で最大の重 しとなった。個別銘柄では...

欧州市場サマリー(29日)

<ロンドン株式市場> 4営業日ぶりに反発して取引を 終えた。米国と中国の好調な経済指標を受けて市場心理が好転したほか、旅行株の値上が りが相場を押し上げた。 英国の欧州連合(EU)離脱が混乱したことを受け、多くの旅行者がEU以外の海外 旅行を計画している。旅行大手TUIのロンドン上場株は2.7%高で、2月以 来の高値をつけた。航空会社ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の親会社IAG<ICA G.L>は2.0%、格安航空会社のイージージェットは1.0%それぞれ上昇した 。小型株では世界最古の旅行会社トーマス・クックが4.1%上昇した。...

欧州株式市場=小幅続伸、スペイン株持ち直す

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 391.32 +0.31 +0.08 391.01 種 FTSEユーロファー 1536.66 +0.99 +0.06 1535.67 スト300種 DJユーロSTOXX 3501.94 +1.53 +0.04 3500.41 <.STOXX50 50種 E> 週明け欧州株式市場は小幅に続伸して取引を終えた。スペイン総選挙で、サンチェス 首相が率いる中道左派の与党・社会労働党(PSOE)が第1党を維持したことが相場を 下支えした。 サンチェス氏は選挙で勝利を収めたものの...

大手企業、仮想通貨技術の新興企業を後押し 直接投資には慎重

金融およびハイテク業界の大手企業が仮想通貨を支える技術を手掛ける新興企業に対する投資を積極化させている。ただ、値動きが激しい仮想通貨自体には距離を置いている。

コラム:独コメルツ銀、買い手は他にいないのか

ドイツ政府は、ドイツ銀行<DBKGn.DE>とコメルツ銀行<CBKG.DE>の合併協議について、国家を代表するような巨大銀行が誕生することを歓迎する意向を表明した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up