for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スターバックス・コーポレーション

SBUX.O

現在値

73.39USD

変化

0.00(0.00%)

出来高

15,941,807

本日のレンジ

71.46

 - 

73.43

52週レンジ

68.39

 - 

126.32

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
73.39
始値
72.88
出来高
15,941,807
3か月平均出来高
237.02
高値
73.43
安値
71.46
52週高値
126.32
52週安値
68.39
発行済株式数
1,146.90
時価総額
84,170.99
予想PER
25.62
配当利回り
2.67

次のエベント

Q3 2022 Starbucks Corp Earnings Release (Tentative)

適時開示

その他

Starbucks Reports Q2 Fiscal 2022 Results

Starbucks Confirms Plans To Expand To 55,000 Stores In Over 100 Markets By 2030

Investor Group Led By Trillium Asset Management Says Believe Starbucks Should Publicly Commit To A Global Policy Of Neutrality - Letter

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スターバックス・コーポレーションとは

スターバックス(Starbucks Corp)は、スペシャルティコーヒーの焙煎、販売、小売を行って、世界の約83の市場で事業を展開する。【事業内容】32660以上の直営店およびライセンス店を有する。3つのセグメントで事業を展開する。米国、カナダ、中南米を含む「米州」、中国、日本、アジア太平洋、欧州、中東、アフリカを含む「国際」、そして「チャネル開発」である。米州事業および国際事業は、コーヒーおよびその他の飲料、補完的食品、パッケージコーヒー、シングルサーブコーヒー製品、および厳選された商品を、会社が運営する店舗およびライセンス店舗で販売する。チャネル開発事業は、直営店やライセンス店以外の顧客を対象に、コーヒー、紅茶、インスタント飲料などのパッケージ製品を販売する。また、「Teavana」、「Seattle's Best Coffee」、「Evolution Fresh」、「Ethos」、「Starbucks Reserve」、「Princi」など、さまざまなブランドで商品やサービスを販売する。

業種

Retail (Grocery)

連絡先

2401 Utah Ave S

SEATTLE, WA

98134-1436

United States

+1.206.4471575

https://www.starbucks.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Mellody L. Hobson

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Howard Schultz

Interim President, Chief Executive Officer, Director

Rachel Ruggeri

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Michael Conway

Group President, International and Channel Development

John W. Culver

Chief Operating Officer, Group President, North America

統計

2.42 mean rating - 36 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

26.5K

2020

23.5K

2021

29.1K

2022(E)

32.3K
EPS (USD)

2019

2.830

2020

1.170

2021

3.240

2022(E)

2.865
株価売上高倍率(過去12カ月)
19.65
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.69
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
14.17
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
21.11
自己資本利益率(過去12カ月)
15.37

最新ニュース

最新ニュース

米マクドナルド、ロシア事業売却へ 費用最大14億ドル

ファストフードチェーン大手の米マクドナルドは16日、ロシアのウクライナ侵攻を受けて、ロシア事業の売却手続きを開始したと明らかにした。

訂正-NY市場サマリー(4日)ドル下落、米株急伸 米債利回り低下

<為替> ドルが主要通貨バスケットに対し下落し、1週間ぶり安値を付けた。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が75ベーシスポイント(bp)利上げに否定的な見方を示したことに反応した。

訂正-米国株式市場=急伸、想定通りのFRB大幅利上げ受け

米国株式市場は、連邦準備理事会(FRB)が予想通りに利上げを決定したことを受け急伸し、S&P総合500種の1日としての上昇率は約2年ぶり(訂正)の大きさとなった。

スタバ、第2四半期世界売上高は予想下回る 中国のコロナ制限が圧迫

米コーヒーチェーン大手スターバックスが3日発表した第2・四半期(4月3日までの3カ月)の世界の既存店売上高は市場予想を下回った。中国で新型コロナウイルス対策として実施しているロックダウン(都市封鎖)措置が中国での売り上げへの重しとなった。

FOMCに注目、0.5%利上げか 資産圧縮焦点=今週の米株市場

5月2日に始まる1週間の米国株式市場では、3─4日に開催される連邦公開市場委員会(FOMC)が最大の注目材料となる。連邦準備理事会(FRB)は今回の会合で、政策金利を引き上げるとともに、インフレ抑制に向けた金融政策の引き締め計画をより明確にするとみられる。

米スターバックス、労組巡り苦情申し立て 「従業員に脅し」

米スターバックスは20日、カフェ店員を組織する労働組合が従業員や顧客を脅迫したとして、米全国労働関係委員会(NLRB)に苦情申し立てを行った。

スタバ、従業員に「うその約束した過去」と決別 暫定CEO誓う

米コーヒーチェーン大手スターバックスのハワード・シュルツ暫定最高経営責任者(CEO)は社員宛てのビデオメッセージで、「ここ数年はうその約束が数多くなされてきた」とし、こうした日々と決別すると語った。

米企業、自社株買いが過去最高水準に

決算シーズンを控え、米企業の自社株買いが過去最高の水準で推移している。金融データ会社EPFRによると、第1・四半期の新たな自社株買い発表は3000億ドルを超えた。3月は前年比の伸びが大きく、自社株買いの意欲が依然根強いことが示された。

米国株式市場=S&P上昇、大型株買われる ツイッター高い

米国株式市場は主要株価3指数が上昇して取引を終えた。ウクライナを巡りロシアへの制裁が強化されるとの懸念が強まる中、大型株やグロース(成長)株が買われた。イーロン・マスク氏の株式取得を受けツイッターが急伸した。

米スタバ、自社株買い停止 人や店舗に投資とショルツ氏

米コーヒーチェーン大手スターバックスの暫定最高経営責任者(CEO)に今週復帰するハワード・シュルツ氏が4日、数十億ドル規模の自社株買いの一時中止を表明した。人材や店舗への投資を拡大するためとしている。

米スタバ、自社株買い停止 人や店舗に投資とショルツ氏

米コーヒーチェーン大手スターバックスの暫定最高経営責任者(CEO)に今週復帰するハワード・シュルツ氏が4日、自社株買いの一時中止を表明した。人材や店舗への投資を拡大するためとしている。

米南部初のスタバ労組、店舗従業員が投票で結成決める

米大手コーヒーチェーン、スターバックスのテネシー州ノックスビルにある店舗で働く従業員が29日、労働組合の是非を問う投票を実施し、8対7の賛成多数で結成を決めた。米南部の店舗で結成されるのは初めて。労働者団体「SBワーカーズ・ユナイテッド」の広報担当者が明らかにした。

米スタバ、シアトルの店舗でも労組結成へ 従業員投票で承認

米大手コーヒーチェーン、スターバックスのワシントン州シアトルにある店舗で労働組合結成の是非を問う従業員投票が実施され、9対0の賛成多数で労組加入が承認された。

米スタバ、ジョンソンCEO退任へ シュルツ氏が暫定トップに復帰

米コーヒーチェーン大手スターバックスは16日、ケビン・ジョンソン最高経営責任者(CEO)が近く退任すると発表した。人材会社を通じて後任の選定にかかるという。取締役会は秋までに新たなトップを選ぶ見通し。この間、同社を1987年から牽引し、世界的企業に成長させたハワード・シュルツ氏が暫定CEOとしてまたもや復帰し、労組対応など当面の課題に取り組むことになる。

ウクライナ危機、米企業利益に打撃 物価高進や事業停止で

ウクライナ危機を巡る原油などコモディティー(商品)価格の高騰、ロシア事業停止の動きを受け、投資家は米企業の業績が打撃を受けるとみている。

ウクライナ・ロシア外相会談は進展なく、マリウポリなど攻撃続く

ウクライナとロシアは10日、トルコで外相会談を開いたが、事態打開に向けた進展は得られなかった。ウクライナ各地では、ロシア軍の空爆や砲撃が続く中、数十万人の民間人が閉じ込められたままとなっている。

ロシア事業の縮小・停止相次ぐ、ネスレやフィリップ・モリスなど

ウクライナ侵攻を受けて多国籍企業がロシア事業を修正する動きは9日も続き、食品大手ネスレやたばこ大手フィリップ・モリスが事業の縮小や停止を発表した。ロシアによる侵攻に反対する立場を明確にするよう求める消費者からの圧力が強まっている。

米マクドナルド、月間5000万ドルの費用 ロシア店舗一時閉鎖で

米ファストフードチェーン大手マクドナルドは9日、ロシア国内で展開する847店舗の一時閉鎖によって、月間約5000万ドルの費用が発生するという見通しを示した。

米マクドナルドやスタバ、ロシアでの営業一時停止

ロシアによるウクライナ侵攻を受け、ニューヨーク州年金基金などがマクドナルドやペプシコを含む世界的なブランド企業にロシア事業の停止を呼び掛けている。

ウクライナ、今後7─10日間ロシアの攻撃阻止する必要=政府高官

ウクライナのデニセンコ内相顧問は、ロシアに一部地域を制圧したと宣言させないため、今後7─10日間、ロシアの攻撃を阻止する必要があるとの認識を示した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up