for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スターバックス・コーポレーション

SBUX.O

現在値

86.04USD

変化

-0.24(-0.28%)

出来高

7,945,126

本日のレンジ

85.91

 - 

87.47

52週レンジ

60.42

 - 

99.72

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
86.28
始値
86.50
出来高
7,945,126
3か月平均出来高
139.93
高値
87.47
安値
85.91
52週高値
99.72
52週安値
60.42
発行済株式数
1,181.00
時価総額
101,896.70
予想PER
28.37
配当利回り
1.90

次のエベント

Q1 2020 Starbucks Corp Earnings Release - Tentative

適時開示

その他

Taste Holdings Announces Disposal Of Starbucks Franchise For R7 Mln

Starbucks Reports Q4 And Full Year Fiscal 2019 Results

Starbucks Says Extended Term Of $1 Bln Credit Agreement On Oct. 23

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スターバックス・コーポレーションとは

スターバックス(Starbucks Corporation)はコーヒーのロースター、マーケティング担当者及び小売業者である。【事業内容】同社は75カ国において事業を運営する。同社は米国、カナダ及び中南米を含む米州事業、中国・アジア太平洋(CAP)事業、欧州・中東・アフリカ(EMEA)事業及びチャンネル開発事業の4つの事業を運営する。同社の米州、CAP及びEMEA事業は会社運営の店舗と免許店を含む。チャンネル開発事業は食料雑貨品店、倉庫クラブ、専門小売店、コンビニエンスストア及び米国の食品サービスなどのチャネルを通じて全世界で販売される焙煎豆と挽いたコーヒー、タゾお茶、スターバックスとタゾブランドのシングルサービス製品、並びに「フラッペチーノ」、「スターバックス・ダブショット」、「スターバックス・リフレッシャーズ」の飲み物及びその他のブランド製品などの缶入り飲料を含む。

業種

Retail (Grocery)

連絡先

2401 Utah Ave S

+1.206.4471575

https://www.starbucks.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Myron E. Ullman

Chairman of the Board

Kevin Ronald Johnson

President, Chief Executive Officer, Director

Mellody L. Hobson

Vice Chairman of the Board

Patrick J. Grismer

Chief Financial Officer, Executive Vice President

John Culver

Group President - International and Channels

統計

2.50 mean rating - 32 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

22.4K

2018

24.7K

2019

26.5K

2020(E)

28.4K
EPS (USD)

2017

2.060

2018

2.420

2019

2.830

2020(E)

3.041
株価売上高倍率(過去12カ月)
29.49
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.84
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
20.20
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
22.81
自己資本利益率(過去12カ月)
16.58

最新ニュース

最新ニュース

香港デモで新華社が標的に、中国メディアは「厳しい対応」求める

香港で週末に行われたデモで中国国営新華社のビルなどが破壊行為の標的となったことを受け、中国国営メディアは4日、当局はデモ隊に「より厳しい姿勢」で対応する必要があると訴えた。

香港デモで新華社が標的に、中国国営メディアは「厳しい対応」求める

香港で週末に行われたデモで中国国営新華社のビルなどが破壊行為の標的となったことを受け、中国国営メディアは4日、当局はデモ隊に「より厳しい姿勢」で対応する必要があると訴えた。

スタバ、7─9月既存店売上高が予想超え 会員サービス拡充など奏功

米コーヒーチェーン大手のスターバックス<SBUX.O>が30日発表した第4・四半期(9月29日まで)決算は、既存店売上高が市場予想を上回った。会員制プログラムで提供するサービスの拡充や、デジタル決済の充実などが奏功し、米国や中国を中心に需要押し上げにつながった。

スタバ、7─9月既存店売上高が予想超え 会員サービス拡充など奏功

米コーヒーチェーン大手のスターバックスが30日発表した第4・四半期(9月29日まで)決算は、既存店売上高が市場予想を上回った。会員制プログラムで提供するサービスの拡充やデジタル決済の充実などが奏功し、米国や中国を中心に需要押し上げにつながった。

S&P最高値更新、米中通商合意や利下げ巡る期待で

米国株式市場は上昇。S&P総合は過去最高値を更新したほか、ナスダックも最高値に迫った。米中通商合意への期待や、米連邦準備理事会(FRB)が今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で追加利下げを実施するとの観測が株価押し上げに寄与した。

香港デモ隊、中国本土系企業に怒りの矛先 落書きなど被害相次ぐ

「逃亡犯条例」改正案をきっかけに抗議活動を続ける香港のデモ隊は、中国本土系の企業や、中国寄りとされる企業に怒りの矛先を向けており、店頭に落書きが書かれたり、店舗が破壊されたりする被害が相次いでいる。

欧州裁、EU追徴課税巡りスタバの訴え認める

米スターバックス<SBUX.O>が欧州連合(EU)にオランダで最大3000万ユーロ(3300万ドル)の追徴税の支払いを命じられ、不服を申し立てていた件で、EUの一般裁判所は24日、スターバックスの訴えを認める判断を下した。

EUの追徴課税140億ドルは「非現実的」、アップルが一審で主張

米アップル<AAPL.O>が2016年に欧州委員会から130億ユーロ(140億ドル)の追徴課税を命じられた問題で、欧州連合(EU)司法裁判所の一審に当たる一般裁判所の審理が17日行われた。

アップル、EUの追徴課税140億ドルを「非現実的」と批判

米アップルが2016年に欧州委員会から130億ユーロ(140億ドル)の追徴課税を命じられた問題で、欧州連合(EU)一般裁判所の審理が17日行われた。

ベステアー競争担当欧州委員、2期目続投へ 権限も強化

フォンデアライエン次期欧州委員長は10日、マルグレーテ・ベステアー氏を競争政策担当委員に指名した。承認されれば、ベステアー氏は史上初めて同ポストを2期務めることになる。

スタバ前CEO、米大統領選出馬断念 民主穏健派との競合避ける

米コーヒーチェーン大手スターバックスのハワード・シュルツ前最高経営責任者(CEO)は6日、2020年米大統領選への出馬を断念すると発表した。

アックマン氏のファンド、高リターン維持に自信

著名投資家ウィリアム・アックマン氏は15日、同氏の投資ポートフォリオは今後も長期にわたり高いリターンを確保できると自信を示し、前日公表したウォーレン・バフェット氏の投資会社バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>への投資がそれを後押しすると説明した。

コラム:米経済、トランプ氏が目指す3%成長に程遠い現実

米国経済は、既視感のある雰囲気に包まれている。第2・四半期は個人消費と政府支出が拡大した半面、企業投資は落ち込み、国内総生産(GDP)速報値は前期比年率2.1%増と第1・四半期の3.1%増から1%ポイント下振れした。これは長期平均に近く、トランプ大統領が夢見る3%の成長トレンドには程遠い。

NY市場サマリー(29日)

<為替> ドルが2カ月ぶり高値近辺を維持。今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、金融危機後で初めての利下げが実施されることが予想されている。

米株市場は買い一服、FOMCや米中通商交渉の結果待ち

米国株式市場は買い一服。ダウ平均株価<.DJI>は小幅高。一方、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>やフェイスブック<FB.O>が売られ、ナスダック総合指数<.IXIC>とS&P総合500<.SPX>は下落して取引を終えた。米連邦公開市場委員会(FOMC)や米中通商交渉の結果待ちとなった。

米国株式市場=買い一服、FOMCや米中通商交渉の結果待ち

米国株式市場は買い一服。ダウ平均株価は小幅高、 ハイテク株の多いナスダック総合指数は下落して取引を終えた。米連邦公開市場 委員会(FOMC)や米中通商交渉の結果待ちとなった。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 27221.35 +28.90 +0.11 27192.2 27275.8 27178.0 4 5 6  前営業日終値 27192.45 ナスダック総合 8293.33 -36.88 -0.44 8325.10 8325.28 8247.37  前営業日終値 8330.21 S&P総合500 3020.97...

今日の株式見通し=一進一退、米国株高は安心材料 個別銘柄に物色

きょうの東京株式市場で日経平均株価は一進一退の展開が予想されている。日米の重要日程を前に手控えムードが出そうだ。先週の米国株主要3指数が反発したことは安心材料だが、日本株を積極的に買っていく手掛かりには欠ける。

米国株反発、アルファベット・スタバ決算やGDP好感

米国株式市場は反発し、S&P総合500種指数とナスダック総合指数が終値で過去最高値を記録した。グーグルの持ち株会社アルファベット<GOOGL.O>やコーヒーチェーン大手のスターバックス(スタバ)<SBUX.O>の好決算、第2・四半期の実質国内総生産(GDP)速報値が予想ほど減速しなかったことを好感した。

NY市場サマリー(26日)

<為替> ドルが2カ月ぶり高値を更新。第2・四半期の米国内総生産(GDP)速報値が予想ほど減速しなかったことが好感された。しかし、米連邦準備理事会(FRB)が月末に利下げに踏み切るとの市場予想に変更はない。

マクドナルド、第2四半期既存店売上高が予想上回る 株価最高値

米ファストフード大手マクドナルド<MCD.N>が26日発表した第2・四半期決算は、国内既存店売上高が市場予想を上回った。店舗刷新やキャンペーンなどが集客につながった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up