for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スターバックス・コーポレーション

SBUX.O

現在値

75.79USD

変化

0.13(+0.17%)

出来高

6,569,313

本日のレンジ

75.21

 - 

75.93

52週レンジ

50.02

 - 

98.14

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
75.66
始値
75.48
出来高
6,569,313
3か月平均出来高
203.89
高値
75.93
安値
75.21
52週高値
98.14
52週安値
50.02
発行済株式数
1,169.00
時価総額
88,598.51
予想PER
78.38
配当利回り
2.16

次のエベント

Q4 2020 Starbucks Corp Earnings Release - Tentative

適時開示

その他

Starbucks Says Comparable Store Sales Will Substantially Recover In China And U.S. In Fiscal 2021

Starbucks Corp Says ‍Qtrly China Comparable Sales Down 19%

Starbucks Declares Quarterly Cash Dividend

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スターバックス・コーポレーションとは

スターバックス(Starbucks Corp)はコーヒーロースターであり、スペシャルティコーヒーの小売業者であり、世界中の約82の市場で事業を展開する。【事業内容】32000を超える企業運営及び認可を受けた店舗を保有する。アメリカ、国際、チャネル開発の3つのセグメントで構成される。また、多様なコーヒーや紅茶の製品を販売し、ライセンスストア、食料品店、フードサービスなどの他のチャネルを通じて商標をライセンスする。運営する店舗を通じ、販売するコーヒー、手作りのコーヒー、茶及び飲料、多様な食品を購入・焙煎する。主力の「スターバックスコーヒー」ブランドに加え、「ティーバナ」、「シアトルズベストコーヒー」、「エボリューションフレッシュ」、「エトス」、「スターバックスリザーブ」、「プリンシ」などの多様なブランドで商品の販売やサービスの提供を行う。

業種

Retail (Grocery)

連絡先

2401 Utah Ave S

SEATTLE, WA

98134-1436

United States

+1.206.4471575

https://www.starbucks.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Myron E. Ullman

Independent Chairman of the Board

Kevin Ronald Johnson

President, Chief Executive Officer, Director

Mellody L. Hobson

Independent Vice Chairman of the Board

Patrick J. Grismer

Chief Financial Officer, Executive Vice President

John Culver

Group President - International, Channel Development and Global Coffee & Tea

統計

2.50 mean rating - 36 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

22.4K

2018

24.7K

2019

26.5K

2020(E)

23.3K
EPS (USD)

2017

2.060

2018

2.420

2019

2.830

2020(E)

0.949
株価売上高倍率(過去12カ月)
68.46
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.68
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
31.37
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
7.38
自己資本利益率(過去12カ月)
5.33

最新ニュース

最新ニュース

中国規制当局、ラッキンコーヒーを処罰へ 不正会計処理で

中国規制当局は、同国のコーヒーチェーン大手ラッキンコーヒー(瑞幸珈琲)が不正会計処理を行ったことを確認し、同社を処罰する方針を示した。

米フェイスブック、第2四半期は売上高が予想上回る 広告収入増加

交流サイト最大手の米フェイスブック<FB.O>が30日発表した第2・四半期決算は売上高がアナリスト予想を上回った。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)でオンラインサービス利用が増える中、企業がマーケティング予算をデジタル広告に振り向けた。

NY市場サマリー(29日)ドル2年ぶり安値、ダウ160ドル高

<為替> ドルが2年ぶりの安値。米連邦公開市場委員会(FOMC)は29日、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0─0.25%に据え置くことを全会一致で決定。新型コロナウイルス感染拡大の影響からの景気回復に向け「あらゆる手段」を尽くすとし、必要な限り政策金利をゼロ%近辺にとどめると改めて表明した。[nL3N2F04NR]

ダウ160ドル高、FRBが景気の全力支援を強調

米国株式市場は上昇し、ダウ平均株価<.DJI>は160ドル高で取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)が新型コロナウイルス禍で打撃を受けた経済の回復に向け、「あらゆる手段」を尽くすと再表明したことが相場を後押しした。

スタバ、4─6月世界売上高は予想超え 店舗再開で安定的な回復

米コーヒーチェーン大手スターバックス<SBUX.O>が28日発表した第3・四半期(4─6月)決算は、世界の既存店売上高が市場予想よりも小幅な減少にとどまった。新型コロナウイルス流行に伴い休業していた店舗の大半が営業を再開し、事業は世界的に「安定的な回復」を示しているとした。

アングル:過熱する中国コーヒー市場、乱入と競争が期待に冷水

北京でカフェを経営するフアン・イン氏。店の外を見れば、スターバックスを含め競合する近隣のカフェが7店も目に入る。まだ店を維持できているだけでありがたい、とフアン氏は思う。

米マクドナルド、来月から来店客にマスク着用要請

米マクドナルド<MCD.N>は24日、米国で新型コロナウイルス感染拡大に歯止めがかからない中、8月から国内の店舗で来店客にマスク着用を要請すると発表した。

スターバックス、中国でネット注文拡充 アリババとの提携強化

米スターバックスと中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディング<BABA.N>は21日、2018年に結んだ提携関係を強化し、中国でオンライン注文サービスを拡充すると発表した。

スターバックス、中国でオンライン注文拡充 アリババアプリ通じ

スターバックスと中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディング<BABA.N>が2018年に合意した提携関係を強化する可能性のあることが分かった。アリババが運営するオンラインショッピングモール淘宝網(タオバオ)や地図アプリからスターバックスの中国国内店舗で注文ができるようになるという。

米ディズニー、フェイスブックへの広告削減=WSJ

米ウォルト・ディズニー<DIS.N>は、米フェイスブック<FB.O>への広告を削減した。18日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた。フェイスブックのヘイトスピーチ(憎悪表現)や不適切なコンテンツへの対策が不十分として、広告ボイコットの動きが広がっている。

中国国営TV、恒例の番組でバーガーキングとGM合弁を批判

中国国営の中央テレビ局(CCTV)は16日に放送した消費者権利の保護をテーマとする恒例の特別番組で、米バーガーキングの商品と米ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>の中国合弁会社が生産する自動車に問題があると批判した。

米ウォルマート、買い物客へのマスク着用義務付け 20日から

米小売り大手ウォルマート<WMT.N>は15日、店舗内で買い物客にマスク着用を義務付けると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を抑制することが狙いで、20日から全店舗で実施される。

アップルへの追徴課税は無効、EU一般裁判断 欧州委に打撃

欧州連合(EU)の一般裁判所は15日、米アップル<AAPL.O>に130億ユーロ(150億ドル)の追徴課税を行うようアイルランド政府に命じた欧州委員会の決定を無効と判断した。大手IT(情報技術)企業への締め付けを目指す欧州委にとって打撃になる。

アップルへの追徴課税は無効=EU一般裁判所

欧州連合(EU)の一般裁判所は15日、米アップルに130億ユーロ(150億ドル)の追徴課税を行うようアイルランド政府に命じた欧州委員会の決定を無効と判断した。

焦点:コロナが問うオフィスの存在意義、NYの象徴にも変化の波

マンハッタンにそびえるエンパイアステートビルは、約90年にわたり米国の経済力の象徴だった。だが最近では、新型コロナウイルスとの困難な戦いの象徴になっている。

フェイスブック、400社超が広告掲載停止 ヘイトスピーチ問題で

米フェイスブック<FB.O>がヘイトスピーチ(憎悪表現)対策に苦慮している。コカ・コーラ<KO.N>やスターバックス<SBUX.O>など名だたる企業がフェイスブックへの広告掲載のボイコットに参加を表明。ボイコット中止を狙ったぎりぎりの協議も成果はなく、400社以上の企業広告が7月1日から1カ月間、消える。

フェイスブック、ヘイトスピーチ対策で外部監査受け入れ

米フェイスブック<FB.O>は、同社のヘイトスピーチ(憎悪表現)対策について、外部の監査を受け入れることに同意した。

米スタバ、全ソーシャルメディアへの有料広告掲載停止へ

米コーヒーチェーン大手スターバックス<SBUX.O>は28日、ヘイトスピーチ(憎悪表現)の拡散を防ぐため、全てのソーシャルメディアプラットフォームへの広告掲載を停止すると発表した。

中国ラッキンコーヒー、ナスダック上場株29日売買停止 上場廃止へ

中国のカフェチェーン、ラッキンコーヒー(瑞幸珈琲)<LK.O>は26日、米ナスダック市場に上場する株式の売買が29日に停止されると発表した。ナスダックから2回にわたり上場廃止通知を受け取っていたが、これに関するヒアリングの要請を同社が取り下げたためとしている。

コラム:最高裁がLGBTQ差別に違法判断、米政治は機能せず

米連邦最高裁が今一度、偉大なる米国のための仕事を「代行」した。政治がうまく働かないとき、企業や消費者や、他の影響力を持つ関係者が創造力を働かせて、この国が機能し続けるようにする。職場での性的少数者への差別を違法とする最高裁判断が出たことは、裁判官も自分たちの役割を理解していることを示す。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up