for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Sea Ltd (ADR)

SE.N

現在値

75.71USD

変化

4.37(+6.13%)

出来高

1,929,728

本日のレンジ

71.99

 - 

77.77

52週レンジ

54.13

 - 

372.40

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
71.34
始値
72.70
出来高
1,929,728
3か月平均出来高
196.14
高値
77.77
安値
71.99
52週高値
372.40
52週安値
54.13
発行済株式数
557.74
時価総額
39,931.71
予想PER
-15.04
配当利回り
--

次のエベント

Sea Ltd at Macquarie Internet and Digital Assets Conference (Virtual)

適時開示

その他

Sea Limited Reports First Quarter 2022 Results

Sea Limited Reports Fourth Quarter And Full Year 2021 Results

Tencent Divests 2.6% Of Equity Interest In Sea Limited

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Sea Ltd (ADR)とは

シー(Sea Ltd)は、消費者向けインターネット会社である。【事業内容】デジタルエンターテインメント、eコマース、デジタル決済、金融サービスの3つの事業セグメントで事業を展開する。3つの事業が含まれる。Garenaのプラットフォームは、モバイルおよびパーソナルコンピューター(PC)のオンラインゲームを提供し、グローバル市場向けのモバイルゲームを開発する。eスポーツを提供し、ゲームプレイのライブストリーミング、ユーザーチャット、オンラインフォーラムなど、他のエンターテインメントコンテンツやソーシャル機能へのアクセスを提供する。Shopeeのプラットフォームは、モバイル中心のソーシャル中心のマーケットプレイスです。統合された支払い、ロジスティクスインフラストラクチャ、および販売者サービスを備えたショッピング環境をユーザーに提供する。SeaMoneyは、個人や企業に多様な支払いサービスやローンを提供する。また、サードパーティのマーチャントパートナーと統合し、一連の消費ユースケースをカバーする。インドネシア、台湾、ベトナム、タイ、シンガポール、マレーシア、フィリピンなどで事業を展開する。

業種

Software & Programming

連絡先

1 Fusionopolis Place, #17-10 Galaxis

138522

Singapore

+65.6.2708100

https://www.sea.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Li Li Xiaodong

Chairman of the Board, Group Chief Executive Officer

Feng Zhimin

Group President

Hou Tianyu

Group Chief Financial Officer, Director

Zhao Feng

President of Garena

Ye Gang

Group Chief Operating Officer, Director

統計

1.68 mean rating - 31 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

2.9K

2020

4.4K

2021

10.0K

2022(E)

13.7K
EPS (USD)

2019

-2.000

2020

-2.780

2021

-3.840

2022(E)

-4.844
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.01
株価純資産倍率(四半期)
5.38
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
48.33
長期負債/資本(四半期)
46.98
投資利益率(過去12カ月)
-23.63
自己資本利益率(過去12カ月)
-14.02

最新ニュース

最新ニュース

アリババ、傘下の通販ラザダを欧州に進出させる計画=関係筋

中国の電子商取引大手アリババ・グループは傘下の東南アジア・ネット通販大手ラザダの事業を欧州に進出させる計画だ。関係者2人がロイターに明らかにした。

テンセント、シンガポールのシー株売却 30億ドル調達

中国のゲーム・ソーシャルメディア大手、騰訊控股(テンセント・ホールディングス)は、シンガポールのゲーム・電子商取引企業シーの株式1450万株を売却し、30億ドルを調達した。

アリババ傘下のECラザダ、販売総額目標1000億ドル

中国電子商取引(EC)大手アリババ・グループは傘下の東南アジアのネット通販大手ラザダについて、販売総額(GMV)目標を1000億ドルに設定した。16日の投資家との会合で明らかにした。

配車大手グラブ、2日に米ナスダック上場 SPACとの合併で

東南アジアの配車最大手・グラブは2日に特別買収目的会社(SPAC)アルティメーター・グロースとの合併を通じて米ナスダック市場に上場する。

情報BOX:FBで話題のメタバース、注目すべき関連企業

フェイスブック「メタバース(巨大な仮想空間)」関連事業に注力する姿勢を示すため、正式社名を「メタ・プラットフォームズ」に変更する。同社はメタバースが、モバイルに代わる次の主流インターネット空間になると考えている。

フィリピン当局、テキスト端末の販売中止を命令 大統領選に悪用

フィリピンの国家通信委員会(NTC)は、フェイスブック、アリババ傘下のラザダ、シー傘下のショッピーに対し、緊急メッセージを送信可能な携帯端末の販売を許可しないよう命じた。

シンガポールのネット企業シー、60億ドルの大型資金調達

シンガポールのゲーム・電子商取引企業シーは9日、米国預託証券(ADR)と転換社債を発行し、約60億ドルを調達したと明らかにした。リフィニティブのデータによると、1回の資金調達額としては東南アジアで過去最大となった。

コラム:インドネシアIT大手が大合併、東南アジアに巨大企業

東南アジアの巨大ハイテク企業が、栄華の時を迎えている。インドネシアの配車・決済サービス大手のゴジェックと電子商取引大手・トコペディアが合併し、インドネシアでハイテク業界の巨人が生まれる。

ゴジェックとトコペディアが合併で合意、インドネシア巨大ハイテク企業に

インドネシアの配車・決済サービス会社ゴジェックとEコマース大手トコペディアは17日、経営統合すると発表した。インドネシアで史上最大規模の合併で巨大ハイテク企業が誕生する。

ゴジェックとトコペディアが合併で合意、インドネシア巨大ハイテク企業に

インドネシアの配車・決済サービス会社ゴジェックとEコマース大手トコペディアは17日、経営統合すると発表した。インドネシアで史上最大規模の合併で巨大ハイテク企業が誕生する。

配車大手グラブ、過去最大のSPAC上場へ 評価額約400億ドル

東南アジア最大の配車サービス企業グラブ・ホールディングスは13日、上場に向けて米特別買収目的会社(SPAC)アルティメーター・グロースとの合併で合意した。

東南アジア配車大手グラブ、SPACと合併 過去最大の約400億ドル

東南アジア最大の配車サービス企業グラブ・ホールディングスは13日、上場に向けて米特別買収目的会社(SPAC)アルティメーター・グロースとの合併で合意した。グラブの企業価値は約396億ドルとなり、SPACとの合併としては過去最大規模。

アングル:東南アジアのネット覇権争い、「シー」や「ゴジェック」が火花

インドネシアの首都ジャカルタでは、露天の飲食店の前に繰り広げられる光景がある。それは、東南アジアのインターネット覇権争いの縮図とも言える。シンガポール系新興勢力のSea(シー)グループが攻勢を掛け、市場リーダーのゴジェック(本社ジャカルタ)、グラブ(本社シンガポール)が迎え撃とうとしている。シーのオレンジ色の服を着た配達員と、緑のジャケットを羽織ったゴジェックやグラブの配達員がまさに隣り合って、注文待ちをしているのだ。

コラム:上場目指すグラブ、複雑な事業構造はチャンスの源

東南アジアのテクノロジー企業は、同じ分野の米企業よりも複雑な事業構造を持っている。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によると、シンガポールを拠点とする配車・料理宅配サービス会社グラブは、特別買収目的会社(SPAC)との合併を通じてニューヨーク市場に上場し、その際に企業価値が最大400億ドルと評価される可能性がある。しかしアンソニー・タン氏が10年前に創業したグラブは、金融など新たな分野へと事業を広げており、同業者であり支援者でもある米ウーバー・テクノロジーズに比べて黒字化への道筋がより曲がりくねったものになっている。

EXCLUSIVE-トコペディア、米国とインドネシアでIPOを計画 10億ドル調達へ=関係筋

関係筋によると、インドネシアのネット通販大手トコペディアは来年、米国とインドネシアで新規株式公開(IPO)を実施し、少なくとも10億ドルを調達する計画。

コラム:米印で苦しむ中国アプリ企業、東南アの潜在市場に照準

中国のハイテク大手は、東南アジア地域で事業の強化が避けて通れない成長戦略となってきた。米国とインドでの利用を禁止された今、中国本土系ハイテク企業にとって、急成長するインドネシアやベトナムなどの東南ア市場は海外での収益を拡大する重要拠点になりつつある。

アリババ傘下の電子商取引ラザダ、CEOを交代

中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディング<BABA.N>傘下の電子商取引企業ラザダは26日、最高経営責任者(CEO)交代を発表した。

アマゾン、シンガポールのサイト拡充 品揃え増やし競合に対抗

米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は、シンガポールのオンラインサイトで地元店舗やマーケットプレイスを拡充し、品揃えを一段と充実させると明らかにした。今後、アリババ・グループ・ホールディング<BABA.N>傘下のラザダやシー<SE.N>などとの競争激化が見込まれる。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up