for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンクグループ株式会社

SFTBF.PK

現在値

63.93USD

変化

-0.09(-0.13%)

出来高

2,772

本日のレンジ

62.42

 - 

65.71

52週レンジ

53.10

 - 

100.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
64.01
始値
64.25
出来高
2,772
3か月平均出来高
0.22
高値
65.71
安値
62.42
52週高値
100.00
52週安値
53.10
発行済株式数
1,738.52
時価総額
110,678.80
予想PER
6.34
配当利回り
0.64

次のエベント

Q1 2022 SoftBank Group Corp Earnings Release

適時開示

その他

IOT Technology Co Wiliot Secures $200 Million Investment Round Led By Softbank Vision Fund 2

India's Oyo Raises $660 Mln Through Term Loan From Global Institutional Investors

Netradyne Raises $150 Million In Series C Funding Led By Softbank Vision Fund 2

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンクグループ株式会社とは

ソフトバンクグループは、通信・インターネット関連を中心に事業を運営する。【事業内容】同社には、6つの事業セグメントがある。ソフトバンク事業は、日本国内における移動通信サービスの提供や携帯端末の販売、ブロードバンドなど固定通信サービスの提供などを行うほか、日本国内における携帯端末アクセサリーやパソコン向けソフトウエア、周辺機器の販売を行う。スプリント事業は、米国における移動通信サービスの提供、携帯端末の販売やリース、アクセサリーの販売、固定通信サービスの提供を行う。ヤフー事業は、インターネット上の広告事業やイーコマース事業、会員サービス事業を行う。アーム事業は、マイクロプロセッサーに係るインターネット・プロトコル(IP)および関連テクノロジーのデザイン、ソフトウエアツールの販売を行う。ソフトバンク・ビジョン・ファンドおよびデルタ・ファンド事業は、テクノロジー分野で投資活動を行う。ブライトスター事業は、海外における携帯端末の流通事業を行う。その他、同社はフォートレスや福岡ソフトバンクホークス関連事業などを行う。

業種

Communications Services

連絡先

TOKYO PORTCITY TAKESHIBA Office Tower

1-7-1, Kaigan

MINATO-KU, TKY

105-7537

Japan

+81.3.68892000

https://group.softbank/

エグゼクティブリーダーシップ

Masayoshi Son

Chairman of the Board, President, Chairman & President of Subsidiaries, Representative Director

Ronald D. Fisher

Vice Chairman of the Board, Chairman & President of Subsidiaries

Yoshimitsu Goto

Chief Financial Officer, Senior Managing Director, Chief Information Security Officer

Ken Miyauchi

Executive President & Chief Executive Officer of Subsidiary, Director

Simon Segars

Chief Executive Officer of Subsidiary, Director

統計

1.00 mean rating - 1 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

9.6K

2020

6.2K

2021

5.6K

2022(E)

6.0K
EPS (JPY)

2019

1,268.150

2020

-478.500

2021

2,619.610

2022(E)

975.820
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.02
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.16
株価純資産倍率(四半期)
1.18
株価キャッシュフロー倍率
2.33
総負債/総資本(四半期)
191.40
長期負債/資本(四半期)
112.65
投資利益率(過去12カ月)
16.57
自己資本利益率(過去12カ月)
10.52

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、200日線奪回ならず

<16:04> 日経平均・日足は「小陽線」、200日線奪回ならず 日経平均・日足は「小陽線」となった。このところ攻防が続く200日移動平均線( 2万7804円68銭=29日)に上値を押さえられた。ザラ場でも上回っておらず、引 き続き頭の重さがつきまとう。5月以来、急落時に2万7500円を割り込んだ水準で下 げ止まっており、目先の下値めどは20日安値(2万7330円15銭)と見込まれる。 <15:45> 新興市場は反発、「局所的に物色」の動き 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反発した。市場で は「局所的に物色する...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場は反発、「局所的に物色」の動き

<15:45> 新興市場は反発、「局所的に物色」の動き 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反発した。市場で は「局所的に物色する動きがみられた。ただ、相場全体に良い流れは波及してきておらず 、自律反発の域を出ない」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比1.58%高。メルカリ やビジョナル の 上昇が寄与。グローバルウェイ やサーキュレーション がストップ高とな った一方、前日に新規株式公開(IPO)したブレインズテクノロジー はさえな かった。 新規上場のデリバリーコンサルティング の初値は1472...

日経平均反発、好決算銘柄が人気化 上値追いは慎重

東京株式市場で日経平均は反発した。注目された米連邦公開市場委員会(FOMC)を通過した安心感に加え、アジア株の堅調さも支援となり終始しっかり推移した。好決算銘柄を物色する動きが活発化したものの、戻り売りや新型コロナウイルスの感染拡大への警戒感から、上値追いには慎重となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値圏、中国株上昇には追随しきれず 感染拡大など重し

<13:30> 日経平均は高値圏、中国株上昇には追随しきれず 感染拡大など重 し 日経平均はきょうの高値圏で推移している。前場終値を上回って後場をスタートし、 その後もしっかりと推移している。ただ、上昇の勢いには乏しい。2万7800円付近を 通る200日移動平均線に上値を押さえられており、方向感は出ていない。時間外取引の 米株先物はまちまちの動き。 このところ軟調だった上海や香港の株式相場が上昇を強めたが、市場では日本株の反 発力は弱いとの受け止めもあり「新型コロナウイルスの感染拡大や政権支持率の低下など が、日本固有のネガティブ材料として...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は反発、イベント通過で安心感 好決算銘柄を物色

<11:45> 前場の日経平均は反発、イベント通過で安心感 好決算銘柄を物色 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比105円62銭高の2万7687円2 8銭となり、反発した。米連邦公開市場委員会(FOMC)という注目イベントを通過し たことで安心感が広がったほか、アジア株の堅調も好感され終始堅調な展開となった。た だ、戻り売りが警戒される一方、時間外取引で米株先物がさえず、上値に対して慎重にな っている。そうした中、好決算銘柄を物色する動きが活発化した。 28日の米国株式市場は、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が利上げ検討...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は伸び悩み、時間外取引で米株先物さえず

<11:05> 日経平均は伸び悩み、時間外取引で米株先物さえず 日経平均は伸び悩む。戻り売りが警戒され、上値に対して慎重な動きとなっている。 市場では「注目されていた香港、上海両市場は堅調となっているものの、時間外取引で米 株先物がさえないことが気にされているようだ」(国内証券)との声も聞かれた。 <10:05> 日経平均は強もちあい、上方修正銘柄の個別物色が活発化 日経平均は強もちあい。買い一巡後は一進一退の動きとなっている。そうした中、前 日に通期見通しの上方修正を発表したアドバンテスト 、日産自動車 など を個別物色する動きが活発化...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は強もちあい、上方修正銘柄の個別物色が活発化

<10:05> 日経平均は強もちあい、上方修正銘柄の個別物色が活発化 日経平均は強もちあい。買い一巡後は一進一退の動きとなっている。そうした中、前 日に通期見通しの上方修正を発表したアドバンテスト 、日産自動車 など を個別物色する動きが活発化した。 市場では「重要イベントを通過した後で、参加者の注目は企業の決算に集まるように なった」(国内証券)との声が聞かれる。 <09:05> 日経平均は反発、イベント通過で買い戻す動き先行 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比140円95銭高の2万7722 円61銭となり、反発してスタート...

ホットストック:ソフトバンクGが反発、米ウーバー株の売却報道を好感

ソフトバンクグループ(SBG)が反発している。米配車大手ウーバー・テクノロジーズの株式約4500万株を売却することが分かったと報じられ、好感されている。SBG株は、中国当局の規制強化の動きへの警戒感から、年初来安値を連日更新していた。

日経平均は反発して始まる、イベント通過で買い戻す動き先行

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比140円95銭高の2万7722円61銭となり、反発してスタート。米連邦公開市場委員会(FOMC)で、テーパリング(量的緩和縮小)の具体的な縮小時期が示されなかったため、安心感が広がった。イベント通過により、買い戻す動きが先行している。

ソフトバンクG、米ウーバー株売却へ 約4500万株

ソフトバンクグループが、米配車大手ウーバー・テクノロジーズの株式約4500万株を売却することが分かった。事情に詳しい関係筋が28日、ロイターに明らかにした。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、主力銘柄が総じて買い優勢

<08:45> 寄り前の板状況、主力銘柄が総じて買い優勢 市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ソニーグループ < 6758.T>、ホンダ 、キヤノン 、東京エレクトロン 、三菱UFJ フィナンシャル・グループ 、ソフトバンクグループ など主力銘柄が総じ て買い優勢。指数寄与度の大きいファーストリテイリング 、ファナック も買い優勢となっている。 東証第1部出来高上位50銘柄 東証第1部値上がり率上位50銘柄 東証第1部値下がり率上位50銘柄 日経225先物 SGX日経225先物 TOPIX先物 日経225オプション 株式関連指標...

シンガポールのGIC、英モリソンズ買収でSBG系連合に参加

シンガポールの政府系投資会社GICは28日、英スーパー4位のモリソンズの買収を提案しているフォートレス・インベストメント・グループのプライベートエクイティ(PE)連合に参加すると発表した。

日経平均急反落、米株安・感染拡大の警戒感で売り優勢

東京株式市場で日経平均は急反落。米株下落や新型コロナウイルスの感染拡大に対する警戒感から売り優勢の展開となった。ただ、2万7500円前後の水準は割安との指摘もあり、終盤は下げ渋った。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、20日安値2万7330円15銭を支持線として意識

<15:45> 日経平均・日足は「小陽線」、20日安値2万7330円15銭を支持線として意識 日経平均・日足は上下に長いヒゲを伴う「中陰線」となった。再び200日移動平均線(2万7782 円33銭=28日現在)を割り込み、下値不安を感じさせたが、長めに下ヒゲが抵抗力を示しており、時価 水準は底堅いとの印象も同時に与えている。 20日の直近安値2万7330円15銭が意識されたるが、テクニカル面で同安値が維持できるかどう かが当面のポイント。5月の急落場面も含めて過去3回、2万7500円を割り込んだ後は切り返しに転じ た経緯があることを踏まえると...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は軟調、直近IPO中心に売り優勢の展開

<15:10> 新興株式市場は軟調、直近IPO中心に売り優勢の展開 新興株式市場は軟調。東証マザーズ指数は続落、日経ジャスダック平均は反落した。市場では「全体の 地合いが悪化する中で、直近IPOを中心に売り優勢の展開になった」(国内証券)との声が聞かれる。 きょうマザーズ市場に新規上場したブレインズテクノロジー は公開価格の2.33倍となる4 165円で初値を形成した後は、値を消す動きとなった。 マザーズ総合は前営業日比3.48%安。前日に新規上場したサーキュレーション が下落した ほか、Enjin 、ラキール も軟調。BCC も急反落...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は500円を超す下げ、2万7500円の攻防に

<14:25> 日経平均は500円を超す下げ、2万7500円の攻防に 後場中盤に入っても下げ止まらず、日経平均は前日比500円を超す下げを記録した。決算発表は市場 コンセンサスを上回る数値が目立つものの「参加者が少ない状況で、積極的な買いが入る雰囲気が感じられ ない」(国内証券)という。日経平均は2万7500円の攻防となっている。 市場では「割安と言える水準まで下がってきたが、新型コロナウイルスの感染拡大が気にされる一方、 中国に対する警戒感、FOMC(米連邦公開市場委員会)控えなどから、投資マインドが盛り上がらない」 (SBI証券・投資調査部長...

〔マーケットアイ〕株式:後場に入り下げ幅を拡大、アジア株の動向に警戒する声も

<13:20> 後場に入り下げ幅を拡大、アジア株の動向に警戒する声も 後場に入って日経平均は下げ幅を拡大。再び2万7500円をめぐる攻防となってきた。市場では「き ょうも軟調に始まった中国株式市場をはじめ、アジア株の動向が警戒されているようだ。時間外取引で米株 先物が下げていることも気にされている」(国内証券)との声も聞かれる。 <11:46> 前場の日経平均は反落、米株安を嫌気 FOMCへの警戒感も 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比321円45銭安の2万7648円77銭となり、反落 した。米株安を受けて安く始まった後も、安値圏...

ホットストック:ソフトバンクGが連日の年初来安値、中国の規制強化を警戒

ソフトバンクグループが連日の年初来安値更新となっている。中国当局の規制強化の動きが引き続き警戒されており、8カ月ぶりの安値水準で推移している。一時、前日比4.0%安の6805円に下落した。

午前の日経平均は反落、米株安を嫌気 FOMCへの警戒感も

28日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比321円45銭安の2万7648円77銭となり、反落した。米株安を受けて安く始まった後も、安値圏でのもみあいが続いた。米連邦公開市場委員会(FOMC)への警戒感もくすぶっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ渋り、200日線の攻防に

<10:22> 日経平均は下げ渋り、200日線の攻防に 日経平均は下げ渋り、徐々に持ち直す動きとなった。米株先物が小高く推移し、安心 感につながっているという。一時2万7800円台を回復した。 ただ、引き続き上値は重い。2万7780円付近を200日移動平均線が通っており 、市場では「抵抗線として意識されているようだ」(国内証券)との声が聞かれる。 <09:08> 日経平均は反落、米株安を嫌気 ハイテク弱い 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比295円23銭安の2万7674 円99銭となり、反落で始まった。前日の米国株式市場の下落...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up