for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シーメンス・ヘルシニアーズ

SHLG.DE

現在値

41.80EUR

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

40.32

 - 

67.66

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
41.80
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
15.46
高値
--
安値
--
52週高値
67.66
52週安値
40.32
発行済株式数
1,122.67
時価総額
46,597.68
予想PER
18.28
配当利回り
2.06

次のエベント

Q4 2022 Siemens Healthineers AG Earnings Release

適時開示

その他

Siemens Healthineers Optimistic For Q4

Siemens Healthineers And Cerebriu Establish R&D Partnership

FDA Grants Emergency Use Authorization To Siemens Healthineers AG's Clinitest Rapid COVID-19 Antigen Self-Test

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シーメンス・ヘルシニアーズとは

シーメンス・ヘルシニアーズ(Siemens Healthineers AG)はヘルスケア業界にテクノロジーを提供するドイツを拠点とする企業である。【事業内容】診断および治療用イメージング、検査室およびポイントオブケア診断、分子医学の分野で幅広い製品とサービスを提供する。医療技術とソフトウェアソリューション、および臨床コンサルティングサービスを提供する。精密医療の拡大、ケア提供の変革、患者体験の改善、およびヘルスケアのデジタル化を通じて、デジタルヘルスおよびエンタープライズサービスを開発する。世界中で事業を展開する。

業種

Medical Equipment & Supplies

連絡先

Henkestrasse 127

91052

Germany

+49.69.66826602

https://www.siemens-healthineers.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Ralf P. Thomas

Chairman of the Supervisory Board

Bernhard Montag

President of the Management Board, Chief Executive Officer

Norbert Gaus

Vice Chairman of the Supervisory Board

Jochen Schmitz

Chief Financial Officer, Member of the Managing Board

Darleen Caron

Chief Human Resource Officer, Member of the Managing Board

統計

2.00 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2019

14.5K

2020

14.5K

2021

18.0K

2022(E)

21.3K
EPS (EUR)

2019

1.570

2020

1.400

2021

2.030

2022(E)

2.187
株価売上高倍率(過去12カ月)
24.89
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.23
株価純資産倍率(四半期)
2.52
株価キャッシュフロー倍率
14.65
総負債/総資本(四半期)
85.22
長期負債/資本(四半期)
66.48
投資利益率(過去12カ月)
5.73
自己資本利益率(過去12カ月)
4.31

最新ニュース

最新ニュース

ロンドン株式市場=続伸、バークレイズが高い

ロンドン株式市場は続伸して取引を終え た。好決算を発表した英銀大手のバークレイズが買われたほか、ポンド 安を背景に生活必需品株も上昇し、相場全体を支援した。ただ投資家は 、西側諸国による対ロシア制裁の発動を受けたロシアの次の動きに注目 している。 バークレイズは3.1%上昇。不良債権処理費用が大幅減 少したほか、投資銀行部門が引き続き好調で、通期利益が3倍近く増え たと報告したことが好感された。 ハーグリーブス・ランズダウンのシニア投資アナリスト、スザンナ ・ストリーター氏は「バークレイズは、金融セクターを通して繰り返さ れ続ける物語の...

欧州市場サマリー(22日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。ウクライナ情勢を巡る懸念が続く中、堅調な決算を発表した医療機器のスミス・アンド・ネフュー(S&N)が買われたほか、工業株の上昇も相場を支えてプラス圏で引けた。

ロンドン株式市場=反発、スミス・アンド・ネフュー買われる

ロンドン株式市場は反発して取引を終え た。ウクライナ情勢を巡る懸念が続く中、堅調な決算を発表した医療機 器のスミス・アンド・ネフュー(S&N)が買われたほか、工業株の上 昇も相場を支えてプラス圏で引けた。 FTSE350種工業株指数は0.83%高。金属 価格の値上がりを背景に鉱業株指数は0.39%上昇し た。 S&Nは7.5%と大幅上昇。新たな最高経営責任者(CE O)に、シーメンスヘルシニアーズのディーパック・ナス氏 を任命したことが好感された。ホテル経営大手のインターコンチネンタ ル・ホテルズ・グループ(IHG)は4.2%高。通期利益...

欧州市場サマリー(17日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。英国の インフレ率が10年ぶりの高い伸びとなったことから、イングランド銀行(英中央銀行) が早ければ来月にも利上げに踏み切るとの観測が強まり、売り注文が広がった。 10月の英消費者物価指数(CPI)は前年同月比4.2%上昇と市場予想を上回り 、9月の3.1%上昇から伸びが加速した。家計の光熱費が大きく値上がりした。 ポンドがドルに対して上昇し、ドルで利益を上げる企業が売られた。英日用品のユニ リーバ、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)、レキット・ ベンキーザーは0.5─1.6%下げた...

欧州株式市場=続伸、6営業日続伸で過去最高値

欧州株式市場は6営業日続伸して取引を 終えた。好調な決算発表が、ガス価格の高騰がインフレ圧力になってい ることへの懸念を上回り、STOXX欧州600種指数は過去 最高値で取引を終えた。 米小売売上高が予想を上回ったのを背景に、16日の米株価が上昇 したことに続く動きとなった。 リフィニティブの最新データによると、STOXX欧州600種上 場企業の第3・四半期利益は、前年同期から60.4%増の1036億 ユーロ(1172億ドル)となる見込みで、先週予想の60.7%から 低下した。 ドイツのシーメンス傘下の医療機器会社、シーメンス・ヘルシニア...

独株価指数DAX構成銘柄40に増、ポルシェやプーマなど新規採用

ドイツ取引所は3日、構成銘柄数を30から40に増やす主要株価指数DAXについて、自動車メーカーのポルシェとスポーツウェアメーカーのプーマを採用すると発表した。DAXの33年の歴史で最大の改革となる。

ロシュ、コロナ抗原検査キット生産を月間数億回分に=CEO

スイス製薬大手ロシュ<ROG.S>のシュヴァン最高経営責任者(CEO)は29日、新型コロナウイルスの感染第2波を受け、コロナ抗原検査キットの生産を月間で数億回分に拡大すると発表した。

ロシュ、2020年の業績見通しを確認 新型コロナ診断薬が急拡大

スイス製薬大手ロシュ<ROG.S>は15日、2020年の売上高について、為替変動の影響を除いたベースで1桁台前半から半ば程度の伸びを示すとの予想を確認。利益も、売り上げの伸びに沿って拡大するとした。

ナスダック最高値、TikTok買収交渉やコロナ対策期待で

米国株式市場は、ナスダック総合が終値ベースの最高値を更新した。米議会で新型コロナウイルス追加対策を巡る協議が再開する中、米マイクロソフト<MSFT.O>による短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」買収交渉などを受け市場心理が改善した。

独シーメンス・ヘルシニアーズ、放射線治療機器の米バリアン買収

独シーメンス<SIEGn.DE>の医療機器部門、シーメンス・ヘルシニアーズは2日、放射線治療機器大手の米バリアン・メディカル・システムズを164億ドルで買収すると発表した。がん治療分野でトップの地位確立を狙う。

英、コロナ抗体検査薬調達でロシュと交渉

英政府は新型コロナウイルス抗体検査薬の調達についてスイス製薬大手ロシュ<ROG.S>と交渉を進めている。抗体検査で新型ウイルス感染歴が判明するため、多くの国で経済活動再開の加速に向けた目安になると注目されている。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(24日現在)

ドイツのIFO経済研究所が発表した4月の業況指数は74.3と、過去最低となった。下方修正された前月の85.9から低下した。

独シーメンス、2020年に厳しい見通し 7─9月決算は好調

ドイツの総合電機大手シーメンス<SIEGn.DE>が発表した第4・四半期(2019年7─9月)決算は、産業部門の営業利益がアナリスト予想を上回るなど好調な内容だった。しかし、ジョー・ケーザー最高経営責任者(CEO)は「2019年度に世界経済の減速が明らかに加速した」と指摘し、地政学や経済面のリスクを挙げてマクロ経済環境は来年もさえない状況が続くと予想した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up