for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Singapore Airlines Ltd.

SIAL.SI

前日終値

9.17SGD

変化

-0.07(-0.76%)

出来高

552,000

本日のレンジ

9.15

 - 

9.21

52週レンジ

8.65

 - 

10.23

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
9.24
始値
9.18
出来高
552,000
3か月平均出来高
23.03
高値
9.21
安値
9.15
52週高値
10.23
52週安値
8.65
発行済株式数
1,185.13
時価総額
11,086.62
予想PER
15.18
配当利回り
3.25

次のエベント

Q3 2020 Singapore Airlines Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Singapore Airlines Posts Oct Group Passenger Load Factor 84.4%

Singapore Airlines Says Cargo Capacity Seen Contracting 1% For FY19/20

Singapore Airlines Posts Q2 Profit Attributable S$94.5 Mln

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Singapore Airlines Ltd.とは

シンガポール・エアライン(Singapore Airlines Limited)は旅客航空輸送会社。【事業内容】同社は旅客と貨物の航空輸送、エンジニアリングサービス提供、パイロットの訓練、航空機チャーター、及びツアーのパッケージ販売と関連業務を行う。同社は航空会社運営、貨物輸送、エンジニアリングサービス及びその他の4つの事業区分により構成される。同社はSIA Engineering Company Limited (SIAEC)、Singapore Airlines Cargo (SIA Cargo)及びSilkAir (Singapore) Private Limited (SilkAir)などの子会社を含む。平成24年3月31日現在、SIA CargoはB747-400型輸送機13機のあるフリートを運営している。平成24年3月期決算期において、SilkAirはバンドン(インドネシア)、長沙(中国)、ダーウィン(オーストラリア)、サムイ島(タイ)、コルカタ(インド)でサービス提供を開始した。平成24年3月31日現在、Singapore Airlines Groupは旅客機120機と輸送機13機を含む航空機133機を運営している。旅客機のうち、100機は同社によって、20機はSilkAirによって運営される。

業種

Airline

連絡先

25 Airline Road, Airline House

+65.6.5415314

http://www.singaporeair.com

エグゼクティブリーダーシップ

Lim Huat Seah

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Choon Phong Goh

Chief Executive Officer, Non-Independent Executive Director

Chin Hwee Ng

Executive Vice President - Human Resources and Operations

Swee Wah Mak

Executive Vice President - Commercial

Stephen Barnes

Senior Vice President - Finance

統計

2.25 mean rating - 12 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, SGD)

2017

14.9K

2018

15.8K

2019

16.3K

2020(E)

17.0K
EPS (SGD)

2017

0.390

2018

0.753

2019

0.574

2020(E)

0.609
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.89
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.66
株価純資産倍率(四半期)
0.93
株価キャッシュフロー倍率
4.46
総負債/総資本(四半期)
60.61
長期負債/資本(四半期)
49.23
投資利益率(過去12カ月)
3.32
自己資本利益率(過去12カ月)
2.43

最新ニュース

最新ニュース

インドネシア、737MAX運航再開は欧米など主要国の承認が前提

インドネシアは13日、墜落事故を起こし運航停止となっている米航空機大手ボーイング<BA.N>の「737MAX」の運航再開について、米国・欧州・ブラジル・カナダ・中国の当局による承認が前提となるとの見解を示した。

東南アジア株式・引け=大半が下落、中国の弱い内容の統計で

18日の東南アジア株式市場の株価は大半が下落して引けた。中国の弱い内容の統計が弱材料だった。一方、ジャカルタ市場は金融株と消費財株が上昇し、6営業日続伸した。

アジア株式市場サマリー

中国株式市場は1カ月ぶりの大幅安。週間ベースでも値下がりした。米中貿易戦争が続く中、第3・四半期の中国の国内総生産(GDP)が予想を下回り、中国経済に対する懸念が深まった。

アジア株式市場サマリー:引け(15日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [15日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 2942.1853 + 11.6391 + 0.40 2921.5460 2955.0003 2886.6993 前営業日終値 2930.5462 中国 CSI300指数 3824.188 +15.457 +0.41 3792.641 3844.868 3745.855 前営業日終値 3808.731 香港 ハンセン指数 28554.88 +83.26 +0.29 28303.36 28567.25 28071.19...

東南アジア株式・引け=マニラ株は1年4カ月超ぶり高値、追加利下げを期待

15日の東南アジア株式市場では、マニラ株が1年4カ月超ぶりの高値を付けた。現地紙がフィリピン中央銀行が追加利下げを検討している可能性があると報じ、相場を押し上げた。さらに、インドネシア政府が、投資を促進するために規制の緩和や減税を行うことを検討していると示唆したことから、ジャカルタ株も上昇した。

ロンドン株式市場=続伸、ポンド下落で輸出銘柄に買い

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7391.12 +73.74 +1.01 7317.38 ロンドン株式市場は約6カ月ぶりの高値まで続伸して取引を終えた。ポンドが下落し 、輸出銘柄が買われた。 英国の欧州連合(EU)からの離脱を巡り、英議会は代替案の是非を問う採決を実施 したが、全4案が否決された。打開策を見出すためにメイ英首相が閣僚会議を進める中、 EUは合意なき離脱となる可能性があると警告した。 英国のEU離脱を巡る不安からポンドが下落し、金融大手HSBCや保険最 大手プルーデンシャル、たばこの...

米航空当局、ボーイング737MAXの運航停止せず EUは停止

エチオピア航空が運航する米ボーイング<BA.N>の最新鋭旅客機「737MAX8」の墜落事故を受けて同型機の運航停止が各国の間に広がるなか、米連邦航空局(FAA)は12日、米国内では運航を停止しない方針を示した。

焦点:737MAX墜落、運航停止が航空会社に「歓迎」される訳

エチオピア航空が運航する米ボーイング<BA.N>の新小型旅客機「737MAX8」の墜落事故を受け、複数の国が同型機の運航を停止するなど、世界の航空業界に衝撃が走っている。

UPDATE 3-EU、ボーイング737MAX運航停止 米にも圧力強まる

欧州航空安全機関(EASA)は12日、エチオピア航空が運航する米ボーイングの最新鋭旅客機「737MAX8」の墜落事故を受け、欧州連合(EU)域内における737MAX8型機および同9型機の運航を一時停止すると発表した。

ボーイング737MAX、独英仏も運航停止

エチオピア航空が運航する米ボーイング<BA.N>の最新鋭旅客機「737MAX」の墜落事故を受け、12日はオーストラリア、シンガポール、マレーシア、オマーンなどに続き、独英仏を含む欧州の主要国も同型機の運航を停止した。

オーストラリア、ボーイング737MAXの運航を一時停止

オーストラリアの民間航空安全当局は、同国を発着する米ボーイングの最新鋭旅客機「737MAX」の運航を停止した。同型機を巡っては、インドネシアとエチオピアで墜落事故が発生している。

中国、国内航空各社にボーイング737MAXの運航停止を命令

[アジスアベバ /北京 11日 ロイター] - 中国民用航空局(CAAC)は11日、国内航空会社に対し、旅客機「ボーイング737MAX」の商業運航を現地時間午後6時(1000GMT、日本時間午後7時)までに停止するよう命じたと発表した。

インド・パキスタン便、航空各社が運航停止 緊張激化受け

インドとパキスタンの緊張が高まる中、エミレーツ航空やカタール航空など航空各社は27日、両国行きの運航を停止した。

東南アジア株式・引け=大半が下落

東南アジア株式市場は大半が下落。アジア市場全般に追随した。市場では米中貿易協議が妥結するかを見極めたいとのムードが広がった。

東南アジア株式・引け=大半が下落、ホーチミンは上昇

東南アジア株式市場は、大半が下落。クアラルンプール市場が下落率が最大で、前日まで9営業日続伸していたバンコク市場は反落した。米国が華為技術(ファーウェイ)を起訴したため、米中貿易摩擦をめぐる懸念が高まった。

東南アジア株式・引け=上昇、シンガポール1.3%高

シンガポールが東南アジア市場で最大の上昇率を記録し、1.3%高で引けた。上昇率は2日以来の大きさ。この日発表された同国の製造業生産が市場予想を上回ったことが好感された。10月の同国製造業生産は前年同月比4.3%増と、ロイター通信調査の市場予想(2.3%増)を大幅に上回った。

東南アジア株式・中盤=大半が下落、ジャカルタ上昇

中盤の東南アジア株式市場は、くすぶる米中貿易摩擦によって投資家のリスク選好が後退し、大半が下落。ジャカルタ市場は好調な企業業績が好感されて上昇した。

東南アジア株式・引け=大半が上昇、マレーシアは1カ月ぶり高値

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.21%高の3239.64で終了。シンガポール航空は3.6%高、メディア大手シンガポール・プレス・ホールディングス(SPH)は終値ベースで1年ぶり高値を付けた。

東南アジア株式・中盤=マレーシアが4日続落

24日中盤の東南アジア株式市場では、クアラルンプールの株価が4営業日続落した。マレーシア前政権関連の汚職捜査の拡大、資本流出継続で投資家心理が悪化した。一方、ジャカルタは3営業日連続で上伸した。

コラム:中国航空各社、国際線「価格競争」へテイクオフ

中国の航空各社は、ごう音をとどろかせようとしている。航空会社に国内線の料金設定の自由化をすでに認めている中国当局だが、今度は海外への長距離フライトで競争を認めることになる。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up