for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Singapore Airlines Ltd.

SIAL.SI

現在値

5.49SGD

変化

-0.07(-1.26%)

出来高

5,057,700

本日のレンジ

5.46

 - 

5.51

52週レンジ

4.81

 - 

5.59

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
5.56
始値
5.48
出来高
5,057,700
3か月平均出来高
91.94
高値
5.51
安値
5.46
52週高値
5.59
52週安値
4.81
発行済株式数
2,970.58
時価総額
16,555.14
予想PER
11.50
配当利回り
--

次のエベント

Dividend For SIAL.SI - 0.1000 SGD

適時開示

その他

Singapore Airlines Says Thai And Co Sign New Strategic Partnership MoU

Singapore Airlines Announces Proposed Merger Of Air India Limited And Tata Sia Airlines

Singapore Airlines Says It Will Ramp Up East And South East Asia Network

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Singapore Airlines Ltd.とは

シンガポール・エアライン(Singapore Airlines Ltd)は、旅客と貨物の航空輸送を行うシンガポールの会社である。【事業内容】4つの事業セグメントを通じて運営する。シンガポール航空セグメントは、「シンガポール航空」ブランドの下で旅客および貨物航空輸送を提供し、短距離と長距離市場にサービスを提供するフルサービスの旅客セグメントである。シルクエアーセグメントは、「シルクエアー」ブランドで旅客航空輸送を提供し、地域市場にサービスを提供するフルサービスの旅客セグメントである。バジェット航空セグメントは、「スクート」ブランドの下で旅客航空輸送を提供する低コストの旅客セグメントである。SIAECセグメントは、機体のメンテナンスとオーバーホールサービス、ラインのメンテナンス、技術的な地上処理サービス、艦隊管理を提供する。また、航空機のキャビン機器を製造し、航空機のギャレーを改修し、技術的および非技術的な取り扱いサービスを提供する。

業種

Airline

連絡先

25 Airline Road, Airline House

819829

Singapore

+65.6.5415314

https://www.singaporeair.com/en_UK/hk/home#/book/bookflight

エグゼクティブリーダーシップ

Lim Huat Seah

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Choon Phong Goh

Chief Executive Officer, Non-Independent Executive Director

Kai Ping Tan

Executive Vice President Finance & Strategy and Chief Financial Officer

Lik Hsin Lee

Executive Vice President - Commercial

Swee Wah Mak

Executive Vice President - Operations

統計

2.91 mean rating - 11 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, SGD)

2020

16.0K

2021

3.8K

2022

7.6K

2023(E)

16.6K
EPS (SGD)

2020

-0.179

2021

-0.624

2022

-0.152

2023(E)

0.484
株価売上高倍率(過去12カ月)
20.60
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.25
株価純資産倍率(四半期)
0.71
株価キャッシュフロー倍率
5.81
総負債/総資本(四半期)
68.04
長期負債/資本(四半期)
58.20
投資利益率(過去12カ月)
2.09
自己資本利益率(過去12カ月)
1.70

最新ニュース

最新ニュース

中国航空ショー開幕、国産旅客機やステルス戦闘機がデモ飛行

[北京 8日 ロイター] - 中国最大の航空ショー「中国国際航空宇宙博覧会(珠海航空ショー)」が8日、広東省珠海市で開幕した。中国商用飛機(COMAC)の新たな国産旅客機「C919」が初めてデモ飛行を披露した。

台湾周辺の中国軍演習、航空各社が欠航や迂回で対応

[ソウル 5日 ロイター] - ペロシ米下院議長の訪台を受けて中国が台湾周辺で軍事演習を行う中、航空会社の間では台北便を欠航したり、民間機の飛行が規制された空域を迂回(うかい)したりする動きが出ている。

エクソン、チャンギ空港にサステナブル航空燃料を初納入

米石油大手エクソンモービルは7日、シンガポールのチャンギ空港にサステナブル航空燃料(SAF)を初めて納入したと明らかにした。

香港キャセイ航空、航空機稼働増へ準備進める=CEO

香港のキャセイ・パシフィック航空のオーガスタス・タン最高経営責任者(CEO)は、新型コロナウイルス関連規制の緩和に合わせて航空機の稼働を増やす準備を進めていると述べ、香港のハブ空港としての地位回復を目指す考えを示した。

東南アジア株式・中盤=大半が上昇、シンガポールは規制緩和で旅行・運輸株主導

中盤の東南アジア株式市場は大半が上昇している。 シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は4週間ぶり高値。シンガ ポール政府が、新型コロナウイルスのワクチン接種を完了した入国者を対象に、コロナ規 制の一段の緩和を決めたことを受けて、旅行・運輸関連銘柄がSTIの上昇を主導した。 シンガポール航空、陸上交通大手コンフォートデルグロ、リゾー トやカジノの開発・運営大手ゲンティン・シンガポールなどが高い。 マニラ市場の主要株価指数PSEiも上昇。フィリピン中央銀行はきょう予定されて いる金融政策会合で政策金利を据え置くと広く予想されている...

香港キャセイ航空、ロシア上空避けて運航

香港のキャセイ・パシフィック航空は17日、現在ロシア上空を飛行していないと明らかにした。ロシアのウクライナ軍事侵攻開始後、アジアの航空会社の間では、時間が余計にかかるものの欧州便などがロシア上空を迂回する措置が取られている。

JALとANA、米国便の通常運航再開 5G電波の影響巡り一時混乱

日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)は19日、米国内の新たな第5世代(5G)移動通信サービスによる影響を懸念して欠航にした一部の米国便の運航を20日から再開すると発表した。

JALとANA、米国便の運航再開 5G問題で安全性を確認

日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)は19日、米国便の運航を20日から再開すると発表した。米国での第5世代(5G)移動通信の新サービス開始を前に、通信電波が運航の安全性に与える影響への懸念から一部の便を欠航すると発表していた。

シンガポール、隔離なし入国のチケット販売凍結 23日から4週間

シンガポール政府は22日、隔離なしでの往来プログラムについて、旅客機とバスの到着便のチケット販売を12月23日から1月20日まで4週間凍結すると発表した。急速に広がっている新型コロナウイルス変異株「オミクロン株」を巡るリスクが理由。

航空業界の黒字回復の期待、オミクロン株で後退か

航空会社や空港運営会社の幹部によると、新型コロナのオミクロン変異株の報告であっという間に矢継ぎ早に導入された新たな渡航規制が、国際線の始まったばかりの回復を押し戻している。ウイルス検査の新規則や入国禁止措置が相次ぎ、重要なクリスマスの旅行シーズンを前に業界の懸念は増大。国際線の需要は、航空各社がコロナ禍の直撃を受けた昨年の大幅赤字から黒字に回帰する上で極めて重要なためだ。

オミクロン株、航空業界の回復に打撃 1年ずれ込むとの見方も

新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」が各国に広がっていることを受けて、航空会社は影響を抑制するために奔走している。一方、予約の延期により脆弱な旅行業界の回復が脅かされている。

東南アジア株式・中盤=まちまち

東南アジア株式市場の株価はまちまち。 マレーシアの7─9月期の実質GDP(国内総生産)伸び率は予想を下回ったものの 、材料視されていない。 みずほ銀行のアナリストは顧客向けメモで「10月に海外旅行と国内旅行の再開が認 められるのに伴い、レストランやその他の国内サービスも再開し、10─12月期には景 気は回復を見せるだろう」と指摘した。 シンガポール市場は陸上交通大手コンフォートデルグロが、オーストラリ ア子会社の新規株式公開(IPO)を中断したことが嫌気され、2日連続で下げ幅が最大 となった。 シンガポール航空は1.7%安。7─9月期の...

シンガポール、接種者の入国時隔離免除で対象国を拡大

シンガポールは9日、新型コロナウイルスワクチン接種完了者には入国時の隔離義務を免除する制度の対象国を広げると発表した。同国はコロナと共生するニューノーマル(新常態)を目指しており、国際航空ハブとしての地位の再構築を狙う。

アジア太平洋航空協会、2050年までのCO2排出実質ゼロを表明

アジア太平洋航空協会(AAPA)は13日、加盟企業が二酸化炭素(CO2)の排出を2050年までに実質ゼロにする方針を示したと表明した。

アジアの航空会社、乗務員らにワクチン普及 接種率ほぼ100%も

アジアの航空会社では、新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)に伴い導入されている厳しい国境管理の緩和が待たれる中、操縦士や乗務員の間で高いワクチン接種率が報告されている。

香港キャセイ航空、21年下期のキャッシュバーン減少見込む

香港のキャセイ・パシフィック航空は、2021年下期にキャッシュバーン(現金燃焼)が1カ月当たり10億香港ドル(1億2884万米ドル)未満に減少すると予想している。レベッカ・シャープ最高財務責任者(CFO)が25日のアナリスト向け説明会で明らかにした内容が26日夜に公表された。

東南アジア株式・中盤=まちまち、シンガポールが下げる

16日中盤の東南アジア株式市場の株価 はまちまち。前日上昇したシンガポール市場が下落に転じた。 下落が目立ったのは、シンガポール航空(2%安)とキ ャピタランド・インテグレーテッド・コマーシャル・トラスト<CMLT.SI >(1.9%安)、政府系複合企業セムコープ・インダストリーズ(1 .8%安)。 時間 現在値 前日比 % シンガポー ST指数 13:30 3152.74 -22.13 -0.70 ル 前営業日終値 3174.87 マレーシア 総合株価指数 <.KLSE 13:30 1582.78 +1.41 +0.09 > 前営業日終値...

シンガポール、厳格なコロナ制限措置導入 株価下落

シンガポール政府は14日、昨年のロックダウン(都市封鎖)緩和以降で最も厳格な新型コロナウイルス対策を発表した。

シンガポール、厳格なコロナ制限措置導入 株価下落

シンガポール政府は14日、昨年のロックダウン(都市封鎖)緩和以降で最も厳格な新型コロナウイルス対策を発表した。

訂正:オーストラリア、ボーイング737MAXの運航停止を解除

オーストラリアの航空規制当局は26日、同国を発着する米ボーイングの737MAXの運航停止解除を発表した。アジア太平洋地域で第1陣(訂正)となる。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up