for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Siemens AG

SIEGn.DE

現在値

116.66EUR

変化

2.78(+2.44%)

出来高

1,030,238

本日のレンジ

113.90

 - 

117.02

52週レンジ

58.77

 - 

119.90

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
113.88
始値
114.00
出来高
1,030,238
3か月平均出来高
49.95
高値
117.02
安値
113.90
52週高値
119.90
52週安値
58.77
発行済株式数
812.77
時価総額
96,798.00
予想PER
22.26
配当利回り
3.42

次のエベント

Siemens AG Capital Markets Day Siemens Energy

適時開示

その他

Knorr Bremse Wins Order For Siemens Mobility

Siemens Says Siemens Mobility To Provide CBTC Signaling For Buenos Aires Metro Line

Deutsche Bahn, Siemens Confirm German Rail Operator Buying 30 Trains For 1 Bln Eur

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Siemens AGとは

シーメンス(Siemens AG)は電化、自動化、デジタル化の分野にある活動を行うドイツを拠点とする技術会社である。【事業内容】また発電と送電用システムと医療診断の供給会社である電力とガス、風力と再生可能エネルギー、エネルギー管理、建築技術、モビリティ、デジタル・ファクトリー、プロセス産業とドライブ、保健師、金融サービスという9つの事業区分により構成される製品グループはオートメーション、建築技術、運転技術、医療、モビリティ、エネルギー、資金調達、消費者製品とサービスを含むサービスは産業サービス、エネルギー・サービス、医療サービス、鉄道・道路ソリューション・サービス、物流・空港ソリューションサービス、家電製品サービス、建築技術サービスを含む。市場ソリューションは航空宇宙、自動車、データ・センター、繊維産業、食品・飲料、機械とプラント建設等の市場を含む。

業種

Misc. Capital Goods

連絡先

Werner-von-Siemens-Strasse 1

80333

Germany

+49.89.63600

https://www.siemens.com/global/de/

エグゼクティブリーダーシップ

Jim Hagemann Snabe

Independent Chairman of the Supervisory Board - Shareholder Representative

Joe Kaeser

Chairman of the Management Board, President, Chief Executive Officer

Roland Busch

Deputy Chief Executive Officer, Labor Director, Member of the Management Board

Birgit Steinborn

Independent First Deputy Chairwoman of the Supervisory Board, Employee Representative

Werner Wenning

Independent Second Deputy Chairman of the Supervisory Board - Shareholder Representative

統計

1.96 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2017

83.0K

2018

83.0K

2019

86.8K

2020(E)

56.8K
EPS (EUR)

2017

7.230

2018

6.860

2019

6.320

2020(E)

5.149
株価売上高倍率(過去12カ月)
20.63
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.46
株価純資産倍率(四半期)
2.11
株価キャッシュフロー倍率
11.75
総負債/総資本(四半期)
105.10
長期負債/資本(四半期)
92.65
投資利益率(過去12カ月)
5.05
自己資本利益率(過去12カ月)
3.12

最新ニュース

最新ニュース

欧州市場サマリー(6日)

ジェンリック英住宅相は、住宅市場が持ち直している兆しがある中でも今年の住宅着 工件数が最大40%落ち込む可能性があると述べた。住宅建設のパーシモンとバ ラット・デベロップメンツ、テイラー・ウィンペイは3.7─4.3%下 落した。 一方、保険会社アビバは4.6%高。アジアと欧州事業を縮小する計画が好感 された。上半期の営業利益は23%減少した。 ロンドン株式市場: <欧州株式市場> 反落して取引を終えた。配当を停止したスイスの商品取引・資源 大手グレンコアが売られたほか、石油株も値を下げた。市場は米国の新型コロナ ウイルスの追加支援策を注視...

欧州株式市場=反落、グレンコアや石油株売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 362.49 -2.67 -0.73 365.16 種 FTSEユーロファー 1406.21 -10.84 -0.76 1417.05 スト300種 ユーロSTOXX50 3240.39 -27.99 -0.86 3268.38 <.STOXX50 種 E> 欧州株式市場は反落して取引を終えた。配当を停止したスイスの商品取引・資源大手 グレンコアが売られたほか、石油株も値を下げた。市場は米国の新型コロナウイ ルスの追加支援策を注視している。 STOXX欧州600...

東京外為市場・15時=ドル106円付近、円安伸びず

        ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円  午後3時現在 106.06/08 1.1765/69 124.80/84  午前9時現在 106.02/04 1.1759/63 124.68/72  NY午後5時 105.94/97 1.1761/65 124.64/68 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅高の106円 付近。前週末から強まった買い戻しは一服となり、主要通貨はもみあいが続いた。 ドルは106円前半で一進一退。株高を背景に一時106.19円まで上昇する場面 もあったが「前日東京市場...

〔マーケットアイ〕外為:正午のドルは106円前半、リスク選好の円売りは続かず

正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点(105.94/97円)に比べ、若干ドル高/円安の106.09/11円。

〔マーケットアイ〕外為:ドル106円前半、7月31日のドル/円出来高が4カ月ぶり高水準

一時106.19円まで上昇したが、「前日は東京で106.44円、海外で106.47円と2度上値が抑えられ106円半ばを上抜けできなかった経緯もあり、上値追い機運は盛り上がっていない」(金融機関)という。

〔マーケットアイ〕外為:ドル106円前半、マネタリーベースは4カ月連続で過去最高

ユーロは1.1753ドル付近。前日の海外市場で一時1.1695ドルまで下落したが、その後は切り返して、右肩上がりで上昇し、ユーロ/ドルでのユーロ反発/ドル反落が、ドル/円の上値を抑えた。

〔マーケットアイ〕外為:ユーロ1.17ドル半ば、独シーメンズが米治療機器メーカーを買収へ

シーメンス・ヘルシニアーズは2日、放射線治療機器大手の米バリアン・メディカル・システムズを164億ドルで買収すると発表した。

独シーメンス・ヘルシニアーズ、放射線治療機器の米バリアン買収

独シーメンス<SIEGn.DE>の医療機器部門、シーメンス・ヘルシニアーズは2日、放射線治療機器大手の米バリアン・メディカル・システムズを164億ドルで買収すると発表した。がん治療分野でトップの地位確立を狙う。

シーメンスとセールスフォース、コロナ対策製品で連携 職場復帰支援

独総合電機大手シーメンス<SIEGn.DE>と米顧客管理ソフト大手セールスフォース・ドットコム<CRM.N>は23日、企業が新型コロナウイルスの感染拡大を抑制しながら従業員を復職させることを支援する製品で連携すると発表した。

EU欧州委、加盟国にリチウム規格作りへの積極関与を呼び掛け

欧州連合(EU)のティエリー・ブルトン欧州委員(域内市場担当)は加盟各国の政府に対し、電気自動車(EV)用電池などの材料であるリチウムの国際規格作りに積極的に関与するよう訴え、主導権確保に動く中国への警戒を促した。

アングル:ドイツが選んだ対コロナ国際協調、米の内向き姿勢と一線

昨年9月、中国・武漢市内を移動していたドイツのメルケル首相は、揚子江(長江)にかかる橋に差し掛かったところで車列を止めさせた。メルケル氏はそこで、革命の指導者・毛沢東が人民に向けて披露したパフォーマンスの話を聞きたかった。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(20日現在)

世界貿易機関(WTO)は20日、財貿易(モノの貿易)に関する指数が2016年7月の算出開始以来で最低となったと発表、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で2020年前半の世界貿易は大幅に減少する可能性があると指摘した。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(8日現在)

複数の関係筋によると、新型コロナウイルスの発生源を調べる「独立調査」を求めているオーストラリア政府が、米国の対応に困惑している。

新型コロナで株急落の独企業への買収阻止へ、閣僚らが対策主張

ドイツの有力議員2人が20日、新型コロナウイルスの影響で企業価値が大きく損なわれている国内企業を外国企業による買収から防衛する意向を示した。

仏アルストム、加ボンバルディア鉄道事業買収で合意 最大67億ドル

仏鉄道車両大手アルストム<ALSO.PA>は17日、カナダのボンバルディアの鉄道事業を最大62億ユーロ(67億ドル)で買収することで合意した。世界第2位の鉄道車両メーカーが誕生し、アルストムは中国国有の中国中車(CRRC)<601766.SS>との競争をこれまでより有利に進められるとみられる。

アルストム、ボンバルディア鉄道事業買収で協議 70億ドル規模か

仏鉄道車両大手アルストムは17日、カナダのボンバルディアの鉄道事業を買収する可能性について協議を進めていることを確認した。買収額は企業価値ベースで70億ドルとなる可能性がある。

加ボンバルディア、鉄道事業統合へ日立や仏アルストムに接触か

カナダの重工大手ボンバルディアが鉄道事業の統合に向け、日立製作所や仏アルストムに接触したことが、複数の関係者の証言で明らかになった。

世界の鉄道産業、「今後数年」で統合が起きる=仏経財相

フランスのルメール経済・財務相は23日、世界の鉄道産業の統合が「今後数年」で起きるだろうと述べた。

コラム:欧州企業、大型域外M&Aを積極展開へ 手本は日本勢

欧州企業は、日本企業による大規模な海外M&A(合併・買収)ラッシュを踏襲する態勢を整えつつある。日本勢は国内市場の縮小と超低金利を背景に、企業買収でかつてないほど大きな案件を追い求めている。日本と同じ課題を抱える欧州連合(EU)の企業もこれに追随する構えで、ドイツのシーメンス<SIEGn.DE>、イタリアのENI<ENI.MI>のほか、銀行のBNPパリバ<BNPP.PA>やING<INGA.AS>などが年明けとともに高成長市場に積極的に踏み込もうとしている。

焦点:ドイツの対中輸出に陰り、「蜜月」見直す声も

過去30年間、欧州最大の経済大国であるドイツにとって、自国製の自動車、機械、エンジニアリングツールに対する中国の旺盛な需要は、成長の安定した原動力として、歴代のドイツ政権もその恩恵をありがたく享受してきた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up