for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Siemens AG

SIEGn.DE

現在値

107.80EUR

変化

1.14(+1.07%)

出来高

745,500

本日のレンジ

106.42

 - 

107.84

52週レンジ

84.42

 - 

119.90

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
106.66
始値
106.64
出来高
745,500
3か月平均出来高
41.12
高値
107.84
安値
106.42
52週高値
119.90
52週安値
84.42
発行済株式数
812.77
時価総額
90,661.00
予想PER
--
配当利回り
3.66

次のエベント

Siemens AG at Bank of America Merrill Lynch Global Industrial Conference

適時開示

その他

Siemens Wins Deutsche Bahn Order For 18 Trainsets

Alstom Signs Contract For About 100 Million Euros

Siemens CEO Kaeser expects stabilisation in shortcycle during H2

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Siemens AGとは

シーメンス(Siemens AG)は電化、自動化、デジタル化の分野にある活動に従事するドイツを拠点とする技術会社である。【事業内容】同社はまた発電と送電用システムと医療診断の供給会社である。同社は電力とガス、風力と再生可能エネルギー、エネルギー管理、建築技術、モビリティ、デジタル・ファクトリー、プロセス産業とドライブ、保健師、金融サービスという9つの事業区分により構成される。同社の製品グループはオートメーション、建築技術、運転技術、医療、モビリティ、エネルギー、資金調達、消費者製品とサービスを含む。同社のサービスは産業サービス、エネルギー・サービス、医療サービス、鉄道・道路ソリューション・サービス、物流・空港ソリューションサービス、家電製品サービス、建築技術サービスを含む。市場ソリューションは航空宇宙、自動車、データ・センター、繊維産業、食品・飲料、機械とプラント建設等の市場を含む。

連絡先

Werner-von-Siemens-Strasse 1

+49.89.63600

https://www.siemens.com/global/de/

エグゼクティブリーダーシップ

Jim Hagemann Snabe

Independent Chairman of the Supervisory Board - Shareholder Representative

Joe Kaeser

Chairman of the Management Board, President, Chief Executive Officer

Roland Busch

Deputy Chief Executive Officer, Labor Director, Member of the Management Board

Birgit Steinborn

Independent First Deputy Chairwoman of the Supervisory Board, Employee Representative

Werner Wenning

Independent Second Deputy Chairman of the Supervisory Board - Shareholder Representative

統計

2.04 mean rating - 26 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2017

83.0K

2018

83.0K

2019

86.8K

2020(E)

89.4K
EPS (EUR)

2017

7.230

2018

6.860

2019

6.320

2020(E)

6.911
株価売上高倍率(過去12カ月)
16.67
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.04
株価純資産倍率(四半期)
1.76
株価キャッシュフロー倍率
9.70
総負債/総資本(四半期)
81.40
長期負債/資本(四半期)
67.69
投資利益率(過去12カ月)
5.93
自己資本利益率(過去12カ月)
3.80

最新ニュース

最新ニュース

アルストム、ボンバルディア鉄道事業買収で協議 70億ドル規模か

仏鉄道車両大手アルストム<ALSO.PA>は17日、カナダのボンバルディアの鉄道事業を買収する可能性について協議を進めていることを確認した。買収額は企業価値ベースで70億ドルとなる可能性がある。

加ボンバルディア、鉄道事業統合へ日立や仏アルストムに接触か

カナダの重工大手ボンバルディアが鉄道事業の統合に向け、日立製作所や仏アルストムに接触したことが、複数の関係者の証言で明らかになった。

世界の鉄道産業、「今後数年」で統合が起きる=仏経財相

フランスのルメール経済・財務相は23日、世界の鉄道産業の統合が「今後数年」で起きるだろうと述べた。

コラム:欧州企業、大型域外M&Aを積極展開へ 手本は日本勢

欧州企業は、日本企業による大規模な海外M&A(合併・買収)ラッシュを踏襲する態勢を整えつつある。日本勢は国内市場の縮小と超低金利を背景に、企業買収でかつてないほど大きな案件を追い求めている。日本と同じ課題を抱える欧州連合(EU)の企業もこれに追随する構えで、ドイツのシーメンス<SIEGn.DE>、イタリアのENI<ENI.MI>のほか、銀行のBNPパリバ<BNPP.PA>やING<INGA.AS>などが年明けとともに高成長市場に積極的に踏み込もうとしている。

焦点:ドイツの対中輸出に陰り、「蜜月」見直す声も

過去30年間、欧州最大の経済大国であるドイツにとって、自国製の自動車、機械、エンジニアリングツールに対する中国の旺盛な需要は、成長の安定した原動力として、歴代のドイツ政権もその恩恵をありがたく享受してきた。

欧州市場サマリー(7日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。米中通商 協議への期待から鉱業株やアジアへのエクスポージャーが高い銀行株が買われた。英中銀 イングランド銀行(BOE)の政策決定会合で2人の委員が利下げを主張したことや好決 算が材料視され、中型株の値上がりが目立った。 米中は互いに発動している追加関税を段階的に撤廃していくことで合意した。 英中銀の政策決定会合では2人の委員が利下げに票を投じた一方、カーニー総裁を含 むその他の委員は、世界経済や英国の欧州連合(EU)離脱を巡るリスクが軽減されなか った場合は利下げを検討すると述べた。 中型株で...

欧州株式市場=5営業日続伸、米中通商協議進展の兆しで

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 406.56 +1.49 +0.37 405.07 種 FTSEユーロファー 1593.29 +4.55 +0.29 1588.74 スト300種 ユーロSTOXX50 3706.68 +17.94 +0.49 3688.74 <.STOXX50 種 E> 欧州株式市場は5営業日続伸し、4年超ぶりの高値で取引を終えた。米中通商協議が 進展している兆しから買い意欲が強まった。好決算も買い材料だった。 中国商務省は、米中が互いに発動している追加関税を段階的に撤廃していく...

独シーメンス、2020年に厳しい見通し 7─9月決算は好調

ドイツの総合電機大手シーメンス<SIEGn.DE>が発表した第4・四半期(2019年7─9月)決算は、産業部門の営業利益がアナリスト予想を上回るなど好調な内容だった。しかし、ジョー・ケーザー最高経営責任者(CEO)は「2019年度に世界経済の減速が明らかに加速した」と指摘し、地政学や経済面のリスクを挙げてマクロ経済環境は来年もさえない状況が続くと予想した。

焦点:サウジ投資会議、人権問題やアラムコ上場遅れで存在感低下

サウジアラビアの首都リヤドで来週29─31日に、年次投資会議「フューチャー・インベストメント・イニシアチブ(FII)」が開催される。

欧州株式市場=反落、ヘキサゴンの軟調な見通しで

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業 コード 日終値 STOXX欧州6 390.11 -2.83 -0.72 392.94 00種 FTSEユーロフ 1536.01 -10.63 -0.69 1546.64 ァースト300種 DJユーロSTO 3527.98 -16.17 -0.46 3544.15 XX50種 欧州株式市場は反落して取引を終えた。米雇用統計を受け米連邦準 備理事会(FRB)の利上げ期待が後退したほか、工業技術のヘキサゴ ンによる軟調な業績見通しや市場予想を下回るドイツ指標が売り材料と なった。 欧州株は前日、主要な中銀...

焦点:「電気飛行機」市場が静かに離陸、行く手を覆う厚い雲

動力が完全に電動化された近距離移動用の電気飛行機、欧州航空機大手エアバス<AIR.PA>のハイブリッド小型機が、今年のパリ国際航空ショーをにぎわせている。

ハンガリー、ファーウェイを脅威と見なす根拠ない=閣僚

が安全保障上の脅威であることを示す証拠は得ていないと述べ、同社を他社と同様に扱う考えを示した。

焦点:仏「介入主義的」政策の限界、FCA統合撤回で露呈

欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCHA.MI>と仏ルノー<RENA.PA>の統合案が突然撤回されたことで、図らずもフランス政府の介入主義的な産業政策の限界があらわになった。こうした政策は常に、政治的な要求と冷厳な経済合理性をうまく釣り合わせるのが難しい。

米SEC、GEなど3社を調査 医療機器販売巡る贈収賄の疑い

米証券取引委員会(SEC)が米ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>を含む3社について、医療機器の販売を巡り中国政府当局者と病院関係者に対する賄賂を仲介者を通して調整したとの疑いで調査していることが、複数の米国の関係筋の話で明らかになった。

焦点:好況ベトナムで電力ブーム、石炭産業の「希望の星」に

ベトナムは目下、エネルギー関連投資家の熱い視線を浴びている。電力需要拡大に対応するため、今後10年間のエネルギー関連支出が最大1500億ドル(約16兆4000億円)に達すると見られているためだ。

欧州市場サマリー(8日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。米中が通商協議で合意するとの期待 が相場を押し上げた。 米国は8日、中国が通商協議で合意を望む意向を示してきたと述べた。 ただ投資家は慎重な姿勢を保っている。米国は、中国が協議過程で合意した内容を撤 回したとし、2000億ドル相当の中国製品に対する関税を10日から引き上げると表明 。中国商務省は、米国が実際に引き上げれば対抗措置を取るとした。 たばこ大手インペリアル・ブランズは6.3%下落し、約5年半ぶりの安値 。電子タバコの売り上げが市場予想を下回ったことが嫌気された。 民放大手のITVは6...

欧州株式市場=反発、米中貿易摩擦懸念が後退

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 382.23 +0.59 +0.15 381.64 FTSEユーロファース 1502.56 +3.23 +0.22 1499.33 ト300種 DJユーロSTOXX5 3417.26 +16.10 +0.47 3401.16 <.STOXX50E 0種 > 欧州株式市場は反発して取引を終えた。米中貿易摩擦への懸念が後退し、相場を押し 上げた。好決算を発表したドイツ銘柄も値を上げた。 米国はこの日、中国が通商協議で合意を望む意向を示してきたと述べた。 ドイツの...

独仏、欧州のEV電池生産に共同投資へ 最大60億ユーロ

フランスとドイツは2日、欧州での電気自動車(EV)向け電池の開発に共同で投資すると発表した。この分野で先行する米国や中国に対抗する。

コラム:「ゼロサム思考」はなぜ世界成長を脅かすのか

ワシントンで今月開かれた世界銀行と国際通貨基金(IMF)の春季会合では、国際協調の必要性が叫ばれたが、実際には勝ち組の数だけ負け組が出るという「ゼロサム思考」が幅を利かせていた。

独シーメンス、中国国家電力投資と提携 タービン事業立て直しへ

独総合電気のシーメンス<SIEGn.DE>は26日、中国国有の国家電力投資集団公司(SPIC)と戦略提携で合意した。提携により、シーメンスは業績不振のガスタービン事業の立て直しを図る。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up