for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シーメンス

SIEGn.DE

現在値

114.12EUR

変化

-0.08(-0.07%)

出来高

107,051

本日のレンジ

114.12

 - 

115.36

52週レンジ

105.92

 - 

157.96

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
114.20
始値
115.36
出来高
107,051
3か月平均出来高
45.99
高値
115.36
安値
114.12
52週高値
157.96
52週安値
105.92
発行済株式数
802.36
時価総額
99,195.00
予想PER
14.02
配当利回り
3.43

次のエベント

Siemens AG at JPMorgan European Capital Goods Conference

適時開示

その他

Orange Business Services Delivers Flexible SD-Wan To Siemens

Siemens Exec To Resign From Atos' Board, Partnership Remains In Force

Siemens Receives Order From Romania

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シーメンスとは

シーメンス(Siemens AG)はドイツを拠点とするテクノロジー企業で、産業、インフラ、交通、ヘルスケアに重点を置く。【事業内容】以下のセグメントを通じて事業を展開する。デジタルインダストリー事業は、ディスクリートおよびプロセス産業で使用されるオートメーションのための製品およびシステムソリューションを提供する。スマートインフラ事業は、エネルギーシステムおよび建築技術の供給および接続を行う。モビリティ事業は、旅客および貨物輸送分野のすべての事業を統合する。ヘルスケア事業は、ヘルスケア産業に技術を供給、画像診断およびラボ診断に従事する。金融サービス(SFS)事業は、はリースソリューション、債権および株式投資の形で機器、プロジェクトおよびストラクチャードファイナンスを提供する。

業種

Misc. Capital Goods

連絡先

Werner-von-Siemens-Strasse 1

80333

Germany

+49.89.63600

https://www.siemens.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Jim Hagemann Snabe

Independent Chairman of the Supervisory Board - Shareholder Representative

Roland Busch

Chairman of the Management Board, President, Chief Executive Officer

Werner Brandt

Independent Second Deputy Chairman of the Supervisory Board - Shareholder Representative

Birgit Steinborn

Independent First Deputy Chairwoman of the Supervisory Board, Employee Representative

Ralf P. Thomas

Chief Financial Officer, Member of the Management Board

統計

1.90 mean rating - 30 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2019

86.8K

2020

57.1K

2021

62.3K

2022(E)

68.8K
EPS (EUR)

2019

6.320

2020

4.930

2021

7.590

2022(E)

8.324
株価売上高倍率(過去12カ月)
18.87
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.48
株価純資産倍率(四半期)
2.06
株価キャッシュフロー倍率
10.87
総負債/総資本(四半期)
113.65
長期負債/資本(四半期)
90.60
投資利益率(過去12カ月)
6.00
自己資本利益率(過去12カ月)
4.11

最新ニュース

最新ニュース

欧州株式市場=反落、ユーロ圏PMIで景気減速懸念強まる

欧州株式市場は反落して取引を終えた。 ユーロ圏の総合購買担当者景気指数(PMI)速報値が振るわず、景気 減速と金融引き締めによる悪影響への懸念が強まって売りが広がった。 5月にユーロ圏総合PMIは企業活動の伸びが減速し、原材料不足 によって製造業の成長が抑制されたことを示した。 一方、ドイツはインフレと供給問題で需要見通しは厳しいものの、 サービス業の回復で成長軌道を維持している。 INGのユーロ圏担当シニアエコノミスト、バート・コリン氏は「 ユーロ圏の経済には雲がかかっている」と指摘。「問題はサービス業が いつまで消費者から利益を得られるかだ...

欧州市場サマリー(23日)

中型株で構成するFTSE250種指数は1.56%高。中国が新型コロナウイルス対策として一部地域で実施しているロックダウン(都市封鎖)の解除を目指す計画や、ドル上昇の一服が追い風になってFTSE350種鉱業株指数、石油・ガス株指数はそれぞれ2.88%、2.31%上昇した。

欧州株式市場=続伸、ドイツ業況指数上昇や買収提案が支援

週明けの欧州株式市場は続伸して取引を 終えた。ドイツの業況指数が予想に反して上昇して欧州最大の経済国で あるドイツの景気の回復力を示したことや、風力タービン大手のシーメ ンス・ガメサが買収提案を受けて急伸したことが相場を支援した。 ドイツのDAX指数は1.38%上がった。 スペインの風力発電機大手シーメンス・ガメサ は6. 2%上昇。ドイツのシーメンス・エナジー が業績不振に陥 っているシーメンス・ガメサの未保有株式を40億5000万ユーロ( 43億ドル)で買い取って完全子会社化すると表明したのが材料視され た。シーメンス・エナジーの筆頭株主...

独シーメンス・エナジー、43億ドルでガメサ完全子会社化へ

独シーメンス・エナジーは21日、不振の風力タービン部門シーメンス・ガメサの未保有株式を40億5000万ユーロ(42億8000万ドル)で買収すると表明した。自社の株価を圧迫している複雑な所有構造の解消が狙い。

欧州市場サマリー(12日)

<ロンドン株式市場> 大幅反落して取引を終えた。英 国の3月の国内総生産(GDP)がマイナス成長となったことや、米国の高インフレ継続 を示す指標を受けて積極的な利上げへの懸念も強まり、景気後退を警戒した売り注文が広 がった。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.85%安。 石油大手のBP、シェルはそれぞれ4.7%、3.3%下落。需要減 少やリセッション(景気後退)への懸念を背景に商品価格が値下がりし、FTSE350 種鉱業株指数は3.87%下げた。 銀行株指数は1.96%安。スイスクオート銀行のシニアアナリスト 、イペック・オスカルデスカヤ...

欧州株式市場=反落、利上げの景気悪影響懸念が再燃

欧州株式市場は反落して取引を終えた。 景気変動に敏感な業種の下落が響いた。前日発表された米消費者物価指 数の上昇率が市場予想を上回り、米連邦準備理事会(FRB)による金 利上昇が経済成長に及ぼす悪影響懸念が再燃した。 STOXX欧州600種テクノロジー株指数が0.45% 、自動車・部品株指数が1.22%、資源株指数が2. 94%それぞれ下落した。 UBSグローバル・ウェルス・マネジメントのマーク・ヘーフェレ 最高投資責任者(CIO)は顧客向けのメモで「インフレのデータは今 後数カ月間にわたり、政策立案者と投資家の両方にとっての主要な関心...

シーメンス、ロシア市場撤退へ 1─3月期に6億ユーロの損失計上

独エンジニアリング・グループのシーメンスは12日、ウクライナ侵攻を理由にロシア市場から撤退すると発表した。第2・四半期(1─3月)に6億ユーロ(6億3018万ドル)の損失を計上した。

焦点:在宅勤務でCO2排出量は減るのか、算定方法も未確立

気候変動対策として二酸化炭素(CO2)排出量削減に率先して取り組んでいるハイテク企業や金融機関が、新たな課題を突きつけられている。それは、リモートワークから排出されるCO2にどう対処するかだ。

欧州市場サマリー(10日)

旅行・娯楽関連株指数は1.37%上昇。米国で新型コロナウイルスのパン デミック(世界的大流行)対策関連の規制が緩和されたことが追い風となった。 ドイツのエンジニアリング・グループのシーメンスは4.7%上昇。顧客 から「莫大な」受注を受けていると表明したことが好感された。 ヘルスケア指数は0.04%上昇とほぼ横ばい。英製薬大手のアストラゼネ カは3.4%上がり、22年の売上高増加を予測し、四半期の利益が予想を上回っ たことが材料視された。 欧州株式市場: <ユーロ圏債券> 域内国債利回りが上昇した。指標となるドイツ10年債利回り<D E10YT...

欧州株式市場=反落、テクノロジー銘柄下落が響く

欧州株式市場は反落して取引を終えた。 債券利回りの上昇や、フランスのアトスの決算が軟調だったのを嫌気し てテクノロジー部門の下落が響いた。ただ、シーメンスの好調な決算や 旅行・娯楽株の上昇が下支えしたため、下落幅は限られた。 この日発表された米国の1月の消費者物価指数が大きく上昇し、連 邦準備理事会(FRB)がタカ派的な姿勢をより強める可能性が高まっ たため、世界の国債利回りが上昇。STOXX欧州600種テクノロジ ー株指数は1.05%下げた。フランスのITコンサルティン グ会社アトス が4.5%下落し、2021年下半期に総額2 4億ユーロ...

シーメンス、10-12月工業部門利益が予想上回る 受注が急増

独エンジニアリング・グループのシーメンスが10日発表した第1・四半期(10─12月)決算は、工業部門の利益が予想を上回った。大量の受注を確保した。

独シーメンス・エナジー、10─12月期は赤字に転落 ガメサ不振で

独シーメンス・エナジーが9日発表した第1・四半期(2021年10─12月期)決算は、純損益が2億4000万ユーロ(2億7400万ドル)の赤字となった。主に風力タービン部門シーメンス・ガメサの不振が影響した。

ABB、第4四半期利益が予想上回る 供給制約が重しに

スイスの重電大手ABBが3日発表した第4・四半期決算は純利益が26億4000万ドルと、市場予想を上回った。需要が大幅に拡大した。ただ、供給網の混乱が重しとなった。

バイデン氏、大型歳出法案を企業首脳に訴え ホワイトハウスで26日会合

米ホワイトハウスは26日、自動車やハイテクを含む米主要企業の首脳を招き、バイデン大統領が看板政策に掲げる気候変動・社会保障関連歳出法案「ビルド・バック・ベター(よりよき再建)」を巡る会合を開催する。

ソフトバンクG出資のコヒシティ、米IPO申請 非公開で

ソフトバンクグループのビジョン・ファンドが出資するデータ管理ソフトウエア企業コヒシティは21日、米国で新規株式公開(IPO)の申請を非公開で行ったと発表した。

シーメンス、7─9月売上高・受注が予想上回る 供給網の混乱緩和へ

独エンジニアリング・グループのシーメンスが11日発表した第4・四半期(7─9月)決算は、売上高と受注が予想を上回った。

独株価指数DAX構成銘柄40に増、ポルシェやプーマなど新規採用

ドイツ取引所は3日、構成銘柄数を30から40に増やす主要株価指数DAXについて、自動車メーカーのポルシェとスポーツウェアメーカーのプーマを採用すると発表した。DAXの33年の歴史で最大の改革となる。

欧州市場サマリー(5日)

<ロンドン株式市場> 小幅反落して取引を終えた。イン グランド銀行(英中央銀行)が金融緩和策の「出口戦略」を明確にしたことで英ポンドが 上昇し、輸出銘柄の重しになった。 鉱業や生活必需品株が値下がりした。英中銀は、量的緩和で保有債を緩やかに減らす 新たな指針を発表。ポンドがドルに対して上昇し、その後は上げ幅を縮めた。英中銀はイ ンフレが目標の2%を大きく上回るとの見通しを示したが、インフレ高進は一時的だと強 調した。 AJベルの投資ディレクター、ラス・モールド氏は「中銀は物価上昇が一時的との見 方に執着しているが、一部のストラテジストは...

欧州株式市場=続伸、好決算で4日連続最高値

(表は本文の下に表示しています) [5日 ロイター] - 欧州株式市場は続伸して取引を終えた。S TOXX欧州600種は4日連続で過去最高値を更新。デンマークの製 薬会社ノボノルディスクやドイツの総合電機大手シーメンスの決算を好 感した。 ノボノルディスクは5.2%上昇。四半期決算で予想を 上回る利益を発表し、通期の業績見通しを引き上げた。利益予想を引き 上げたシーメンスは2.6%高だった。 一方、中国の需要鈍化への懸念から鉄鉱石やベースメタルの価格が 下がり、STOXX欧州600種資源株指数は2.63%下落 した。 小売株指数も0.47...

独シーメンスが戦略目標、デジタル技術活用し高成長実現へ

独エンジニアリング大手シーメンスは24日、中核のエンジニアリング事業でデジタル技術を活用し、市場全体を上回る高成長を実現するという目標を発表した。2月に就任したブッシュ最高経営責任者(CEO)の下で初の戦略計画となる。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up