for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シュルンベルジェ・リミテッド

SLB.N

現在値

34.33USD

変化

0.04(+0.12%)

出来高

441,516

本日のレンジ

34.23

 - 

34.70

52週レンジ

30.66

 - 

48.88

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
34.29
始値
34.49
出来高
441,516
3か月平均出来高
211.81
高値
34.70
安値
34.23
52週高値
48.88
52週安値
30.66
発行済株式数
1,385.00
時価総額
46,588.94
予想PER
--
配当利回り
5.94

次のエベント

Schlumberger NV at Credit Suisse Energy Summit

適時開示

その他

Schlumberger Reports Q4 Rev Of $8.2 Bln, Down 4% Sequentially

Schlumberger Plans To Set Science-Based Target To Reduce GHG Emissions

Schlumberger Says Stephane Biguet's Annual Base Salary Will Be $770,000 - SEC Filing

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シュルンベルジェ・リミテッドとは

シュルンベルジェ(Schlumberger N.V.)は油田とガス業界にリザーバの特性評価・掘削・生産・加工技術を提供する。【事業内容】同社は4つの事業を運営する。貯留層特性評価グループは、炭化水素資源の発見と定義に関わる主要技術を含む。掘削グループは、石油とガス井の掘削と位置付けに関わる主な技術で構成される。生産グループは、ウェル・サービス、補完、人工リフト、統合プロダクション・サービス(IPS)およびシュルンベルジェ・プロダクション・マネジメント(SPM)を含む石油とガスの貯水池のライフタイム生産に関わる主な技術で構成される。キャメロングループは、掘削と介入設備、石油とガス井及び生産設備の圧力と流量制御に関わる主要技術から構成される。

連絡先

5599 San Felipe St Fl 17

+1.713.5132000

https://www.slb.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Mark G. Papa

Non-Executive Chairman of the Board

Stephanie Cox

President - NAL Drilling

Olivier Le Peuch

Chief Executive Officer, Director

Stephane Biguet

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Khaled Al Mogharbel

President - Eastern Hemisphere

統計

2.13 mean rating - 32 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

30.4K

2018

32.8K

2019

32.9K

2020(E)

32.5K
EPS (USD)

2017

1.500

2018

1.620

2019

1.470

2020(E)

1.573
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.42
株価純資産倍率(四半期)
1.96
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
64.37
長期負債/資本(四半期)
62.16
投資利益率(過去12カ月)
-20.34
自己資本利益率(過去12カ月)
-15.94

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(17日)

<為替> ドルが上昇。対ユーロでは1週間ぶり高値を付けた。ここ数日発表の米経済指標が軒並み堅調な内容となったことを受け、景気減速が差し迫っているとの懸念が後退した。

米国株、主要3指数が最高値 米中指標好調で世界経済を楽観視

米国株式市場は、主要3指数がそろって終値ベースで過去最高値を更新した。住宅着工件数などの堅調な米経済指標に加え中国経済指標が底堅かったことで、世界的な経済成長が上向くとの期待が台頭したことが背景。中でもS&P総合500種は、アップル<AAPL.O>や通信半導体大手クアルコム<QCOM.O>などのハイテク株が上昇したことで押し上げられた。

米国株は下落、ボーイングとJ&Jが重し

米国株式市場は下落して終了した。企業決算はおおむね好調だったものの、中国の経済成長が鈍化したことに加え、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)<JNJ.N>とボーイング<BA.N>を巡るマイナスのニュースが出てきたことでリスク選好度が後退した。

NY市場サマリー(18日)

<為替> ドルが対ユーロで下落。英国と欧州連合(EU)が前日に新たな離脱協定案で合意し、英国の無秩序なEU離脱が回避される見通しになったことで、ユーロ圏が景気後退(リセッション)を回避するとの期待が広がった。

NY市場サマリー(18日)

<為替> ドルが対ユーロで1週間強ぶりの高値水準を付けた。米指標が好調だった一方、欧州の製造業指標は弱かった。

米株市場は小幅高、経済指標・企業決算が堅調

米国株式市場では、主要3株価指数が小幅高で終了した。米経済指標のほか、企業決算が堅調だったことが追い風となった。

NY市場サマリー(18日)

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は17日、関係者の話として、ムニューシン米財務長官が中国の輸入品に課されている関税の一部または全部を撤廃することを提案したと報じたほか[nL3N1ZH503]、ブルームバーグはこの日、関係筋の話として、中国が貿易不均衡の是正に向け米国からの輸入を6年間にわたって拡大する提案を行ったと報じた。[nL3N1ZI3ZB]

米国株が続伸、米中貿易問題解消への期待で

米国株式市場は続伸。米中貿易問題が解決に向かうとの期待から、幅広いセクターで買いが優勢となった。

サウジ投資フォーラムが閉幕、560億ドルの契約締結

サウジアラビアの首都リヤドで開かれていた年次投資フォーラム「未来投資イニシアチブ」が25日、閉幕した。

米ダウとS&Pが下落、ナスダックは上昇

米国株式市場は値動きの荒い展開の中、ダウ平均株価とS&P総合500種が下落。エネルギー株や金融銘柄に売りが出た。週内に一連の企業決算発表を控え、警戒感が高まった。ただハイテクセクターが上昇し、S&P総合500種の下げは限定的となった。ハイテク株の多いナスダック総合は小幅上昇した。

NY市場サマリー(22日)

<為替> ドルが上昇。英国の欧州連合(EU)離脱交渉が北アイルランド問題を巡りなお流動的であることから、英ポンドが下落。ユーロもイタリアの来年度予算を巡る政治的な不透明感から続落となった。

NY市場サマリー(22日)

<為替> ドルが上昇。英国の欧州連合(EU)離脱交渉が北アイルランド問題を巡 りなお流動的であることから、英ポンドが下落。ユーロもイタリアの来年度予算を巡る政 治的な不透明感から続落となった。 メイ英首相はこの日、EU離脱交渉の合意は間近だが、英領北アイルランドを関税同 盟にとどめるというEU側の提案をあらためて否定した。 ポンドは0.73%安の1.297ドル。先週初めに始まった下落基調が続い ている。 主要6通貨に対するドル指数は0.36%高の96.003。 クレディ・スイスの為替戦略グローバル主任、シャハブ・ジャリヌース氏は「ドルの...

米国株式市場はナスダック1%超下落、ハイテク株が安い

米国株式市場はまちまち。ハイテク株が売られたことで、ナスダック総合は1%超下落し取引を終えた。フェイスブック<FB.O>とツイッター<TWTR.N>の幹部はこの日、コンテンツ監視の方法などを巡り、米議会で証言を行った。

米国株式市場はS&P500種が4日続落、エネルギー株下落

米国株式市場はまちまちで取引を終えた。S&P総合500種<.SPX>は小幅安で4日続落となった。

米国株式市場は続落、ハイテク株に売り 原油安でエネルギー株続落

米国株式市場は続落して引けた。ハイテク株が売られた。原油先物の下落に伴い、エネルギー株は4営業日続落している。この日発表された米週間石油在庫統計で、原油在庫とガソリン在庫の予想外の増加が示されたことを受け、原油先物は4営業日続落。

NY市場サマリー(15日)

10月米小売売上高が予想外に増加したほか、消費者物価指数(CPI)もやや上昇したことを受け、12月の利上げ観測が強まった。

米国株式市場は反落、ハイテク株などに売り GEは大幅安

米国株式市場では、前営業日に最高値を記録した主要3指数が、反落した。ハイテク株と工業株の下げが相場を圧迫した。

NY市場サマリー(21日)

仏大統領選の各種世論調査結果によると、中道系独立候補のマクロン前経済相と極右政党、国民戦線(FN)のルペン党首が決選投票に進む公算が出ている。オプション市場<EURVOL=>では、ルペン氏と急進左派のメランション氏が優勢となる可能性を投資家が懸念する様子がうかがえた。

米国株式市場は下落、仏大統領選第1回投票控え警戒感

米国株式市場は下落。仏大統領選の第1回投票を23日に控え、警戒感がくすぶっている。ただ、米主要3指数は週間ではそろって上昇し、S&P総合500種は3週間ぶりの上昇となった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up