for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Schlumberger NV

SLB.N

現在値

52.79USD

変化

1.03(+1.99%)

出来高

2,130,926

本日のレンジ

51.50

 - 

52.88

52週レンジ

27.66

 - 

56.03

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
51.76
始値
51.50
出来高
2,130,926
3か月平均出来高
293.25
高値
52.88
安値
51.50
52週高値
56.03
52週安値
27.66
発行済株式数
1,418.00
時価総額
74,856.22
予想PER
24.54
配当利回り
1.33

次のエベント

Dividend For SLB.N - 0.1750 USD

適時開示

その他

Linde And SLB Collaborate On Carbon Capture And Sequestration

Schlumberger - Expects To Surpass Its Previously Raised FY Revenue Guidance

Schlumberger Raises Full-Year Outlook

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Schlumberger NVとは

シュルンベルジェ(Schlumberger NV)は油田とガス業界にリザーバの特性評価・掘削・生産・加工技術を提供する。【事業内容】4つの事業セグメントを運営する。貯留層特性評価グループは、炭化水素資源の発見と定義に関わる主要技術を含む。掘削グループは、石油とガス井の掘削と位置付けに関わる主な技術で構成される。生産グループは、ウェル・サービス、補完、人工リフト、統合プロダクション・サービス(IPS)およびシュルンベルジェ・プロダクション・マネジメント(SPM)を含む石油とガスの貯水池のライフタイム生産に関わる主な技術で構成される。キャメロングループは、掘削と介入設備、石油とガス井及び生産設備の圧力と流量制御に関わる主要技術から構成される。

業種

Oil Well Services & Equipment

連絡先

5599 San Felipe St Fl 17

HOUSTON, TX

77056-2790

United States

+1.713.5132000

https://www.slb.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Mark G. Papa

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Olivier Le Peuch

Chief Executive Officer, Director

Stephane Biguet

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Khaled Al Mogharbel

Executive Vice President of Geographies

Abdellah Merad

Executive Vice President - Performance Management

統計

1.79 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

32.9K

2020

23.6K

2021

22.9K

2022(E)

28.0K
EPS (USD)

2019

1.470

2020

0.680

2021

1.280

2022(E)

2.150
株価売上高倍率(過去12カ月)
25.50
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.83
株価純資産倍率(四半期)
4.35
株価キャッシュフロー倍率
14.54
総負債/総資本(四半期)
77.63
長期負債/資本(四半期)
72.40
投資利益率(過去12カ月)
9.49
自己資本利益率(過去12カ月)
7.09

最新ニュース

最新ニュース

米政府がシェブロンにベネズエラでの限定操業許可、政治対話再開で

米政府は26日、ベネズエラ向けの経済制裁の一部を緩和し、石油大手シェブロンに対してベネズエラでの操業を限定的に許可したと発表した。米国がかねて求めていたベネズエラの反米左翼マドゥロ政権と野党連合の対話が再開されたためだ。

米ハリバートン、第3四半期利益が予想超え 油田掘削が活発化

米油田サービス大手ハリバートンが25日発表した第3・四半期決算は、純利益が市場予想を上回った。世界的な油田掘削活動の盛り上がりが背景にある。

米シュルンベルジェ、低炭素時代見据えブランド刷新 SLBに

[24日 ロイター] - 米油田開発サービス大手シュルンベルジェは24日、低炭素の未来に向けた野心的ビジョンを強調するため、社名を「SLB」に変更しロゴマーク刷新を発表した。

米油田開発シュルンベルジェ、第3四半期利益は2015年以来最高

米油田開発サービス大手シュルンベルジェが21日発表した第3・四半期決算は、純利益が9億0700万ドル(1株当たり0.63ドル)と、前年同期の5億5000万ドル(同0.39ドル)から増加し、四半期利益として2015年以来の最高を記録した。油田掘削と設備販売が堅調だったためで、リフィニティブIBESがまとめたアナリスト予想平均の1株当たり0.55ドルも上回った。

再送-NY市場サマリー(21日)ドル/円急落、米株急反発 利回り低下

<為替> ドルが対円で急落し、一時1ドル=144.5円を付けた。市場では、日本政府・日銀が市場介入を行った可能性が指摘されている。1日の下げ幅としては約2カ月ぶりの大きさとなった。

米国株式市場=急反発、FRBが利上げペース減速との思惑で

米国株式市場は急反発。米連邦準備理事会(FRB)が12月の会合でこれまでよりも小幅な利上げを巡り検討する公算が大きいという報道を受け、安心感が広がった。

米シュルンベルジェ、ロシア徴兵逃れる国外勤務認めず 社員反発

米油田開発サービス大手・シュルンベルジェには、ロシア人従業員9000人以上に対する徴兵通知が届きはじめているが、同社は従業員が動員を逃れるための遠隔地雇用を許可していないことが明らかになった。

米国株式市場=大幅安、利上げや景気後退懸念で

米国株式市場は大幅安で取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)のタカ派的な金利政策が米経済を後退させるとの懸念の中、ポジション調整の売りが出た。

NY市場サマリー(23日)英ポンド37年ぶり安値、米株大幅安 利回り上昇

<為替> 対ドルでユーロが20年ぶり、英ポンドが37年ぶりの安値を付けた。企業活動の減速が示され、リセッション(景気後退)懸念が高まっていることが背景。英ポンドに対しては、財務相が大規模な減税と大幅な借り入れ増額を発表したことも重しになった。

北米の石油・ガス活動、想定上回るペースで拡大=シュルンベルジェ

[7日 ロイター] - 米油田サービス大手シュルンベルジェは7日、北米の石油・ガス関連活動は予想を上回るペースで伸びているとの見方を示した。顧客である石油・ガス生産者は総じて、差し迫った景気後退(リセッション)への懸念を払拭できているという。

イラク・クルディスタン石油生産、投資なしなら半減も=政府文書

イラク北部クルディスタン地域での石油生産は、新たな探査や大規模な投資がなければ2027年までにほぼ半減する可能性があることが政府文書で分かった。この地域を統治するクルド人主体の自治政府「クルディスタン地域政府(KRG)」にとって石油収入の急減は経済的苦境をさらに深刻化させると外交筋やエネルギー専門家は指摘する。

シュルンベルジェ・アケル・サブシー7、合弁事業設立

米シュルンベルジェ、ノルウェーのアケル・ソリューションズ、オスロ上場のサブシー7は30日、海中エンジニアリングの合弁事業を設立すると発表した。

米ベーカー・ヒューズ、ロシア油田サービス部門売却 現地経営陣に

[1日 ロイター] - 米エネルギーサービス企業、ベーカー・ヒューズは1日、ロシアにおける油田サービス事業を現地経営陣に売却する契約を締結したと発表した。同社はウクライナ侵攻を受けて、既にロシアへの新規投資を停止している。

ベーカー・ヒューズ、第2四半期は赤字拡大 ロシア事業で損失計上

[20日 ロイター] - 米石油サービス会社のベーカー・ヒューズが20日発表した第2・四半期決算は、ロシア事業に関する損失計上や供給網における費用拡大で損失が拡大した。

米油田サービス3社、クルド自治区から撤退=イラク石油省

[4日 ロイター] - イラク石油省は、米油田サービス会社のシュルンベルジェ、ベーカー・ヒューズ、ハリバートンが連邦最高裁判所の判断に従い、北部クルド人自治区から撤退する方針を示したと発表した。

英BPとシェル、医療目的の旅費負担へ 米の中絶判断受け

英石油大手BPは29日、医療処置を目的とする米国従業員の旅費を負担すると発表した。米連邦最高裁が人工妊娠中絶を憲法上の権利と認める1973年の「ロー対ウェイド判決」を覆す判断を下したことを受けた対応。

世界の石油探査・生産は加速へ=米シュルンベルジェCEO

米石油サービス大手シュルンベルジェのオリビエ・ルプェッシュ最高経営責任者(CEO)は22日、世界の石油探査・生産業界の支出は幅広く加速する見通しで、生産の伸びにつながるとの見解を示した。

米石油・ガス掘削リグ稼働数、8週連続で増加

米エネルギーサービス企業、ベーカー・ヒューズの週間データ(13日までの週)によると、米国内の石油および天然ガスの掘削リグ稼働数は前週から9基増加の714基で、2020年3月以来の最多を更新した。増加は8週連続。

米石油・ガス掘削リグ稼働数、7週連続で増加

米エネルギーサービス企業、ベーカー・ヒューズの週間データ(6日までの週)によると、米国内の石油および天然ガスの掘削リグ稼働数は前週から7基増加の705基で、2020年3月以降で最多だった。増加は7週連続。

焦点:北米の石油増産ブームに壁、条件厳しく人手集まらず

米テキサス州の油田で働いていたジェレミー・デービスさん(38)は2020年、解雇された。17年間働き続けたエネルギー業界を離れることはなかったが、それ以降の職場では不幸な出来事に相次いで見舞われた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up