for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Snap Inc

SNAP.N

現在値

32.12USD

変化

-2.87(-8.20%)

出来高

6,642,220

本日のレンジ

32.01

 - 

34.62

52週レンジ

32.01

 - 

83.33

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
34.99
始値
33.64
出来高
6,642,220
3か月平均出来高
473.40
高値
34.62
安値
32.01
52週高値
83.33
52週安値
32.01
発行済株式数
1,609.80
時価総額
56,326.82
予想PER
96.47
配当利回り
--

次のエベント

Q4 2021 Snap Inc Earnings Release

適時開示

その他

Snap Inc Says It Currently Estimates DAU Will Be 316 Million To 318 Million In Q4

Snap Inc Says Revenue Increased 57% To $1,067 Million In Q3

M6 Partners With Snapchat

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Snap Incとは

スナップ(Snap Inc)は、カメラ会社である。【事業内容】主力製品であるSnapchatは、「スナップ」と呼ばれる短い動画や画像でコミュニケーションを図ることができるカメラアプリケーションである。Snapchatには、カメラ、コミュニケーション、スナップマップ、ストーリーズ、スポットライトの5つのタブで構成される。カメラは、Snapchatでの創作活動の出発点である。Snapchatは、カメラに直接アクセスして、スナップを作成し、友達に送信することができる。コミュニケーションは、テキスト、Snap、音声またはビデオ通話を通じて、ユーザーが友達にまとめてまたは個別にメッセージを送ることができる。スナップマップは、ライブでパーソナライズされたマップで、Snapchatterが友達とつながり、ローカルエリアで何が起こっているのかを探ることができる。ストーリーは、Snapchattersの友人、会社のコミュニティ、コンテンツパートナーのコンテンツを掲載する。スポットライトは、ユーザーが作成したコンテンツをSnapchatコミュニティ全体で共有する方法である。広告製品には、Snap Adsと拡張現実(AR)Adsがある。

業種

Software & Programming

連絡先

3000 31St Street, Loop North

SANTA MONICA, CA

90405

United States

+1.310.3993339

https://www.snap.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Michael M. Lynton

Independent Chairman of the Board

Evan Spiegel

Chief Executive Officer, Co-Founder, Director

Robert C. Murphy

Co-Founder, Chief Technology Officer, Director

Derek Andersen

Chief Financial Officer

Jerry Hunter

Senior Vice President - Engineering

統計

2.07 mean rating - 42 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

1.2K

2019

1.7K

2020

2.5K

2021(E)

4.0K
EPS (USD)

2018

-0.470

2019

-0.160

2020

-0.060

2021(E)

0.363
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.10
株価純資産倍率(四半期)
16.33
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
65.47
長期負債/資本(四半期)
65.47
投資利益率(過去12カ月)
-11.87
自己資本利益率(過去12カ月)
-10.46

最新ニュース

最新ニュース

米議会襲撃調査委、ネット大手4社に召喚状 過激思想の拡散巡り

2021年1月6日の米議会議事堂襲撃事件を調査する下院特別委員会は13日、米ネット大手のメタ、アルファベット、ツイッター、レディットに召喚状を出し、4社が運営する交流サイト(SNS)が偽情報や過激思想の拡散にどのように使われたかに関する資料の提出を求めた。

米議会襲撃調査委、ネット大手4社に召喚状 過激思想の拡散巡り

2021年1月6日の米議会議事堂襲撃事件を調査する下院特別委員会は13日、米ネット大手のメタ、アルファベット、ツイッター、レディットに召喚状を出し、4社が運営する交流サイト(SNS)が偽情報や過激思想の拡散にどのように使われたかに関する資料の提出を求めた。

米メタ、英競争当局のジフィー売却命令に反論

英競争・市場庁(CMA)が米メタ(旧フェイスブック)に傘下のGIF画像共有サービス企業ジフィーの売却を命じた件を巡り、CMAの決定に異議を申し立てたメタ側の主張が5日に明らかになった。

米当局、ロシア人実業家など起訴 不正入手した企業情報で取引

米司法省は20日、ロシア政府とつながりがある実業家ウラジスラフ・クリューシン被告を含むロシア人5人がハッキングで入手した企業情報に基づきインサイダー取引を行い、多額の不正利益を得た罪で起訴されたと発表した。

英当局、米メタにGIFのジフィー売却命令 競争阻害が理由

英競争・市場庁(CMA)は、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)のフェイスブックを運営する米メタ・プラットフォームズに対して、傘下のアニメーション画像(GIF)作成・共有プラットフォーム企業ジフィーを売却するよう命じた。

アングル:在庫不足の米年末商戦、自動車・小売りが広告縮小

高級車ブランドは長年、米国で年末商戦に向けて広告を打ってきた。トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」の宣伝文句は「思い出に残る12月」だ。

情報BOX:FBで話題のメタバース、注目すべき関連企業

フェイスブック「メタバース(巨大な仮想空間)」関連事業に注力する姿勢を示すため、正式社名を「メタ・プラットフォームズ」に変更する。同社はメタバースが、モバイルに代わる次の主流インターネット空間になると考えている。

米アマゾンの広告事業、アップルの個人情報収集制限を最もしのぐか

米アマゾン・ドット・コムがデジタル広告分野で業界の勝者に浮かび上がる気配だ。米アップルが4月、利用者の許可がなければアプリ開発業者による個人の行動履歴の追跡が制限される機能を導入、個人データ保護を強化したことで、米フェイスブックやスナップがより割を食う流れになっているのと対照的だ。

米ツイッター、第3四半期は37%増収 アップル広告規制の影響小

米ツイッターが26日発表した第3・四半期決算は、売上高が37%増加した。広告を巡る米アップルのプライバシー保護ルール変更の影響は小さく、株価は引け後の取引で3%上昇した。

米ツイッター、第3四半期利用者が予想割れ 売上高は予想と一致

米ツイッターが26日発表した第3・四半期決算は、利用者数の伸びが市場予想に届かなかった。中国短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」などからの競争に押された。同四半期の広告収入および売上高は市場予想と一致した。

ティックトック、中国政府に情報提供せず 米幹部が議会証言

短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」幹部は26日、議会公聴会で証言を行い、中国政府に情報を提供していないと明言した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、終値は再び200日線を下回る

<16:10> 日経平均・日足は「小陽線」、終値は再び200日線を下回る 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。終値(2万8600円41 銭=25日)は200日移動平均線(2万8808円77銭=同)を再び下回り、下値不 安を残す格好となった。日経平均は当面200日線と25日移動平均線(2万8961円 68銭=同)の間を意識した値動きとなりそうだ。 <16:00> 新興株市場は軟調、メルカリの大幅安が重し 新興株式市場は軟調。東証マザーズ指数は4日続落、日経ジャスダック平均は反落し た。メルカリ など時価総額上位銘柄が引き続...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、メルカリの大幅安が重し

<16:00> 新興株市場は軟調、メルカリの大 幅安が重し 新興株式市場は軟調。東証マザーズ指数は4日続落、日経ジャスダック平均は反落し た。メルカリ など時価総額上位銘柄が引き続き売られ、相場全体の重しとなった 。 市場では「海外ECサイトの日本市場参入がささやかれており、メルカリやBASE などが売られている。日本発のITサービスを海外の同業と比較すると、どうし ても次なる成長が描きづらくなってしまう」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比1.28%安。個別では、メルカリ、BASEなどのほか 、アスタリスク 、FRONTEO...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏で持ち直し、薄商いで振らされやすいとの声

<12:46> 日経平均はマイナス圏で持ち直し、薄商いで振らされやすいとの声 日経平均は、マイナス圏ながら前引け時点に比べて持ち直している。朝方に軟調だっ た上海株や香港株が持ち直しプラスに浮上しているほか、主要な米株指数先物も小幅なが らプラスで推移している。 昼休み時間に先物が下げ幅を縮める中、後場の日経平均も下げ渋る形となった。東証 1部の売買代金は午後0時45分現在1兆2317億3900万円で「薄商いの中で、先 物の動きに振らされやすい」(国内証券)との声も聞かれる。 <11:46> 前場の日経平均は反落、米ハイテク株安が重し ...

午前の日経平均は反落、米ハイテク株安が重し 衆院選控え模様眺めも

25日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比284円50銭安の2万8520円35銭となり、反落した。米ハイテク株安の流れを受けて朝方に安く始まった後も、安値圏でのもみあいが続いた。参院静岡補選での自民候補敗北を受け、31日投開票の衆院選に向けて模様眺めが強まりそうだとの見方も出ていた。

今日の株式見通し=弱もちあい、ハイテク株中心に値動き重い 米ナスダック安受け

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、弱もちあいが想定されている。前週末の米ナスダック下落を受けて、ハイテク株を中心に値動きが重くなるという。また、今週は3月期企業の決算発表シーズンが本格化し、業績見通しなどを見極めたいとのムードから、前週に引き続いて商いが細りそうだ。

NY市場サマリー(22日)S&P・ナスダック下落、ドル下げ幅縮小

<為替> ドルが下げ幅を縮小した。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長がFRBはテーパリング(量的緩和の縮小)を近く開始すべきだが、まだ利上げすべきではないと述べたことを受けた。

米国株式市場=S&Pとナスダック下落、通信サービス株に売り

米国株式市場はS&P総合500種とナスダック総合が下落した。スナップやインテルの失望的な決算が通信サービス株や情報技術株を圧迫した。また、テーパリング(量的緩和の縮小)に関するパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の発言を受け、投資家が慎重姿勢を強めた。

スナップ、四半期売上高は予想割れ アップル規約変更で 株価25%急落

写真・動画共有アプリ「スナップチャット」を展開する米スナップが21日発表した第3・四半期決算は売上高が市場予想を下回った。米アップルによるプライバシー規約変更によって、デジタル広告の的を絞ったり、広告の有効性を図る能力が制限されたことが響いた。

米上院委員会、ソーシャルメディアの若者への影響巡り26日公聴会

米上院商業委員会の消費者保護小委員会は、ソーシャルメディアの若者への影響に関する公聴会を26日に開催すると発表した。スナップのスナップチャット、中国系の短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」、アルファベット傘下のユーチューブが出席するとしている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up