for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Snap Inc

SNAP.N

現在値

13.73USD

変化

-0.83(-5.70%)

出来高

3,660,118

本日のレンジ

13.70

 - 

14.78

52週レンジ

11.88

 - 

83.33

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
14.56
始値
14.37
出来高
3,660,118
3か月平均出来高
890.72
高値
14.78
安値
13.70
52週高値
83.33
52週安値
11.88
発行済株式数
1,890.60
時価総額
24,053.97
予想PER
72.52
配当利回り
--

次のエベント

Q2 2022 Snap Inc Earnings Release

適時開示

その他

Snap Inc - Since Co Issued Guidance On April 21, 2022, Macroeconomic Environment Has Deteriorated Further And Faster Than Anticipated - Filing

Snap Entered Into A Credit Agreement

Snap Inc Says Qtrly Loss Per Share $0.22

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Snap Incとは

スナップ(Snap Inc)は、カメラ会社である。【事業内容】主力製品であるSnapchatは、「スナップ」と呼ばれる短い動画や画像でコミュニケーションを図ることができるカメラアプリケーションである。Snapchatには、カメラ、コミュニケーション、スナップマップ、ストーリーズ、スポットライトの5つのタブで構成される。カメラは、Snapchatでの創作活動の出発点である。Snapchatは、カメラに直接アクセスして、スナップを作成し、友達に送信することができる。コミュニケーションは、テキスト、Snap、音声またはビデオ通話を通じて、ユーザーが友達にまとめてまたは個別にメッセージを送ることができる。スナップマップは、ライブでパーソナライズされたマップで、Snapchatterが友達とつながり、ローカルエリアで何が起こっているのかを探ることができる。ストーリーは、Snapchattersの友人、会社のコミュニティ、コンテンツパートナーのコンテンツを掲載する。スポットライトは、ユーザーが作成したコンテンツをSnapchatコミュニティ全体で共有する方法である。広告製品には、Snap Adsと拡張現実(AR)Adsがある。

業種

Software & Programming

連絡先

3000 31St Street, Loop North

SANTA MONICA, CA

90405

United States

+1.310.3993339

https://www.snap.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Michael M. Lynton

Independent Chairman of the Board

Evan Spiegel

Chief Executive Officer, Co-Founder, Director

Robert C. Murphy

Co-Founder, Chief Technology Officer, Director

Derek Andersen

Chief Financial Officer

Jerry Hunter

Senior Vice President - Engineering

統計

2.00 mean rating - 43 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

1.7K

2020

2.5K

2021

4.1K

2022(E)

5.1K
EPS (USD)

2019

-0.160

2020

-0.060

2021

0.500

2022(E)

0.210
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.45
株価純資産倍率(四半期)
6.74
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
104.88
長期負債/資本(四半期)
104.88
投資利益率(過去12カ月)
-9.04
自己資本利益率(過去12カ月)
-8.01

最新ニュース

最新ニュース

米オンライン広告収入、コロナ禍効果剥落で伸び鈍化へ=調査会社

デジタルプラットフォームを運営するグーグル親会社アルファベットやメタ(旧フェイスブック)、スナップ、ツイッターの4社を含む米大手IT企業は昨年、新型コロナウイルスのパンデミックを背景に広告収入が未曽有の伸びを記録したが、今後はもう、その勢いは鈍くなる――。調査会社モフェットネーサンソンは26日公表のリポートでこうした見方を示した。

欧州株式市場=反発、銀行株や商品関連株が押し上げ

欧州株式市場は反発して取引を終えた。 銀行株や商品関連株の上昇が相場を押し上げた。 ただ、景気減速懸念が高まる中、金融引き締めに関する中央銀行の 最新動向が引き続き注目されている。 金利上昇の恩恵を受けるSTOXX欧州600種銀行株指数<.SX7P >は1.10%上昇し、約1カ月ぶりの高値を付けた。 米連邦準備理事会(FRB)の利上げの方向性を見極めようと、こ の日公表される5月の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨に注 目が集まっている。 一方、欧州中央銀行(ECB)では理事の1人が金融政策の方針に 懐疑的な見方を示したものの、ラガルド...

欧州市場サマリー(24日)

これを受け、英10年債利回りが一時10ベーシスポイント(bp)を 超えて低下したことで、ユーロ圏国債利回りも低下。米債券市場も「リスクオフ」の展開 となったことで、午後の取引で下げ幅を拡大した。 ラボバンクの金利部門責任者、リチャード・マグワイア氏は「株安で以前から債券に 買いが入っていた。英PMIが著しく軟調だったことで、英国債利回りが急落した」と述 べた。 独10年債利回りは一時は1%台に乗せていたが、その後は6.7bp 低下の0.95%。 イタリア10年債利回りは一時は2週間ぶりの高水準を付けたが、その 後は5.8bp低下した ギリシャ...

欧州株式市場=反落、ユーロ圏PMIで景気減速懸念強まる

欧州株式市場は反落して取引を終えた。 ユーロ圏の総合購買担当者景気指数(PMI)速報値が振るわず、景気 減速と金融引き締めによる悪影響への懸念が強まって売りが広がった。 5月にユーロ圏総合PMIは企業活動の伸びが減速し、原材料不足 によって製造業の成長が抑制されたことを示した。 一方、ドイツはインフレと供給問題で需要見通しは厳しいものの、 サービス業の回復で成長軌道を維持している。 INGのユーロ圏担当シニアエコノミスト、バート・コリン氏は「 ユーロ圏の経済には雲がかかっている」と指摘。「問題はサービス業が いつまで消費者から利益を得られるかだ...

アジア株式市場サマリー:引け(24日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [24日 ロイター] - 東南アジア株式市場は、大半が下落。米先物株の下落で世 界景気の減速に対する懸念が高まった。一方、インドネシア市場では、中央銀行が政策金 利を据え置いたことから上昇した。 ナスダック先物は2%下落。写真・動画共有アプリ「スナップチャット」を運 営する米スナップは業績予想を下方修正したことを受けて株価が28%急落し、 全体の下げを主導した。S&P500種先物も1.25%下げた。 中国株式市場は下落して引けた。ハイテク株や工業株がけん引する形で後場に下げ足 を速めた。首都・北京...

日経平均は3日ぶり反落、ハイテク株売りが加速

東京株式市場で日経平均は、前営業日比253円38銭安の2万6748円14銭と、3営業日ぶりに反落した。時間外取引での米株先物やアジア株の軟調な流れに連れ安する展開となった。個別ではハイテク株を中心に利益確定売りの流れが加速し、日経平均は1日を通して下げ幅を拡大する展開となった。

アジア株式市場サマリー:中盤(24日)

ソウル株式市場は反落。米株先物安に追随した。米写真・ 動画共有アプリ「スナップチャット」を運営するスナップが業績予想の下方修正 で急落したことを受け、景気減速をめぐる懸念が強まった。 未来アセット証券のアナリストは、世界的に減速懸念がくすぶる中、スナップの急落 で投資家心理が悪化したと話した。 主要銘柄のうち、ハイテク大手のサムスン電子は1.77%安、同業の SKハイニックスは3.10%安。一方、電池メーカーのLGエナジー・ソ リューションは0.46%高。 シドニー株式市場はほぼ横ばい。鉱業株や銀行株が上昇した一方、ハイテク株のほか 、...

米スナップ、業績予想を下方修正 「経済が一段と悪化」

写真・動画共有アプリ「スナップチャット」を運営する米スナップは、経済が1カ月前の予想よりも悪化しているとして、四半期予想を下方修正した。時間外取引で同社の株価は31%急落した。

TikTok広告収入、今年はツイッターとスナップの合計超えへ

中国系動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の今年の広告収入は前年の3倍となる110億ドル超に達し、ライバルのツイッターとスナップの合計広告収入を上回る公算が大きい――調査会社インサイダー・インテリジェンスはこうした見通しを明らかにした。

マスク氏、ツイッター株9.2%取得 筆頭株主か 株価27%上昇

米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が米ツイッターの株式9.2%を取得していたことが4日、分かった。筆頭株主になった可能性がある。

マスク氏、ツイッター株9.2%取得 筆頭株主か

米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が米ツイッターの株式9.2%を取得していたことが4日、分かった。筆頭株主になった可能性がある。これを受けツイッターの株価は23%上昇した。

ユーチューブ、ロシアで有料サービス停止 制裁で決済困難

米アルファベット傘下の動画共有サイト「ユーチューブ」とアプリストア「グーグルプレイ」は10日、ロシアでサブスクリプション(定額課金)を含む全ての有料サービスを停止していると発表した。対ロ制裁により決済が困難になったことが理由。

米グーグル、ロシアで広告販売停止

米アルファベット傘下グーグルは3日、ロシアでオンライン広告の販売を停止したと発表した。検索サービスや動画共有サイト「ユーチューブ」、提携関係にある外部のパブリッシャー(コンテンツ提供者)も対象に含まれるとした。

NY市場サマリー(4日)ドル上昇、債券利回り急伸 ナスダック急反発

<為替> ドルが上昇。好調な内容となった米雇用統計を受け、米連邦準備理事会(FRB)が3月に利上げに踏み切るという観測が強まった。米債利回りの急上昇にも追随した。

米国株式市場=ナスダック急反発、アマゾン好決算受け

米国株式市場は、前日に大幅安となっていたナスダック総合が急反発した。今週はハイテク株の決算がまちまちで波乱含みとなったが、アマゾン・ドット・コムの好決算を受け上昇で締めくくった。

アマゾン広告収入、規模がユーチューブ超え 世界の新聞業界並み

米アマゾン・ドット・コムは3日、自社の広告事業の規模を初めて公表し、収入がグーグルの「ユーチューブ」を上回ることが明らかになった。

スナップ、アップル規約変更の影響から「早期回復」 株価50%急騰

写真・動画共有アプリ「スナップチャット」を展開する米スナップは3日、アップルのプライバシー規約変更により影響を受けていた広告事業が予想以上に早く回復したと明らかにした。第1・四半期の見通しがアナリスト予想を上回り、時間外取引で株価は50%急騰した。

今日の株式見通し=続落、米株安やECBタカ派化を嫌気 再び2万7000円割れへ

きょうの東京株式市場で、日経平均株価は続落が見込まれる。前日の米国株が想定以上の下げとなったほか、欧州中央銀行(ECB)理事会後のラガルド総裁のタカ派発言を受け、改めて売られる展開となりそうだ。日本時間の今夜には米雇用統計の発表を控えているため、積極的にポジションを傾けづらい。日経平均は再び心理的節目である2万7000円を下回った水準でのもみあいとなりそうだ。

NY市場サマリー(3日)ユーロ/ドル3週間ぶり高値、利回り急伸 株反落

<為替> ユーロが対米ドルで3週間ぶり高値を付けた。欧州中央銀行(ECB)理事会後のラガルド総裁の発言を受け、引き締めペースが速まるという観測が強まった。

米国株式市場=反落、メタの業績見通しが重し

米国株式市場は5営業日ぶりに反落して取引を終えた。フェイスブックを手掛けるメタ・プラットフォームズが業績見通しへの失望感から急落し、他のIT大手の好決算を受けたこのところの相場回復にストップがかかった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up