for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Snap Inc

SNAP.N

現在値

83.11USD

変化

3.74(+4.71%)

出来高

4,007,888

本日のレンジ

78.12

 - 

83.33

52週レンジ

24.02

 - 

83.33

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
79.37
始値
79.37
出来高
4,007,888
3か月平均出来高
354.23
高値
83.33
安値
78.12
52週高値
83.33
52週安値
24.02
発行済株式数
1,581.11
時価総額
131,405.70
予想PER
229.21
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2021 Snap Inc Earnings Release

適時開示

その他

Snap Inc - Entered Into Various Exchange Agreements With Certain Holders Of Our Outstanding 0.25% Convertible Senior Notes Due 2025

Snap Inc Says Qtrly Non-GAAP Earnings Per Share $0.10

Snap Announces Pricing Of $1 Bln Convertible Senior Notes Offering Due 2027

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Snap Incとは

スナップ(Snap Inc.)(旧名: Snapchat, Inc.)は広告事業を行うカメラ会社である。【事業内容】同社の顧客はスポンサードレンズとスポンサードジオフィルター等のスポンサード・クリエイティブ・ツールを使ってスナップを作成できるほか、広告クリエイティブを含む友達のスナップを見ることによって、そのクリエイティブ・ツールを閲覧できる。製品のスナップチャットは、スナップと呼ばれるショートビデオと画像を通じて人々に交流させるために開発されたカメラ・アプリケーションである。同社のスナップ広告はスナップ形式での縦型全画面動画広告である。同社は広告効果を測定するために多数のサードパーティ及び社内ソリューションを提供する。同社はパートナーと協力して、広告が実際に特定のユーザーに配信されたことを確認する。同社はサードパーティと共に、キャンペーンの到達範囲と頻度、及びキャンペーンを閲覧したユーザーの人口統計を測定する。

業種

Software & Programming

連絡先

3000 31St Street, Loop North

SANTA MONICA, CA

90405

United States

+1.310.3993339

https://www.snap.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Michael M. Lynton

Independent Chairman of the Board

Evan Spiegel

Chief Executive Officer, Co-Founder, Director

Robert C. Murphy

Co-Founder, Chief Technology Officer, Director

Derek Andersen

Chief Financial Officer

Jerry Hunter

Senior Vice President - Engineering

統計

2.08 mean rating - 40 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

1.2K

2019

1.7K

2020

2.5K

2021(E)

4.2K
EPS (USD)

2018

-0.470

2019

-0.160

2020

-0.060

2021(E)

0.363
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
39.32
株価純資産倍率(四半期)
45.06
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
87.72
長期負債/資本(四半期)
87.72
投資利益率(過去12カ月)
-14.69
自己資本利益率(過去12カ月)
-13.04

最新ニュース

最新ニュース

フェイスブック、初のスマートグラス発表 レイバンと共同開発

米フェイスブックは9日、仏エシロールルックスオティカと共同開発した初のスマートグラスを発表した。同社は拡張現実(AR)技術を搭載した新世代眼鏡の開発を目指している。

クアルコム、欧州でファウンドリー企業との協力に前向き=CEO

米半導体大手クアルコムのアモン最高経営責任者(CEO)は、欧州が自動車向けチップ生産の奨励策により最適なパートナーを呼び込めるなら、欧州での半導体受託製造(ファウンドリー)企業との協力に前向きな姿勢を示した。

ワッツアップ、1回見た写真や動画が消える機能を搭載

米フェイスブック傘下のメッセージアプリ「ワッツアップ」で今週から、1回見た写真や動画が消える機能「ビュー・ワンス」が追加された。3日付のブログ投稿で明らかになった。

コラム:米巨大IT、潤沢資金が自社株買いに集中する切実な理由

米巨大IT企業は、次の買収相手が鏡に映った自分自身だと分かるだろう。グーグルの持ち株会社・アルファベット、アマゾン・ドット・コム、アップル、フェイスブック、マイクロソフト5社の手元資金合計額は6000億ドル前後に上る。売上高も過去最高を更新する中で、投資家は各社にせっかくの稼ぎを有効活用して欲しいと強く望むだろう。ただ、その使い道は、自社株買いの拡大が既定路線になるのではないか。 

米テクノロジー大手、過激派コンテンツ監視対象を拡大

米大手テクノロジー企業から成る団体「テロリズムに対抗するためのグローバル・インターネット・フォーラム(GIFCT)」は26日、過激派コンテンツを企業間で共有する重要なデータベースの内容を大幅に拡大し、白人至上主義者や極右過激派による投稿を取り締まることを目指していることをロイターに明らかにした。

NY市場サマリー(23日)ダウ3万5000ドル乗せ、ドル2週連続で上昇

<為替> ドル指数がやや上昇した。今週はリスク選好度が揺れ動く中、ボラティリティーが高まったが、ドルは週足では2週間連続で上昇した。

米国株、ダウ史上初の3万5000ドル乗せ 好決算でリスク選好

米国株式市場は4日続伸し、主要3株価指数が終値ベースの過去最高値を更新した。好決算と経済回復の兆しが投資家のリスク選好度を高めた。

ツイッター、第2四半期売上高が予想上回る 広告好調で株価上昇

米ツイッターが22日発表した第2・四半期決算は、売上高が市場予想を上回った。ターゲットを絞った広告ツールの強化が寄与し、広告収入が拡大した。

米スナップ第2四半期、利用者数が予想上回る アプリ新機能が魅力

写真・動画共有アプリ「スナップチャット」を展開する米スナップが22日に発表した第2・四半期(6月30日まで)決算は、ユーザー数と売上高が予想を上回った。

フェイスブック、クリエーター取り込みで来年末までに10億ドル投資

米フェイスブック(FB)は、自社アプリにコンテンツクリエーターを呼び込むため来年末までに10億ドルを投じると表明した。

アングル:出会い系アプリ、「コロナ明け」は恋愛より友達重視

コロナ禍での長い孤立から解放された多くの人々が、真っ先に思い浮かべるのは恋愛関係ではない。この1年間不足していた友人関係やグループ付き合いだ。

米スナップ、第1四半期利用者が予想上回る 株価上昇

写真・動画共有アプリ「スナップチャット」を展開する米スナップが22日発表した第1・四半期決算(3月31日まで)は、ユーザー数と売上高が予想を上回った。アンドロイド向けアプリの改善に伴い、米国外でアプリ利用が拡大した。一方、北米の伸びは鈍化した。

印シェアチャット、スナップなどから5億ドル調達 評価額21億ドル

インドのソーシャルメディア(SNS)サービス、シェアチャットは8日、タイガー・グローバルやスナップ、ツイッターなどから合わせて5億0200万ドルを調達したと発表した。企業価値は21億ドル強と見積もられている。

米株は小幅安、企業決算に警戒感

米国株式市場は小幅安となり、ダウ工業株30種は96ドル安で取引を終えた。底堅い経済指標が下支えになる一方、企業の決算発表に警戒感が広がった。

訂正-FBやツイッター、有害コンテンツ対策で競合他社に遅れ=民間調査

米国では昨年の大統領選や新型コロナウイルスを巡り社会が二極化したが、ソーシャルメディア大手のフェイスブックとツイッター、アルファベット傘下の動画投稿サイト、ユーチューブが昨年下期に取ったヘイトスピーチや偽情報などの有害コンテンツ対策は規模が小さめの競合社より遅れていた(訂正)という調査結果を米広告・マーケティングサービス会社インターパブリック・グループ(IPG)が8日公表した。

コラム:トランプ氏のツイッター永久停止、数字が示した影響力

トランプ米大統領はSNS(ソーシャルネットワークサービス)にとって、トップクラスの「人気」を誇る個人たちがいかに「価値」あるものになり得るかを証明して見せた形だ。ツイッターは8日、トランプ氏の投稿が暴力をさらにあおる恐れがあるとして、同氏のアカウントを永久停止。たちまちツイッター社の時価総額が約10%目減りしたのだ。

EXCLUSIVE-米権利団体がユーチューブに削除要請、トランプ氏のチャンネル

米国の複数の権利擁護団体は、米アルファベット傘下の動画投稿サイト、ユーチューブがトランプ大統領のチャンネルを削除しない場合、同社への広告掲載をボイコットするよう呼び掛ける方針をロイターに明らかにした。

FBとインスタ、トランプ氏のアカウント凍結 無期限停止も

米交流サイト大手・フェイスブックと同社傘下の写真共有アプリ、インスタグラムは、次期政権への移行が完了するまで向こう2週間にわたりトランプ大統領のアカウントを引き続き凍結する。ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が7日明らかにした。無期限で凍結する可能性もあるとしている。

米株は小反落、現金給付増額巡る不透明感で

米国株式市場は小反落して取引を終えた。最高値を更新する場面もあったが、経済再開の道筋や国民への現金給付を引き上げる案の行方を巡る懸念から不安定な値動きとなった。

米SNSレディット、短編動画投稿アプリのダブスマッシュ買収

米交流サイト(SNS)運営会社レディットは13日、短編動画投稿アプリのダブスマッシュを買収すると発表した。中国系アプリ「TikTok(ティックトック)」の独占状態にある分野に進出する。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up