for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソシエテ・ジェネラル

SOGN.PA

現在値

22.88EUR

変化

0.11(+0.46%)

出来高

2,320,141

本日のレンジ

22.63

 - 

23.05

52週レンジ

18.34

 - 

37.67

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
22.77
始値
22.95
出来高
2,320,141
3か月平均出来高
86.56
高値
23.05
安値
22.63
52週高値
37.67
52週安値
18.34
発行済株式数
831.05
時価総額
19,351.85
予想PER
5.55
配当利回り
7.25

次のエベント

Carlsberg A/S at Societe Generale SA Roadshow - Frankfurt

適時開示

その他

Komercni Banka Q2 net profit soars above estimates

Societe Generale held 5.3% in Italy's Generali as of July 6 - filing

French Government Is Working With Goldman Sachs And Société Générale As It Explores How To Take Full Control Of Utility EDF - FT

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソシエテ・ジェネラルとは

ソシエテ・ジェネラル(Societe Generale SA)は、フランスに本拠を置く金融サービスグループである。【事業内容】取引を保護し、資産・貯蓄を保護及び管理し、クライアントがプロジェクトの資金調達を支援するために、各種助言サービス及びカスタマイズされた金融ソリューションを提供する。フランスのリテールバンキング、国際リテールバンキング・金融サービス、グローバルバンキング・インベスターソリューションの3つのセグメントで構成される。フランスのリテールバンキング事業は、Societe Generale、Credit du Nord及びBoursoramaの国内ネットワークを含む。国際リテールバンキング・金融サービス事業は、消費者金融活動を行う国際リテールバンキング事業、車両リース・管理、機器及びベンダー金融事業を行う企業向け金融サービス、並びに保険事業で構成される。グローバルバンキング・インベスターソリューション事業は、グローバルマーケット及びインベスターズサービス、ファイナンス及びアドバイザリー、資産管理で構成される。グローバルにおいて事業を行う。

業種

Regional Banks

連絡先

29 Boulevard Haussmann

75009

France

+33.1.42142000

https://www.societegenerale.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Lorenzo Bini Smaghi

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Frederic Oudea

Chief Executive Officer, Executive Director, Member of the Management Board

Philippe Aymerich

Deputy CEO - French Retail Banking activities, Innovation, Technology and IT Service Unit and International Retail Banking activities, Member of the Group Management Committee

Diony Lebot

Deputy Chief Executive Officer, Member of the Management Committee

Claire A. Dumas

Chief Financial Officer, Member of the Management Committee

統計

2.04 mean rating - 26 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2019

24.7K

2020

22.1K

2021

25.8K

2022(E)

26.4K
EPS (EUR)

2019

3.050

2020

-0.220

2021

6.370

2022(E)

4.550
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.82
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価純資産倍率(四半期)
0.29
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
127.84
長期負債/資本(四半期)
108.69
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.24

最新ニュース

最新ニュース

ロシア、「非友好国」投資家の株売却を年内禁止 サハリン1など

[モスクワ 5日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は5日、ウクライナ侵攻を受け対ロシア制裁を科している「非友好国」の投資家がロシアの主要エネルギー事業や銀行などの株式を売却することを年末まで禁止する大統領令に署名した。西側諸国による対ロ制裁に対抗する。

欧州株式市場=3営業日ぶり反落、米大幅利上げ継続観測で

欧州株式市場は3営業日ぶりに反落して取 引を終えた。米雇用統計が市場予想を上回り、米連邦準備理事会(FR B)が9月に75ベーシスポイント(bp)の大幅利上げを続けるとの 観測が強まったのが売りを誘った。 また、経済成長見通しが悪化しているとの懸念からSTOXX欧州 600種指数は週間で0.59%下落した。 キャピタル・エコノミクスの欧州担当シニアエコノミスト、ジャッ ク・アレン・レイノルズ氏は「今週発表されたデータは、景気後退がす ぐそこに迫っているとのさらなる証拠となった」と指摘した。 今週発表されたユーロ圏の6月の小売売上高は予想...

ロ、「非友好国」投資家の株式売却を年内禁止 サハリン1など

[5日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は5日、ウクライナ侵攻を受け対ロシア制裁を科している「非友好国」の投資家がロシアの主要エネルギー事業や銀行などの株式を売却することを年末まで禁止する大統領令に署名した。西側諸国による対ロ制裁に対抗する。

欧州市場サマリー(4日)

<ロンドン株式市場> ほぼ横ばいで取引を終えた。イン グランド銀行(英中央銀行)が1995年以来、27年ぶりとなる50ベーシスポイント (BP)の大幅利上げを決めたことで通貨ポンドが下落したのが買い材料となった一方、 投資家は景気後退が迫っているとの懸念を強め、売り買いが交錯した。 英中銀は4日の金融政策委員会(MPC)で50BPの利上げを委員9人のうち8人 の賛成多数で決定。政策金利は1.75%と2008年終盤以来の高水準となった。 キルター・インベスターズのポートフォリオマネジャー、ポール・クレイグ氏は「英 中銀が米連邦準備理事会(...

欧州株式市場=続伸、好決算を材料視

欧州株式市場は続伸して取引を終えた。一 部企業が発表した四半期決算が好調だったのが材料視され、相場を押し 上げた。 イングランド銀行(英中央銀行)は4日、政策金利を50ベーシス ポイント(bp)引き上げて1.75%とすることを決定。景気後退を 見込みながらもインフレ高進に対処するため27年ぶりの大幅利上げに 踏み切った。欧州中央銀行(ECB)も先月、50bp引き上げており 、今後も利上げを続ける見通しを示している。 キャピタル・エコノミクスのエコノミストは投資家向けメモで「( ユーロ圏)経済が不調で金利が上昇するのに伴い、年内の欧州株式相場...

欧州市場サマリー(3日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。サイバー セキュリティ企業ノートン・ライフロックが同業のアバストを86億ド ルで買収する計画(訂正)が英規制当局に暫定的に承認されたのが好感され、アバストの 株価が急騰したのが相場全体を押し上げた。 イングランド銀行(英中央銀行、BOE)が4日に開く金融政策委員会(MPC)で 政策金利引き上げを決めるのを前に、銀行株も上昇した。 アバストは43.8%と急上昇し、過去最高値を付けた。中型株で構成するFTSE 250種指数は0.73%高。 BOEはMPCで50ベーシスポイントの利上げを決めると予想...

欧州株式市場=反発、好決算で景気減速懸念が和らぐ

欧州株式市場は3日ぶりに反発して取引を 終えた。好調な決算発表が相次ぎ、欧州の企業活動指標の低迷を受けた 景気減速懸念が和らいだ。 S&Pグローバルが3日発表した7月のユーロ圏総合購買担当者景 気指数(PMI)改定値は49.9となり、好不況の分かれ目となる5 0を下回ったのは昨年序盤以来となった。 エクイティ・キャピタルの市場アナリスト、デービッド・マデン氏 は「多くのネガティブな経済指標やニュースは、6月と7月に既に欧州 市場に織り込まれていた」と指摘した。 欧州料理宅配大手のジャスト・イート・テイクアウェー・ドットコ ムは5.4%上昇...

仏ソジェン、第2四半期はロシア事業売却で赤字 リテールは好調

[パリ 3日 ロイター] - フランスの銀行大手ソシエテ・ジェネラル(ソジェン)が発表した第2・四半期決算は純損益が14億8000万ユーロ(15億1000万ドル)の赤字となったが、アナリスト予想(20億ユーロ超)よりも小幅にとどまった。

ウニクレディト、予想上回る第2四半期利益 通期予想を上方修正

アンドレア・オーセル最高経営責任者(CEO)は、一部のライバル行よりもウクライナ戦争の経済的な影響にうまく対処できていると表明。これにより合併・買収(M&A)の機会が開ける可能性があると述べた。

ロシア中銀、外国銀行の国内事業売却を個別審査へ=総裁

[モスクワ 22日 ロイター] - ロシア中央銀行のナビウリナ総裁は22日、外国銀行によるロシア事業売却計画は個別に審査する考えを示した。政府は欧米の制裁への報復措置として、外国銀行がロシアから撤退する試みを阻止すると警告している。

米シティなど外資系銀行、ロシアで人材募集 撤退困難で

[モスクワ 21日 ロイター] - 金融業界筋や人材紹介会社によると、米シティやオーストリアのライファイゼンバンク・インターナショナルなどは今月からロシアで人材の募集を開始した。同国からの撤退が困難なことが背景にある。

ロシア、外国銀行のロシア子会社売却阻止へ─財務次官=報道

[モスクワ 15日 ロイター] - ロシアのアレクセイ・モイセーエフ財務次官は、ロシアの銀行が海外で通常業務できない間、ロシアは外国銀行によるロシア子会社の売却を阻止すると述べた。インタファクス通信が伝えた。

ロシア中銀、外銀現法の接収に慎重=関係筋

ウクライナ侵攻への経済制裁により、ロシアに進出する外資系銀行が融資業務などを停止する中、ロシアの当局者や企業の間で支店など現地法人の経営権接収を求める声が上がっている。しかし、複数の関係筋によると、ロシア中央銀行は取り付け騒ぎを招くとの懸念から接収には慎重だという。

HSBC、ロシア法人融資事業の売却で現地銀と交渉=関係筋

[ロンドン 6日 ロイター] - 英大手銀行HSBCが、ロシアの法人融資事業を売却する方向で現地の銀行エクスポバンクと協議に入っており、交渉は進んだ段階にあることが分かった。関係筋が明らかにした。

アングル:ロシア撤退急ぐ外国企業、サハリン2の展開に戦々恐々

ロシアに残した資産をどう処分するか──。今なお、答えを探しあぐねている多くの外国企業にとって、プーチン大統領が極東サハリン沖の石油・天然ガス開発事業「サハリン2」に関して署名した命令は、強烈な警告になった。

アングル:米株上期は半世紀ぶり大幅安、下期も身構える投資家

米株式市場は過去50年以上で最悪の上半期となる見通しだ。投資家は下半期に株価が反転するのか、同じことが繰り返されるのかを判断するため、さまざまな指標に注目している。

欧州銀の早期ロシア撤退を期待=ECBエンリア氏

ユーロ圏の銀行監督を担う欧州中央銀行(ECB)銀行監督委員会のアンドレア・エンリア委員長は3日、ユーロ圏の銀行が保有するロシア資産を早期に売却することを期待すると述べた。

仏ソジェンのウデアCEO、来年退任意向を発表 金融危機以来15年在任

フランスの銀行大手ソシエテ・ジェネラル(ソジェン)のフレデリック・ウデア最高経営責任者(CEO)は17日、来年の退任の意向を発表した。欧米が金融危機に見舞われた2008年以来、在任は15年にわたり、欧州銀行界で最も長くCEOを務めている1人だった。

仏ソジェン、第1四半期は増収増益 ロシア侵攻関連コストが増加

フランスの大手銀行ソシエテ・ジェネラル(ソジェン)が5日発表した第1・四半期決算は増収増益だった。ただロシアのウクライナ侵攻による経済への影響が顧客に波及し、貸倒引当金を積み増した。

英バークレイズ、南アのアブサ株売却 6.87億ドル調達

英銀大手バークレイズは21日、南アフリカの銀行アブサの株式7.4%を売却し、5億2600万ポンド(6億8700万ドル)を調達したことを明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up