for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソシエテ・ジェネラル

SOGN.PA

前日終値

26.28EUR

変化

-0.18(-0.66%)

出来高

1,060,742

本日のレンジ

25.92

 - 

26.47

52週レンジ

20.81

 - 

34.55

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
26.46
始値
26.00
出来高
1,060,742
3か月平均出来高
102.97
高値
26.47
安値
25.92
52週高値
34.55
52週安値
20.81
発行済株式数
834.22
時価総額
22,652.75
予想PER
7.12
配当利回り
8.29

次のエベント

Q3 2019 Societe Generale SA Earnings Release

適時開示

その他

Komercni Banka Q2 profit higher than expected, confirms dividend outlook

EDF signs new sustainable revolving credit facilities with Credit Agricole and SocGen

SocGen to buy Socalfi in New Caledonia

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソシエテ・ジェネラルとは

ソシエテ・ジェネラル(Societe Generale S.A.)は小売銀行業務、企業と投資銀行業務、金融サービス、保険、プライベート・バンキング及び資産管理に従事する金融サービス会社である。【事業内容】同社の主要事業はフランス小売銀行、国際的小売銀行・金融サービス及びグローバル・バンキングと投資家ソリューションという3つの事業区分により構成される。金融サービスは保険、自動車賃貸・フリート管理及び設備とベンダー・ファイナンスを含む。同社子会社Lyxor Asset Management (Lyxor)は機関顧客にストラクチャード、インデックスと代替投資ソリューションを提供する投資商品・サービスを提供する。Lyxorは各種資産クラスを通じて配給の多様化のための投資ソリューションを投資家に提供する。同社は約70カ国にある個人顧客、大企業と機関投資家に各種顧問サービスとテーラードの金融ソリューションを提供する。

業種

Regional Banks

連絡先

29 Boulevard Haussmann

+33.1.42142000

https://www.societegenerale.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Lorenzo Bini Smaghi

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Frederic Oudea

Chief Executive Officer, Member of the Group Management Committee, Member of the Executive Committee, Executive Director

Philippe Aymerich

Deputy CEO - French Retail Banking activities and their Innovation, Technology, IT, Real Estate and Sourcing and Member of the Group Management Committee

Severin Cabannes

Deputy CEO - Global Banking and Investor Solutions activities and Member of the Group Management Committee

Philippe Laurent Charles Heim

Deputy CEO - International Retail Banking activities, Financial Services and Insurance, Member of the Group Management Committee

統計

2.96 mean rating - 24 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2016

25.3K

2017

24.0K

2018

25.2K

2019(E)

24.6K
EPS (EUR)

2016

4.260

2017

2.920

2018

4.240

2019(E)

3.731
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.15
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価純資産倍率(四半期)
0.35
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
86.50
長期負債/資本(四半期)
59.80
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.33

最新ニュース

最新ニュース

主要投資銀行、上半期収入は13年ぶり低水準=コアリション

業界分析会社コアリションが5日発表した最新データによると、世界の主要投資銀行の今年1─6月収入総額は前年同期比11%減の768億ドルと、上半期としては2006年以来13年ぶりの低水準となった。

コラム:マイナス金利に苦しむ欧州銀、迫る景気後退の時限爆弾=大槻奈那氏

欧州の銀行株が乱高下している。景気後退に陥った場合にドイツには財政出動の準備があるとの報道で若干値を戻したものの、資産価値に比べて株価が割高か割安かをみる株価純資産倍率(PBR)は、ドイツ銀行<DBKGn.DE>とコメルツ銀行<CBKG.DE>で0.2倍前後、フランスのソシエテ・ジェネラル<SOGN.PA>や英国のバークレイズ<BARC.L>、イタリアのウニクレディト<CRDI.MI>でも0.3─0.4倍と、ことごとく1.0倍を大きく割り、ほぼ今年の最安値近辺で推移している。

欧州市場サマリー(1日)

<ロンドン株式市場> ほぼ横ばいで取引を終えた。利益 が予想に届かなかった石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルが大幅安となったほか 、米連邦準備理事会(FRB)が市場の期待をくじいたことが相場の抑制要因だった。 FTSE100種で最も比重が大きいロイヤル・ダッチ・シェルは4.9%下落した 。100億ポンド以上の時価総額が吹き飛んだ。第2・四半期利益が30カ月ぶりの低水 準に落ち込んだことが嫌気された。 FRBは前日、政策金利を25ベーシスポイント(bp)引き下げることを決めた上 で、パウエル議長が長期的な利下げ局面の始まりではないと述べ、世界的...

欧州株式市場=続伸、BATや金融株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 387.68 +1.91 +0.50 385.77 種 FTSEユーロファー 1526.84 +6.97 +0.46 1519.87 スト300種 DJユーロSTOXX 3490.03 +23.18 +0.67 3466.85 <.STOXX50 50種 E> 欧州株式市場は続伸して取引を終えた。好決算を発表したブリティッシュ・アメリカ ン・タバコ(BAT)が相場を押し上げた。合併・買収(M&A)を買い材料に 金融株も値を上げた。 BATは6.9%上昇した。上半期売上高...

ユーロ圏の共通決済システム、20年末までの完全普及へ取り組み加速

米フェイスブック<FB.O>などのテクノロジー企業が金融分野に進出する動きをみせる中、欧州の金融業界関係者は、ユーロ圏ですべての銀行が共有するリアルタイムの決済システムを2020年末までに導入することは可能との見解を示した。

新興国市場、危険な局面に突入している=ソシエテ・ジェネラル

仏大手銀行のソシエテ・ジェネラルは13日、新興国市場は危険で、今よりも大幅変動が見込まれる局面に突入していると指摘。成長鈍化や景気後退(リセッション)への懸念が高まりつつあり、危機に陥る可能性もあるとの見方を示した。

世界の投資銀大手12行、第1四半期の商品関連収入は6%増=調査

データ分析会社コアリションによると、世界の投資銀行大手12行のコモディティー(商品)関連収入は、第1・四半期に前年同期比6%増加し12億ドルとなった。石油関連が好調となる一方、電力・ガスや金属はさえなかった。

パリでも反温暖化デモ、ソシエテジェネラルなど大手企業封鎖

環境保護団体グリーンピースは19日、フランスの大手銀行ソシエテジェネラル<SOGN.PA>、フランス電力公社(EDF)<EDF.PA>、石油大手トタル<TOTF.PA>の本社を活動家が封鎖し、従業員数百人の立ち入りを阻止したと明らかにした。

コラム:ノートルダムが温めたフランス人の冷たい慈善家精神

フランスの国家的悲劇は、国民の慈善の心を呼び覚ましたようだ。大富豪の実業家や名だたる大手企業は16日、前日に大規模火災に見舞われたノートルダム寺院を修復するための寄付を続々と申し出た。他国に比べて企業による目立った慈善活動が少ないフランスでは珍しいことだ。

仏当局、銀行の資本バッファー0.5%に引き上げ 融資リスクに備え

フランスの金融安定評議会は18日、国内銀行にカウンターシクリカル資本バッファーの引き上げを命じた。現在の融資ブームが冷え込んだ場合に備える狙いがある。

ハードブレグジットならEUの家計・企業は混乱=英中銀

イングランド銀行(英中央銀行)は、英国が合意なく欧州連合(EU)を離脱(ブレグジット)した場合、英国の金融システムは対応する準備ができているものの、EUの家計や企業は混乱に陥る可能性があると指摘した。

ロンドン株式市場=小幅続伸、メイ英首相がEU離脱代替案提示

米市場がキング牧師生誕日の祝日で休場だったことから、ロンドン市場も薄商いとな った。 (い)

欧州市場サマリー(18日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。米中貿 易摩擦が和らいでいる兆しが一因で世界的に市場心理が好転した。 週間ベースでは0.80%上昇し、4週続伸した。今週は英議会が欧州連合(EU) 離脱案を大差で否決した後、内閣不信任案を否決し、政治的に混乱した。FTSEは大方 、マイナス圏で取引された。 この日は、中国が米製品の輸入拡大を提案したとのブルームバーグ報道を受け世界的 に株価が上がった。また、米国が中国製品に対する一部、もしくは全ての関税を解除する ことを検討しているとの報道も材料視された。 金融部門の値上がりが目立った。前日は...

ロンドン株式市場=反発、米中貿易摩擦和らぐ兆しで

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6968.33 +133.41 +1.95 6834.92 ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。米中貿易摩擦が和らいでいる兆しが一因 で世界的に市場心理が好転した。 週間ベースでは0.80%上昇し、4週続伸した。今週は英議会が欧州連合(EU) 離脱案を大差で否決した後、内閣不信任案を否決し、政治的に混乱した。FTSEは大方 、マイナス圏で取引された。 この日は、中国が米製品の輸入拡大を提案したとのブルームバーグ報道を受け世界的 に株価が上がった。また、米国が中国製品...

欧州市場サマリー(17日)

<ロンドン株式市場> 続落。金融と住宅建設銘柄が売られ、全体水準を 押し下げた一方、決算が好感された銘柄は買われた。 金融が部門別で最大の押し下げ要因となった。フランスの銀行大手ソシエテ・ジェネラル(ソジェン) が軟調な決算を発表し、5.7%下落。同業銘柄も連れ安となった。 住宅建設のバラット・デベロップメンツとバークレー・グループ、テイラー・ウィン ペイは0.3%から1.2%下落した。英王立公認不動産鑑定士協会(RICS)が公表した調査に よると、向こう3カ月間の国内住宅販売見通しを示す指数が2018年12月に、過去最低水準に落ち込ん...

欧州株式市場=まちまち、米国のファーウェイ捜査で対中関係不安視

<株式指数> 終値 前日 % 前営業日終 コード 比 値 STOXX欧州600種 350.73 +0.14 +0.04 350.59 FTSEユーロファースト3 1379.50 +0.79 +0.06 1378.71 00種 DJユーロSTOXX50種 3069.35 -7.87 -0.26 3077.22 欧州株式市場はまちまちで取引を終えた。フランスの銀行大手ソシエテ・ジェネラル (ソジェン)による軟調な利益見通しが相場の重しとなったほか、米国が中国 の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)を捜査しているとの報道を受け、米中関係が...

ロンドン株式市場=続落、金融と住宅建設銘柄売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6834.92 -27.76 -0.40 6862.68 ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。金融と住宅建設銘柄が売られ、全体水準 を押し下げた一方、決算が好感された銘柄は買われた。 金融が部門別で最大の押し下げ要因となった。フランスの銀行大手ソシエテ・ジェネ ラル(ソジェン)が軟調な決算を発表し、5.7%下落。同業銘柄も連れ安と なった。 住宅建設のバラット・デベロップメンツとバークレー・グループ、 テイラー・ウィンペイは0.3%から1.2%下落した。英王立公認不動産鑑定士...

焦点:「ブレグジット・プレミアム」、英企業襲う金利上乗せ

英企業は、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)がどのような形で進もうとも業績悪化が見込まれるとして、金融市場からの資金調達で欧州の同業他社よりも高い金利、つまり「ブレグジット・プレミアム」を求められる傾向が強まっている。

銀行のストレステスト結果、資本要件に自動適用せず=ECB

欧州中央銀行(ECB)の報道官は14日、欧州の銀行のストレステスト(健全性審査)結果と資本要件が自動的に結び付くことはないとの見解を示した。

ユーロ圏大手3行、110億ユーロの資本積み増し必要になる可能性

ドイツ銀行<DBKGn.DE>、ソシエテ・ジェネラル(ソジェン)<SOGN.PA>、BNPパリバ<BNPP.PA>のユーロ圏大手銀行3行は、今月初旬の欧州中央銀行(ECB)の健全性審査(ストレステスト)の結果公表後にデギンドス副総裁が言及した非公式基準を満たすことを求められた場合、110億ユーロ(124億ドル)の資本積み増しが必要になる可能性がある。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up