for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソシエテ・ジェネラル

SOGN.PA

現在値

27.84EUR

変化

0.34(+1.22%)

出来高

3,976,413

本日のレンジ

27.29

 - 

27.86

52週レンジ

18.34

 - 

37.67

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
27.50
始値
27.56
出来高
3,976,413
3か月平均出来高
69.13
高値
27.86
安値
27.29
52週高値
37.67
52週安値
18.34
発行済株式数
831.12
時価総額
22,225.75
予想PER
5.04
配当利回り
6.00

次のエベント

Full Year 2022 Societe Generale SA Earnings Release

適時開示

その他

namR Launches Capital Increase For A Target Amount Of 4.76 Million Euros

SocGen, Pegasus Airlines Close Aircraft-Secured Sustainability-Linked Loan

French bank SocGen: core equity Tier 1 capital ratio above that required of it by European Central Bank

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソシエテ・ジェネラルとは

ソシエテ・ジェネラル(Societe Generale SA)は、フランスに本拠を置く金融サービスグループである。【事業内容】取引を保護し、資産・貯蓄を保護及び管理し、クライアントがプロジェクトの資金調達を支援するために、各種助言サービス及びカスタマイズされた金融ソリューションを提供する。フランスのリテールバンキング、国際リテールバンキング・金融サービス、グローバルバンキング・インベスターソリューションの3つのセグメントで構成される。フランスのリテールバンキング事業は、Societe Generale、Credit du Nord及びBoursoramaの国内ネットワークを含む。国際リテールバンキング・金融サービス事業は、消費者金融活動を行う国際リテールバンキング事業、車両リース・管理、機器及びベンダー金融事業を行う企業向け金融サービス、並びに保険事業で構成される。グローバルバンキング・インベスターソリューション事業は、グローバルマーケット及びインベスターズサービス、ファイナンス及びアドバイザリー、資産管理で構成される。グローバルにおいて事業を行う。

業種

Money Center Banks

連絡先

29 Boulevard Haussmann

75009

France

+33.1.42142000

https://www.societegenerale.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Lorenzo Bini Smaghi

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Frederic Oudea

Chief Executive Officer, Executive Director, Member of the Management Board

Philippe Aymerich

Deputy CEO - French Retail Banking activities, Innovation, Technology and IT Service Unit and International Retail Banking activities, Member of the Group Management Committee

Diony Lebot

Deputy Chief Executive Officer, Member of the Management Committee

Claire A. Dumas

Chief Financial Officer, Member of the Management Committee

統計

2.13 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2019

24.7K

2020

22.1K

2021

25.8K

2022(E)

27.5K
EPS (EUR)

2019

3.050

2020

-0.220

2021

6.370

2022(E)

5.460
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.95
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価純資産倍率(四半期)
0.34
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
282.65
長期負債/資本(四半期)
282.65
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.23

最新ニュース

最新ニュース

米、ロシア富豪ポターニン氏に制裁へ ノルニッケル対象外=報道

[ワシントン 14日 ロイター] - 米政府はロシアの大富豪ウラジーミル・ポターニン氏を制裁対象とする方向に動いているが、同氏が主要株主となっているロシアの金属大手ノリリスク・ニッケル(ノルニッケル)は対象としない公算が大きい。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が14日、米当局者の話として報じた。

EXCLUSIVE-ツイッター買収関与の銀行団、評価損計上へ=関係筋

[ニューヨーク 13日 ロイター] - イーロン・マスク氏のツイッター買収に130億ドルを融資した銀行団の一部は今四半期に債権の評価損を計上する構えだが、収益への大きな打撃は回避する可能性が高い。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。

アングル:韓国・台湾株は来年上昇か、大手行が軒並み強気見通し

大手銀行の間で韓国と台湾の株式に対する強気の見方が広がりつつある。半導体市況の復活を背景に、来年は株価が上昇するとの読みだ。日本株についても、円安などを支えに底堅い展開を予想する声が聞かれた。

仏ソジェンと米アライアンス・バーンスタイン、現物株・調査で合弁

[パリ 22日 ロイター] - 仏大手銀行ソシエテ・ジェネラル(ソジェン)と米資産運用大手アライアンス・バーンスタインは22日、世界の現物株式と株式に関する調査を中心とした合弁事業を設立すると発表した。

ECBエンリア氏、銀行の大規模自社株買い終焉を予想

[フランクフルト 10日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)銀行監督委員会のエンリア委員長は10日、景気減速に伴い銀行の大規模な自社株買いが終わりを迎えるとの見方を示唆した。

仏銀ソジェン、第3四半期純利益は予想上回る 次期CEO発表

フランスの銀行ソシエテ・ジェネラル(ソジェン)が4日発表した第3・四半期決算は、トレーディング部門が好調で純利益が予想を上回った。投資銀行部門のトップが最高経営責任者(CEO)に昇格する人事も発表した。

仏BNPパリバ、第3四半期純利益が予想上回る

フランスの銀行大手BNPパリバが3日発表した第3・四半期決算は純利益が予想を上回った。トレーディング収入が好調で、コスト増加や一部のレバレッジドファイナンスの評価減を相殺した。

仏ソジェン、石油・ガス生産部門エクスポージャー縮小を加速へ

仏金融大手ソシエテ・ジェネラル(ソジェン)は、石油・ガス生産部門に対するエクスポージャーをさらに減らす計画であるとともに、石炭からの完全撤退の目標に向け順調に進展していると表明した。

アングル:マスク氏のツイッター買収再提案、銀行は大損の可能性

[5日 ロイター] - 米実業家イーロン・マスク氏が当初合意の通り総額440億ドルでツイッター買収を再提案したことは、多くの資金を提供する銀行にとってこれ以上ないほど悪いタイミングで、大幅な損失を被る可能性がある。

アングル:米株・債券市場、QT加速による一段の地合い悪化を警戒

米連邦準備理事会(FRB)による「量的引き締め(QT)」加速で米経済への重圧が高まり、今年の株式と債券は一層強い逆風に見舞われるのではないか──。一部投資家の間からはこうした声が聞かれる。

コラム:長期化しがちな市場の価格調整、適正水準へのこだわり禁物

投資家がこだわる「適正水準」を実際に市場が発見できるケースは滅多になく、そこに落ち着くかどうかを気に病むべきではない。

ユーロ圏の銀行、23年まで融資巡るリスク上昇=仏銀行連盟

フランス銀行連盟(FBF)のニコラス・テリー会長は30日、ユーロ圏の銀行の融資ポートフォリオを巡るリスクが景気低迷と高インフレにより2023年まで上昇すると指摘した。

欧州株式市場=反発、米CPIの結果に安心感

欧州株式市場は反発して取引を終えた。 7月の米消費者物価指数(CPI)の伸びが鈍化したことで一定の安心 感が広がった。 しかし、アナリストはエネルギー価格の下落が米国のインフレ緩和 に貢献したとはいえ、欧州での需給リスクは厳しい状況だと指摘した。 今夏の熱波と降雨不足のためドイツの大動脈であるライン川の水位が低 下して輸送に支障を来しており、運送費が5倍超に跳ね上がっている。 オンライン取引プラットフォームIGのシニアマーケットアナリス ト、ジョシュア・マホニー氏は「残念ながらロシア以外からのエネルギ ー調達が難しいということは、今年終盤...

欧州株式市場=反落、米インフレ指標に注目

欧州株式市場は反落して取引を終えた。投 資家は米連邦準備理事会(FRB)の利上げの動きを見極めようと今週 発表されるインフレの経済指標に注目しており、慎重姿勢を示している 。 9月の欧州中央銀行(ECB)が50ベーシスポイント(bp)、 FRBが75bpそれぞれ利上げするとの予想が高まる中、債券利回り が上昇した。 金利に敏感なSTOXX欧州600種テクノロジー株指数 が3.29%下落し、相場全体を押し下げた。景気に敏感な資源株指数 、自動車・部品株指数はそれぞれ0.53%、2.19 %安。 ICGの経済・投資調査ヘッドのニック・ブルックス...

欧州株式市場=反発、買い戻し優勢に

個別銘柄では、デンマークのビール大手カールスバーグ が1.5%上昇。ウクライナでの事業を再開し、欧州とアジアで業績が 好調なため2022年通年の増益率予想を引き上げたのが好感された。 ドイツのエネルギー技術企業、シーメンス・エナジーは 1.0%安。ロシア事業の整理に伴う2億ユーロ(2億400万ドル) が響き、22年の純損失が拡大すると述べた。 イタリアの主要株価FTSE・MIB指数0.62%高。 格付け会社ムーディーズは5日、イタリアの格付け見通しを「安定的」 から「ネガティブ」に引き下げていた。 <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終...

ロシア、「非友好国」投資家の株売却を年内禁止 サハリン1など

[モスクワ 5日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は5日、ウクライナ侵攻を受け対ロシア制裁を科している「非友好国」の投資家がロシアの主要エネルギー事業や銀行などの株式を売却することを年末まで禁止する大統領令に署名した。西側諸国による対ロ制裁に対抗する。

欧州株式市場=3営業日ぶり反落、米大幅利上げ継続観測で

欧州株式市場は3営業日ぶりに反落して取 引を終えた。米雇用統計が市場予想を上回り、米連邦準備理事会(FR B)が9月に75ベーシスポイント(bp)の大幅利上げを続けるとの 観測が強まったのが売りを誘った。 また、経済成長見通しが悪化しているとの懸念からSTOXX欧州 600種指数は週間で0.59%下落した。 キャピタル・エコノミクスの欧州担当シニアエコノミスト、ジャッ ク・アレン・レイノルズ氏は「今週発表されたデータは、景気後退がす ぐそこに迫っているとのさらなる証拠となった」と指摘した。 今週発表されたユーロ圏の6月の小売売上高は予想...

ロ、「非友好国」投資家の株式売却を年内禁止 サハリン1など

[5日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は5日、ウクライナ侵攻を受け対ロシア制裁を科している「非友好国」の投資家がロシアの主要エネルギー事業や銀行などの株式を売却することを年末まで禁止する大統領令に署名した。西側諸国による対ロ制裁に対抗する。

欧州市場サマリー(4日)

<ロンドン株式市場> ほぼ横ばいで取引を終えた。イン グランド銀行(英中央銀行)が1995年以来、27年ぶりとなる50ベーシスポイント (BP)の大幅利上げを決めたことで通貨ポンドが下落したのが買い材料となった一方、 投資家は景気後退が迫っているとの懸念を強め、売り買いが交錯した。 英中銀は4日の金融政策委員会(MPC)で50BPの利上げを委員9人のうち8人 の賛成多数で決定。政策金利は1.75%と2008年終盤以来の高水準となった。 キルター・インベスターズのポートフォリオマネジャー、ポール・クレイグ氏は「英 中銀が米連邦準備理事会(...

欧州株式市場=続伸、好決算を材料視

欧州株式市場は続伸して取引を終えた。一 部企業が発表した四半期決算が好調だったのが材料視され、相場を押し 上げた。 イングランド銀行(英中央銀行)は4日、政策金利を50ベーシス ポイント(bp)引き上げて1.75%とすることを決定。景気後退を 見込みながらもインフレ高進に対処するため27年ぶりの大幅利上げに 踏み切った。欧州中央銀行(ECB)も先月、50bp引き上げており 、今後も利上げを続ける見通しを示している。 キャピタル・エコノミクスのエコノミストは投資家向けメモで「( ユーロ圏)経済が不調で金利が上昇するのに伴い、年内の欧州株式相場...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up