for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Spirit AeroSystems Holdings, Inc.

SPR.N

現在値

18.36USD

変化

-1.09(-5.60%)

出来高

2,381,832

本日のレンジ

18.24

 - 

21.89

52週レンジ

13.70

 - 

92.67

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
19.45
始値
21.00
出来高
2,381,832
3か月平均出来高
47.15
高値
21.89
安値
18.24
52週高値
92.67
52週安値
13.70
発行済株式数
104.88
時価総額
2,037.27
予想PER
--
配当利回り
0.21

次のエベント

Spirit AeroSystems Holdings Inc Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Spirit Aerosystems Approves 10% Reductions To Current Base Salaries Of CEO & CFO

Darsana Capital Partners Reports 5.95% Passive Stake In Spirit Aerosystems Holdings

Spirit AeroSystems To Restart 737 MAX Production In March - Conf Call

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Spirit AeroSystems Holdings, Inc.とは

ピリット・エアロシステムズ・ ホールディングス(Spirit AeroSystems Holdings, Inc.)は航空機部品を設計し、商業用航空機構造部品を製造する独立系非相手先商標製品の製造会社(OEM)である。【事業内容】同社は機体前部、中部及び後部を行う機体装置事業、ナセル、ストラット・パイロン及びエンジン構造用部品を行う推進装置事業、並びにウイングシステム・コンポーネント、飛行制御面及びその他各種構造部品を行うウイングシステム事業等3つの部門を通して運営する。同社はボーイング(Boeing)向けの独立系航空機構造部品のプロバイダーである。また、同社はエアバス S.A.S. (Airbus)向けの独立系航空機構造部品のプロバイダーである。同社はボーイングB737の機体部品の大部分を製造する。同社はまた、エアバスA320ファミリーのウイングシステムのコンテンツサプライヤー。同社はエアバスA380のサプライヤー。

連絡先

3801 S Oliver St

WICHITA, KS

67210-2112

United States

+1.316.5269000

http://www.spiritaero.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Robert D. Johnson

Independent Chairman of the Board

Thomas C. Gentile

President, Chief Executive Officer, Director

Mark J. Suchinski

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Samantha J. Marnick

Executive Vice President, Chief Administration Officer and Strategy

John Pilla

Senior Vice President, Chief Technology Officer

統計

2.67 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

7.0K

2018

7.2K

2019

7.9K

2020(E)

5.1K
EPS (USD)

2017

5.350

2018

6.260

2019

5.540

2020(E)

-0.229
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.85
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.26
株価純資産倍率(四半期)
1.16
株価キャッシュフロー倍率
2.61
総負債/総資本(四半期)
172.27
長期負債/資本(四半期)
169.42
投資利益率(過去12カ月)
10.65
自己資本利益率(過去12カ月)
7.97

最新ニュース

最新ニュース

米耐久財コア受注、12月0.9%減 8カ月ぶり大幅マイナス

米商務省が28日発表した2019年12月の耐久財受注統計は、民間設備投資の先行指標とされるコア資本財(非国防資本財から航空機を除く)の受注が前月比0.9%減と、19年4月以来の大幅な落ち込みとなった。市場予想は横ばいだった。出荷も減少し、設備投資が第4・四半期に一段と落ち込み、国内総生産(GDP)の重しとなった可能性を示唆する。

米耐久財コア受注、12月0.9%減 8カ月ぶり大幅マイナス

米商務省が28日発表した2019年12月の耐久財受注統計は、民間設備投資の先行指標とされるコア資本財(非国防資本財から航空機を除く)の受注が前月比0.9%減と、19年4月以来の大幅な落ち込みとなった。市場予想は横ばいだった。出荷も減少し、設備投資が第4・四半期に一段と落ち込み、国内総生産(GDP)の重しとなった可能性を示唆する。

737MAX生産停止、20年米第1四半期GDP0.5ポイント下押しか

米ボーイング<BA.N>が最新鋭旅客機737MAXの生産停止を決めたことで、米国内総生産(GDP)や雇用が打撃を受けそうだが、影響は一時的であり、サプライヤーが拠点を置く地域に集中する――。エコノミストや業界幹部はこうした見方をしている。

ボーイング、737MAX生産停止後も手元資金の減少続く見通し

米航空機大手ボーイング<BA.N>は2件の墜落事故を起こした旅客機「737MAX」の生産停止を決めたが、アナリストは生産停止後も同社のキャッシュバーン(手元資金の減少)が続くと予想している。

ボーイング、来年1月から737MAXの生産停止 部品供給網に影響も

米航空機大手ボーイング<BA.N>は、2件の墜落事故を起こした旅客機「737MAX」の運航再開が年明け以降になる見通しとなったことを受け、同機の生産を来年1月から一時停止すると16日に発表した。世界中のサプライチェーンや米経済に影響が広がる可能性がある。

米ボーイング、来年1月から737MAXの生産停止

米航空機大手ボーイングは、2件の墜落事故を起こした旅客機「737MAX」の運航再開が年明け以降になる見通しとなったことを受け、同機の生産を来年1月から停止すると16日に発表した。世界中のサプライチェーンや米経済に影響が広がる可能性がある。

米国株式市場はS&Pとナスダック小幅高、業績懸念が上値抑制

米国株式市場はS&P総合500種とナスダックがプラス圏で取引を終えた。ただ、第1・四半期業績を巡る懸念が工業株の下げにつながり、指数の上値を抑制した。ダウ平均は反落。S&P500は8日連続の続伸で、2017年10月以来の記録を伸ばした。

ボーイング、737MAXの引き渡し停止 生産は継続

米航空機大手ボーイング<BA.N>は14日、エチオピアで墜落事故を起こした同社の旅客機737MAXについて、引き渡しが凍結状態にあることを確認した。一方、生産は継続しているという。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up