for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Standard Chartered PLC

STAN.L

現在値

428.70GBp

変化

-5.30(-1.22%)

出来高

6,165,401

本日のレンジ

426.80

 - 

433.10

52週レンジ

334.25

 - 

533.20

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
434.00
始値
432.20
出来高
6,165,401
3か月平均出来高
127.53
高値
433.10
安値
426.80
52週高値
533.20
52週安値
334.25
発行済株式数
3,079.12
時価総額
13,363.38
予想PER
7.19
配当利回り
1.25

次のエベント

Standard Chartered PLC Innovation & Digitisation Day

適時開示

その他

identitii Signs Contract With Standard Chartered Australia

Standard Chartered Officially Opens Bank’s First Branch In Saudi Arabia

Standard Chartered’s First Green Trade Finance Facility Inaugurated In UAE

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Standard Chartered PLCとは

スタンダード・チャータード(Standard Chartered PLC)は、国際的な銀行会社である。【事業内容】セグメントには、企業・機関銀行、リテール銀行、商業銀行、プライベート銀行が含まれる。企業・機関銀行セグメントは、企業及び金融機関のグローバルな運営・取引を可能にする。プライベート銀行セグメントは、国境を越えた銀行ニーズを持つ富裕層をサポートし、グローバルな投資機会を提供する。リテール銀行セグメントは、顧客及び中小企業に多種銀行サポートソリューションを提供する。商業銀行セグメントは、中規模企業に金融ソリューション及びサービスを提供する。個人向け銀行サービスには、投資と従業員銀行が含まれる。ビジネス銀行業務には、トランザクション銀行、イスラム銀行及びグローバルリサーチ業務が含まれる。プライベート銀行には、オンラインサービスが含まれる。

業種

Regional Banks

連絡先

1 Basinghall Avenue

EC2V 5DD

United Kingdom

+44.20.78858888

https://www.sc.com/en/

エグゼクティブリーダーシップ

Jose Vinals

Group Chairman of the Board

William Thomas Winters

Group Chief Executive Officer, Executive Director

Naguib Kheraj

Non-Executive Independent Deputy Chairman of the Board

Andy Halford

Group Chief Financial Officer, Executive Director

Simon Nigel Cooper

Chief Executive Officer - Corporate & Institutional Banking

統計

2.19 mean rating - 21 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

14.8K

2019

15.4K

2020

14.8K

2021(E)

15.0K
EPS (USD)

2018

0.610

2019

0.750

2020

0.357

2021(E)

0.830
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.47
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.19
株価純資産倍率(四半期)
0.36
株価キャッシュフロー倍率
9.21
総負債/総資本(四半期)
283.52
長期負債/資本(四半期)
160.08
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.21

最新ニュース

最新ニュース

恒大集団の債務問題、中国への投資意欲を阻害せず=スタンチャート

英銀行大手スタンダード・チャータード(スタンチャート)のハルフォード最高財務責任者(CFO)は23日、中国の不動産開発大手、中国恒大集団の資金繰りを巡る懸念について、同行の中国に対する投資を抑制するものではないとの見解を示した。

欧州市場サマリー(23日)

これらの中銀のタカ派スタンスに加え、株高なども材料視され、域内10年債利回り は6─7ベーシスポイント(bp)上昇した。 大和キャピタル・マーケッツの経済調査部門責任者、クリス・シクルナ氏は、パウエ ルFRB議長が次の展開について曖昧な表現を抑えたことが域内国債利回りの動きに影響 したと述べた。 ドイツ10年債利回りは一時7bp上昇のマイナス0.249%と7月 上旬以来の高水準。1日当たりの上昇幅としては2月以降で最大となった。30年債利回 りも約6bp上昇し0.26%となった。 英中銀の会合を受け、英2年債利回りは10bp上昇し0.38...

ロンドン株式市場=横ばい、ポンド高が重し

ロンドン株式市場はほぼ横ばいで取引を 終えた。イングランド銀行(英中央銀行)が金利上昇の根拠が強まった との見解を示したことからポンドが上昇し、相場の重しとなった。 FTSE100種は取引時間中に0.7%上げる場面もあった が、ドルで利益を上げる業種が売られ、上昇を打ち消した。 英中銀は今年末時点のインフレ率が目標の2倍以上の4%超になると上 方修正した。一方、物価上昇は一時的と予測。2人の委員は総額895 0億ポンド(1兆2300億ドル)の資産購入枠の縮小を主張した。 JPモルガン・アセット・マネジメントのグローバル市場ストラテジス...

ビットコイン、来年初めまでに10万ドルに到達=スタンチャート

スタンダード・チャータードが新設した暗号資産(仮想通貨)リサーチ部門は、ビットコインの価値が、来年初めまでに現在の約2倍の10万ドルに達すると予測、中・長期的には最高で17万5000ドルに上昇する可能性があるとの見方を示した。

欧州市場サマリー(25日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。金融と 旅行関連株が買われ全体水準を押し上げた。投資家は、世界的な新型コロナウイルス感染 の増加と経済成長の鈍化のリスクを見極めようとしている。 金融大手HSBCと英銀大手のロイズ、賭け業者のフラッター・エ ンターテイメント、英大手銀行スタンダード・チャータード(スタンチャート )、オンラインスーパー大手オカドの値上がりが目立った。 英国債利回りの上昇に伴いFTSE350種銀行株指数 は2.02%上昇した。国債利回りは3日続けて上がっている。旅行・娯楽関連株指数<. FTNMX405010>は...

ロンドン株式市場=続伸、金融と旅行株買われる

ロンドン株式市場は続伸して取引を終え た。金融と旅行関連株が買われ全体水準を押し上げた。投資家は、世界 的な新型コロナウイルス感染の増加と経済成長の鈍化のリスクを見極め ようとしている。 金融大手HSBCと英銀大手のロイズ、賭け業者 のフラッター・エンターテイメント、英大手銀行スタンダー ド・チャータード(スタンチャート)、オンラインスーパー大 手オカドの値上がりが目立った。 英国債利回りの上昇に伴いFTSE350種銀行株指 数は2.02%上昇した。国債利回りは3日続けて上が っている。旅行・娯楽関連株指数は4営業日続伸した。 廃棄物処理...

ブラックストーン、インタープレックス買収を交渉 10億ドル=関係筋

複数の関係筋によると、米大手投資ファンドのブラックストーンは、シンガポールの精密工学会社インタープレックス・ホールディングスの買収に向けて交渉を進めている。

温暖化対策で企業は自ら行動を=スタンチャートCEO

スタンダード・チャータード(スタンチャート)銀行のビル・ウィンターズ最高経営責任者(CEO)は10日、温暖化対策に関して企業は、11月にスコットランドで開催される国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)での各国政府の合意を期待するのではなく、自ら行動を起こすべきだとの考えを示した。

ロンドン株式市場=続伸、金融株買われる

(表は本文の下に表示しています。) [4日 ロイター] - ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた 。比重の大きい金融株が買われ全体水準を押し上げた。好決算も買い材 料だった。ただ投資家は、新型コロナウイルス感染の増加や物価上昇の リスクを踏まえ慎重な姿勢を保っている。 FTSE350種生命保険株指数は1.34%上昇 した。保険大手プルーデンシャルが1.0%高。資産運用会社 リーガル&ジェネラルは2.9%上昇。上半期利益が市場予想 を上回り、通期の業績が好調となることを示唆した。銀行大手のバーク レイズも1.4%値を上げた。 住宅建設の...

欧州市場サマリー(3日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。好決算を 受け早期の経済回復への期待が高まった。ただ新型コロナウイルスのデルタ株の感染が世 界的に増えていることから、上昇幅は限定的だった。 FTSE350種石油・ガス株指数は2.94%上昇した。個別銘柄 では石油大手のBPが5.6%値を上げた。第2・四半期利益が28億ドルに増え たことで配当を4%増やし、追加の自社株買いを決めた。 英大手銀行スタンダード・チャータード(スタンチャート)は1.0%高だ った。上半期の税引き前利益が市場予想を上回る57%増となった。2億5000万ドル の自社株買...

ロンドン株式市場=続伸、好決算で経済回復期待高まる

(表は本文の下に表示しています) [3日 ロイター] - ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた 。好決算を受け早期の経済回復への期待が高まった。ただ新型コロナウ イルスのデルタ株の感染が世界的に増えていることから、上昇幅は限定 的だった。 FTSE350種石油・ガス株指数は2.94%上 昇した。個別銘柄では石油大手のBPが5.6%値を上げた。第 2・四半期利益が28億ドルに増えたことで配当を4%増やし、追加の 自社株買いを決めた。 英大手銀行スタンダード・チャータード(スタンチャート)<STAN. L>は1.0%高だった。上半期の税引...

欧州株式市場=続伸、好決算で最高値

(表は本文の下に表示しています) [3日 ロイター] - 欧州株式市場は続伸して取引を終えた。石 油大手のBPやフランスの銀行ソシエテ・ジェネラル(ソジェン)など 比重の大きい銘柄の好決算が相場を押し上げた。STOXX欧州600 種は過去最高値を付けた。ただ新型コロナウイルスのデルタ株の感染が 増えていることや中国の規制強化の懸念により、上昇幅は限定的だった 。 STOXX欧州600種石油・ガス株指数は2.22%上 昇し、部門別で最も大幅に伸びた。BPは5.6%高。四半期利 益が急増したことで増配と追加の自社株買いを発表した。 ソジェン...

スタンチャート、上半期は57%増益 収入減で先行きには課題も

英銀行大手スタンダード・チャータード(スタンチャート)が3日発表した2021年上半期決算は、税引き前利益が57%増え、予想を上回った。また2億5000万ドルの自社株買いのほか、1株当たり0.03ドルの中間配当を実施するとし、配当の再開を発表した。

HSBCとスタンチャート、中国恒大集団の香港物件向け新規融資停止

HSBCとスタンダード・チャータード(スタンチャート)が、中国の不動産開発大手、中国恒大集団が香港で手掛けている2件の住宅開発に関連した新規融資を停止した。住宅融資取次業者(ブローカー)3人が21日に明らかにした。東亜銀行も同様な対応を取っているという。

焦点:中銀デジタル通貨普及に備える米欧銀

世界の中央銀行がデジタル通貨分野に踏み込もうとしている中で、関係する政策や技術的な計画に影響力を行使する取り組みについて、商業銀行が対応を強化している。複数の業界幹部への取材や公表資料によって、その実態が判明した。

機関投資家が大手銀に書簡、温暖化対策の強化で圧力

英資産運用会社アビバ・インベスターズやM&Gインベストメンツなど115の機関投資家は7日、大手銀行に宛てた共同書簡で温暖化対策の強化を求めた。来年の株主総会で各行の取り組みを評価する可能性があるとしている。

TP・ICAP、フィデリティなどと暗号資産取引プラットフォーム設立

世界最大の金融仲介業者である英TP・ICAPは29日、米資産運用大手フィデリティ・インベストメンツおよび英銀行大手スタンダード・チャータード(スタンチャート)のデジタル資産カストディー部門と共同で、暗号資産(仮想通貨)の取引プラットフォームを設立すると発表した。

英スタンチャート、傘下部門が暗号資産取引仲介サービス参入

英銀行大手スタンダード・チャータード(スタンチャート)は2日、傘下部門が香港上場の暗号資産関連企業と共に、英国を含む欧州で機関投資家向けの暗号資産(仮想通貨)売買仲介・交換プラットフォームを立ち上げると発表した。

ロンドン株式市場=ほぼ横ばい、鉱業株買われ石油株売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100種 7019.67 -7.26 -0.10 7026.93 ロンドン株式市場はほぼ横ばいで取引を終えた。鉱業株が上昇した 一方、石油株が売られた。 FTSE350種鉱業株指数は2.93%上昇した 。一方、石油大手のBPとロイヤル・ダッチ・シェルは 1.3%と1.9%それぞれ下落した。 金融決済・管理サービスのエクイニティは6.5%高だっ た。プライベートエクイティのシリス・キャピタルを後ろ盾とする会社 による6億7300万ポンド(9億4900万ドル)の買収に合意した...

欧州市場サマリー(26日)

<ロンドン株式市場> はほぼ横ばいで取引を終えた。 米連邦準備理事会(FRB)が緩和的な姿勢を改めて示したことが多くの株式の押し上げ 要因となる一方、銀行株の売り材料となった。中型株は好調だった。 金融大手HSBCと保険大手プルーデンシャル、英大手銀行スタン ダード・チャータード(スタンチャート)は0.7%から2.0%下落した。 一方、特殊化学品会社クローダ・インターナショナルは2.6%上昇。ゴー ルドマン・サックスが投資判断を「売り」から「買い」に引き上げたことが好感された。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.9%上がった。製薬...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up