for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Standard Chartered PLC

STAN.L

現在値

688.80GBp

変化

8.40(+1.23%)

出来高

2,369,900

本日のレンジ

686.00

 - 

694.00

52週レンジ

573.80

 - 

742.60

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
680.40
始値
689.40
出来高
2,369,900
3か月平均出来高
104.24
高値
694.00
安値
686.00
52週高値
742.60
52週安値
573.80
発行済株式数
3,196.21
時価総額
21,778.46
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Full Year 2019 Standard Chartered PLC Earnings Release

適時開示

その他

Standard Chartered Cuts Pension Allowance Of CEO, CFO By 50%

Standard Chartered Says Christine Hodgson To Join Severn Trent PLC As Independent Non-Executive Director

Standard Chartered PLC Q3 Net Interest Income Rises

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Standard Chartered PLCとは

スタンダード・チャータード(Standard Chartered PLC)はイギリスの持株会社である。【事業内容】同社は主に世界において小売・商業銀行業務及び金融サービスの提供に従事する。同社は消費者銀行部門および卸売銀行部門の2事業部門を通して運営する。消費者銀行部門はフランチャイズを通して民間・中小企業(SME)、優先・パーソナル・バンキング顧客向けにサービスを提供する。卸売銀行部門は貸付とポートフォリオ管理、取引、現金管理と保管を含む銀行取引、並びに金融市場、資産・負債管理、コーポレート・ファイナンス及びプリンシパル・ファイナンスが含まれるグローバル市場サービスを提供する。同社の子会社はStandard Chartered Bank Korea Limited、Standard Chartered Bank Malaysia Berhad、Standard Chartered Bank (Pakistan) Limited及びStandard Chartered Bank (Taiwan) Limitedを含む。

連絡先

1 Basinghall Avenue

+44.20.78858888

https://www.sc.com/en/

エグゼクティブリーダーシップ

Jose Vinals

Group Chairman of the Board

William Thomas Winters

Group Chief Executive Officer, Executive Director

Naguib Kheraj

Non-Executive Independent Deputy Chairman of the Board

Andrew Nigel Halford

Group Chief Financial Officer, Executive Director

Tracy Clarke

Regional Chief Executive Officer - Europe & Americas

統計

3.05 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

14.1K

2017

14.4K

2018

14.8K

2019(E)

15.5K
EPS (USD)

2016

0.030

2017

0.470

2018

0.610

2019(E)

0.793
株価売上高倍率(過去12カ月)
55.43
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.75
株価純資産倍率(四半期)
0.57
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.15

最新ニュース

最新ニュース

コラム:企業融資の決定権握る銀行、気候変動に大きな役割

銀行業界は、世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)で地球温暖化問題を巡って白熱した議論が行われている現実を肌で感じつつある。今年のダボス会議は、気候変動が支配的なテーマだ。資産運用で世界最大手の米ブラックロック<BLK.N>は、気候変動に十分な手を打たない企業の意思決定に株主総会で反対すると約束しており、一部企業の行動を変えられるかもしれない。ただし規制当局が銀行に、気候変動に付随するリスクを適切に管理せよと要求する方が効果はあるだろう。

英HSBC、株式部門で100人前後を削減へ=関係筋

英金融大手HSBC<HSBA.L>は株式部門で100人前後の人員を削減する。大半は欧州大陸での削減となる。複数の関係筋がロイターに明らかにした。

中国がネット専業銀行巡り規則制定へ、外資系も誘致へ=関係筋

中国はインターネット専業銀行の運営に関する初めての規則の制定に取り組んでいる。外資系銀行の誘致も目指す。事情に詳しい関係筋3人が明らかにした。

ドバイ不動産大手、世界一高いビルの展望デッキ売却へ

ドバイの不動産大手エマール・プロパティーズは、世界一高い高層ビル「ブルジュ・ハリファ」の観光名所である展望デッキ「At The Top」を売却する。4人の関係筋がロイターに明かしたもので、実現すれば不動産低迷の中で10億ドルの資金調達となる可能性がある。

香港、社会不安で最大50億ドルの資本が流出=英中銀

イングランド銀行(英中央銀行)が16日公表した金融安定報告によると、香港の社会不安を受けて、4月以降、最大50億ドルの投資資金が香港から流出した。

英中銀、銀行の資本バッファー比率を2%に引き上げ 貸出余地確保

イングランド銀行(英中央銀行)は16日、銀行が好況時に積み上げ不況時に取り崩せるカウンターシクリカル資本バッファーをリスク加重資産比で1%から2%に引き上げる方針を発表した。2020年末までに実施する。

欧州の一部大手銀、石炭火力発電への融資止まらず=環境NGO

非政府組織(NGO)で環境問題を扱うウルゲバルトと、銀行の融資活動などを調べるバンクトラックはこのほど、欧州の一部大手銀行が、新規の石炭火力発電所をなおも開発している電力会社への資金融資を間接的に続けているとの報告をまとめた。関連融資すべてを断つように要請している。ロイターが5日、NGOから報告書を入手した。

中国、ABS発行プログラムの対象銀行を拡大=関係筋

中国が金融機関のリスク低減に向け、資産担保証券(ABS)の発行に関する試験プログラムの対象銀行を拡大すると、事情に詳しい関係者3人が29日明らかにした。

プルマタ銀買収交渉、三井住友が最も真剣な提案=インドネシア当局

インドネシア金融庁(OJK)のプルノモ副長官は29日、同国のプルマタ銀行買収に名乗りをあげていた金融機関のうち、候補が外資系2社に絞られており、三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>傘下の三井住友銀行が最も真剣な提案を行っていると述べた。

プルマタ銀買収交渉でOCBCが離脱、三井住友が最有力に=関係筋

インドネシアのプルマタ銀行買収で、有力候補の一角だったシンガポールのオーバーシー・チャイニーズ銀行(OCBC)<OCBC.SI>が交渉から離脱する方針を固めたことが15日、分かった。複数の関係筋が明らかにした。三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>が優位に立ったかたちで、買収額など詰めの協議を年内にも本格化させる見通しだ。

香港の銀行、住宅ローン金利引き上げを計画 不良債権増加を警戒

香港政府が若年層の住宅購入を支援する措置を打ち出す一方で、銀行はリセッション(景気後退)による不良債権の増加をなんとしても回避しようと住宅ローンの申請基準の厳格化に動いている。銀行や住宅ローン・ブローカーの関係者が明らかにした。

香港金融機関、シャッター下ろし自宅勤務も 騒乱拡大で安全策

香港では13日、抗議活動の騒乱によりビジネス街が3日連続でまひ状態となり、金融機関は従業員に自宅待機を求めるなどの対策を取った。

欧州市場サマリー(13日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。米中通 商協議の先行き不透明感が相場の重しとなった。 トランプ米大統領は講演で、米中通商協議の進展について新たな情報を明らかにしな かった。香港のデモが和らぐ兆しがないことと合わさり、金融大手HSBCなど アジアへのエクスポージャーが高い銘柄が値を下げた。投資家は米中通商協議に注視して いる。両国関係の緊張緩和や関税撤廃に向けた動きがみられる中でも投資家は米中が正式 に合意に至るまで慎重な姿勢を保っている。 ポンド安に伴い酒造大手のディアジオや製薬のアストラゼネカなどの 輸出銘柄は買われ、FTSE100...

欧州株式市場=反落、米中協議の先行き不透明感と香港デモ激化で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 405.86 -1.04 -0.26 406.90 種 FTSEユーロファー 1591.83 -3.12 -0.20 1594.95 スト300種 ユーロSTOXX50 3699.50 -12.70 -0.34 3712.20 <.STOXX50 種 E> 欧州株式市場は反落して取引を終えた。米中通商協議の先行き不透明間や香港でのデ モの過激化で、投資家の買い意欲が弱まった。 投資家が注視していた前日のトランプ米大統領の講演では、米中通商協議の進展につ いて詳細...

欧州市場サマリー(11日)

ある市場関係者は「選挙で保守党が票を伸ばせば、ジョンソン首相の離脱協定案も議 会を通過しやすくなり、経済を巡る不透明感も払拭される」と述べた。 銀行株ではHSBCホールディングスが1.5%安。スタンダード・チャー タード(スタンチャート)が1.8%安。資源株指数は2.3%下 落。 一方、EU離脱動向に敏感な住宅建設株は堅調。テイラー・ウィンペイ、パー シモン、バラット、バークレーが2ー3.6%高。 ロンドン株式市場: <欧州株式市場> 横ばいで取引を終えた。香港での抗議デモ激化やスペインの総選 挙結果、さえない中国指標を受けて売りが先行...

ロンドン株式市場=下落、香港デモ激化が下押し 住宅建設株は堅調

ある市場関係者は「選挙で保守党が票を伸ばせば、ジョンソン首相の離脱協定案も議 会を通過しやすくなり、経済を巡る不透明感も払拭される」と述べた。 銀行株ではHSBCホールディングスが1.5%安。スタンダード・チャー タード(スタンチャート)が1.8%安。資源株指数は2.3%下 落。 一方、EU離脱動向に敏感な住宅建設株は堅調。テイラー・ウィンペイ、パー シモン、バラット、バークレーが2ー3.6%高。 (い)

三井住友やOCBC、プルマタ銀買収合戦に参加へ=関係筋

三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>とシンガポールの大手銀オーバーシー・チャイニーズ銀行(OCBC)<OCBC.SI>がそれぞれ、インドネシアのプルマタ銀行<BNLI.JK>買収合戦への参加に向けて準備を進めている。複数の関係筋が7日、明らかにした。

欧州市場サマリー(30日)

一方、STOXX欧州600種銀行株指数は1.85%低下した。ドイツ銀 行は7.9%下落。世界的な事業再編に関する経費が影響し2四半期連続で損 失を出したことが嫌気された。スペインの銀行サンタンデールは4.1%安だっ た。英事業における特別費用が影響し、四半期の純利益が75%減少した。2020年に ついて慎重な見通しを示したスイスの金融大手クレディ・スイスは2.6%値を 下げた。 欧州株式市場: <ユーロ圏債券> ドイツ10年債利回りが3カ月ぶり高水準を下回って推移。市場 では、この日公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を待ちとなっている...

ロンドン株式市場=反発、製薬株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7330.78 +24.52 +0.34 7306.26 ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。製薬株が買われ全体水準を押し上げた。 製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は2.4%上昇した。帯状疱 疹ワクチンの売り上げが予想を上回り、通期の利益見通しを引き上げたことが好感された 。 競合のアストラゼネカは2.6%高だった。欧州における統合失調症の薬の 権利を売却したことが買い材料だった。 銀行大手スタンダード・チャータード(スタンチャート)は2.6%上昇。...

英スタンチャート、第3四半期は16%増益 予想上回る

英大手銀行スタンダード・チャータード(スタンチャート)<STAN.L>が発表した第3・四半期決算は、税引き前利益が前年同期比16%増の12億4000万ドルだった。法人およびプライベート・バンキング部門の収入増に支えられた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up