for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Singapore Telecommunications Limited

STEL.SI

現在値

2.38SGD

変化

0.02(+0.85%)

出来高

25,979,500

本日のレンジ

2.32

 - 

2.39

52週レンジ

2.19

 - 

3.48

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2.36
始値
2.35
出来高
25,979,500
3か月平均出来高
637.04
高値
2.39
安値
2.32
52週高値
3.48
52週安値
2.19
発行済株式数
16,320.68
時価総額
38,536.81
予想PER
15.08
配当利回り
5.19

次のエベント

Q2 2021 Singapore Telecommunications Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Singapore Telecommunications Says Simon Israel Steps Down As Chairman

Optus Extends Partnership With Foxtel

Optus Says Set To Launch New Satellite In 2023

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Singapore Telecommunications Limitedとは

シンガポール・テレコミュニケーションズ(Singapore Telecommunications Ltd)は、通信技術会社である。【事業内容】アジア、オーストラリア、アフリカ、および米国の消費者や企業に通信およびデジタルサービスを提供する。3つの事業セグメントを通じて事業を展開する。消費者セグメントは、シンガポールとオーストラリアの消費者ビジネス、およびタイのAdvanced Info Service Public Company Limited(AIS)、インド、アフリカ、南アジアのBharti Airtel Limited(Airtel)、フィリピンのGlobe Telecom、Inc.(Globe)、インドネシアのPT Telekomunikasi Selular(Telkomsel)などの投資で構成される。グループエンタープライズセグメントは、シンガポール、オーストラリア、米国、ヨーロッパ、および地域のビジネスグループで構成され、エンタープライズ市場に焦点を当てる。グループデジタルライフセグメントは、隣接する事業に参入することにより、事業会社のインターネットテクノロジーと資産の使用に重点を置く。

業種

Communications Services

連絡先

31 Exeter Road, Comcentre

239732

Singapore

+65.6.8383388

https://www.singtel.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Lee Theng Kiat

Non-executive non-independent Director

Sock Koong Chua

Group Chief Executive Officer, Non-Independent Executive Director

Lim Cheng Cheng

Group Chief Financial Officer

Murray King

Chief Financial Officer - Optus

York Chye Chang

Chief Executive Officer - Group Enterprise

統計

2.00 mean rating - 16 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, SGD)

2018

17.5K

2019

17.4K

2020

16.5K

2021(E)

15.7K
EPS (SGD)

2018

0.217

2019

0.173

2020

0.150

2021(E)

0.157
株価売上高倍率(過去12カ月)
35.93
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.33
株価純資産倍率(四半期)
1.44
株価キャッシュフロー倍率
10.61
総負債/総資本(四半期)
52.90
長期負債/資本(四半期)
38.08
投資利益率(過去12カ月)
2.68
自己資本利益率(過去12カ月)
2.15

最新ニュース

最新ニュース

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(28日現在)

コンサルタント会社ダフ・アンド・フェルプスが28日明らかにしたグローバル調査によると、オルタナティブファンドマネジャーの3分の2は自らが注力している市場について、今年のGDP(域内総生産)が新型コロナウイルス流行の影響で少なくとも3%縮小すると見込んでいる。

東南アジア株式・引け=全面安、米中対立で神経質な展開に

東南アジア株式市場は全面安。新型コロナウイルスの発生源を巡る米中対立の再燃が、世界的に投資家の不安をあおった。インドネシア市場は、インフレ統計が市場を失望させる内容だったため、域内で最も下落した。

東南アジア株式・中盤=軒並み上昇、中国の景気支援方針を好感

東南アジア株式市場は、軒並み上昇。最大貿易相手国である中国が貸出金利を引き下げるとともに、一段の景気対策を打ち出す方針を表明したことが好感された。

東南アジア株式・中盤=大半が上昇、シンガポールは反落

中盤の東南アジア株式市場は、大半が上昇。米国の大規模経済対策をめぐる楽観的見方が要因になっている。ただ、シンガポール市場は反落。政府が新型コロナウイルスによる経済への打撃を反映し、年間成長率見通しを下方修正したことが嫌気されている。

東南アジア株式・中盤=おおむね反発、シンガポール主導

中盤の東南アジア株式市場は、おおむね反発している。新型コロナウイルス対策の緊急制限措置による景気後退に歯止めをかけるため、米連邦準備理事会(FRB)が金融市場の下支えを図る無制限の量的金融緩和を発表したことが背景。

東南アジア株式・引け=おおむね上昇、バンコクは大幅高

東南アジア株式市場はおおむね上昇して終了した。バンコク市場の上昇率が域内最大となった。第1段階の米中貿易合意の署名を受け、リスク選好が改善した。

アジア株式市場サマリー:引け(13日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [13日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 3115.5696 + 23.2789 + 0.75 3091.4930 3115.5696 3075.3837 前営業日終値 3092.2907 中国 CSI300指 4203.988 +40.803 +0.98 4166.925 4203.988 4148.601 <.CSI30 数 0> 前営業日終値 4163.185 香港 ハンセン指数 28954.94 +316.74 +1.11 28772.37...

東南アジア株式・引け=大半が下落、米中貿易合意の詳細待ち

週明け13日の東南アジア株式市場の株価は、大半が下落。投資家らは、米中両国による「第1段階」の貿易合意の詳しい内容を待っている。

東南アジア株式・引け=おおむね上昇、米中貿易協議進展受け

東南アジア株式市場はおおむね上昇。米中貿易協議の進展が投資家心理を支えた。クアラルンプール市場は4カ月超ぶりの高値を付けた。

東南アジア株式・中盤=おおむね上昇、米中貿易協議進展受け

30日の東南アジア株式市場の株価は、おおむね上昇。米中貿易協議の進展が投資家心理を支えた。クアラルンプール市場は4カ月超ぶりの高値を付けた。

東南アジア株式・中盤=シンガポール3日続伸、その他は休日控え下落

中盤の東南アジア株式市場は、シンガポール市場が「第1段階」の米中貿易合意をめぐる楽観を追い風に3営業日続伸。一方、その他の市場は休日を前に下落している。

東南アジア株式・午前=大半が下落、利益確定売りで

19日午前の東南アジア株式市場の株価は大半が下落。投資家らは休暇シーズンを控えて利益確定の売りを出したほか、米中貿易協議の暫定合意の内容が不明確であることや、英国の欧州連合(EU)からの強硬な離脱(ハード・ブレクジット)観測が重しとなった。

アジア株式市場サマリー:引け(15日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [15日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 2891.3431 - 18.5266 - 0.64 2911.3500 2917.8293 2891.2043 前営業日終値 2909.8697 中国 CSI300指数 3877.089 -28.768 -0.74 3908.489 3915.105 3877.089 前営業日終値 3905.857 香港 ハンセン指数 26326.66 +2.97 +0.01 26529.95 26544.65 26300.08...

東南アジア株式・引け=まちまち、バンコクは通信株が下げ主導

東南アジア株式市場はまちまち。バンコク市場では低調な業績となった通信大手が下落を主導した。一方、10月のインドネシアの貿易収支が予想外の黒字となったことで、ジャカルタ市場は小幅上昇した。

東南アジア株式・中盤=小動き、ジャカルタは2週間ぶりの大幅上昇

中盤の東南アジア株式市場の株価は小動き。主要国の経済指標が弱い内容だったことから、投資家の間で警戒感が広がっている。一方、米中貿易合意への新たな期待で相場急落には歯止めがかかっている。

東南アジア株式・中盤=大半が小幅下落、米中協議めぐる楽観論後退で

17日中盤の東南アジア株式市場の株価は大半が小幅に下落した。米中貿易協議に対する楽観的見方が、具体的な内容を欠く中で後退している。一方インドネシア市場は、今週末のジョコ大統領による組閣を控えて、続伸した。

東南アジア株式・中盤=大半がほぼ変わらず、中国・香港休場で薄商い

7日中盤の東南アジア株式市場の株価は、大半がほぼ変わらず。中国と香港市場が祝日のため休場で、薄商いだった。一方、シンガポール市場は米株高を受けて反発した。

東南アジア株式・引け=マニラ反発、不動産株に買い 他市場は小動き

東南アジア株式市場は、前日に大幅下落したマニラ市場が1%余り上昇した。フィリピンのドゥテルテ大統領の訪中で良いニュースが期待された。一方、他の市場は根強い貿易摩擦懸念を背景に小幅な値動きだった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up