for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

STMicroelectronics NV (ADR)

STM

現在値

29.19USD

変化

-0.70(-2.34%)

出来高

2,679,854

本日のレンジ

28.80

 - 

29.31

52週レンジ

14.67

 - 

31.98

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
29.89
始値
28.90
出来高
2,679,854
3か月平均出来高
53.32
高値
29.31
安値
28.80
52週高値
31.98
52週安値
14.67
発行済株式数
892.60
時価総額
26,674.07
予想PER
32.99
配当利回り
0.68

次のエベント

Q3 2020 STMicroelectronics NV Earnings Release

適時開示

その他

STMicroelectronics Says Board Decided To Maintain Distribution Of Cash Dividend Of $0.168 Per Share

STMicroelectronics Prices $1.5 Billion Dual-Tranche Offering Of New Convertible Bonds

STMicroelectronics $1.5 Bln Dual Tranche CB Below Mids On Both Tranches Risk Missing - Bookrunner

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

STMicroelectronics NV (ADR)とは

STマイクロエレクトロニクス(STMicroelectronics N.V.)は、スイスに拠点を置く半導体会社である。【事業内容】ディスクリート及び標準の汎用コンポーネント、並びにアナログ、デジタル及びミックスドシグナルアプリケーション向けの特定用途向け集積回路(ASIC)等製品の設計・開発・製造・販売を行う。事業セグメントには、自動車及びディスクリートグループ(ADG)セグメント、アナログ・微小電気機械システム(MEMS)及びセンサーグループ(AMS)セグメント、マイクロコントローラー及びデジタル集積回路(IC)グループ(MDG)セグメントが含まれる。ADGセグメントは、専用自動車用IC、ディスクリート及びパワートランジスタ製品を提供する。AMSセグメントは、各市場向けの低電力アナログIC、スマートパワー製品、タッチスクリーンコントローラー、モノのインターネット(IoT)用の低電力接続ソリューション及び電力変換製品等を提供する。AMSセグメントは、汎用の安全なマイクロコントローラー及び電気的に消去可能なプログラム可能な読み取り専用メモリメモリ製品を提供する。

業種

Semiconductors

連絡先

39 Chemin du Champ des Filles

1228

Switzerland

+41.22.9292929

https://www.st.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Maurizio Tamagnini

Chairman of the Supervisory Board

Jean-Marc Chery

President, Chief Executive Officer, Sole Member of the Managing Board, Chairman of the Executive Committee

Nicolas Dufourcq

Vice Chairman of the Supervisory Board

Lorenzo Grandi

President, Finance, Infrastructure and Services, Chief Financial Officer, Member of the Executive Committee

Eric Aussedat

Executive Vice President, Imaging Sub-Group General Manager Analog, MEMS and Sensors Group

統計

2.22 mean rating - 9 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

8.3K

2018

9.7K

2019

9.6K

2020(E)

9.4K
EPS (USD)

2017

0.930

2018

1.410

2019

1.150

2020(E)

0.833
株価売上高倍率(過去12カ月)
27.96
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.77
株価純資産倍率(四半期)
3.75
株価キャッシュフロー倍率
14.50
総負債/総資本(四半期)
28.79
長期負債/資本(四半期)
16.45
投資利益率(過去12カ月)
10.58
自己資本利益率(過去12カ月)
8.19

最新ニュース

最新ニュース

アングル:米国の対ファーウェイ規制強化、ハイテク供給網に再び混乱の恐れ

に対する米国の規制強化により、同社は汎用の半導体へのアクセスすら断ち切られ、ハイテク製品のグローバルサプライチェーンを再び混乱に陥れる──。複数の企業幹部や専門家がこうした見通しを示し、警告を発している。

新型肺炎、アップルが韓国企業などサプライヤーへの影響注視

米アップル<AAPL.O>のクック最高経営責任者(CEO)は、新型コロナウイルスの感染拡大について、自社のサプライヤーがある韓国やイタリアでの展開を注視していると述べた。

MWC見本市中止で広がる波紋、地元経済に打撃 独自対応の企業も

スペイン・バルセロナで今月開催される予定だった世界最大級の通信関連見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。

新型肺炎、第1四半期のスマホ販売に打撃=中国シャオミCEO

中国のスマートフォンメーカー、小米科技(シャオミ)<1810.HK>の雷軍最高経営責任者(CEO)は13日、最新主力機種「Mi10」シリーズの正式発表イベントで、新型コロナウイルス感染拡大について「第1・四半期のスマホ販売は影響を受けるだろうが、第2・四半期と第3・四半期に販売が回復すると信じている」と語った。

スペイン通信見本市が中止に、新型肺炎で出展見送り相次ぎ

携帯電話通信の国際業界団体GSMAは12日、スペインのバルセロナで24─27日に開催される予定だった世界最大級のモバイル機器の展示会「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2020」を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、複数の企業が参加を見送ったためという。

焦点:欧州企業に増益転換の兆し、市場の期待を越えられるか

欧州企業は昨年第4・四半期、それまで9カ月続いてきた減益基調をようやく反転させた公算が大きい。IBESリフィニティブがまとめた第4・四半期のSTOXX欧州600指数銘柄の予想利益は2.5%の増加となった。ただし株価が跳ね上がり、今年の利益見通しは既に高水準となっているため、決算発表を受けて投資家が失望する事態も起こりやすい。

STマイクロ、ファーウェイ取引巡る報道にコメント控える

への供給を継続するか検討する会議を今週開催するとの日経アジアンレビュー紙の報道について、コメントを差し控えた。

米アップル、無線充電器「エアパワー」の開発中止

米アップル<AAPL.O>は29日、2017年に発表した無線充電器「エアパワー」の開発を中止すると発表した。

焦点:苦境に陥る欧州半導体株、スマホと自動車の双方から逆風

欧州の半導体株は、スマートフォン市場と自動車市場の双方のイノベーションが追い風になるはずだ──。そんな期待を抱いていた投資家は、この2つの業界がいずれも苦境に見舞われているという厳しい現実に直面しつつある。

米インテル、第3四半期収益は予想超え PC向けの好調際立つ

米半導体大手インテル<INTC.O>が25日発表した第3・四半期決算(9月29日まで)は、利益と売上高が市場予想を上回った。利益率の高いデータセンター向け事業が好調だったほか、パソコン(PC)向け半導体の需要が強かった。

最新iPhoneに東芝・マイクロン・インテル部品=調査

米アップル<AAPL.O>の最新型「iPhone(アイフォーン)」の分解調査を行ったアイフィックスイットによると、インテル<INTC.O>やマイクロン・テクノロジー<MU.O>、東芝<6502.T>などの部品が採用されていたことが分かった。

再送-新型iPhone、東芝・マイクロンなどの半導体 サムスン電子は搭載なし=分解調査

米アップルの最新型「iPhone(アイフォーン)」の分解調査を行ったアイフィックスイットによると、米マイクロン・テクノロジーや東芝などの半導体が搭載されていた一方、韓国サムスン電子製の半導体は利用されていなかった。

フランス、海外企業による買収禁止分野を拡大=首相

フランスのフィリップ首相は16日、海外企業による買収を禁止する法律の適用範囲を人工知能(AI)やマイクロチップ、航空宇宙、データストレージなどの分野に拡げる拡げると述べた。

欧州市場サマリー(30日)

<為替> ドル軟調。ロシア疑惑を巡って、トランプ陣営の元選対本部長を大陪審が起訴したと伝わり、慎重ムードが広がる中、先週値上がりしていたドルに利益確定売りが出た。

欧州株式市場=上昇、スペイン株反発

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値 コード STOXX欧州600種 393.91 +0.48 +0.12 393.43 FTSEユーロファースト300種 1549.12 +2.45 +0.16 1546.67 DJユーロSTOXX50種 3662.18 +9.95 +0.27 3652.23 欧州株式市場は上昇して取引を終えた。スペインのIBEX指数は2.44 %反発。29日にスペインの団結を主張するデモ集会があったほか、世論調査でカタルー ニャ州の独立に反対する政党の支持率が独立賛成派を上回ったことで、同国株に対する買 い安心感...

欧州市場サマリー(26日)

<為替> ユーロ/ドル<EUR=>が下落し、1カ月ぶりの大幅な値下がりとなる勢い。欧州中央銀行(ECB)が債券買い入れプログラムの規模を縮小した上で年明け以降も継続すると決めたことが材料となった。ユーロ/円<EURJPY=>は0.7%安の133.41円。

欧州株式市場=反発、ECB資産買い入れ継続で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値 コード STOXX欧州600種 391.27 +4.14 +1.07 387.13 FTSEユーロファースト30 1538.40 +16.33 +1.07 1522.07 0種 DJユーロSTOXX50種 3637.20 +45.74 +1.27 3591.46 欧州株式市場は反発して取引を終えた。欧州中央銀行(ECB)が債券買い入れプロ グラムを、規模を縮小した上で少なくとも2018年9月まで続けると述べたことでユー ロが下落し、ドルで収益を上げる企業の追い風となった。 クレディ・スイスの...

欧州市場サマリー(24日)

<為替> 衆院選結果を受け、ドルは対円で3カ月ぶりの高値付近で推移した。対主要通貨バスケットで、2週間半ぶりの高値をつけた前日とほぼ変わらず。米連邦準備理事会(FRB)の次期議長人事に関心が集まり、減税法案の成立期待も広がる。

欧州株式市場=まちまち、アップルのサプライヤーは買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値 コード STOXX欧州600種 389.33 -1.41 -0.36 390.74 FTSEユーロファースト30 1531.45 -4.55 -0.30 1536.00 0種 DJユーロSTOXX50種 3610.69 +1.82 +0.05 3608.87 欧州株式市場はまちまちで取引を終えた。決算が嫌気された銘柄が売られたほか、欧 州中央銀行(ECB)の理事会を26日に控え投資家は慎重な姿勢を示した。ただ米アッ プルなどに部品供給する半導体メーカーのAMSは決算が好感され値上 がり。米アップル...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up