for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ステート・ストリート・コーポレーション

STT.N

前日終値

66.05USD

変化

0.65(+0.99%)

出来高

624,876

本日のレンジ

63.77

 - 

66.69

52週レンジ

48.63

 - 

75.31

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
65.40
始値
65.39
出来高
624,876
3か月平均出来高
58.71
高値
66.69
安値
63.77
52週高値
75.31
52週安値
48.63
発行済株式数
363.62
時価総額
24,366.70
予想PER
11.21
配当利回り
3.18

次のエベント

Q4 2019 State Street Corp Earnings Release

適時開示

その他

State Street Reports Third-Quarter Results

Charles River And Tradeweb Expand Multi-Asset Trading Collaboration

State Street Corp - Announced A Quarterly Cash Dividend Of $0.52 Per Share

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ステート・ストリート・コーポレーションとは

ステート・ストリート(State Street Corporation)は金融持株会社である。【事業内容】同社は投資サービス及び投資管理事業を運営する。同社は、子会社のState Street Bank and Trust Company (State Street Bank)を通じて、世界中の機関投資家に各種の金融商品とサービスを提供する。投資サービス事業は、機関投資家に清算、決済、支払いサービスを提供する。同社は、State Street Global Advisors (SSGA)を通じて投資管理事業を行う。SSGAは、企業、公的資金、及びその他の投資家に多様な投資管理、投資調査、投資顧問サービスを提供する。同社の顧客には、ミューチュアルファンド、集団投資ファンドおよびその他の投資プール、企業および公的退職プラン、保険会社、財団、基金、投資マネージャーが含まれる。

業種

Investment Services

連絡先

1 Lincoln St

+1.617.7863000

http://www.statestreet.com

エグゼクティブリーダーシップ

Joseph L. Hooley

Non-Executive Chairman of the Board

Ronald P. O'Hanley

President, Chief Executive Officer, Director

Eric W. Aboaf

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Cyrus Taraporevala

President and Chief Executive Officer, State Street Global Advisors

Louis D. Maiuri

Chief Operating Officer, Executive Vice President, Head of Global Markets, Global Exchange

統計

2.45 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

10.8K

2017

11.7K

2018

12.0K

2019(E)

11.6K
EPS (USD)

2016

5.140

2017

6.420

2018

7.220

2019(E)

5.833
株価売上高倍率(過去12カ月)
13.14
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.08
株価純資産倍率(四半期)
1.11
株価キャッシュフロー倍率
10.51
総負債/総資本(四半期)
78.77
長期負債/資本(四半期)
45.44
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.87

最新ニュース

最新ニュース

シティグループ、アジア太平洋部門CEOにピーター・バベジ氏を起用

米金融大手シティグループは、アジア太平洋部門の新最高経営責任者(CEO)にピーター・バベジ氏を起用した。

アングル:「ブロックチェーンの夢」覚めた米金融業界

米取引所ナスダック<NDAQ.O>と米金融大手シティグループ<C.N>は2年前、ブロックチェーン技術によって私募証券取引の決済を効率化する新システムをお披露目し、「世界の金融セクターにおける一里塚だ」(ナスダックのアデナ・フリードマン最高経営責任者=CEO)とぶち上げた。

デジタル通貨決済制度に5000万ドル投資、十数行が計画=関係筋

関係筋によると、ブロックチェーン(分散型台帳)技術を用いたデジタル通貨決済制度の構築に向け、複数の銀行大手が約5000万ドルを投資する見通しという。

コラム:バフェット氏の怪しい「反バーチュー・シグナリング」

米著名投資家ウォーレン・バフェット氏は、他の企業がやっているからというだけの理由で、投資家の資金を何かに突っ込んだりするようなことはしない。

コラム:やればできる、GM取締役会が女性優勢に

米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>にとって良いことは、米国の経済界にとっても良いことかもしれない。

米大手7行CEOが議会証言、融資先など社会問題への姿勢に質問集中

米下院金融サービス委員会で10日、米銀大手7行の幹部による証言が行われた。大手行幹部が一堂に会した議会証言は10年前の金融危機以来となる。

訂正:米銀は金融危機後に慣行是正、大手行幹部が議会で証言へ

米大手金融機関のトップは10日に下院金融委員会で行う証言で、米経済は力強く、米金融業界は10年前の金融危機につながった慣行を是正したと述べる見通しだ。委員会が8日夜に各行幹部の証言原稿を公表した。

アングル:米国企業、女性登用拡大の一方で根深い「白人偏重」

米国企業の取締役会は、多様性の確保という点でアンバランスな進捗を見せている。女性の進出が拡大している一方で、人種・民族的なマイノリティが取締役に就任する例は依然として珍しい。

コラム:大活躍の「物言う投資家」、今年はより複雑な局面に

アクティビスト(物言う投資家)は規模が拡大し、活動も活発化しているが、2019年はより複雑な波を乗り切る必要があるかもしれない──。今月にニューヨーク、パリ、ロンドンで開催された「Breakingviews Predictions」イベントでは、こうした見通しが示された。

焦点:資産運用会社、業績悪化で人員削減にかじ 再編加速か

資産運用会社は金融市場の動揺で業績が悪化し、大手が相次いで人員削減計画を打ち出した。規制強化や技術向け投資でのコスト増も経営を圧迫しており、業界再編が一段と進みそうだ。

ドイツ銀米子会社、ストレステストに不合格 新たな痛手に

米連邦準備理事会(FRB)は28日、大手銀行を対象としたストレステスト(健全性審査)第2弾となるの包括的資本分析(CCAR)の結果を公表し、ドイツ銀行<DBKGn.DE>の米子会社が不合格になったことを明らかにした。

米銀審査第二弾、ドイツ銀米事業が不合格 ゴールドマンとモルガンS条件付合格

米連邦準備理事会(FRB)は28日、大手銀行を対象としたストレステスト(健全性審査)第ニ弾となるの包括的資本分析(CCAR)の結果を公表し、ドイツ銀行の米子会社が不合格になったことを明らかにした。

UPDATE 3-米下院、ドッド・フランク法改正法案を可決 大統領に送付

米下院は22日、金融規制改革法(ドッド・フランク法)の改正法案を可決した。2007─09年の金融危機の再発防止を目的とした規制の見直しはこれが初めて。

アングル:回復基調の英ポンド、大手投資家が上昇見込む理由

英ポンド相場は昨年大幅に回復したが、上昇は今後も続くとみてポンド買いを強める大手機関投資家が出てきた。英国が無秩序な形の欧州連合(EU)離脱を免れるとの見方が広がったことと、イングランド銀行(BOE、中央銀行)が予想以上の速度で利上げするとの予想が背景にある。

米規制当局、4行の「生前遺言」不十分と指摘 将来的な対応必要

米銀行規制当局は19日、米大手行8行が提出した破綻時の処理計画「リビングウィル(生前遺言)」について、基準を満たしたと発表した。ただ、このうち4行の生前遺言には「不十分な点」があり、将来的な対応が必要だとの見解を示した。

UBS主導のデジタル通貨決済制度、三菱UFJなど6行が新規参加

スイス金融大手UBS<UBSG.S>は31日、同行が主導するデジタル通貨決済制度の開発に、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>など6行が新たに加わったと発表した。

コラム:トランプ氏、パリ協定離脱でも変わらない世界の潮流

トランプ米大統領は近く、米国が地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」に残留するか離脱するかを決断する。大統領選で、温暖化は「でっち上げ」と述べていたトランプ氏が残留を選べば驚きだが、米国が離脱したとしても、温暖化抑制に向けた国際的な取り組みに大きな影響はないだろう。

コラム:米ETF市場にも高リスク志向の波

米シティグループのチャック・プリンス元会長は2007年に、その後の世界金融危機につながる狂乱的な貸し付けについてこう語っていた。「音楽が演奏されている間は踊らなければならない」。今また、かつては刺激の乏しかった上場投資信託(ETF)でリスクを取る動きが強まっている。

UPDATE 1-FRB議長がストレステスト擁護、「規制プロセスの重要な一部」

米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長は14日、年次ストレステスト(健全性審査)について、規制当局による金融システム保護に寄与するとし、引き続き実施すべきとの見解を示した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up