for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コンステレーション・ブランズ・インク

STZ.N

前日終値

176.08USD

変化

1.19(+0.68%)

出来高

45,887

本日のレンジ

174.84

 - 

176.25

52週レンジ

150.37

 - 

214.36

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
174.89
始値
174.92
出来高
45,887
3か月平均出来高
23.03
高値
176.25
安値
174.84
52週高値
214.36
52週安値
150.37
発行済株式数
190.81
時価総額
34,380.92
予想PER
21.19
配当利回り
1.67

次のエベント

Q3 2020 Constellation Brands Inc Earnings Release

適時開示

その他

Canopy Growth Announces New Chair Of The Board Of Directors

Constellation Brands Executive - Canopy Growth's Financial Results Will Likely Be Volatile As They Continue To Focus On Profitability

Constellation Brands Qtrly Reported Loss Per Share $2.77

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コンステレーション・ブランズ・インクとは

コンステレーション・ブランズ(Constellation Brands, Inc.)は国際飲料アルコール会社である。【事業内容】同社は米国、カナダ、メキシコ、ニュージーランド、イタリアでビール、ワイン及びスピリッツを製造・販売する。同社は、ビール、ワインとスピリッツ、コーポレートオペレーション及びその他事業を含む。同社は米国の飲料アルコールのマルチカテゴリーサプライヤー(ビール、ワインとスピリッツ)である。同社は輸入及び工芸品ビールのカテゴリーで、「Corona Extra」、「Corona Light」、「Modelo Especial」及び「Ballast Point」等の多くのブランドを販売する。同社はワインの生産者とマーケティング担当者であり、テーブルワイン、スパークリングワイン及びデザートワインなどの複数のカテゴリーにまたがって、人気、プレミアム、ラグジュアリーなどのすべての価格帯で多数のワインブランドを販売する。米国で販売されるワインとスピリッツブランドは「Meiomi」、「Robert Mondavi」及び「Wild Horse」等の「U.S. Focus Brands (Focus Brands)」を含む。

業種

Beverages (Alcoholic)

連絡先

207 High Point Dr Bldg 100

+1.585.6787100

http://www.cbrands.com

エグゼクティブリーダーシップ

Robert S. Sands

Executive Chairman of the Board

William A. Newlands

President, Chief Executive Officer, Director

Richard Sands

Executive Vice Chairman of the Board

David Eric Klein

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Thomas M. Kane

Chief Human Resources Officer, Executive Vice President

統計

2.14 mean rating - 21 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

7.3K

2018

7.6K

2019

8.1K

2020(E)

8.0K
EPS (USD)

2017

6.760

2018

8.720

2019

9.280

2020(E)

8.478
株価売上高倍率(過去12カ月)
62.20
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.19
株価純資産倍率(四半期)
3.01
株価キャッシュフロー倍率
31.08
総負債/総資本(四半期)
113.79
長期負債/資本(四半期)
106.88
投資利益率(過去12カ月)
3.30
自己資本利益率(過去12カ月)
2.98

最新ニュース

最新ニュース

アングル:人手不足の米企業、競って自動化技術を採用

米国の失業率が約50年ぶり低水準で推移し、人件費が上昇するなか、国内企業は健全な利益率を確保するために自動化に積極的に取り組んでいる。ロイターの企業収益分析で明らかになった。

米株は上昇して終了、軟調指標受け利下げ期待高まる

米国株式市場は上昇して取引を終えた。約3年ぶりの低水準となった非製造業関連指標を受け、米連邦準備理事会(FRB)が景気悪化に歯止めをかけるために利下げを実施するとの期待が高まった。

NY市場サマリー(3日)

<為替> ドルが下落。対円では4週間ぶり、対ユーロでは1週間ぶりの安値に沈んだ。今週発表された米製造業及び非製造業指標がともに低調な内容となり、米景気減速を示唆するシグナルと受け取られた。

NY市場サマリー(28日)

<為替> 米個人消費支出統計を受け来月に利下げが実施されるとの観測が裏付けられたことでドルに若干の圧力がかかったものの、米中首脳会談を翌日に控え、ドルはほぼ横ばいで推移した。

米国株は上昇、米中首脳会談に期待 ダウ・S&Pは月間で大幅高

米国株式市場は活況な取引の中、上昇して取引を終えた。大阪で開催されている20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせて予定される米中首脳会談への期待が高まっている。

NY市場サマリー(10日)

<為替> トランプ米大統領が前週末に対メキシコ関税措置の発動見送りを決定したことを受けドルが上昇した。一方ユーロは、景気が減速すれば欧州中央銀行(ECB)は利下げを排除しない考えと関係筋の話で伝わったことで下落した。

ダウ平均6日続伸、メキシコ関税見送りで安心感

米国株式市場は続伸して取引を終えた。ダウは2018年5月以来13カ月ぶりの6日続伸を記録した。米国がメキシコへの関税発動を見送ったことで安心感が広がった。

焦点:生活必需品株、通商紛争で「ディフェンシブ」特性喪失か

生活必需品株は一般的に、景気変動の影響を受けにくいディフェンシブ銘柄に位置付けられている。しかしトランプ政権が次々と通商紛争を仕掛け、米株式市場全体が下げる中で、生活必需品株は公益や不動産など他のディフェンシブ銘柄に比べて下げ幅が大きくなっている。

NY市場サマリー(31日)

<為替> トランプ米大統領がメキシコの移民対策が不十分として同国の輸出品に関税をかける方針を示したことを受け、安全通貨としての円に買いが殺到し、円は対ドルで約1%上昇した。

米国株が大幅安、米の対メキシコ関税導入表明受け

米国株式市場は大幅安で取引を終えた。トランプ米大統領による対メキシコ関税導入表明を受け、貿易戦争がリセッション(景気後退)につながるとの懸念が高まった。

米コンステレーション、第4四半期は売上高・利益とも予想上回る

米アルコール飲料大手コンステレーション・ブランズが発表した第4・四半期決算(2月28日まで)は、売上高・利益ともに市場予想を上回った。ワインは苦戦したが、ビールブランドの「コロナ」や「モデロ」の新商品が寄与した。

米国株式市場は4日続伸、半導体株が反発

米国株式市場は4営業日続伸して取引を終えた。米中通商協議が進展の兆しをみせ、アップルや半導体メーカーなど貿易動向に敏感な銘柄が上げを主導した。S&P総合500種<.SPX>はクリスマス前後に付けた20カ月ぶりの安値から約10%上昇している。

NY市場サマリー(4日)

<為替> 米10年債利回りが7年ぶりの水準に急伸する中、ドルが対ユーロと円で下落。ただ、対円では一時114円台半ばに値上がりする場面も見られた。

米国株式市場は大幅安、金利上昇が圧迫

米国株式市場は大幅安。ダウ平均株価は200ドル値下がりした。堅調な経済指標を受けてインフレ加速への懸念が広がる中、国債利回りが前日に続いて急伸し、株への売りにつながった。ダウは6営業日ぶりに下落。S&Pとナスダックは6月25日以来の大幅な下げとなった。

米コカ・コーラ、大麻飲料市場の「成長注視」 提携協議報道受け

米飲料大手コカ・コーラは17日、大麻(マリフアナ)入り飲料市場の成長を注視しているとの見解を示した。大麻入り飲料製造に向けてカナダのオーロラ・カナビスと協議を進めていると、BNNブルームバーグが報じたことを受けた。

米国株式は下落、軟調な企業決算や貿易懸念で

米国株式市場は商いを伴って下落。一部の企業決算が失望を誘ったほか、貿易戦争が激化する兆しを示す中、S&P総合500種<.SPX>は6月以来の大幅な下落率を記録した。中国のインターネットサービス大手、騰訊控股(テンセント・ホールディングス)<0700.HK>が発表した四半期決算が約13年ぶりの減益となり、米ハイテク株を圧迫。S&P情報技術指数<.SPLRCT>は1.1%安となった。

NY市場サマリー(29日)

<為替> 欧州連合(EU)首脳らが難民・移民問題を巡って合意、ドイツのメルケル首相への圧力が和らいだと受け止められ、ドルが対ユーロで3営業日ぶり安値を付けた。

米国株は小幅高、ナイキ急伸 四半期では3指数すべてプラス

米国株式市場は小幅高。スポーツ用品大手ナイキ<NKE.N>の上げが目立った。

情報BOX:トランプ大統領の一般教書演説で注目される銘柄

トランプ米大統領は30日、初めての一般教書演説に臨む。テレビ中継される演説は、株式投資家を含む幅広い層が視聴する見込み。予想される演説内容から注目されるセクターや銘柄は以下の通り。

コラム:米アルコール大手、マリフアナに触手を伸ばす訳

コロラドやワシントンなどの各州でマリフアナが合法化されてから、米国の大麻ビジネスが、家内産業から大手たばこ会社の傘下となるのは時間の問題だとみられていた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up