for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Skyworks Solutions Inc

SWKS.O

現在値

149.73USD

変化

-0.66(-0.44%)

出来高

903,552

本日のレンジ

147.33

 - 

151.53

52週レンジ

67.90

 - 

158.61

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
150.39
始値
150.91
出来高
903,552
3か月平均出来高
38.08
高値
151.53
安値
147.33
52週高値
158.61
52週安値
67.90
発行済株式数
167.04
時価総額
25,120.56
予想PER
--
配当利回り
1.33

次のエベント

Q4 2020 Skyworks Solutions Inc Earnings Release

適時開示

その他

Skyworks Solutions Q3 Earnings Per Share $0.77

Skyworks Reports Q2 Results

Skyworks Solutions Reports Q2 Revenue $766.1 Million

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Skyworks Solutions Incとは

スカイワークス・ソリューションズ(Skyworks Solutions, Inc.)は知的財産を含む半導体製品の設計、開発、製造、販売を行う。【事業内容】同社のアナログ半導体は、自動車、ブロードバンド、携帯電話インフラ、家庭、産業、医療、軍事、スマートフォン、タブレット、着用市場に新しく想像もつかない多数のアプリケーションにまたがる人々、場所、物事をつなぎ合わせている。同社の地理的事業セグメントは、米国、その他の米州、中国、台湾、韓国、その他のアジア太平洋、欧州、中東及びアフリカを含む。同社はアジア、欧州、北米全域で、エンジニアリング、製造、販売、サービス施設を持ち、世界各地で営業する。同社は主要相手先ブランドな製造業者(OEM)、スマートフォンプロバイダー、ベースバンドリファレンスデザインパートナーと協力する。その製品ポートフォリオは、アンプ、アッテネータ、ディテクタ、ダイオード、フィルタ、フロントエンドモジュール、ハイブリッド、ミキサ、スイッチ、モジュレータなどの多様なソリューションで構成される。

業種

Semiconductors

連絡先

5260 CALIFORNIA AVENUE

IRVINE, CA

92617

United States

+1.949.2313000

https://www.skyworksinc.com/

エグゼクティブリーダーシップ

David J. Aldrich

Chairman of the Board

Liam K. Griffin

President, Chief Executive Officer, Director

Kris Sennesael

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Robert John Terry

Senior Vice President, General Counsel, Secretary

Carlos S. Bori

Senior Vice President - Sales and Marketing

統計

2.24 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

3.7K

2018

3.9K

2019

3.4K

2020(E)

3.2K
EPS (USD)

2017

6.450

2018

7.220

2019

6.170

2020(E)

5.806
株価売上高倍率(過去12カ月)
32.72
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.79
株価純資産倍率(四半期)
6.01
株価キャッシュフロー倍率
21.79
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
17.26
自己資本利益率(過去12カ月)
15.87

最新ニュース

最新ニュース

米ダウとS&P下落、アップル業績見通し受け

米国株式市場は、ダウ工業株30種<.DJI>とS&P総合500種<.SPX>が下落して取引を終えた。米アップル<AAPL.O>が前日、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で1─3月期の売上高が予想に届かない可能性があると警告したことを受け、米企業全般へのウイルスの影響を見極める展開となった。

NY市場サマリー(18日)

<為替> ドルが対ユーロで約3年ぶりの高値に上昇。ドイツの景気指数が大幅に低下したことを受けた。

米クアルコム、無線周波チップ巡りEUが反トラスト法調査

米通信用半導体大手クアルコム<QCOM.O>は5日、無線周波チップを巡り欧州連合(EU)が反トラスト法(独占禁止法)調査に乗り出したことを明らかにした。クアルコムが当局に提出した文書によると、EUはクアルコムが無線周波チップ市場で次世代通信規格「5G」向けモデムチップにおける自社の地位を利用して反競争的な行為を行ったかどうか調査している。

焦点:ファーウェイ排除の緩和を、米半導体各社がロビー活動

中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)にチップを供給しているクアルコム<QCOM.O>やインテル<INTC.O>などの米国半導体各社が、密かに自国政府に圧力をかけ、ファーウェイに対する販売禁止措置を緩和するよう求めている。

NY市場サマリー(16日)

欧州議会選を控え、欧州連合(EU)の財政規律を連日批判しているイタリアのサルビーニ副首相は16日、自身が党首を務める「同盟」が欧州議会選で順調に票を集めれば、イタリアの「首を絞めている」規則を「破り裂く」と発言。前日は、EUの財政規律は「欧州を飢餓状態に陥れている」とし、改正する必要があるとの考えを示していた。[nL4N22R43A]

米株市場はダウが3日続伸214ドル高、好決算や堅調な指標後押し

米国株式市場は3日続伸。ダウ平均株価は214ドル高で取引を終えた。企業の好決算と堅調な経済指標が投資家の買い気を高め、ハイテク企業が上げを主導した。市場では米中の関税報復合戦への懸念が根強い一方、企業の好決算は経済の底堅さを示すものとして評価できるとの声が聞かれた。

ファーウェイ規制、米中通商協議やハイテク部門に暗雲 中国反発

への事実上の輸出規制を決定したことについて、中国側は両国の通商協議に影を落としかねないとして米国の対応を批判した。大手ハイテク企業への影響を巡っても懸念が高まり、米国市場ではファーウェイと取引する企業の株価が値下がりした。

今日の株式見通し=上値重い、上海株にらみ 米中対立への懸念残る

きょうの東京株式市場で日経平均株価は上値が重い展開が予想されている。前日の米国株市場では、米政府が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への事実上の輸出規制を決定したことを受け、半導体関連が売られた。主要3指数は上昇したものの、見た目ほど地合いは良くないとの声が出ている。日経平均は反発スタートとなりそうだが、米中対立の激化に対する懸念が残る中で上海株が弱含めば、日本株も上げ幅を徐々に縮小する流れとなるとみられている。

米国株式市場は小反落、ビデオゲーム会社の売上高見通しさえず

米国株式市場は小反落して取引を終えた。米中通商関係の行方が待たれる中、ビデオゲーム会社が示した売上高見通しがさえなかったことが嫌気された。

NY市場サマリー(19日)

<為替> ドルが約2週間ぶりの水準に下落した。前週に米連邦準備理事会(FRB)当局者から慎重な発言が相次いだことで、利上げサイクルは終わりに近づきつつあるとの観測が台頭したことが背景。主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は一時96.120と、11月8日以来の水準に低下した。終盤の取引では0.3%低下の96.208となっている。

米株下落、アップルやインターネット関連株が大幅安

米国株式市場は下落し、ナスダックが約3%安、ダウとS&P500も1%超下げて取引を終えた。アップルやインターネット関連、その他ハイテク株が売られ、長期にわたり強気相場をけん引してきた銘柄を巡り不安が広がった。

NY市場サマリー(12日)

<為替> ドルが対主要通貨バスケットで1年4カ月ぶりの高値を付けた。来月の米利上げ観測が広がる中、欧州の政治リスクがユーロや英ポンドを圧迫した。

米国株は大幅続落、アップルやゴールドマンが急落

米国株式市場は大幅続落し、ダウとナスダックは2%超、S&P500も2%近く下げて取引を終えた。アップル<AAPL.O>やゴールドマン・サックス<GS.N>が売り込まれ、ハイテク株や金融株を中心に下落した。

最新iPhoneに東芝・マイクロン・インテル部品=調査

米アップル<AAPL.O>の最新型「iPhone(アイフォーン)」の分解調査を行ったアイフィックスイットによると、インテル<INTC.O>やマイクロン・テクノロジー<MU.O>、東芝<6502.T>などの部品が採用されていたことが分かった。

再送-新型iPhone、東芝・マイクロンなどの半導体 サムスン電子は搭載なし=分解調査

米アップルの最新型「iPhone(アイフォーン)」の分解調査を行ったアイフィックスイットによると、米マイクロン・テクノロジーや東芝などの半導体が搭載されていた一方、韓国サムスン電子製の半導体は利用されていなかった。

アングル:歪んだ米国の対中赤字、犯人はiPhoneか

トランプ米大統領は、よく自身の「iPhone(アイフォーン)」を使って、中国に対して3750億ドル(約39兆円)に上る対米貿易黒字に対処するようツイートで圧力をかけている。

NY市場サマリー(26日)

<為替> ドルが主要通貨に対して小動きにとどまった。ロンドンなど多くの市場が引き続き休場しており、取引は閑散だった。

米国株式市場は下落、アップルなど安い

米国株式市場は下落して取引を終えた。アップル<AAPL.O>の新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)X(テン)」の需要が低迷しているとの報道を受けて、同社株や部品メーカーの株が売られた。

NY市場サマリー(26日)

<為替> ドルが主要通貨に対して小動きにとどまった。ロンドンなど多くの市場が 引き続き休場しており、取引は閑散だった。 ファーストラインFXカレンシー・ストラテジーのジェーソン・レインワンド最高経 営責任者(CEO)は「市場は今週いっぱい静かな状態が続く」と予想した。 米国で税制改革法が成立し、ドルの来年の支援材料になると期待されている。今後1 0年で債務が1兆5000億ドル増えるものの、法人減税が企業投資を促進し、米経済と ドルを押し上げるというのがコンセンサスだ。レインワンド氏は「ドルは来年前半にある 程度上昇する余地がある」と述べた...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up