for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

AT&T インク

T.N

現在値

26.92USD

変化

-0.46(-1.68%)

出来高

6,736,421

本日のレンジ

26.91

 - 

27.27

52週レンジ

26.08

 - 

39.70

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
27.38
始値
27.20
出来高
6,736,421
3か月平均出来高
748.19
高値
27.27
安値
26.91
52週高値
39.70
52週安値
26.08
発行済株式数
7,125.00
時価総額
195,082.50
予想PER
--
配当利回り
7.60

次のエベント

Q4 2020 AT&T Inc Earnings Release

適時開示

その他

Liberty Latin America Receives Clearance From U.S. DOJ To Buy At&T’S Wireless & Wireline Operations In Puerto Rico, U.S. Virgin Islands

Sinclair Regional Sports Networks Dropped By Hulu

AT&T "Not Optimistic" About Theater Reopenings, Expects It To Be Choppy Into Next Year

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

AT&T インクとは

エー・ティー・アンド・ティー(AT&T Inc.)は、世界において電気通信、メディアおよび技術サービスの提供に従事する持株会社である。【事業内容】同社は、通信セグメント、ワーナーメディアセグメント、ラテンアメリカセグメント、およびザンダーセグメントの4つのセグメントを通じて事業を行う。通信セグメントは、消費者に無線および有線の通信、ビデオおよびブロードバンドサービスを提供する。同セグメントは、モビリティ、エンターテインメントグループ、およびビジネスワイヤラインを含む。ワーナーメディアセグメントは、長編映画、テレビ、ゲーム、その他のコンテンツを物理的フォーマットおよびデジタルフォーマットで開発、制作、および配信する。同セグメントは、ターナー、ホームボックスオフィス及びワーナーブラザーズを含む。ラテンアメリカセグメントは、ラテンアメリカでは娯楽サービスを、メキシコでは無線サービスを提供する。同セグメントの部門はヴィロとメキシコを含む。ザンダーセグメントは広告サービスを提供する。

業種

Communications Services

連絡先

208 S Akard St

DALLAS, TX

75202-4206

United States

+1.210.8214105

https://www.att.com/

統計

2.73 mean rating - 30 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

160.8K

2018

170.8K

2019

181.3K

2020(E)

169.7K
EPS (USD)

2017

3.050

2018

3.520

2019

3.570

2020(E)

3.176
株価売上高倍率(過去12カ月)
18.03
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.13
株価純資産倍率(四半期)
1.11
株価キャッシュフロー倍率
4.79
総負債/総資本(四半期)
90.50
長期負債/資本(四半期)
87.14
投資利益率(過去12カ月)
2.67
自己資本利益率(過去12カ月)
2.28

最新ニュース

最新ニュース

決算発表が本格化、ガイダンスに注目=今週の米株式市場

26日からの週の米株式市場は、決算発表が本格化し、企業の新型コロナウイルス禍への対応ぶりが明らかになる見通し。

米AT&T、第3四半期は収入が予想上回る 携帯契約純増が寄与

米通信大手AT&T<T.N>が22日発表した第3・四半期決算(9月30日まで)は総収入が423億ドルと、市場予想(415億9000万ドル)を上回った。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)がメディア事業の大きな打撃になったものの、携帯電話契約者数が予想以上に増加したことが寄与した。

米ネットフリックス、新規契約者数が予想下回る 株価急落

米動画配信サービス大手ネットフリックスが20日発表した第3・四半期決算は、新規契約者数が市場予想を下回った。動画サービスの競争が激化したほか、新型コロナウイルス対策の封鎖措置の緩和による巣ごもり需要の後退やスポーツのテレビ中継再開が響いた。

米ネットフリックス、新規契約者数が予想下回る 株価急落

米動画配信サービス大手ネットフリックスが20日発表した第3・四半期決算は、新規契約者数が市場予想を下回った。動画サービスの競争が激化したほか、スポーツのテレビ放送が再開されたことが背景。

アングル:ディズニーも「動画配信重視」に舵、映画館の先行きは

米映画・娯楽大手ウォルト・ディズニー<DIS.N>はこのほどメディア娯楽事業の再編を打ち出し、米映画業界がストリーミング動画配信を優先しようとする動きの最新例となった。同時に大手メディア企業が果たしてどれだけ映画館の興行を支え続けられるのかについて、疑念も生じている。

焦点:米大統領選当日に「誤報リスク」、TV各局に当確の重圧

全米ネットのテレビ放送局などの報道局幹部らは、11月3日の大統領選当夜に向けた準備を進める中で、20年前に起きた悪名高い大統領選報道の顛末(てんまつ)から得た教訓を生かそうとしている。民主党のアル・ゴア副大統領と共和党のテキサス州知事のジョージ・W・ブッシュ(子)氏が対決した選挙だ。

ワーナーメディア、リストラを計画 数千人削減も=WSJ

米通信大手AT&T<T.N>傘下のワーナーメディアが、最大20%のコスト削減を目的とするリストラを計画しており、人員削減につながる可能性があると、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が8日、関係者の話として報じた。

「デューン 砂の惑星」と「ザ・バットマン」、公開延期に

米通信大手AT&T<T.N>傘下の映画会社ワーナー・ブラザーズは、ドゥニ・ビルヌーブ監督最新作のSF映画「DUNE/デューン 砂の惑星」とロバート・パティンソン主演の「ザ・バットマン」の劇場公開を延期すると発表した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)がエンターテインメント業界にさらなる打撃を与えた格好だ。

米マイクロソフト、5G網構築などで通信業者支援

米マイクロソフト<MSFT.O>は28日、自社のクラウド「アジュール」を使って、次世代通信規格「5G」通信網の構築スピードを向上するなどして通信業者を支援する新たなプラットフォームを立ち上げたと発表した。

エミー賞、「シッツ・クリーク」がコメディ部門で初の7部門制覇

第72回エミー賞(プライムタイム・エミー賞)の授賞式が20日開催され、「シッツ・クリーク」や「サクセッション」、「ウォッチマン」が作品賞に選ばれた。

映画「ザ・バットマン」撮影再開、主演俳優がコロナ陽性と報道

米ワーナー・ブラザースは17日、映画「ザ・バットマン」の撮影をイギリスで再開したと発表した。9月初めに主演のロバート・パティンソン(34)が新型コロナウイルスに感染したと広く報じられ、撮影は2週間中断していた。

コラム:今年の米広告市場、「巨人」アマゾンが幅を利かす

売上高が減った企業は経費を削ることが多く、広告費も削減対象となる。広告会社は新型コロナウイルスの感染流行で得意客の一部が売上高の急減に見舞われており、米市場最大の広告主であるアマゾン<AMZN.O>への依存体質が一層鮮明になりそうだ。

米FCCはソーシャルメディア規制導入拒否を、業界団体が訴え

フェイスブック<FB.O>やアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>などが加盟するインターネット協会は2日、連邦通信委員会(FCC)に対し、トランプ政権が求めている、ソーシャルメディアが有害な投稿を削除する権限を狭める規制導入への要請を拒否するよう求めた。

米AT&T、広告部門の売却を模索=関係筋

米通信大手AT&T<T.N>が広告部門「ザンダー(Xandr)」の売却を模索していることがわかった。事情に詳しい関係筋が明らかにした。

米映画館の再開第1弾大型作「テネット」、各紙が好評価

全米の映画館チェーンがこの週末、新型コロナウイルス感染対策を講じた上で営業を再開した。

伊藤忠など、としまえん跡地に「ハリー・ポッター」施設建設へ

伊藤忠商事<8001.T>、ワーナー・ブラザーズ・スタジオツアーズ、ワーナー・ブラザーズ・ジャパン(東京都港区)、西武鉄道(埼玉県所沢市)などは18日、東京都練馬区の「としまえん」遊園地内の一部敷地で施設を共同開発する契約を締結したと発表した。2023年前半のオープンを目指す。

マイクロソフト、2画面アンドロイド端末を9月発売 1399ドルから

米マイクロソフト<MSFT.O>は12日、折りたたみ式の2画面スマートフォン「サーフェス・デュオ」を9月10日から発売すると発表した。アルファベット<GOOGL.O>傘下グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」が搭載されており、価格は1399ドルから。

欧州株式市場=小幅続伸、中国の統計が相場下支え

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 364.65 +1.10 +0.30 363.55 FTSEユーロファース 1413.58 +3.60 +0.26 1409.98 ト300種 ユーロSTOXX50種 3259.71 +7.06 +0.22 3252.65 <.STOXX50E > 週明け欧州株式市場は小幅続伸して取引を終えた。中国の経済指標が改善したことで 景気循環株が買われる一方、米中関係の緊迫化が不安視されテクノロジー株が売られた。 国際石油価格の上昇を受け、中国の7月の卸売物価指数(...

NY市場サマリー(7日)ダウ小幅高・ナスダック下落、ドルは上昇

<為替> ドルが上昇した。7月の米雇用統計を受け、雇用市場に対する投資家の懸念が一部和らいだ。ただ、週間では7週連続で下落した。

米ダウ小幅高、ナスダック下落 雇用急減速やコロナ協議決裂で

米国株式市場では、ダウ平均株価<.DJI>が46ドル高と小幅な値上がりにとどまったほか、ナスダック総合指数<.IXIC>は100ポイント近く下げて取引を終えた。雇用統計で雇用の伸びが大幅に鈍化したことや、新型コロナウイルス追加経済対策を巡る与野党協議が決裂したことなどが相場の重しとなった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up