for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Translate Bio Inc

TBIO.O

現在値

17.25USD

変化

-0.01(-0.06%)

出来高

415,145

本日のレンジ

16.60

 - 

17.42

52週レンジ

9.50

 - 

34.64

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
17.26
始値
17.32
出来高
415,145
3か月平均出来高
26.01
高値
17.42
安値
16.60
52週高値
34.64
52週安値
9.50
発行済株式数
75.21
時価総額
1,298.16
予想PER
-74.11
配当利回り
--

次のエベント

Translate Bio Inc Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Translate Bio Announces Results From Second Interim Data Analysis From Ongoing Phase 1/2 Clinical Trial Of MRT5005 In Patients With Cystic Fibrosis

Translate Bio Reports Qtrly Net Loss Of $20.6 Mln

Translate Bio Announces Departure Of Chief Financial Officer

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Translate Bio Incとは

トランスレート・バイオ(Translate Bio, Inc.)はメッセンジャーリボ核酸(RNA)または伝令RNA(mRNA)の治療薬会社である。【事業内容】タンパク質または遺伝子の機能不全によって引き起こされる疾患を治療するための医薬品を開発する。独自のmRNA治療プラットフォームまたはエム・アール・ティ(MRT)プラットフォームを使用し、機能性タンパク質をコードするmRNAを作成する。mRNAは標的細胞に送達され、そこで細胞自身の機構がそれを認識・翻訳し、タンパク質の機能を回復・増強し、疾患を治療または予防する。肺のMRT製品候補であるMRT5005は、噴霧によって肺上皮細胞に完全に機能する嚢胞性線維症膜貫通コンダクタンス調節因子(CFTR)タンパク質をコードするmRNAを送達することにより、シーエフ(CF)の根本的な原因に対処するように設計される。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

29 Hartwell Ave

LEXINGTON, MA

02421-3102

United States

+1.617.9457361

http://translate.bio/

エグゼクティブリーダーシップ

Daniel S. Lynch

Independent Chairman of the Board

Everett Rand Sutherland

President

Ronald C. Renaud

Chief Executive Officer, Chief Financial Officer, Director

Michael W. Heartlein

Founder, Executive Vice President

Paul Burgess

Chief Operating Officer, Chief Legal Officer

統計

2.00 mean rating - 9 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

0.0K

2019

0.0K

2020

0.1K

2021(E)

0.1K
EPS (USD)

2018

-3.640

2019

-2.200

2020

-0.800

2021(E)

-0.233
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.35
株価純資産倍率(四半期)
3.63
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
-9.93
自己資本利益率(過去12カ月)
-8.77

最新ニュース

最新ニュース

ファイザー、新ワクチン独自開発へ mRNA技術応用=WSJ

米製薬大手ファイザーは、新型コロナウイルスワクチン開発の成功を踏まえ、コロナワクチンと同様にメッセンジャーRNA(mRNA)技術を応用した、新たなウイルスワクチンの開発に単独で乗り出す構えだ。

焦点:新型コロナワクチン成功で脚光、mRNA分野に資金と人材

メッセンジャーRNA(mRNA)を利用したCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)ワクチンが成功を収めたことで、この斬新な技術を、他のワクチンだけでなく、嚢胞性線維症(のうほうせいせんいしょう)やがん、その他の難病の治療に利用する道が開けてきた。

仏サノフィのmRNAコロナワクチン、年内に準備できず=CEO

フランスの製薬大手サノフィのポール・ハドソン最高経営責任者(CEO)は、米トランスレート・バイオと共同開発中の新型コロナウイルスのワクチン候補について「年内には準備できないだろう」との見方を示した。

仏サノフィと英GSK、コロナワクチンの実用化遅れる見込みに

製薬大手の仏サノフィと英グラクソ・スミスクライン(GSK)は、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、臨床試験(治験)の結果、より高齢の被験者の免疫反応が不十分だったことを明らかにした。実用化は来年後半にずれ込む見通しだとしている。

EXCLUSIVE-仏サノフィ、新型コロナワクチンに自信=CEO

フランス製薬大手サノフィ<SASY.PA>のハドソン最高経営責任者(CEO)は28日のロイターのインタビューで、同社は新型コロナウイルスワクチン開発に自信を強めていると話した。ワクチン候補の臨床試験(治験)開始に向けた準備を進めていることが背景。

米トランスレート・バイオのコロナワクチン、動物実験で免疫反応確認

メッセンジャーRNA(mRNA)医薬品を手掛ける米トランスレート・バイオ<TBIO.O>は25日、仏製薬大手サノフィ<SASY.PA>と共同開発した新型コロナウイルス感染症ワクチン候補による免疫反応誘導を動物実験で確認したと発表した。11月にも臨床試験(治験)を開始する。

仏サノフィ、通年の利益予想引き上げ 第2四半期は減収増益

仏製薬大手サノフィ<SASY.PA>は29日、2020年の利益見通しを引き上げた。第2・四半期決算がコスト削減と米製薬会社リジェネロン<REGN.O>株の売却で増益となったことを受けた。

テスラが独キュアバクのワクチン開発支援、分子プリンター製造に協力

米電気自動車(EV)メーカー、テスラ<TSLA.O>のマスク最高経営責任者(CEO)は1日、ドイツの新興企業キュアバクが進めている新型コロナウイルスのワクチン開発を支援するため、テスラが分子を印刷できる3Dプリンターの製造に取りかかっていると明らかにした。

仏サノフィ、欧州で最大1680人削減へ 広範な経費削減の一環

仏製薬大手サノフィ<SASY.PA>は26日、経費削減と利益向上に向け欧州で最大1680人の雇用を削減する計画であることを確認した。

仏サノフィ、米トランスレート・バイオとワクチン開発提携拡大

仏製薬大手サノフィ<SASY.PA>は23日、メッセンジャーRNA(mRNA)医薬品を手掛ける米トランスレート・バイオ<TBIO.O>と新型コロナウイルスワクチンを含むワクチン開発を巡る契約で合意した。契約規模は最大20億ドルの上る可能性がある。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up