for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

TP ICAP Group PLC

TCAPI.L

現在値

138.00GBp

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

123.42

 - 

263.05

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
138.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
35.00
高値
--
安値
--
52週高値
263.05
52週安値
123.42
発行済株式数
788.67
時価総額
1,173.54
予想PER
6.98
配当利回り
4.03

次のエベント

Full Year 2021 TP ICAP Group PLC Earnings Release

適時開示

その他

Tp Icap Group Rev For Nine Months 5% Higher Than Year Ago

TP ICAP Adjusted H1 Pretax Profit Falls

TP ICAP Says Launch Of Its Crypto Trading Platform For Institutional Investors Likely In Q4

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

TP ICAP Group PLCとは

TP ICPAグループ(TP ICAP Group PLC)は、市場インフラストラクチャのプロバイダーである。【事業内容】4つの部門を通じて運営する。グローバルブローキング部門は、金利、クレジット、株式、外国為替およびマネーマーケット、および新興市場をカバーする。エネルギーおよび商品部門は、石油、ガス、電力、再生可能エネルギー、鉄金属、卑金属、貴金属、軟質商品などの商品市場で、「Tullett Prebon」、「ICAP」、および「PVM」ブランドを通じて運営される。エネルギーとコモディティ部門は、地方銀行、企業、ヘッジファンド、貿易会社にサービスを提供する。インスティテューショナルサービス部門は、ヘッジファンド、資産運用会社、ノンバンクの流動性プロバイダーなどのサイドクライアントを購入するための取引アイデアと代理店の執行を提供する。データと分析部門は、取引を容易にするデータ製品を提供し、店頭(OTC)価格データのプロバイダーである。

業種

Investment Services

連絡先

Floor 2, 155 Bishopsgate

EC2M 3TQ

United Kingdom

https://tpicap.com/tpicap/investors

エグゼクティブリーダーシップ

Richard Berliand

Non-Executive Chairman of the Board

Nicolas Breteau

Chief Executive Officer, Executive Director

Robin James Stewart

Chief Financial Officer, Executive Director

Philip Price

Group General Counsel, Executive Director

Richard Cordeschi

Group Company Secretary

統計

1.86 mean rating - 7 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, GBP)

2018

1.8K

2019

1.8K

2020

1.8K

2021(E)

1.9K
EPS (GBp)

2018

30.214

2019

29.858

2020

32.450

2021(E)

21.311
株価売上高倍率(過去12カ月)
22.00
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.67
株価純資産倍率(四半期)
0.60
株価キャッシュフロー倍率
8.50
総負債/総資本(四半期)
58.63
長期負債/資本(四半期)
49.67
投資利益率(過去12カ月)
0.99
自己資本利益率(過去12カ月)
0.05

最新ニュース

最新ニュース

欧州株式市場=横ばい、ECB緩和縮小は予想通り

欧州株式市場はほぼ横ばいで取引を終えた。欧州中央銀行( ECB)が債券買い入れプログラムをわずかに縮小する方針を示したことが、大方の予想 通りと受け止められた。 STOXX欧州600種は一時0.9%下げたが、下げ幅を縮めた。ECBがタカ派 的な姿勢を打ち出すとの警戒感から、前日までの2日間で1.54%下落していた。 金利に敏感なSTOXX欧州600種銀行株指数は0.19%上昇。不動産 株指数は0.97%上げた。 ECBは緊急支援策の解除に向け形だけ踏み出したが、1兆8500億ユーロ規模の パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)をどうやって...

ロンドン株式市場=続落、ポンド高で3週間ぶり下落幅

ロンドン株式市場は続落して取引を終えた 。ポンド高と経済成長の鈍化に対する懸念が相場を圧迫した。 FTSE100種は下落幅は3週間ぶりの大きさとなり、 特に生活必需品株や製薬株の値下がりが目立った。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.21%下落 。 ポンドの上昇を受けてドルで利益を上げる生活必需品株などが下が り、英日用品のユニリーバやブリティッシュ・アメリカン・タ バコ(BAT)、たばこのインペリアル・ブランズが 1.4%─1.6%値下がりした。 ジョンソン首相は今週、医療と社会福祉の財源不足の危機に対応す るために株主への配当金課税...

欧州株式市場=続落、ECB理事会控え警戒感

欧州株式市場は続落して取引を終え、下げ幅は3週間ぶりの 大きさとなった。欧州中央銀行(ECB)の理事会を9日に控え、最近の急激な物価上昇 を受けてパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の縮小を決めることへの警戒感か ら売り注文が優勢となった。 STOXX欧州600種金融サービス株指数が1.42%下落。銀行株指数< .SX7P>は1.32%、石油・ガス株指数は1.18%それぞれ下がった。 ECB理事会のタカ派メンバーとされるホルツマン・オーストリア中銀総裁はインフ レ圧力の持続性が示されるかもしれず、多くの人の予想よりも早い金融引き締...

ロンドン株式市場=続落、製薬や銀行株の下落響く

ロンドン株式市場は続落して取引を終えた 。製薬や銀行株の下落が響いた。 英製薬のアストラゼネカや製薬大手グラクソ・スミスクラ イン(GSK)が売られ、FTSE350種製薬・バイオテク ノロジー株指数が下げた。 銀行株指数は1.19%下落。モルガン・スタンレ ーによる株価目標の引き下げが嫌気され、英銀大手のバークレイズ<BAR C.L>とロイズがそれぞれ、1.6%と2.0%値下がりした。 FTSE100種は今年10%上昇しているが、新型コロナウイル ス変異株「デルタ株」のまん延と、サプライチェーンの問題が経済成長 の減速につながるとの懸念...

欧州市場サマリー(7日)

ユーロ圏金融・債券市場: <為替> 欧州終盤 アジア市場 コード 終盤 ユーロ/ドル    1.1847 1.1874 ドル/円 110.17 109.90 ユーロ/円 130.53 130.50 <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値 コード STOXX欧州600種 472.87 -2.32 -0.49 475.19 FTSEユーロファースト 1821.56 -8.37 -0.46 1829.93 300種 ユーロSTOXX50種 4225.01 -21.12 -0.50 4246.13 FTSE100種 7149.37 -37.81...

ロンドン株式市場=反落、ヘルスケアや金融に売り

ロンドン株式市場は反落して取引を終えた 。製薬・バイオテクノロジー株や投資銀行・証券株が売られ、相場を押 し下げた。 FTSE350製薬・バイオテクノロジー株指数が 1.50%下落。英製薬のアストラゼネカが2.0%、製薬大 手グラクソ・スミスクライン(GSK)が1.2%それぞれ値 下がりした。 また、投資銀行・証券株も1.04%下落。世界最 大の金融仲介会社TP・ICAPが上半期の利益を下方修正 し、10.7%下落したのが響いた。 ジョンソン英首相は医療や社会福祉の財源危機に対応するため、労 働者、雇用主、一部の投資家に対する増税案を発表...

欧州株式市場=反落、ECB会合前に警戒感

欧州株式市場は反落して取引を終えた。欧州中央銀行(EC B)が今週開く会合を前に、投資家に警戒感が広がった。 ECBは9日に理事会を開く。ユーロ圏の物価上昇や経済の改善を示すデータが出て おり、金融引き締めを打ち出すとの観測が高まっている。TSロンバードの戦略部門責任 者、アンドレア・シシオーネ氏は「ECBはパンデミック緊急購入プログラム(PEPP )の縮小を議論するとみられている。もしそうならば投資家はほかの手段での埋め合わせ があるかのヒントを探すだろう」と述べた。 通信大手ドイツテレコムは0.1%高だった。ソフトバンクグループ<998...

ロンドン株式市場=続伸、金融株買われる

(表は本文の下に表示しています。) [4日 ロイター] - ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた 。比重の大きい金融株が買われ全体水準を押し上げた。好決算も買い材 料だった。ただ投資家は、新型コロナウイルス感染の増加や物価上昇の リスクを踏まえ慎重な姿勢を保っている。 FTSE350種生命保険株指数は1.34%上昇 した。保険大手プルーデンシャルが1.0%高。資産運用会社 リーガル&ジェネラルは2.9%上昇。上半期利益が市場予想 を上回り、通期の業績が好調となることを示唆した。銀行大手のバーク レイズも1.4%値を上げた。 住宅建設の...

欧州市場サマリー(3日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。好決算を 受け早期の経済回復への期待が高まった。ただ新型コロナウイルスのデルタ株の感染が世 界的に増えていることから、上昇幅は限定的だった。 FTSE350種石油・ガス株指数は2.94%上昇した。個別銘柄 では石油大手のBPが5.6%値を上げた。第2・四半期利益が28億ドルに増え たことで配当を4%増やし、追加の自社株買いを決めた。 英大手銀行スタンダード・チャータード(スタンチャート)は1.0%高だ った。上半期の税引き前利益が市場予想を上回る57%増となった。2億5000万ドル の自社株買...

ロンドン株式市場=続伸、好決算で経済回復期待高まる

(表は本文の下に表示しています) [3日 ロイター] - ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた 。好決算を受け早期の経済回復への期待が高まった。ただ新型コロナウ イルスのデルタ株の感染が世界的に増えていることから、上昇幅は限定 的だった。 FTSE350種石油・ガス株指数は2.94%上 昇した。個別銘柄では石油大手のBPが5.6%値を上げた。第 2・四半期利益が28億ドルに増えたことで配当を4%増やし、追加の 自社株買いを決めた。 英大手銀行スタンダード・チャータード(スタンチャート)<STAN. L>は1.0%高だった。上半期の税引...

TP・ICAP、フィデリティなどと暗号資産取引プラットフォーム設立

世界最大の金融仲介業者である英TP・ICAPは29日、米資産運用大手フィデリティ・インベストメンツおよび英銀行大手スタンダード・チャータード(スタンチャート)のデジタル資産カストディー部門と共同で、暗号資産(仮想通貨)の取引プラットフォームを設立すると発表した。

欧州市場サマリー(9日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。工業株などのディフェンシ ブ銘柄が買われ全体水準を押し上げた。ただ金属の値下がりに伴い鉱業株が売られ、上昇幅は限定的だった 。 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が落ち着き経済が再開した際に最も恩恵を受ける との見方からディフェンシブ銘柄が好調だった。 一方、資源大手のBHPとリオ・ティント、アングロ・アメリカンは2.4% から4.4%下落した。 バークレイカードが発表した2月の英消費支出は大幅に落ち込んだが、消費者信頼感は12カ月ぶりの 高水準を付けた。 世界最大のディーラー間...

ロンドン株式市場=続伸、ディフェンシブ銘柄買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100種 6730.34 +11.21 +0.17 6719.13 ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。工業株などのディフェンシブ銘柄が買わ れ全体水準を押し上げた。ただ金属の値下がりに伴い鉱業株が売られ、上昇幅は限定的だ った。 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が落ち着き経済が再開した際に 最も恩恵を受けるとの見方からディフェンシブ銘柄が好調だった。 一方、資源大手のBHPとリオ・ティント、アングロ・アメリカン< AAL.L>は2.4%から4.4%下落...

訂正-アングル:金融市場、相場乱高下で取引高急増 取引業者の光明に

金融市場は今週に入って激しい売りに見舞われた。しかし投資家が相場の乱高下から保有資産を守ろうと市場に殺到したため、幅広い金融商品で取引高が急増。長期の凪(なぎ)相場にあえいでいた銀行や取引プラットフォームなど取引業者にとって光明となった。

欧州市場サマリー(1日)

TDセキュリティーズの金利ストラテジスト、プージャ・クムラ氏は前向きな経済指 標が米連邦準備理事会(FRB)による3回目の利下げや米中関係を巡る懸念、月末要因 などを打ち消したと指摘。米中通商協議の手詰まり継続や12月の英選挙などが次のリス ク要因と述べた。 域内の10年債利回りは大半が約2ベーシスポイント(bp)上昇。前日には2週間 ぶりの低水準を付けていた。 この日は米経済指標を背景に売られた米国債に追随した。 独10年債利回りはマイナス0.38%。前日はマイナス0.42%だ った。 ユーロ圏金融・債券市場: <為替> 欧州終盤 アジア...

ロンドン株式市場=反発、米中の経済指標を好感

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7302.42 +54.04 +0.75 7248.38 ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。中国と米国の経済指標を受け市場心理が 好転した。 10月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は予想外に2年超ぶりの高水準と なった。10月の米国の雇用統計は予想ほど減速しなかった。 FTSE350種鉱業株指数は3.13%上昇した。個別銘柄では資源 大手のアングロ・アメリカンとグレンコア、リオ・ティントが3 .1%から3.8%値上がりした。 石油大手のロイヤル・ダッチ・シェル...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up