for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Telefonica SA

TEF.MC

現在値

4.04EUR

変化

-0.03(-0.83%)

出来高

4,016,742

本日のレンジ

4.03

 - 

4.11

52週レンジ

3.53

 - 

7.46

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
4.08
始値
4.06
出来高
4,016,742
3か月平均出来高
382.52
高値
4.11
安値
4.03
52週高値
7.46
52週安値
3.53
発行済株式数
5,247.64
時価総額
22,039.52
予想PER
8.03
配当利回り
9.52

次のエベント

Half Year 2020 Telefonica SA Earnings Release

適時開示

その他

Telefonica Signs Deal With SAP Spain To Offer Cloud Solutions

Telefonica Raises 136.3 Mln Euros In Capital Increase Related To Scrip Dividend Programme

Telefonica Signs Deal With UEFA For Exclusive Media Rights For Champions League And Europa League In Spain

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Telefonica SAとは

テレフォニカ(Telefonica, S.A.)はヨーロッパとラテンアメリカにおいて電気通信に従事する企業である。【事業内容】同社はモバイル事業、固定電話事業及びデジタルサービスを含む製品とサービスを提供する。同社のセグメントは、アルゼンチン、チリ、ペルー、コロンビア、メキシコ、ベネズエラ、エクアドル、ウルグアイの各事業者による、スペインのテレフォニカ、ブラジルのテレフォニカ、テレフォニカのイギリス、及びテレフォニカのHispanoamericaにより構成される。これらのセグメントは、それぞれの場所に応じて、有線、無線、ケーブル、データ、インターネット及びテレビ(TV)事業、並びに他のデジタルサービスに関連する活動を行う。同社は個人顧客とビジネス顧客向けに広範囲のモバイルと関連サービスと製品を提供する。同社は、伝統的な固定電気通信サービス、インターネットとブロードバンドマルチメディアサービス、並びデータとビジネスソリューションサービスを提供する。同社は、モノのインターネット(IoT)など、様々なデジタルサービスを提供する。

業種

Communications Services

連絡先

Gran Via 28

MADRID, MAD

28013

Spain

+34.915.840640

https://www.telefonica.es/

エグゼクティブリーダーシップ

Jose Maria Alvarez-Pallete Lopez

Executive Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Jose Javier Echenique Landiribar

Vice Chairman, Lead Independent Director

Jose Maria Abril Perez

Vice Chairman of the Board

Isidro Faine Casas

Vice Chairman of the Board

Laura Abasolo Garcia de Baquedano

Chief Finance and Control Officer

統計

2.50 mean rating - 34 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2017

52.0K

2018

48.7K

2019

48.4K

2020(E)

45.2K
EPS (EUR)

2017

0.720

2018

0.778

2019

0.624

2020(E)

0.504
株価売上高倍率(過去12カ月)
111.89
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.46
株価純資産倍率(四半期)
1.54
株価キャッシュフロー倍率
1.87
総負債/総資本(四半期)
422.36
長期負債/資本(四半期)
342.12
投資利益率(過去12カ月)
1.41
自己資本利益率(過去12カ月)
0.95

最新ニュース

最新ニュース

英BT、2021/22年度まで配当を取りやめ 新型コロナ対応で

英通信最大手BT<BT.L>は、2021/22年度まで配当を取りやめ、業績予想を撤回した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)の影響を踏まえ、内部留保を厚くして今後予想される業績低迷期に備える。

リバティとテレフォニカ、英子会社の合併発表 380億ドル

米メディア大手のリバティ・グローバル<LBTYA.O>とスペインの通信大手テレフォニカ<TEF.MC>は7日、両社の英子会社が合併すると発表した。

リバティとテレフォニカ、英子会社合併へ 240億ポンド=FT

英フィナンシャル・タイムズ紙(FT)は7日、米メディア大手のリバティ・グローバル<LBTYA.O>の英子会社と、スペインの通信大手テレフォニカ<TEF.MC>の英子会社が合併すると報じた。

英政府のファーウェイ5G限定参入容認は「確固たる決定」=高官

による次世代(5G)通信網への限定的参入容認は、自身が知る限り「確固たる決定」であり、議論が再び再開されることはないとの見方を示した。

焦点:新型コロナでネット利用急増、なのに通信株低迷の不思議

新型コロナウイルス感染拡大に伴う世界的なロックダウン(都市封鎖)でインターネット利用が拡大し、ゲームや食事デリバリーといった企業のオンライン販売が増える中、通信株の株価はネットサービスを利用している企業をアンダーパフォームしている。アジア、アフリカ、欧州、南北アメリカでの高水準の固定費や債務に市場混乱が加わったためだ。

欧州市場サマリー(20日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。日中は プラス圏で取引されたものの、配当落ちしたたばこのインペリアル・ブランズな どが売られ、終盤にかけて落ち込んだ。 韓国で新型コロナウイルスの感染者が急増したことで市場心理が悪化したことも相場 の重しだった。 インペリアル・ブランズは7.3%下落した。同じく配当落ちした製薬大手グラクソ ・スミスクライン(GSK)と日用品のユニリーバは1.7%と0.6 %それぞれ下落した。 一方、医療機器のスミス・アンド・ネフュー(S&N)は7.3%上昇した。 今年も売り上げが伸びるとの見通しを示したことが...

欧州株式市場=反落、軟調な決算とコロナウイルス不安で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 430.19 -3.71 -0.86 433.90 FTSEユーロファース 1676.90 -13.93 -0.82 1690.83 ト300種 ユーロSTOXX50種 3822.98 -42.20 -1.09 3865.18 <.STOXX50E > 欧州株式市場は反落して取引を終えた。軟調な決算が重しとなったほか、新型コロナ ウイルスの感染力が当初予想よりも強いとする研究結果を受け、世界経済への影響が不安 視された。 STOXX欧州600種保険株指数は1...

MWC見本市中止で広がる波紋、地元経済に打撃 独自対応の企業も

スペイン・バルセロナで今月開催される予定だった世界最大級の通信関連見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。

新型肺炎、第1四半期のスマホ販売に打撃=中国シャオミCEO

中国のスマートフォンメーカー、小米科技(シャオミ)<1810.HK>の雷軍最高経営責任者(CEO)は13日、最新主力機種「Mi10」シリーズの正式発表イベントで、新型コロナウイルス感染拡大について「第1・四半期のスマホ販売は影響を受けるだろうが、第2・四半期と第3・四半期に販売が回復すると信じている」と語った。

スペイン通信見本市が中止に、新型肺炎で出展見送り相次ぎ

携帯電話通信の国際業界団体GSMAは12日、スペインのバルセロナで24─27日に開催される予定だった世界最大級のモバイル機器の展示会「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2020」を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、複数の企業が参加を見送ったためという。

英政府、ファーウェイ問題で今秋に決断へ=デジタル相

の製品の利用を認めるか今年秋に決定すると述べた。

米グーグル、通信会社向けデータ共有停止 情報保護対策で

米大手情報技術(IT)企業アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルが携帯電話通信事業者(キャリア)向けに電波状態や接続速度などの情報を提供する「モバイル・ネットワーク・インサイツ」サービスを4月に停止していたことが、事情に詳しい関係者4人の話で明らかとなった。

米制裁は無視できず、ファーウェイの5G参入問題で英担当相

の製品を採用するかどうかを判断する上で、米国による制裁は無視できないとの考えを示した。

コラム:ファーウェイ排除か静観か、欧州通信会社の二者択一

を禁輸リストに載せたことで、欧州の通信事業者は米国に追随して調達先を他社に切り替えるか、もしくは事態の改善を期待して静観するかの決断を迫られている。総合的に考えると、静観するほうが良さそうだ。

アングル:ファーウェイ利用者に不安、切り替え検討も

へのソフトの提供などを停止したことで、同社のスマートフォン利用者は他社製品に切り替えるべきかどうか、頭を悩ませている。

コラム:世界的な「ファーウェイ排除」の高い代償

を世界的に排除する動きは、すでに集中度の高い市場の競争力を削ぐ恐れがある。

エリクソン、通信障害の問題特定

スウェーデンの通信機器大手エリクソン<ERICb.ST>は、同社設備のソフトウェア不具合により生じた通信障害について、基幹ネットワーク中の一部接続ポイントに問題が見つかったと明らかにした。問題のソフトは停止したという。声明で明らかにした。

エリクソン設備のソフト不具合、日英の通信障害に影響

スウェーデンの通信機器大手エリクソンは、同社設備のソフトウェア不具合により生じた通信障害の復旧に向け、日英の携帯電話会社と連携していると発表した。

スペイン、中国からの投資誘致狙う 来週の習国家主席の訪問を好機に

中国の習近平国家主席は来週28日に予定するスペイン訪問で、貿易や観光産業を中心に協議する見通し。スペインは隣国ポルトガルに比べ、中国からの投資誘致で後れを取っており、習主席の訪問を好機につなげたい考えとみられている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up