for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Telenor ASA

TEL.OL

現在値

148.05NOK

変化

0.75(+0.51%)

出来高

1,115,891

本日のレンジ

146.60

 - 

148.35

52週レンジ

138.25

 - 

161.45

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
147.30
始値
147.50
出来高
1,115,891
3か月平均出来高
34.42
高値
148.35
安値
146.60
52週高値
161.45
52週安値
138.25
発行済株式数
1,399.46
時価総額
206,140.20
予想PER
16.30
配当利回り
6.31

次のエベント

Dividend For TELNY.PK - 0.6004 USD

適時開示

その他

Telenor CEO Says Will Strive To Uphold Myanmar Operation

Telenor Q1 Adjusted EBITDA NOK 13,015 Mln, Below Estimates

Telenor Q1 Adjusted EBITDA NOK 13,015 Mln, Below Estimates

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Telenor ASAとは

テレノール (Telenor ASA)は電気通信会社である。【事業内容】同社のセグメントはノルウェー、スウェーデン、デンマーク、ハンガリー、ブルガリア、モンテネグロ・セルビア、dtacタイ、Digiマレーシア、グラミントン・バングラデシュ、パキスタン、ミャンマー、放送およびその他の事業がある。同社の主力製品及びサービスは移動体通信、固定通信事業、放送事業である。同社の移動通信事業は主に音声、データ、インターネット、コンテンツサービス、顧客機器およびメッセージングを含む。固定サービスは電話、インターネットおよびテレビ、専用回線、ならびにデータサービスおよび管理サービスを含む。放送事業はノルディックではCanal Digital DTH、ノルウェーとベルギーでは衛星放送と地上ラジオとテレビの伝送で構成される。その他の事業はインターナショナル・ホールセール、テレノール・デジタル、コーポレート機能などで構成される。

業種

Communications Services

連絡先

Snaroyveien 30

1360

Norway

+47.67.89000

https://www.telenor.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Gunn Waersted

Independent Chair of the Board

Sigve Brekke

President, Chief Executive Officer

Jorgen Kildahl

Independent Deputy Chair of the Board

Tone Hegland Bachke

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Cecilie Blydt Heuch

Executive Vice President, Chief People & Sustainability Officer

統計

2.43 mean rating - 21 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, NOK)

2018

110.4K

2019

113.9K

2020

122.8K

2021(E)

116.2K
EPS (NOK)

2018

9.030

2019

9.000

2020

12.100

2021(E)

9.037
株価売上高倍率(過去12カ月)
18.60
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.71
株価純資産倍率(四半期)
6.05
株価キャッシュフロー倍率
4.75
総負債/総資本(四半期)
408.25
長期負債/資本(四半期)
362.55
投資利益率(過去12カ月)
7.66
自己資本利益率(過去12カ月)
5.61

最新ニュース

最新ニュース

ミャンマーの外資系企業、高級オフィスビルから相次ぎ立ち退く

ミャンマーの最大都市・ヤンゴン中心部の高級オフィスビル「スーレ・スクエア」に入居する複数の外資系企業が、既に同ビルから立ち退いたか、入居契約を見直していることが、ロイターの取材で明らかになった。国連は同ビルがミャンマー国軍が所有する土地に建てられたとしている。

テレノール、第1四半期は最終赤字 ミャンマー事業の損失響く

ノルウェーの通信会社テレノールが発表した第1・四半期決算は、ミャンマー事業の減損が響き最終赤字となった。

アジア株式市場サマリー:引け(9日)

米商務省は8日、中国スーパーコンピューター企業7社を経済ブラックリストに追加 したと発表した。 中国の投資家は株式市場へのエクスポージャーを減らし、MMF(マネー・マーケッ ト・ファンド)に資金を投じている。 ソウル株式市場は7営業日ぶりに反落して引けた。国内で新型コロナウイルスの感染 が急拡大していることへの懸念や、米雇用指標の悪化が投資家心理を湿らせた。 総合株価指数(KOSPI)は週間では0.61%上昇、3週続伸となった。 米労働省が8日発表した新規の失業保険申請件数は2週連続で前の週を上回った。 韓国では8日発表された1日のコロナ...

東南アジア株式・中盤=マレーシアとタイ主導で上昇

東南アジア株式市場はおおむね上昇。クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIとバンコク市場のSET指数は一時0.8%上昇。ジャカルタ市場の総合株価指数は4営業日続伸で一時0.7%上昇して3月30日以来の高値を付けた。

ミャンマー、フェイスブックへの接続を遮断

ミャンマー郵電公社(MPT)など同国のインターネットプロバイダーは4日、米フェイスブックが提供するサービスへの接続を遮断した。

ミャンマーの通信網、正常に稼働=ノルウェー・テレノールCEO

ノルウェーの通信会社テレノールのシグベ・ブレッケ最高経営責任者(CEO)は2日、クーデターが起きたミャンマーで同社のネットワークは通常通り稼働しており、顧客はサービスを利用可能と明らかにした。

コラム:ミャンマー再び軍部支配に、投資フロンティアの輝き失う

投資のフロンティアとしてのミャンマーの明るい未来に、にわかに暗雲が垂れ込めてきた。ミャンマー国軍は1日早朝、アウン・サン・スー・チー国家顧問ら与党国民民主連盟(NLD)幹部の身柄を拘束した。同国は再び孤立状態に陥り、そこからの回復は痛みを伴う可能性がある。

バルセロナMWC、ソニーとドコモ参加取りやめ 中国勢は参加

NTTドコモ<9437.T>とソニー<6758.T>は10日、スペインのバルセロナで24─27日に開催される世界最大級のモバイル機器の展示会「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2020」への出展と参加を取りやめると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の動向を踏まえる。

アジア株式市場サマリー:引け(17日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [17日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 0.0000 - 3074.08 - 100.00 3081.4641 3091.9516 3067.2525 14 前営業日終値 3074.0814 中国 CSI300指 4158.550 +9.507 +0.23 4162.194 4177.028 4141.645 <.CSI30 数 0> 前営業日終値 4149.043 香港 ハンセン指数 28870.90 -12.14 -0.04 28988.16...

東南アジア株式・引け=上昇、リスク選好強まる

東南アジア株式市場はマニラ市場を筆頭に軒並み上昇して終了した。中国が発表した国内総生産(GDP)などの主要経済指標が良好な内容だったことから、リスク選好が強まった。

ノルウェー、5G通信網からファーウェイ排除せず=デジタル化相

の製品を次世代通信規格「5G」の通信網から排除する考えはないとロイターに明らかにした。

東南アジア株式・引け=大半が上昇、米中の緊張緩和期待で

東南アジア株式市場の株価は大半が上昇した。中国は16品目の米国製品を追加報復関税の対象から外すと発表。世界経済に悪影響を与えてきた米中貿易戦争が緊張緩和に向かうとの期待感が広がり、相場を支えた。

東南アジア株式・引け=大半が下落、中国PPI低下で値を消す

東南アジア株式市場は大半が下落。一時上昇した後に値を消した。8月の中国の生産者物価指数(PPI)が低下したことが要因で、投資家心理が悪化した。

アジア株式市場サマリー

中国国家統計局が発表した8月の生産者物価指数(PPI)は前年比0.8%低下で、2016年8月以来の大幅なマイナスだった。7月は0.3%低下だった。アナリストは、国内外で需要は低迷しており、中国企業は受注獲得のための値下げや、コスト削減に向けた生産制限を余儀なくされているとし、その結果、企業の収益や景況感は一段と悪化していると指摘した。

東南アジア株式・中盤=大半が小幅高、主要中銀の金融緩和を期待

中盤の東南アジア株式市場は、世界の主要な中央銀行による金融緩和期待から、大半が小幅上昇している。一方、クアラルンプール市場は下落。マレーシアの通信大手アシアタ・グループと、ノルウェーの同業テレノールの合弁事業をめぐる交渉の決裂が重しとなった。

欧州市場サマリー(6日)

イタリア国債利回りは上昇。「五つ星運動」のディマイオ党首(副首相)はこの日、 与党「同盟」の閣僚が関与する汚職事件を同盟自体が推し進めなければ、政権の危機を招 きかねないと指摘。イタリア政府の安定性を巡る懸念が浮上した。 イタリア短期債利回りは最大6bp上昇。終盤は約3bp上昇している。独10年債 との利回り差は一時4月30日以来となる約260bpまで拡大したが、 その後は255bpで推移している。 ユーロ圏金融・債券市場: <為替> 欧州終 アジア市場 コード 盤 終盤 ユーロ/ドル    1.1194 1.1186 ドル/円 110.85...

欧州株式市場=反落、トランプ氏の対中関税引き上げ発言で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 386.95 -3.42 -0.88 390.37 種 FTSEユーロファー 1520.65 -14.44 -0.94 1535.09 スト300種 DJユーロSTOXX 3462.95 -39.53 -1.13 3502.48 <.STOXX50 50種 E> 週明け欧州株式市場は反落して取引を終えた。トランプ米大統領が中国製品の関税を 引き上げると表明し、相場の重しとなった。 トランプ米大統領は5日、2000億ドル相当の中国製品に対する関税を10日から 引...

アングル:「ファーウェイ外し」加速か、欧州で議論白熱

中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は、同社の販売担当幹部がポーランド当局によりスパイ容疑で逮捕されたのを受け、欧州市場へのアクセスを巡る問題に直面している。

欧州市場サマリー(17日)

郵便事業会社のロイヤルメール<RMG.L>は1.8%上昇。小包の配達の伸びが市場予想を上回ったことが好感された。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up