for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

PLDT Inc

TEL.PS

前日終値

1,120.00PHP

変化

5.00(+0.45%)

出来高

98,600

本日のレンジ

1,106.00

 - 

1,138.00

52週レンジ

1,015.00

 - 

1,435.00

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,115.00
始値
1,115.00
出来高
98,600
3か月平均出来高
2.28
高値
1,138.00
安値
1,106.00
52週高値
1,435.00
52週安値
1,015.00
発行済株式数
216.00
時価総額
240,902.20
予想PER
9.67
配当利回り
6.46

次のエベント

Q3 2019 PLDT Inc Earnings Release

適時開示

その他

PLDT To Undertake Consent Solicitation Exercise

PLDT Inc Says Luis Ignacio Lopa Ceases As Vice President

PLDT Inc Posts Qtrly Net Income Attributable Of 5,499 Mln Pesos

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

PLDT Incとは

ピー・エル・ディー・ティー(PLDT, Inc.)(旧名:Philippine Long Distance Telephone Company)はフィリピンにおいて通信サービスを提供する会社である。【事業内容】同社は無線、固定回線及びその他という3つの事業区分を運営する。同社はその事業区分を通じて、フィリピンの光ファイバー・バックボーン、無線及び固定回線を通じて一連の通信サービスを提供する。無線事業は携帯電話、無線ブロードバンドおよびその他のサービス、デジタルプラットフォーム及びモバイル金融サービスを提供する。固定回線事業は、固定電話事業の下で、ローカル交換、国際長距離、国内長距離、データとその他のネットワーク及びその他のサービスを提供する。その他の事業は、投資持株会社であるPLDT Communications and Energy Ventures, Inc (PCEV)により構成される。同社はまた無線音声通信及び無線データ通信サービスを提供する。

業種

Communications Services

連絡先

Ramon Conjuangco Bldg, Makati Ave

+63.2.8888171

http://www.pldt.com.ph

エグゼクティブリーダーシップ

Manuel Velez Pangilinan

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Anabelle Lim Chua

Chief Financial Officer, Senior Vice President, Chief Risk Management Officer, Corporate Finance and Treasury Head

Gina Marina P. Ordonez

Chief People Officer, Senior Vice President

June Cheryl A. Cabal-Revilla

Senior Vice President of Financial Reporting and Controllership & Controller

Ma. Lourdes C. Rausa-Chan

Senior Vice President, Corporate Secretary, Chief Governance Officer, Director

統計

3.31 mean rating - 13 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, PHP)

2016

165.3K

2017

159.9K

2018

164.8K

2019(E)

172.6K
EPS (PHP)

2016

128.680

2017

127.790

2018

119.390

2019(E)

115.275
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.48
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.45
株価純資産倍率(四半期)
2.12
株価キャッシュフロー倍率
3.51
総負債/総資本(四半期)
170.67
長期負債/資本(四半期)
153.36
投資利益率(過去12カ月)
6.32
自己資本利益率(過去12カ月)
3.98

最新ニュース

最新ニュース

東南アジア株式・中盤=小動き、中国の貿易統計待ち

12日中盤の東南アジア株式市場の株価は、中国の貿易統計などの発表を前に小動き。マニラ市場が最も大幅に上昇している。

東南アジア株式・中盤=大半が小幅高、シンガポールは下落

週明け27日中盤の東南アジア株式市場の株価は、大半が小幅高。ニューヨーク市場がメモリアルデーで休みのため手掛かり材料に乏しく、薄商いとなっている。

東南アジア株式・中盤=軒並み上昇

2日中盤の東南アジア株式市場は、他のアジア市場と歩調を合わせて軒並み上昇。中国の製造業購買担当者景況指数(PMI)と米製造業景況指数が良好だったため、世界の成長鈍化懸念が緩和した。

東南アジア株式・引け=大半が下落、米中貿易協議めぐる懸念再燃

東南アジア株式市場は大半が下落して引けた。米国が速やかな中国との貿易摩擦解決に否定的な見解を示したのが嫌気された。

東南アジア株式・中盤=まちまち、ジャカルタとマニラは上昇

15日中盤の東南アジア株式市場の株価はまちまち。ジャカルタ、マニラ市場は上昇した。中国が貿易問題を巡る米国からの要求に文書で回答したとの報道を好感した。

東南アジア株式・引け=大半が小幅高、マニラは貿易赤字嫌気し2%安

東南アジア株式市場の株価は、貿易統計が嫌気されてマニラ市場が2%下落した一方で、他の市場は小幅高で引けた。米中間選挙の結果を受けて投資家が米中貿易協議についてより楽観的になったことが、株価に追い風となった。

東南アジア株式・中盤=大半が上昇、貿易摩擦巡る懸念が後退

中盤の東南アジア株式市場は、大半がプラス圏で推移している。新興国市場の重しとなっている世界的な貿易摩擦などを巡る懸念が後退した。

東南アジア株式・中盤=地合い改善で大半が上昇、マニラは3日続落

中盤の東南アジア株式市場は、大半が上昇。予想通りだった米連邦公開市場委員会(FOMC)の政策金利引き上げを眺め、この日見込まれているインドネシアとフィリピンの利上げを前に、域内の地合いが改善した。

東南アジア株式・中盤=大半が上昇、米株高を好感

10日中盤の東南アジア株式市場の株価は大半が上昇した。前日の米国株が堅調な企業決算への期待から上昇し、アジア市場の地合いを押し上げた。

東南アジア株式・引け=ジャカルタ上昇、他市場は概ね下落

東南アジア株式市場では、ジャカルタ市場が発表された貿易統計を好感して上昇した。一方、他の大半の市場は下落して終了した。アジア株安につれた。ただ、米国主導で先週末に実施されたシリア攻撃が今後激しさを増す可能性は低いとみられることから、株価の下げ幅は限定的だった。

東南アジア株式・中盤=大半が下落、シリア情勢で地合い悪化

12日中盤の東南アジア株式市場の株価は、大半が下落。米国がシリアに対して軍事行動に乗り出す可能性が警戒され、リスク選好が低下した。

東南アジア株式・中盤=大半が上伸、シンガポールは1%高

21日中盤の東南アジア株式市場の株価は、幅広いアジア株に追随して大半が上伸。シンガポール市場は銀行株に押し上げられ、約3週間ぶり高値を付けた。

東南アジア株式・引け=大半が下落、マニラは5日続伸

20日の東南アジア株式市場では、大半が下落。アジア株安につれた。一方、マニラ市場は序盤の下落から値を戻し、5営業日続伸して終了した。

東南アジア株式・中盤=大半がしっかり、マニラは反落

東南アジア株式市場は、大半が他のアジア市場に追随してしっかり。シンガポール市場は急伸した。1月の非石油製品輸出が前年同月比13%増と、市場予想の9%増を上回ったことが好感された。

東南アジア株式・引け=大半が上昇、マニラとジャカルタ最高値で終了

東南アジア株式市場は大半の市場が上昇して引けた。マニラ市場とジャカルタ市場は終値で史上最高値を記録。クアラルンプール市場は3年超ぶりの高値で引けた。

東南アジア株式・中盤=マニラとジャカルタ、最高値更新後に下落

中盤の東南アジア株式市場は、マニラ市場とジャカルタ市場が史上最高値から後退し、小幅安で推移している。一方クアラルンプール市場は金融株高に支えられて上昇し、約3年ぶり高値を付けた。

東南アジア株式・引け=マニラが1%超下落、ホーチミン10年ぶり高値

東南アジア株式は強弱まちまち。マニラ市場が1%超下落した一方、ホーチミン市場は続伸し、終値ベースで10年ぶりの高値を付けた。

東南アジア株式・中盤=大半が下落、米・アジア株安に追随

米株は、中国が米国債の購入縮小や停止を検討しているとの報道を受けて反落。MSCIアジア太平洋株指数(日本除く)は0400GMT(日本時間午後1時)時点で0.5%安となっている。

東南アジア株式・引け=上伸、ジャカルタが最高値

22日の東南アジア株式市場の株価は上伸。ジャカルタ市場が過去最高値を更新したほか、シンガポール市場が7営業日ぶりに反発した。

東南アジア株式・引け=ジャカルタが最高値、フィッチの格上げで

東南アジア株式市場では、ジャカルタ市場が最高値で引けた。格付け会社フィッチ・レーティングスが、インドネシアの信用格付けを引き上げたことを好感した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up